2018/06/08

拉致被害者全員奪還!北朝鮮はアメリカが支配ww

自転車小
 安倍ちゃんがトランプさんと会談をしましたが、日本のマスゴミはさらっとしか取り上げへんように思えますね。世界のナンバーワン、ツーの会談やというのに。そしてトランプさんは、拉致問題は必ず議題に上げる、と全世界に約束してくれましたね。日本は自分でよう取り返せへんもんやから、アメリカに尻尾振って泣きついてるんや、とけなす人もおるようやけど、戦争はできません、こっちから撃つことはしません、と言わせといて、他にどうせえっちゅうねんな、と思います。いやむしろ、一発の弾も撃たずに拉致被害者を取り戻せたら、それこそ究極の平和的解決やんか、たとえバックはアメリカの軍であっても、やと思いますね。

 公開されてる話では、トランプさんは拉致問題に関しては、安倍首相がよし、という結論がもらえるまで北朝鮮にはOKは出さへん、と言うてはるみたいですね。ちょこちょこと北朝鮮のメディアでは、イラついたような記事が出てるみたいですけど、大きな話にはなってませんね。さあ、これからどうなるんでしょうか。いろんな人がいろいろゆうてはりますけど、まだまだわかりませんね。ここから先は私の勝手な想像をしてみますわ。

 金正恩はもちろん、非核化を約束する、CVID(完全で検証可能かつ不可逆的な非核化)やからそれなりに時間はかかるけど、できるだけ早く、もうほとんどアメリカの言いなりに中小のミサイルも放棄、廃棄する、と。あ、化学兵器とかもね。で、自国にアメリカ軍を入れて監視させると同時に、自分も守ってもらう、つまりいきなりアメリカ側に入ってしまう、と。ロシアやチャイナは猛抗議するけど、トランプは平気、空母3隻が日本海近辺に展開中、と。612会談後すぐに日朝会談をして、拉致被害者全員帰国のための段取りを決める、と。

 まあどこかでセレモニー的なことはするんでしょうけど、金正恩はあくまでいい人風に演出されてて、拉致はお父ちゃんの時代のことやけど謝っときますわ、ぐらいの謝罪をして、拉致被害者全員帰国で日本中が大興奮、そして日本からは兆円レベルの支援が始まる、と。安倍ちゃんの支持率上げまくって日本は一気に憲法改正、自衛隊は軍となり、アメリカから核をレンタルされて、NATOにも準加盟、みたいな過激なストーリーを考えてみました。

 うーん、あちこち無理がありそうですけど、実は今、アメリカはチャイナに対してめっちゃキツくなってきてますね。ZTEのこともあるし、何と台湾関係は急速に変わってきてますね。私は近いうちに台湾を国家として認めることになると思います。21世紀のチャイナショックやね。日本はバスに乗り遅れるな、と言うのが好きやから、さっさとアメリカに追随しますね。そしてまあ大陸のチャイナはどうでもええねんけど、3つぐらいに分かれるような気もしますね。まあこれが今後20年ぐらいの間に起こるんちゃうか、と。

 チャイニーズというのは別にイデオロギーなんかなくて、ただただどっちがトクか、しか考えへん人たちやから、いったん大崩壊した後は、日本も国益になるかどうかで付き合うたらええんとちゃいますか。まあ半分、夢物語でした。
拉致被害者を全員取り戻したい!と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/05/26

メイドインチャイナのドローン、「翼竜」がバカ売れとか

頷く小
 毎日が目まぐるしく変わっていきますね。トランプさんが会談中止や!とゆうたらすかさず刈り上げ君は会う用意がある、やなんて笑うてしまいますね。ビビりまくってるやん、と。でも笑うてる場合やないですね。常に最悪の事態を想定して、備えをしておきましょう、と小坪慎也さんが呼びかけてはりますね。私も含めて日本人は、まさかそんなことにはならんやろう、と楽観的に考える悪いクセがあるのかも知れません。

 私が以前に買うた有料情報の中で、ダイレクト出版というのがあります。新聞やテレビでは決して報道されへんような深い情報、一部の人たちには都合の悪い情報が満載で、本もあればDVDもあればWEB配信もあるという、面白い会社です。今回フリーで送ってきてくれた情報の中に面白いものがあったので紹介させてもらいます。前にも少し書いたことがありますが、丸谷元人(まるたにはじめ)さんという人の記事です。

 この人は実際に世界の戦地に行ったこともあって戦争には詳しいようです。世界の武器輸出のトップがアメリカ、ロシア、チャイナ、ドイツ、フランス、イギリスやと。あれ、ドイツ以外は国連の常任理事国やんか、というわけですね。戦争してる国のどちらにも武器を売ってるというのはもう常識なんやそうです。マッチポンプですね。

 最近の注目はドローンやそうです。チャイナ製のドローン「翼竜」がバカ売れなんやそうです。以前は安かろう悪かろうのイメージやったんが、最近はぐんぐん性能が上がってきてると。翼竜は1機約1億円。片やアメリカ製の「プレデター」は1機4億から30億円!これはもう勝負あった、でしょうね。で、日本はチャイナから買うわけにはいかんから、アメリカから1機210億円と吹っかけられているんやそうです。何やそれ、てな話ですけど、ホンマみたいです。

 そういえば昨日、自民党が防衛費をGDPの2%、何と今の倍にする提言をまとめた、というニュースが出てて、よっしゃ!と思たんですけど、結局お金はアメリカさんにいっぱい流れていくわけなんですね。日本は技術もあって人もおるから、その気になればすぐに兵器を国産化できるのに、ホンマに情けない話ですね。まあ日本学術会議の会長が、軍事に関わる研究はしない、なんて言う人なんですからね。

 戦後の日本では、軍事や諜報というものが一切封じ込められてしもたから、これを建て直すのはめっちゃ時間がかかるんやろうね。もうすぐ戦争が始まるかもしれんと言うのに、すべてが遅すぎやんか、と叫びたくなりますね。
日本は軍事研究を始めよう!と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/03/25

「これが日本経済の邪魔をする『七悪人』だ!」高橋洋一

これが日本経済の邪魔をする「七悪人」だ!
 読みましたよ。「これが日本経済の邪魔をする『七悪人』だ!」高橋洋一。
 高橋洋一さん、今回の森友学園問題でもテレビにたくさん出てはって、「あれは財務省のチョンボ」とはっきりゆうてはりますね。もともと理系の財務官僚、めっちゃアタマが切れる人やけど、飾らへん正直な人に見えますね。けっこうこの人の本は読んでますけど、以前に大阪市特別顧問をやってはったときに、「大阪都構想」の推進論を書いてはったので、ちょっと信用でけへんところはあるんですが、今もまだ特別顧問なんやろか?橋下市長の時のウソにまみれた「大阪都構想」だけは絶対認められへんからなあ。
 で、今回の本です。7人の悪人というのは、新聞/テレビ/リベラル政党/自民党内の反安倍勢力/財務省/御用学者/日銀、ということやそうです。まさにその通りですね。「新聞社を頂点として構成されるメディア複合体は、既得権益の塊と化してしまう」「海外の基準で見ても、この日本のメディア構造は異質」と書いてはります。
 さらにテレビについて「もし、マスコミを『潰したい』のであれば、電波オークションで新規参入させるように世論を喚起していけばいい。」「『放送法は守らなくてもいいから、電波オークションにして誰でも意見を発信できるようにしろ』でOKである。それがテレビ局の既得権益の核心をついている。」と書いてはります。
 おおー、びっくりやんか。この本は3月15日初版になってるけど、その同じ日に、放送制度改革の方針案が明らかになって、そこに放送法4条撤廃が書かれていると報道されて、大騒ぎになりましたね。電波オークションは前から言われてたけど、既存のマス局は大反対の立場やもんね。まあ東阪局の社員は年収1500万やら2000万近い人もおるらしいから、いよいよ風当たりもキツうなるんとちゃうかな?
 次にリベラル政党のことについて。「リベラル」と呼ばれることのおかしさもさることながら、憲法改正に反対するおかしさについて書いてはります。事あるごとに自衛隊は違憲という人が出てくるから、憲法に自衛隊は書くべき、と。あと、去年大騒ぎになった「集団的自衛権」については、イデオロギーとか関係なしに、アメリカでの実証研究から、現代の戦争は「同盟関係をむすぶことで40%ほど戦争のリスクは減少する」という結果が出てるそうです。集団的自衛権を行使することは同盟関係を強化することになるので、日本が戦争するリスクを減らすことができる、と。つまり、日本の「リベラル政党」が集団的自衛権を認めたら「戦争に巻き込まれる」と騒いでたけど、実証的にその逆の結果が出てますよ、ということです。
 ここらへんは、理屈や感情や、主義主張とかでなく、事実から物事を考えようとする高橋洋一さんらしい話やと思います。
 一応まとめてくれてはるので書いときますね。
 日本政府は長いこと「集団的自衛権を有しているが行使はできない」と言っていたのを、「集団的自衛権も一定の条件のなかで行使できる」と修正して、2015年に安保関連法として法制化した、と。で、それは上で見たように、戦争に巻き込まれるリスクを減らすものや、と。しかもそれらの話は海外では至極当然の話で、議論にすらならへん、ということですね。
 やっと日本も普通の国に近づいてきた、ということやんね。
2018/03/13

安保闘争「あんぽはんたい」、あんたら条文読んでたんか?

走る小
 私がいろんなことを勉強し始めてから知ってびっくりしたことの一つに、この「安保闘争」があります。安倍ちゃんのおじいさんの岸信介さんは「昭和の妖怪」などと朝日新聞あたりの左翼からは形容されてきましたけど、これって今風に言うとレッテル貼りなんやね。まるでとんでもない極悪人みたいな言い方やね。あ、今もなりふり構わず「安倍降ろし」をやろうとしてる左翼さんといっしょか。
 で、この岸信介さんがある日、お家でまだ小さい子供やった安倍ちゃんをあやしてた時に、安倍ちゃんが「あんぽはんたーい」とゆうて家族を笑わせた、というエピソードがありますね。それくらい、「60年安保」は社会現象やったんですね。せやけど、これは宮崎正弘さんもどこかで書いてはったけど、当時の学生はほとんどこの安保条約改訂の条文を読んでへんかったみたいですね。これをちゃんと読むと、実は日本が戦後、独立を認められた講和条約と同時に結ばれた旧安保条約が、実はかなり日本側が不利な立場になってて、岸信介さんはそれを何とか平等に近付けようとして、文字通り政治生命をかけた、ということやねんな。当時の学生は条文を読んでへんかったんとちゃうか?と言うのは、たしか西部邁さんもどこかでゆうてはりましたね。
 で、実は岸信介さんは筋金入りの反米で、だからこそアメリカとうまくやったのだ、とネットの記事で読みました。安倍ちゃんも、保守界隈からはアメポチとか散々に言われてますけど、考えたら世界最強のアメリカと仲が悪うていったい何ができるんや、と思います。せやからホンマの戦犯は、空襲を繰り返し、原爆を投下して非戦闘員を大量虐殺したアメリカや、となんぼゆうても戦争に負けたら何にも残らへんのやということですね。
 なりふり構わぬ安倍降ろしに耐えて、しっかり日本を守ってほしいですね。あ、ゆうときますけど、私は無条件の安倍信者とは違いますよ。何べんも書いてますけど、消費税は絶対反対、移民を増やす政策も絶対反対です。せやけど、これももしかしたら、安倍ちゃんのいまいまの作戦なんかな?と最近は思い始めてます。10年、20年先、いや、国家100年の計で考えててくれたらええねんけどなあ。
2018/01/02

法匪国家、日本

指差し小 
 すみません、まだまだ同じ本からの話が続きます。
 韓国のことを「情治国家」とか「恨治国家」と揶揄する人が多いですね。あ、私もか(笑)。野口さんは、日本は「法匪国家」やと言わはります。つまり、何でもかんでも法律で縛り上げている、と。自衛隊の指揮官は歩く六法全書らしいです。戦場で自衛隊が「やってもいいこと」が細かく法律で決められている、と。そこに書いてへんことはやったらアカン、というわけです。せやから指揮官はしっかり法律を習得してんとあかんわけですね。これを「ポジティブリスト」というと。これはよく言わてますね。たいていの国は必要最小限の「やったらアカンこと」だけを書いておいて、あとは現場の判断で行動できるようにしていて、それが「ネガティブリスト」方式やそうです。実際の戦場ではいわゆる「グレーゾーン」がいくらでも出て来るから単純にしとかんと迅速な行動がでけへんということですね。
 実際にイラクのサマワ派遣の際の「交戦規程」は、「口頭による警告→ 銃口を向けての威嚇→ 警告射撃→ 危害射撃」となってたらしい。そんなもん、いきなりバンバン撃ってきたりしたらどないすんねんな、というアホみたいな話です。でもそこが「シビリアンコントロール」なんやそうです。でもそれは間違ってる、と野口さんは言います。シビリアンコントロールは「非軍人による軍隊の統制」という意味で、軍人は何かと言えば戦いたがるからこれを統制せなあかん、という考えが基本にあるらしいけど、実は軍人は負ける戦いは絶対にしたがらない、という当たり前のことが分かっていない、ということやそうです。実はベトナム戦争も戦闘、戦争の現場を知らない「文民」が作戦を政治的にアレンジして負けてしもうたんや、ということらしいです。そやな、アメリカの方が物量的に圧倒的やったはずやのに負けたからなあ。
 早う自衛隊を憲法に書き込んで、「交戦権」を付与し、「軍法」も整えて、自衛隊を国際法上も「軍隊」にせんと、ホンマにいつまでたっても「戦争のできない国」のままやんか。危ない話やなあ。