FC2ブログ
2018/12/06

日本はホンマに独立国か?返還される2島には米軍を置かへんと、よう言うた。

指差し小

 前にも書いたことがありますが、ダイレクト出版というところはわりとユニークなビジネスをしていますね。保守系の人を取り上げて、有料情報を動画やら本やらで売ってはります。今日、ちょっとええ話を聞きましたので紹介します。丸谷元人(まるたにはじめ)さんという人の話で、ずばり、北方領土の話です。

 前に<「北方領土」はいつ4島に?日露平和条約を結ばせたくないのは誰?>で、安倍首相が北方領土問題を「2島」の話から始めようとしてることについて、これは歴史を変える話なんかも知れんと書きましたが、やっぱりそうですね。2島の経済的な価値とか、漁業権の問題とか、島の開発の話とかはそれなりに重要やけれど、実はもっと大きな話で、それはまさに日本は今、主権国家なんか?という話やということです。

 ちょっと話は戻りますが、先の大戦の終戦の直前にソ連がいきなり日ソ不可侵条約を破って参戦してきたことはみんな知っていますね。でも実は当時、それを英米も認めていたんや、ということはあまり知られてませんね。私も今回初めて知りました。それどころか、実はアメリカはソ連に、千島列島に上陸するための艦船を供与していて、訓練まで施してたんやそうです。「プロジェクト・フラ」という名前の、極秘の米ソ合同軍事作戦を実施してたんやそうです。

 余談ですけど、原爆はアメリカが、終戦後の発言権を少しでもソ連から奪うために急いで2発も落としたんや、という説もあるけど、これはどうも違う、やっぱり人体実験を有色人種でやりたかったんや、と丸谷さんは言うてはります。その根拠がこのプロジェクト・フラやそうです。で、話は戻って、安倍ちゃんは、先日、北方領土問題は、1956年の日ソ共同宣言に戻って、そこから始めよう、と言うた、と。

 この共同宣言を出したときに、アメリカのダレスが、もし日本が2島返還で手を打つんやったら沖縄はアメリカのものになるぞ、と言うた、といういわゆる「ダレスの恫喝」があって、以後、1960年の日米安保条約が締結されてしもて、いつの間にか日本の条件は「4島」になってしもて、北方領土交渉は漂流を続けることになりましたね。つまりアメリカは、いつまでも日本とソ連が仲良うならんようにし続けたかったわけですね。

 今回、交渉が再開されそうですが、大きな難問は、日米安保条約です。アメリカは日本のどこにでも基地を置くことができることになってる、と。せやから安倍ちゃんは、この2島には米軍基地は置かへん、とプーチンさんに言いました。え?それ、アメリカ側は了解したんか?という、ものごっつい重要な話なんやそうです。まさに今、安倍ちゃんはトランプさんと仲がええからこそ、言えるんかもしれません。

 これまでやったら、アメリカに断りもせんと「米軍基地は置かへん」なんて言うたら、何をされるかわかったもんやない、それこそ、安倍ちゃんの命にもかかわるような話やったんですね。さすが安倍ちゃん、とちゃいますか?せやけど丸谷さんは、これからは親米一辺倒でも反米一辺倒でもあかん、と言うてはります。それでも今アメリカは、日本をどんどん裸で中国、ロシアの方に差し出そうとしているようにも思える、と。つまり、もう自分の国は自分で守ってくれ、ということですね。

 よう考えたら、自分の国にずっと外国の軍隊が好き勝手に駐留してて、飛行機の航路はいちいちお伺いを立てて、許可してもらわんと決められへんて、やっぱり独立国とちゃうやんか、と思いますね。あ、そうそう、日本は航空機の開発も勝手にやったらあかんらしいですね。なんやそれ、な話です。あーなさけな。

 今回、まずは2島、そして日本は「中国」ばりに「サラミスライス戦略」、つまり少しずつ、少しずつ時間をかけて取り戻していったらええやん、という話ですね。今、トランプさんはアメリカ国内のエスタブリッシュメント層とケンカしてる真っ最中、まさに今がチャンス、というわけです。もちろん、一つ間違えれば安倍ちゃんにとって致命的なことになる可能性もある、と丸谷さんは言うてはります。

 いずれにしても、国際関係は複雑怪奇、それでも負けずにしっかりと日本の国益のために、うまく立ち回って交渉してほしいですね。


人気ブログランキング

2018/11/18

「北方領土」はいつ4島に?日露平和条約を結ばせたくないのは誰?

自転車小
 読売新聞の渡邉恒雄さんが亡くなったという噂が出ていますが、どうも安倍ちゃんが昨日(17日)までパプアニューギニアでAPECに出てはったから、お通夜に間に合わせるために、帰国してから発表するらしい、とか、色々と飛び交ってますね。うーむ、ちょっとこれからいろいろと変わりそうですね。

 で、そのAPEC(アジア太平洋経済協力会議)で安倍ちゃんが北方領土問題に触れて、昭和31(1956)年の日ソ共同宣言を基礎として、平和条約交渉を加速させることで合意した、と発表したことで大騒ぎになってます。3日ほど経ったので、色々と言う人が出てきました。

 私らの年代の「北方領土」のイメージは「四島」ですよね。国後、択捉、歯舞、色丹。最低でもこれが返ってけえへんかったら意味がない、ソ連、ロシア、返さんかい!と、右翼の街宣車がしょっちゅう走り回ってたイメージです。右翼の街宣車というのは実は、、、という話はとりあえず置いといて、いずれにしてもソ連というのは、原爆が落とされたすぐ後に日ソ不可侵条約を破って参戦して、領土を勝手に奪った、とにかくズルくて信用ならへん国や、というのが大方の私ら日本人のイメージやと思います。

 実際、それなりに勉強してみると、昔は樺太も合法的に日本領やったし、千島樺太交換条約を結んだあとは、千島列島全部が日本領になってたんとちゃうんか?と思うこともあります。結局一番ナットクできるのは、戦争に負けたら後は敵に取られるだけなんや、ということです。そう考えると、次に戦争でも起こしてロシアに勝たへん限り、千島や樺太が日本領に戻る事なんか、千年待ってもないやろなあ、というわけです。

 話は戻って、今日(18日)の産経新聞に佐藤優さんの記事が出てました。結論から先に書くと、
 <いずれにせよ来年6月のG20サミ ット(主要8カ国首脳会議)が大阪で開かれるときまでに北方領土問題が解決される可能性が出てきた。日露提携で、中国を牽制することも可能になる。安倍首相にしかできない戦略的決断を筆者は強く支持する。>ということです。

 佐藤さんは、今回の「日ソ共同宣言を基礎に条約締結交渉を加速させることで合意した」という報道を素直に読んでみよう、と言いはります。日ソはまず平和条約を結び、その後に2島を引き渡す、ということはこの宣言ではすでに合意しており、両国での批准も済んでいることで、国際的にも合法なんですね。佐藤さんはこの「引き渡す」は主権を伴うものであることは明白、としてはります。まあロシアはいろいろブラフで言うてくるんでしょうが。そして気になる残りの2島について。

 <国後島と択捉島はロシアの主権下で、経済活動などについて日本に特別の地位を認める制度を作ることができる。特別の条約を結んでもいい。これで2島返還プラスアルファが実現する。>
 <国後島と択捉島に日本人が進出し、島の日本化を進めることで、将来、ロシアとの合意によりこれら2島を日本領とする可能性も閉ざされていない。今後の交渉で重要なのは、歯舞群島と色丹島の主権が日本にあることをロシアが明示的に認めることだ。>

 また、この2島にはアメリカ軍を置かないこともロシアは絶対要求してくるから、これはトランプさんともうまく交渉してプーチンを安心させなあかん、とも書いてはります。
 そしたら昨日(17日)の鍛冶俊樹の軍事ジャーナル「日露首脳会談の衝撃!」で鍛冶さんが書いてはりました。
 <トランプはもともと親露的だが、米国には冷戦期以来のロシア脅威論が今も根強く残っていて米露接近を容易に許さない。そこでプーチンが試みたのが対日接近だ。今回の平和条約交渉はロシアが急いでいるのであって、日本が焦っている訳ではない。領土問題に限定するなら日本は2島返還に加えて、プラスどれだけの成果が得られるか、今後の交渉次第ということになろうが、いずれにしてもロシアが対中包囲網に参加すれば、中国はもはや袋のネズミである。>

 ははーん、佐藤さんも鍛冶さんも「中国」のことを言うてはります。そうか、今脅威なのは「中国」で、これをアメリカの側に(レベルの差はありながらも)立って、排除するためにも、日露はこの北方領土問題をうまく使う、ということやんか。そう考えると、トランプさんともプーチン君とも良好な関係ができてる安倍ちゃんにしか、こんな難しい交渉はでけへんなあと思いますよね。

 もう一人、ロシアのことを語るならこの人を忘れたらあかんな。北野幸伯さんです。今日のメルマガの記事です。
 <私が28年モスクワに住んで得た結論は、「日本が4島返還にこだわりつづければ、おそらく永遠に1島も戻ってこないし、日ロの戦争状態も永遠ににつづく」ということ。>
 北野さんの話はこの後まだ2回にわたって続くそうです。

 何となくわかってきました。私ら日本人は、最初に書いた街宣右翼だけのせいやないでしょうけど、北方領土は四島、と思わされてきたんとちゃうか?実はそれを言うことで、わざとソ連(ロシア)と絶対に平和条約を結ばせんようにしてた、ということも有り得るんとちゃうか?日本とロシアが平和条約を結ばへんことが利益になる国って、、、あ、それは実はトランプさん以前のアメリカとちゃうんか?でも今は、、、というわけですね。(実は英仏も怪しいとか)。

 いやあ、外交って、キツネとタヌキの化かし合いやけど、ここは私ら日本人、何が国益になるんか、しっかり判断せなあかんな。何が何でも安倍ちゃんを批判したい人は、今回も必ずぎゃーぎゃー言うだけやと思うけど、今、実はものごっつい勢いで世界史が変わろうとしてるんとちゃうか。


人気ブログランキング

2018/11/15

「偽徴用工」裁判判決を国際司法裁判所に提訴?それホンマに大丈夫か?

頷く小
 今日(15日)の産経新聞の「正論」で、島田洋一さんの投稿がありました。韓国の「偽徴用工」裁判判決事件についてです。そう、ニセの「徴用工」ですからね。日本政府の対応はこの後、国際司法裁判所(ICJ)に提訴することになっていますね。竹島の件は、韓国は逃げてるらしいけど、これについても逃げられたとしても、その場合はその理由を明らかにせなあかんらしいから、それによっては次の手を打つ、ということなんでしょうか。

 ところがこの記事で島田さんは、<日本の「韓国提訴」は盤石なのか>と疑問を投げかけてはります。何と平成22(2010)年8月に、あのアホの菅直人元首相が、「当時の韓国の人々は…(略)…植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられました」という談話を出してしもうたそうです。この「奪われ」の部分が、日本が自ら不当性を認めている理屈に使われる可能性があるんとちゃうか、という話です。

 そもそもICJは国連の一組織やと。国連は英語で「United Nations」、何のことはない、戦前の「連合国」やんか。いまだに日本は「敵国条項」に置かれてるんやで。アホらし。そして島田さんは書いてはります。

 <ICJは、伝統的にリベラル・エリート中心の世界である。その標準的歴史認識は、ヒトラー、ムソリーニと組んだ日本がアジアでの侵略をエスカレートさせ、朝鮮人を含む周辺諸民族に大虐殺や女性の性奴隷化など「人道に対する罪」を犯したというものだろう。>

 ええー、そうなんや。今でこそ日本では「自虐史観」として、戦後の歴史認識がどんどん塗り替えられようとしてるけれど、世界の認識なんてまだまだそんなもんなんや。そういえば先日、「日本人、怒ったら怖いで。いつまで我慢できると思うてるんや?」で、日本の弁護士100人が「日本が国際司法裁判所に提訴する場合、日本が敗れる可能性が高い」と言うてることを紹介して、そんなアホなことあるかいな、と思てましたけど、もしかしたら、そうなんかな?ヤバいやんか!!

 島田さんは、ICJは「和解的解決を図る場合が多い」と書いてはります。さらに、
 <日韓の左翼勢力は、日本政府や経済界が出資する「慰謝料基金」を設立させることを目指しており、ICJがこれに近い和解案を出してくる可能性もある。>と。
 おいおい、あかんやんか!

 ちなみにアメリカはこの10月に、ICJが対イラン制裁の一部解除を命じたことに対し、これを拒否し、判決の無視を宣言してるんやそうです。せやから、
 <日本がICJに提訴と聞けば、トランプ政権からは「あんな所に頼ってどうするのか」と冷ややかな反応が返ってくるだろう。>と書いてはります。

 もちろん、河野太郎外相も、安倍首相も、それなりに談話やらを発信してはいるけれども、もっと積極的に発信せなあかん、と言うてはります。また一方で朝日新聞、共同通信、ジャパンタイムズなどは英文で「徴用」を一貫して「forced labor」などと、わざと誤訳して拡散していることにも触れてはります。これは油断でけへんなあ。

 そして「あいつら」はどうせ、
 <ハーグのICJ前に、高齢の「元徴用工」や「元慰安婦」を動員し、「死ぬ前に正義の実現を見届けたい」と訴えさせるだろう。>ということになるんやろうか。ホンマにおぞましい人たちやなあ。たとえ負けはせんかっても、「和解」なんて勧められたら、アウトやんか。島田さんは、今からしっかり韓国への制裁のメニューを整えておくように提言してはります。

 そうや、国連なんか頼ってる場合やないで。次から次へと、日本、怒ってるんや!ということをしっかりと見せつけなあかんねや。


人気ブログランキング

2018/11/07

何もトランプさんが大統領になってから、移民難民が増えたわけやないで。

走る小
 トランプさんの中間選挙の結果は、上院は共和党が過半数をキープ、下院は8年ぶりに民主党が過半数を奪還した、ということで、トランプさん、ピンチ!という論調が出てきているようですね。一方で、ネットでは2年後の再選に向けてトランプさんは地歩を固めた、という風に解説してるところもあります。私らには、はるか太平洋の向こうのアメリカさんのことはようわかりませんが、悪いやつらは早うおらんようになってほしいです(笑)。

 今や、アメリカでもマスゴミの捏造、偏向報道は酷くて、それをトランプさんはうまいこと「フェイクニュース」と言い始めて、それが結構効果を現しているようです。それでもフェイクニュースはなくなりません。先日、中米(グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルなど)からのいわゆる「移民キャラバン」が、陸続とメキシコを経由してアメリカに入る姿が大きく報道されました(【米国:中南米キャラバン】)。

 実はこの「移民キャラバン」は、何もトランプさんが大統領になってから出現したものではないそうです。悪意のあるアメリカのMSM(メインストリームメディア)は、トランプさんをとことん悪者にしたいようで、トランプさんのせいで、難民、難民が後を絶たないと言いたいわけですね。原因はとうの昔からあったにもかかわらず。

 そのトランプさんは、アメリカとメキシコの国境地帯に軍隊を派遣して、不法移民を絶対に入れない、と言うてはるそうです。移民(難民)は悲惨です。移動の途中の安全保証は何もありません。少女たちは強姦され放題です。そんな思いまでして国を捨ててよその国に入るというのは、とても悲しい話ですね。今、世界では不幸な人たちがどんどん増えていっているのでしょうか。「中国」でもウイグルやチベットの人たちは、政府からとんでもない仕打ちを受けています。

 世界中が邪悪で満ちている、そんなときに、日本の国会での論議を見ていると、日本という国がいかに世界と隔絶しているのか、愕然としますね。韓国はどうしようもないレベルに行ってしまいました。いよいよ日本は、自分の国は自分で守る、という、めっちゃ当然のことを理解せなあきませんね。


人気ブログランキング

2018/11/06

「QAnon」がアメリカの、世界の闇を暴く?ん?単なる陰謀論か?

指差し小
 まあたネットで新しいことを知りました。ずばり「QAnon」(「Q(キュー)アノン」、「匿名のQ」の意、AnonはAnonymous(匿名)の略)。この呼称は、アメリカのインターネット掲示板「8Chan」に投稿している人が「Q Anon」と名乗っていることに由来するそうです。この人は政府高官を自称してるとか。今のところ、アメリカでも、また当然にも日本の側でも「陰謀論」の範疇で紹介されることが多いようです。

 でも、次のビデオ(動画)を見てください「Q - The Plan To Save The World (Subtitles)」。陰謀論で片付けるには話が大きすぎませんか?そして、見事にここ3年ほど前からの変化について、的確に指摘しているように思います。いわゆる「ディープステート」の話ですね。

 私も何度かここで書きましたけど、ヒラリーとオバマの犯罪の話、近いところではトランプさんの「ロシアゲート疑惑」のうさん臭さ、直近では日本の最高裁の判事?にあたるカバノーさんのでっち上げられた「セクハラ疑惑」。トランプさんを引きずり下ろそうという勢力との熾烈な戦争が水面下で続いているように思われます。

 せやけどいまだに日本のマスゴミでも、トランプさんは粗野で無教養で乱暴な人、というイメージで語る人がいますね。もちろん、私かて報道とネットでしか知りようがないですけど、公開情報からだけでも判断できる材料はしっかりあると思います。そして私は「直感」も重要やと思います。このビデオはちゃんとした組織が、ちゃんとお金をかけて作ってるようです。たとえ陰謀論にしても、おカネが確かにそこに回っている、ということですね。

 ビデオの中では、共和党と民主党とか、黒人と白人とか、男と女とか、キリスト教とイスラム教とかの対立の話ではない、善と悪の問題なのだ、などと、アメリカ人がめっちゃ好きそうな言い方で語っています。もちろんこれがプロパガンダ用のビデオや、と言うのは簡単ですが、ここ数年の流れはいろんなことを実際に証明してくれているような気がします。

 折しも今日はアメリカの中間選挙の投票日ですね。期日前投票の数字はかなり高いようです。私は今、確実に世界は変わろうとしているように思います。そして日本。私が入れてもろうてるML(メーリングリスト)の主宰者さんが投稿してはりました。

 実は今、安倍ちゃんの最大の敵は麻生さんであり、財務省なんやと。両者とも自民党ですが、その違いは岸信介、吉田茂の本質、資質の違いまで、歴史的にも繫がっているんやそうです。ただ、今のところ安倍ちゃんは、麻生さんの助けがなければ政権を維持できない、と。辛いところですね。

 まあそれより、毎日国会で無意味な質問をして時間を浪費している、それこ日本のゴミみたいな反日野党の連中を、先にどうにかしてほしいですね。まあこればっかりは選挙で票を投じる愚かな人たちがまだまだおるから、しゃーないですね。あーまだまだ先は長いな。


人気ブログランキング