FC2ブログ
2018/05/09

丸腰で戦う安倍首相、これでええんか?!

走る小
 もう毎日いろんなことが起こりすぎて、ついて行かれへん!せやけど安倍ちゃんも頑張ってるから私も負けんようについて行きますわ。言うときますけど、私は安倍信者とちゃいますよ。前も書きましたけど、なんで経済財政諮問会議のメンバーがあの人たちやねん、といつも腹立たしく思っています。あと「世界最速で永住権を与える国に」って、あんた正気か!?と言いたいですけどね。まあいつかどんでん返しがあるんかなと、かすかに期待してるんですけどね。

 さて、それでも今日は安倍ちゃんの外交はすごいんとちゃうか、という話です。私がときどき読んでるブログに「ぼやきくっくり」というのがあります。この主さんはずっと青山繁晴さんを追いかけてくれてはって、以前、大阪の関西テレビで週1回、夕方の報道番組(アンカー)にレギュラーで出てはったときにそれを「書き起こし」で読めるようにしてくれてはったのをめっちゃ有難く読ませてもろうてました。夕方のニュースなんて絶対見られへんかったし。今はもう降りてはるんですが、最近、DHCシアター「真相深入り!虎ノ門ニュース」での青山さんの発言を書き起こしてくれてはるのを知りました。

 で、5月7日の放送分を読みました。詳しくは読んでもろうたらと思いますが、青山さんて、ホンマに一人で頑張ってはる感じですね。で、話は戻って、安倍ちゃんが頑張ってる話です。そもそも日本は憲法9条のせいで、特にチャイナ、北朝鮮、韓国からは舐められ切ってるんですね。尖閣も竹島もやられっ放し、それは日本が絶対に撃って来やへんことを知ってるからですね。さっさと憲法改正せんかい、という話はまあ置いといて、そんな状況の中でもベストの結果を出すべく、今、安倍ちゃんは頑張ってると。

 私もあれ?と思たんですが、今日は李克強が来てますね。で、何か仲良くしよう、みたいな話になってます。チャイナは実は前に書いた(ZTEとの取引停止)みたいに、アメリカからめっちゃキツいことされてますけど、日本とはいまのところ平静ですね。それでもチャイナ軍は毎日のように尖閣にはちょっかい出してるんですけどね。安倍ちゃんの悲願である拉致被害者救出のために、本来ならば自衛隊を出して取り返さなあかんところを、自国ではでけへんもんやから、まずはアメリカに頼む、そしてチャイナにも頼まなあかん、ということですね。

 まずは年内に安倍ちゃんが習皇帝のところへ行く、と。そして来年には皇帝様に国賓待遇で日本に来てもらうらしいです。そしてそれらには必ず見返りが必要、と。それがもしかしたら一帯一路とかAIIBへの協力、ということになるんやと。でもそれはしっかり中身を見て、絶対に慎重にせなあかん、ということですね。私なんか、さっさと憲法改正して、核武装して、ガツンといったれ!とつい思うてしまうんですが、それがあかんのですね。正しいことを言い続けて、結果的に世界で孤立してしもて、ほとんど滅ぼされたのが先の大戦でしたからね。私ら日本国民は、安倍ちゃんを丸腰で戦わせてるんや、ということをしっかり自覚せなあかんと思いました。
安倍ちゃんを丸腰で戦わせてええんか?と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/04/02

第三次世界大戦!?

走る小 
 まあたネットで「余命三年時事日記」読んでたらびっくりする話が出てました。余命さんは今は三代目ですが、けっこう軍事関係には詳しいようで、関係者もいてはるみたいです。で、その解説。
 <東西冷戦の時代から第三次大戦については、研究し尽くされている。…略…実際に、核戦争に限っての話だが、…略…現実に一番可能性のある実戦形態は、いろいろ条件を変えてシミュレーションしても、確実に世界はほぼ全滅するだろう。>
 <…米ロあわせて1万を超える核を打ち合ったときの標的は?ということを考えると、…略…米ロ双方が、少なくとも中国に数百発の核ミサイルを発射することがわかっている。要するに中国だけ生き残りは許さないということだな。その中国だが、米ロどっちが敵だかわからないうちに消滅するだろう。中国は迎撃システムは構築しておらず、核に対する防御はないにひとしい。>
 <さて、日本の生き残りということだが、…略…米ロ、中国から大規模な核攻撃を受ける可能性はかなり低そうだ。米ロはもちろんだが、中国も米ロからミサイルが飛んでくるのに、核攻撃能力を持たない日本を標的にする意味がない。>
 ひえ~~~。コワいなあ。まあ軍人というのはいつも最悪の事態も想定して色んなシミュレーションをしておくのが仕事やからなあ。一応、結論としては、日本人はもちろん無傷ではすまへんし、とんでもない被害は受けるやろうけど、「日本民族の民度と努力を考えれば、必ず復興するだろう」と書いてくれてはります。
 こういう話を読むと、「戦争は放棄、戦力は保持しない、交戦権は認めない」と書いてある憲法を、いまだに大事に抱えてる日本がめっちゃヤバいと思いますね。世界は腹黒いんや。どこにも「平和を愛する諸国民の公正と信義」なんかあらへんのや、と言いたくなりますね。まあ今もさんざん言われてますけどね。
 話はタイトルの第三次世界大戦に戻りますけど、この前英国で、元ロシアのスパイとその娘の二人が、ロシアしか持ってないはずの神経剤「ノビチョク」で殺害されかけた事件があって、英国がまずロシアの外交官を追放して、一気に全世界にそれが広がって、ロシア側も対抗して外交官を追放しまくってるようですね。これって、もう戦争やんか。しかも「米欧VSロシア」の構図、いよいよ世界大戦か、という話やのに、日本の新聞はあんまり重大視してへんみたいですね。
 (北朝鮮+チャイナ)VSアメリカの話より、よっぽど大きい話なんかも知れません。あー、今、ものごっつい世界が動いてるんとちゃうんやろか。
2018/03/02

憲法改正、間に合わへんやん

指差し小
 昨日は三浦瑠璃さんの話を書いたから、その続きで私が憲法をどう考えてるんか書いときます。
 と言っても日本国憲法のことは前にもちょっと書いてました。「日本国憲法、前文はコピペ」色んな本を読んでるうちに、私は今、ホンマは日本人には、別に憲法なんていらんのとちゃうか、と思うようになりました。
 まず、今の憲法の成り立ちから。最近どんどん本も出てますし、私も書いたように、日本国憲法の前文はまさに「コピペ」です。デキの悪い学生のレポートですわ。別にけなしたいから、とかやなくて、これは誰が読んでもそうやろ?前文というのは本来は国の成り立ちなり、国柄をとうとうと述べてもええんとちゃうか?専制と隷従を除去しよう、なんて、そもそも日本には奴隷制はなかったんやからね。せやから、前文一つとっても、実はめっちゃ恥ずかしい憲法やと思います。なんべんも言いますけど、別に貶めるつもりはなくても、ね。
 あと、よう言われるのんが、1週間ちょっとで作られた、と。それも事実ですね。せやから重複があったり、ちょっとそこ、細かすぎひん?みたいなところもあるようです。そんなことを考えると、これはもうやっぱり一からちゃんと作り直した方がええんとちゃうか、と思います。まあ保守の人の中にも、「改正」をすると、今の憲法を正当なものとして認めることになるわけやから、大日本帝国憲法の廃止、改正という手続きをするべきやという人もいてはります。論理的に言うと、私もそう思いますね。
 せやけど、今の私も含めた日本人が、一体何年かかったら一から憲法を作り直せるんやろか、とも思います。9条をどうするかだけで、今まだ大揺れやねんから。でも、たった今の憲法改正の動きについて言うんやったら、これは私はさっさとやらなあかんと思います。それも、9条に絞って。つまり、今一番問題なんは、日本は敵から撃たれてからでしか、撃ち返したらあかんことになってるからです。世界中がこいつら、アホやなあ、と思うてると思いますよ、こんなお人好しな間抜けな憲法。撃たれるかどうかを先に判断して、これはホンマに撃たれると自分が判断したら、誰にも聞かんとさっさと先に撃つのが世界では当たり前やろ?ちょっと前まではまあ日本を撃ってくるような国はなかったんやけど、今はいよいよ撃とうとしてる国が出てきたからこそ、今大騒ぎをしてるわけやんな。そういう意味では、新たに一から作り直すのんは置いといて、とにかく先に撃つことができるようになるための改正は、絶対すぐにやらなあかんと思います。
 まあ私はそれでもそれは、今月のパラリンピックが終わる前にはとても間に合えへんから、もし今回の改正前に「有事」になった時には、「超法規的措置」でさっさと撃ってしもてもええと思いますけどね。誰が、今目の前に撃とうとしてる人がおるのに、そこでじっとしてるねんな、アホちゃうか、いう話です。
2018/03/02

三浦瑠麗さんという国際政治学者

頷く小
 たまたま見かけたので書きます。三浦瑠麗さんという国際政治学者。最近けっこうテレビとかにも出てて、露出してはります。めっちゃ美人やし、東大を出てて、もう結婚してて娘さんもいてはるそうです。ええ~、天は二物も三物も与えてるやんか、不公平やなあ(笑)。まあそれは置いといて。
 この前テレビで、日本には北朝鮮のスリーパーセルがたくさん潜んでる、みたいなことをゆうて大騒ぎになってましたね。あ、私はセルと言うのは細胞、つまり共産主義の運動の用語やと言うのは知ってたけど、スリーパーセルは知りませんでした。でもこのスリーパーセルがいっぱいおるというのは、ほとんどホンマの話やん、とは思いましたけどね。炎上するのを見越してゆうてたとしたら、それはそれで大したもんやけどね。でもこの人、サヨク、リベラルではないけれども右でもない、みたいなスタンスのようです。
 で、ちょっと気になってたんやけど今日、記事を見かけました。WEBRONZA(ウェブ論座)という朝日新聞のインターネット有料記事です。お金は払うてへんから途中までしか読まれへんねんけど、憲法について書いてはりました。その無料公開部分だけでも、あー、これは絶対違う、と思うた部分がありました。
 タイトルは「奇妙な日本人の憲法観~道徳律と憲法を混同。生き方の問題になった9条。憲法改正で何が語られるべきか」です。
 冒頭の三段落目からこう書いてはります。
<憲法が権力を縛るためのものであることは当たり前のことです。日本国憲法ではまず、天皇という戦前には圧倒的に強力であった存在を、儀礼的な国の象徴とすることで、天皇が権力となる道をふさいでいます。>
 いやあ、「戦前には圧倒的に強力であった存在」て、何か中途半端な書き方やなあ。でもせやから逆に突っ込まれても逃げられるような書き方なんやと思います。「圧倒的に強力」て、何となくサヨク的な人からは「天皇の戦争責任を問う」みたいな人にはウケるやろうと思いますね。そして現憲法を、「天皇が権力となる道をふさいでいます」と評価しています。
 違います。「圧倒的に強力であった存在」とゆうても、たとえば先の大戦で、天皇が自己の権力をもって戦争を主導した事実はありません。むしろ、戦争が始まるときも、終わるときも、何とか和平が成らないものかとずっと願うてはりました。今とまったく同じです。政治については臣つまりは官僚に全てを任せ、その決定に従って詔(みことのり)を出してはったわけです。でもたしかに先の大戦では、臣つまり官僚が進退窮まってしもて、ついに決定でけへんかった時に、やっと求められて開戦を決断し、同じく終戦の時も、どうにも決定でけへんかった事態になってから、求められて降伏を決断してはります。最後の最後に必要に迫られた時に決断しはる存在、というわけですね。
 後半の部分、「天皇が権力となる道をふさいでいます」も笑止千万ですね。「天皇が権力」となったのは、後醍醐天皇の建武の新政のとき以来ありませんね。さらに今の天皇を「儀礼的な国の象徴」に過ぎひんというのも、貶めてるようにしか聞こえませんね。というか、二千数百年の「日本」の国の歴史をしっかり勉強してほしいですね。天皇にとっては国民は「おおみたから」つまり宝やねんで。せやから天皇陛下はふだんは色んな祭祀でひたすら国の安泰と国民の安寧を祈り続け、災害があったらすぐに駆け付けて、国民を慰めに来てくれはるわけやんか。それを「儀礼的」というんか?いやあ、薄っぺらいなあ。日本という国は、すべての国民が、ご先祖をたどるとみんなが天皇家につながる家族みたいなもんやねん。それはたとえ途中で外国から来た、今でいう「移民」であってもそうやねんで。めっちゃ懐が深いんや。
 まあでもこの三浦瑠璃さん、話し方も穏やかやし、変に専門用語を振りかざしたりせえへんし、変に媚びることもしやへんから、ちゃんと勉強しはったらええんとちゃうかなあ、と、ちょっぴりだけ期待してます。発信力のある人やから、あっち側に行かんとってほしいなあ。あ、もう行ってしもてるんかなあ。
2017/11/16

私学助成は憲法違反

 私が何かおかしい!と思うていろいろ本を読むようになってから、びっくりすることがいっぱいあってんけど、その中でもたしかに日本国憲法がこんなにええかげんなもんやったというのは、ショックとは言えへんけど、何かあほらし~と思うたもんやわ。
 格調高い前文やと思てたんが、何と大学生のリポート並みのコピペやったとか。そもそもツギハギだらけで事の軽重、優先順位、全体のバランスがめっちゃ悪いというか、このことについてはそんなに細かく書かんでも後で法律で決めたらええやん、とかがいっぱいあるし。
 まあ助詞が間違うてるというのは昔から有名やけどな。あと、誤植もあるねんで。天皇の国事行為に関して書かれた第7条の「四 国会議員の総選挙の施行を公示すること。」の中の「総」は取らなあかんやんな(笑)。参議院は半期ごとに半数だけが入れ替えやねんから。
 あ、話がそれたわ。書こうと思うたんは、私学助成の話。憲法89条、一応コピペしますね。
第八十九条
公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。
となってます。
 ということは、私学への助成はあかんやん、ということやのに堂々と助成金が出てますよね?ということですね。あと、この条文は靖国神社参拝問題にもかかわりがあるようですね。結局、みんな都合のええように解釈してやってるんやん、ということです。
 つまり、その程度の憲法なんや、ということにもなるんでしょうか。だからこそ憲法9条かて、「戦力は持ちませんが最低限の実力は持ちます」と言って自衛隊を持ってるのも、それが解釈によって成り立ってるということですね。あーしょーむな。
 まあまあ、憲法は改正せえへんよりした方がいいとは思いますけどね。