FC2ブログ
2018/08/06

将来の日本のエネルギーはどないすんねん?原発から逃げたらあかん。

パンチ小
 今日8月6日は広島に原爆を落とされた日。アメリカ人が黄色人種に対して人体実験をした日、とでも言うたろかな?まあ普通に戦時国際法違反の、非戦闘員大量虐殺の日、でもええかな。日本人自身が原爆死没者慰霊碑に、「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」と書いたけど、この「繰り返しませぬ」の主語は誰やねん論争もずっとあるのは有名ですね。まあはっきりゆうて、お人好しでお間抜けな日本人ですね。まあ、一昨年、オバマ大統領がこの碑に献花したことで、うるさく言う人は少しは減ったんかな?

 そんな日本人の平和ボケにいつも警鐘を鳴らしてはる櫻井よしこさんが、今日、産経新聞にコラム「美しき勁き国へ」で、「安倍政権のエネルギー政策は菅直人政権と瓜二つではないか 立て直しに取り組むべきだ」と書いてはります。これは政府が7月に「2030年および2050年を見据えた第5次エネルギー基本計画(第5次計画)」を閣議決定したことについての記事です。私もこの時の報道を見て、あれ?と思たんやけど、やっぱりおかしいわな。そのことを櫻井よしこさんは、(あの恐怖の)菅直人政権の時と瓜二つやないか、と書いてはります。

 ええー、それはあかんやろ、と思て読んでみたらそうでした。そして、そもそも日本は原発を今後どないすんねんや?という最も大事なことは何も書かれてないんやそうです。いかにも無責任な官僚が作りそうな内容なんかな。福島の原発は不幸にも東日本大震災でとんでもない被害をもたらしたけれど、あれは実はアメリカのGEからポンコツを押し付けられたんやとか言う人もいますね。まあどんなものにも危険はあるわけで、自動車のせいで年間に何千人も死者が出るから自動車は禁止せよ、なんて誰も言わへんやんか、という話もありますね。

 エネルギーの話って、国の根幹にかかわる話やのに、特に原発についてはみんな逃げてる感じがしますね。私もまだまだ勉強中ですけど、科学的根拠に基づいてしっかり向き合わんとあかんと思いますね。櫻井さんが書いてはりますけど、チャイナは原発200基体制を着々と進めてるんやそうです。まあ環境やら人権やらを一切考えんでええ国とは言え、そうなると日本は原発後進国になるのはもう明らかやね。核武装の話どころやあらへんで。私ら日本人自身が、将来の私らの子、孫の時代にどんなエネルギーで豊かになってもらうんかという絵をちゃんと描いていかんと、ただの後進国になってしまうがな。

日本人は原発から逃げるな!と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/07/02

ウソをついてでも反原発を推進する小泉純一郎さん、あんたは日本人か?

指差し小
 今日の産経新聞に、櫻井よしこさんが書いてはります。「小泉純一郎元首相の脱原発…壮大な間違い【美しき勁き国へ】」小泉元首相は退任後、反原発になったのは有名ですね。今はあちこちで講演に出かけてはりますし、この前の新潟知事選挙では何と反日野党側の候補の応援までしていました。それは「原発ゼロ」の意見が一致してるからやそうですけど、なーんか怪しいなあ、この人。前にも書きましたね(「最近の小泉親子、いよいよおかしいと思わへんか?(純一郎/進次郎)」

 今日の原稿で櫻井さんが問題にしてはるのは、小泉さんの主張の次の部分です。
<「日本は単純計算で太陽光だけで原発27基分を出しており、原発ゼロでも自然エネルギーだけで十分にやっていける」という氏の主張が壮大な間違いであることは明確に指摘したい。>
 つまり小泉さんは明らかにウソを言うてはります。27基分というのは、単純に発電能力だけを計算した場合で、太陽光発電は当たり前やけど天気に左右されるわけで、実際に発電能力はあっても、稼働率は13%ぐらいということです。とても「十分にやっていける」わけがありません。

 また、今年2月には首都圏が大雪に見舞われた、実は大規模停電の寸前までいってたそうです。いまだに東電は全部の原発が止まったままやから、いざというときは何とか他の電力会社から融通してもろうて事なきを得たと。そして東電は何と、福島第二原発を廃炉にする方向で検討を始めたそうです。実は福島第二は、あの苛烈な東日本大震災時、職員の懸命の努力により無事に生き残ったんやそうです。「その見事な事故収束対応は、米国の原発事故対応行動に模範的対応として明記され、世界で絶賛された」んやそうです。もちろん日本が嫌いなマスゴミは、そんなことは報道しませんね。

 実は、福島にはさらに約1千基の汚染水タンクという異様な光景があるそうです。原発の稼働によって排出される「汚染水」は、セシウムなどを取り除いた後は、薄めることで海に放出することができるんやそうです。<原発企業に非科学的な要求をする原子力規制委員会でさえ、希釈して海に放出するのが適切だと指摘する。それでも、東電は放出しない。地元の漁業協同組合などが風評被害を恐れ、拒むからだ。かくしてタンクは増え続ける。>ということやそうです。ため息が出ますね。

 東電も一私企業かも知れんけど、堂々と科学的根拠を主張して、無駄なことをせんようにするのが仕事やのに、もう放棄してるみたいやね。こうして日本の国力を弱めたい勢力に、小泉さんも含めて丸め込まれて、せっせせっせと意味のないことを、いっぱいさせ続けようとしてはるわけですね。
ウソをついても進める反原発、怪しさいっぱい!と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2017/04/30

メタンハイドレート

私がいろんなことを本で読んで知るようになって驚いたことの一つがこのメタンハイドレートです。これは、青山繁晴さんの本でした。この人、参議院議員になりはったけど、ホンマにアッつい人やなあ。しゃべり方もいっつも怒ってるように聞こえるし。あ、ホンマに怒ってはることも多かったなあ。関西の夕方のテレビ番組でレギュラーで出てはったけど、議員になるちょっと前に番組は降りはったっけ?
で、このメタンハイドレート、私は名前は前から知っててん。「燃える氷」や。ガス会社の展示か何かで見たこともあるし。メタンハイドレートは日本列島の周りにいっぱいあるらしいやん。溶けて気泡になった天然ガスが、海底からボコボコと泡になって出てきてるんや。それを採るだけでもそのまま燃料になるんやで。で、その探査は、日本の普通の漁船に、魚群探知機を取り付けるだけで、めっちゃ安う簡単にできるらしいで。あ、これは青山さんの奥さんの青山千春さんが発表してはります。ということは、日本は昔から資源がない、原料がないと教えられてきたけど、実はいっぱいあるということやんか。それに、日本の領海やねんから、取れたもんはそのまま自分らのもんやから丸儲け、何にも高いお金を出して中東の石油なんか買わんでもええんやんか。そしたら日本は税金も無しにして、めっちゃ豊かになれるんとちゃうか?そういえば、こないだサウジアラビアの王様が来はったけど、あの国は税金はないらしいで。公務員の比率もめっちゃ高いとか。つまりは国が国民を養うてるということやな。まあそれはそれで、日本人の感覚からしたら、働かんでも食うていける、というのはちょっとどうなんかな、とは思うわなあ。この話をガス会社の人にしたら、いやいや、インフラを作るのが実は大変やねんて。ある日突然メタンハイドレートでガスが安う手に入ったとしても、例えば日本全国にあるガソリンスタンドを全部そのガス用に作り替えるのには時間も金もかかる、と。まあ確かにそうやけど、国の舵をとるおエラいさん方、うまいことやってや。すぐそこにボコボコとタダでガスが噴き出してるんやから。よろしゅうおたの申します。