FC2ブログ
2018/12/10

日本国民の敵、犯罪集団、朝日新聞。え?言い過ぎ?早よ潰さなあかんな。

頷く小
 私みたいにええ年して「覚醒」した人が口を揃えて言うことは、「朝日新聞て、無茶苦茶やな」ということです(笑)。もちろん表現は人それぞれですが、心の底からの怒りがこもっていることはようわかります。もちろん私も、あの新聞社の過去や現在の「悪事」を知るたびに、考えられる限りの悪罵を投げつけたい気持ちです。自分の中に、こんなにも他者を憎む気持ちが生じるものかと、怖いくらいです。

 本屋に行けば朝日新聞を糾弾する本はいっぱいありますね。そんな中で、最近精力的に活動されてるのが、ケント・ギルバートさんと山岡鉄秀さんですね。お二人は、朝日新聞のいわゆる慰安婦報道に関して、朝日新聞が「誤報」を認めたにもかかわらず、その記事の英語版は海外向けのサイトには掲載せず、日本向けの意味不明なサイトに置き、しかも検索を回避するメタタグを付けていたということを徹底的に追及してはりますね。

 朝日新聞は、日本国内では「慰安婦報道」はしぶしぶ誤報やと認めたけれど、できるだけ海外には知られたくないという意図を持ってることは見え見えです。それを指摘されても直さへんということは、もう犯罪者ですね、こいつら。あ、言葉が汚くなってしまう(泣)。そして今日、山岡鉄秀さんが「日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信」というメルマガで「The Japan Times と朝日新聞」という記事をアップしてはります。

 もともと朝日新聞と一緒になってせっせと日本を貶める記事を発信していた「あの」ジャパンタイムズが、11月30日に、徴用工と慰安婦に関する表記を改めると発表したそうです。

 <過去、ジャパンタイムズは誤解を招く可能性がある表現を用いてきました。第二次世界大戦前と戦中に日本企業に雇用された労働者について、「強制労働」という言葉が使われていました。…略…今後はそれらの労働者を「戦時労働者」と表現することにします。同様に、…略…本日より、「慰安婦」を「自ら望まなかった者も含み、戦時下の娼館で日本兵相手に性行為を提供していた女性達」
と表現することにします。(原文は英語、山岡さん訳)>

 山岡さんはこれを、微妙なニュアンスも残ってはいるが、ジャパンタイムズの勇気を高く評価したい、と書いてはります。このことは既にケントさんがSNSに上げたそうですが、「物凄い反響」やったそうです。そして山岡さんはケントさんと連名で朝日新聞に対して、あんたらも表記を変更する気はないんか?と文書で聞いたそうです。まあその答えはリンク先で見てくれはったらええと思いますけど、案の定、変更する気は無さそうです。

 というわけでこの「forced to provide sex to Japanese soldiers」はまだ残ったままです。事実ではないことを指摘されても訂正しないこの新聞社。やっぱりこいつらは犯罪集団と言うてもええと思いますね。え?言い過ぎですか?無茶苦茶なんはあんたら朝日新聞やんか。
 もしまだ気いついてへん日本国民がおったら、みんなで知らせていきましょうね。ホンマに私が生きてる間に潰してしまいたいわ、こんな新聞社。


人気ブログランキング

2018/11/17

「押し紙」を認めへん新聞社、ようそれで他社の不正隠蔽を報道できるな。

走る小
 地方議員として、ネットでの知名度はナンバーワンという福岡県の行橋市議会議員の小坪慎也さんのブログに、11月1日に衆議院第2議員開会で開催された「押し紙を考える勉強会」の動画がアップされました。小坪さんのブログはまだ前編なので動画は半分で、こちらの「MEDIA KOKUSHO(メディア黒書)」には全部アップされてます。

 「押し紙」というのは、実は私は以前、広告関係の会社におったんで知ってはいましたが、まあ必要悪、ぐらいの認識でした。小坪さんはこれを取り上げることにしはったんですね。この動画は衆議院の第二議員会館という公的な場で、木原稔衆議院議員の発言も収録されています。もう2週間以上経ちますが、マスコミは一切報道しませんね。

 昨年の11月に、日経新聞の本社のトイレで、新聞販売店の店主さんが何と焼身自殺しはって、さすがにこれはマスコミでも報道されました。本社でわざわざ焼身て、とんでもないことやんか。実は新聞販売店主の自殺はけっこうあるそうです。ほとんどが経営難が原因、と。そして大新聞社の横暴も明らかになってきています。上記の動画の中でも少しですが、説明がありました。

 実際に購読されている部数より多く販売店に売られている部分を「押し紙」というのですが、販売店としては、新聞社から仕入れる部数によって販促費が入るわけなので、多いめに仕入れたとしても、結果トータルで利益が出ていればまだええ、ともいえるわけです。ところが近年、販売部数がどんどん減ってきて、赤字になってる販売店がものごっつい増えて来たようです。にもかかわらず、新聞社は旧態依然、そのやり方を変えないので、借金を抱えたまま廃業する店もあり、最近にわかに注目されてきたようですね。

 新聞社と販売店の問題でいうと、実はもう10年以上も前から、販売店が新聞社を訴える裁判はいくつかあるようですが、新聞社にはまだ勝てていないらしいです。新聞社の販売店に対する横暴、というわけです。一方、広告を出す側としては、新聞社が明らかに実売よりも多い部数を騙っているわけで、これはもう犯罪、詐欺やんか、と言えるわけですね。ただ、昔からの大きな広告主の一部は既に、効果測定なども導入して、成果支払いに近いものになっているという実態もあるようです。

 そこで小坪さんは、広告主には国や自治体もあるんや、ということで攻めようとしてはります。たとえば選挙公報にしても、この公表部数(ABC協会の部数)に基づいて公報の出稿を決めるわけですから、公金の使われ方としてはこれを認めると問題やと。ただ、上の動画ではそれより何より、「押し紙」「残紙」の存在自体を正したい、と考えてはるようですね。取引自体が不透明であいまい、そこに不正、不法、違法があるやんか、ということですね。

 そしてこれが一番問題なんですが、日頃、例えば最近でいうならメーカーの不正検査やその隠蔽等について、新聞は激しく糾弾しているくせに、自分らの「部数」のウソについてはまったく報道せえへん、これはひどいんとちゃうか、という話ですね。まずは「押し紙」の実態を認め、速やかに実売部数を公表し、販売店と公正な取引をしろ、ということで正面から堂々と攻めていきはるようです。

 まあマスコミは「第四の権力」やそうですから、抵抗はものごっついありそうですね。現に、毎日多数の記者が出入りしている国権の最高機関、国会の議員会館の中で行われたこの「勉強会」、報道したマスゴミはどこもありませんね。まさに国民の敵は内側におるということですね。


人気ブログランキング
 
2018/10/29

保守系ネットサイトが軒並み攻撃されてる。これはもう組織的暴力、犯罪やんか。

自転車小
 予定を変更して違うことを書きます。毎日更新してはる行橋市議会議員の小坪慎也さんのブログに詳しく出ていますが(「【異常な事態】「保守速報」「もえるあじあ」など保守系大手サイトにサイバー攻撃、保守基金もダウン。」)、保守系のネットサイトが軒並み遮断されています。今月25日からのことで、「保守速報」はずっとつながらないままです。

 他に攻撃を受けていると想定されるサイトは「もえるあじあ」「アノニマスポスト」「netgeek」などです。また、「保守速報」が「広告はがし」を行われたために収入源を断たれたので、それを支援しようとして小坪さんが協力して立ち上げたサイト「保守基金」までもが攻撃を受けてダウンし続けています。この「攻撃」というのはDoS攻撃、DDoS攻撃と言われ、狙ったサイトに膨大なデータを継続的に送り続け、サーバーをダウンさせ、サイトへの接続を遮断するものです。

 一応、お金をかければそれなりに防御はできるのですが、完全に攻撃を食い止めることはできない、殊に組織的に大量動員をかけて攻撃を仕掛けられるともうお手上げ、ということやそうです。ちょうどこのタイミングで27日に、朝日新聞系のネットメディアであるBuzzFeed Japanが、この小坪さんに事前に取材した内容をもとに記事を出し、それがヤフーニュースに取り上げられました(「私が「保守速報」を支援する理由 ブロガー市議の主張を聞く」)。一時的にトップアクセスを獲得しています。

 この記事の中では「保守速報」が、在日朝鮮人のフリーライター李信恵(リ・シネ)さんから名誉棄損で訴えられていて、地裁、高裁では有罪判決を受けていることが書かれています。「保守速報」はいわゆる「まとめサイト」といい、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)などに出ている投稿記事を引用して見出しを付けて、まとめたものです。その中に「差別的表現」や「名誉棄損」があったということなのですが、他人の発言をまとめた人にも責任を問うた、というものです。

 保守速報の管理人は個人なので、裁判の内容、経緯、経過は詳らかではありませんが、裁判では苦戦しているように思われます。そしてこのタイミングで、一斉に保守系のサイトがダウンするということは、ものごっつい大きな組織が動いているとしか考えられませんね。攻撃にはそれなりに手間ひまがかかりますから、とにかく数を集めんとあかんわけです。

 めっちゃ恐ろしいですね。裁判にかけられてるからと言うて、そのサイトを潰してもええわけがないやんか。「自分に都合の悪いサイトは攻撃してつぶしてしまう」というのは、もう明らかに犯罪やで。「保守速報」のアクセス数は、保守系では最大やったので標的にされたと思われます。気に食わんサイトは通報しまくって広告をはがす、裁判に訴えて管理人個人をやっつける、そして組織動員してDoS攻撃をかけてダウンさせる。これはもう組織的な暴力やな。

 とても日本人のすることとは思えません。こんな暴力を目の前にしたら、「言論の自由」などという言葉がむなしく聞こえますね。今のところ、無力感しかありません。もちろん、攻撃してきた相手をある程度特定することは可能ですが、これも完全に突き止めて「犯人」を挙げることは相当難しいようです。沸々と怒りがわいてきます。それでも日本人は、そんなことをされてもおんなじ手で報復したろ、なんて考えへんのですね。悔しいですけど。

 小坪さんは、まずは業界団体を作ろう、と呼びかけてくれてはります。また、国会議員にも呼びかけて、必要な法律を作ることも考えてくれてはります。まだまだ時間はかかりますね。ネットでは保守系が圧倒的や、なんて思てたけど、まだまだ負けてるやん、私ら。こんな大事件でも、このことを報道してる新聞、テレビは今のところなさそうですね。まあマスゴミは基本的にはあちら側に乗っ取られてるから、ある意味当たり前、ですね。

 隣の「中国」では、ネットも完全に共産党の支配下にあって、言論の自由なんかまったくありませんからね。このままやったら日本もそうなってしまうやんか。あーコワ。

【追記】小坪慎也さんのブログが更新され、具体的な動きについて書いてくれてはります。(【脆弱なる社会インフラの恐怖】


人気ブログランキング

2018/10/26

ウマルさん解放事件、何か変。保守系サイトは軒並み遮断。これ攻撃か?

頷く小
 ネットでも話題になり、テレビ新聞でも大々的に報道してることやから、もうええやろ、とも思うのですが、ちょっと怖くなったことがあったので書きます。

 今回の安田純平さんの解放事件は、あまりにも胡散臭すぎますね。まだ記者会見もしていないのですが、今まで明らかになった事実だけでもおかしなことだらけです。今日は政治関係のブログではアクセストップを走っている「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」さんからちょっと引用さしてもらいます。

 このブログは速報性もあり、画像や動画も数多くリンクされ、記事も大事なことは繰り返し書いてくれてはるので、ややこしい話のときはとても助かります。記事の出典も必ず書いてはります。そしてこのところ連日、安田さん解放の件を取り上げてはります。そういえば私が毎日読んでる「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」さんでは、安田さんのことを「自称韓国人のウマルさん」と呼ぶことにしてはるようなので、私も倣わせていただきます(笑)。

 上の「正しい歴史・・・」さんではこの「自称韓国人のウマルさん」は、他にもいっぱい名前を使い分けてはって、
 <本 名 : 朴 純平
  通 名 : 山本純平
  芸 名 : 安田純平(日本用)、ウマル(中東用)
  あだ名 : パク・ホットク>
なんやそうです(笑)。ちゃんと本人が書いたメモの証拠写真もアップされてます。やっぱり元々は日本人とちゃうみたいやなあ。

 そしてネットではもうあちこちで非難ごうごうですが、これも「正しい歴史・・・」さんから引用させてもらいますと、24日の「羽鳥慎一モーニングショー」で、テレビ朝日の玉川徹さんが、「自称韓国人のウマルさん」を「英雄として迎えないでどうするんですか?!」と言うたそうです。

 スゴいですね、この人。でもテレビと新聞はおおむね、こんな感じですね。でも今回ばかりは、どうもテレビ、新聞はおかしいんとちゃうか?と思う人が増えて来てるような気がします。

 え?安田さんを「英雄」で迎える?どうも政府は直接ではないけれども、身代金に相当するおカネを何らかの形でカタール側に払うたみたいやで?そしたら迷惑をかけたんとちゃうんか?助けてもろうたのに、政府にお詫びも感謝もないし、家族もおんなじやし。一体どないなってるんや?なんかおかしい!変!!という感じで、まだまだネットでもめっちゃ盛り上がってます。

 つまり、テレビ新聞で言うてる話と、ネットで大勢になってる話とが、ものごっつい乖離してきてるということです。そしたら何と、昨日あたりから、保守系のサイトが軒並み閲覧不能になってるんですね。「保守速報」「ニュースシェアジャパン」「もえるあじあ」「アノニマスポスト」、などなど、、、、。

 何か空恐ろしいものを感じます。ちょうど安倍首相が訪中しているタイミングやし。あのチャイナの五毛党やろか?これだけ大規模で、しかも長時間つながれへんなんて、おかしすぎる。もう日本は戦争に突入してるんとちゃうか?コワいなあ。


人気ブログランキング

2018/10/23

23人も逮捕されてる大事件をマスコミは報道せえへん。ディープステートか?

走る小
 前に「16人も逮捕されたのに、何やこの報道は?マスコミさえも都合が悪いんか?」を書きました。今日はその続報です。逮捕者はさらに増えて、何と4か月で23人になったそうです。関西生コン関係の事件でです。毎日ブログを更新して戦うてはる瀬戸弘幸さんのブログ、「せと弘幸BLOG『日本よ何処へ』」で経過は詳しく追うことができます。画像や動画もたくさんあります。

 セメント、生コン業界にはいっぱい業者さんがおって、労働者もたくさんおる、と。そこに「全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部」、いわゆる「関西生コン」という組合が、狙いをつけた会社に自分たちの傘下に入ることを要求するわけですね。莫大な協賛金?も要求されるので、その会社が拒否すると、そこにトラックで乗り付けて大音量で嫌がらせの街宣をしたりするわけです。ただのチンピラのやくざやんか。それが元で、自殺してしもた社長さんもいてはるそうです。ひどいなあ。

 でもそういうことを組合活動の名目でするわけですね。そしてこの関西生コンと立憲民主党の主だったメンバーとが、実は昔からめっちゃ関係があることは、公開された資料でも明らかなんですね。10年ほど前に週刊誌でも書かれたりしています。最も有名な話は、今回何度目かの逮捕をされた関西生コンのトップの武建一容疑者が、辻元清美議員とかなり親しかったとか、政治献金もしていたという話です。

 それこそ、何の証拠もない「モリカケ」で追及するんやったらこっちは証拠付きやで、なんでこれを追及せえへんねや、てな話ですね。まあヤクザ同然の嫌がらせをしておカネを巻き上げて、その金は北朝鮮にも流れていることは簡単に推測できます。まさに今、逮捕して捜査中ということですね。その逮捕者が23人にまで膨らんでるのに、マスコミは産経新聞がちょろっと報道するだけですね。

 結局、この事件が大騒ぎになると都合の悪い人たちが、マスコミにはいっぱいおるということやんか?何かぞっとしますね、日本のマスコミ。とりあえず朝鮮人が多いことはだいぶみんなわかってきたけれど、闇はものごっつい深いようですね。

 そしたら時々覗いてるブログ「日本の真心が目覚めました」で、この前のアメリカの最高裁判事にやっと任命されたカバノーさんの話が出ていました。前に「トランプさんて、良識のある優しい、ええ人やんか。え?報道と違うで。」で書きましたが、アメリカの民主党、リベラルの側が、何としても保守寄りのカバノーさんを貶めて、任命を妨害しようと無茶苦茶なでっち上げをしたわけです。

 自分は37年前にカバノーさんにセクハラを受けた、と名乗り出たクリスティン・フォードという女性が、議会で証言したときのテレビ中継の様子です。

 <15歳の時に、パーティに行ったら、真っ暗の部屋に閉じ込められて体を触られて声が出ないように口を押さえられた。実際に性暴行はされておらず、「未遂」であったが怖かった。>
 <そのパーティーではお酒があり、自分もお酒を飲んでいた、と。そして、真っ暗で何も見えなかったけれど、相手は100%カバノーである、と主張したのです。>

 <しかし、一般のアメリカ人は、嘘を嫌う人が多いので、この証言を聞いて「何だこりゃ」と思う人がさすがに多かったようです。>
 <この証言をテレビで見た人たちは、「相手はカバノーじゃなかったんじゃないの?」と私の周囲のアメリカ人も何人か言っていました。>
ということやそうです。これはあまりにずさんな話ですね。

 実は今アメリカでは、あまりにも内容がヤバすぎる場合に「非公開起訴」という制度があって、それが激増してるそうです。そして連邦議員や企業トップの大量自主辞職も増えてるとか。水面下で、いわゆる「ディープステート(闇政府、深層政府)」が、熾烈な戦いをしているんやそうです。

 アメリカではもう普通に出て来る「ディープステート」は、今のところ日本のマスコミには出ず、陰謀論的な文脈でしかネットに出て来ないようですね。アメリカも日本も、闇は深いな。


人気ブログランキング