FC2ブログ
2018/10/17

「一社、倒産させる」んやて。新聞の「押し紙」問題、さすが小坪慎也さん。

指差し小
 私は以前は広告関係の会社におったんですが、「押し紙」の話を知ったのは最近でした。そらあ商売にはマズい話やから大っぴらにはでけへんかったということでしょうね。あ、これは一言でいいますと「新聞社が実際には配っていないのに印刷し、「配ったこと」にしている新聞(紙)」のことです。水増し、底上げ、カサ上げ、まあそんな意味ですね。

 私が「覚醒」していろいろ勉強していく中で知ったブログに小坪慎也さんのブログがあります。ここでも何度か紹介させてもろてますし、ブログ「余命三年時事日記」さんとも一時、連携してはりました。この行橋市議会議員の小坪さんが、もう何年も前からこの「押し紙」問題に取り組んではって、ついに動き始めるようです。詳しくはどうぞ今日の記事をご覧ください。渡邊哲也さんも積極的に発言し、小坪さんとも連携してはるようです。

 いわゆる業界から見た場合、「押し紙」は新聞社が販売店に「押しつけて買わせる」わけで、その分、恐らく販売店は新聞社から何らかの相対利益を得ていたかも知れません。小坪さんはそこやのうて、広告主と新聞社の関係に注目しはります。しかもその広告主が国や地方自治体でもあるわけですね。そうすると、公共が出す広告はその自称にせよ発行部数によって評価され、値段が決まり、対価が支払われる、その金額は公正なんか?という話ですね。

 「100万部です」と言うて広告費を100万円取ってたけど実際は「押し紙」を引いたら「60万部」しかなかったら60万円にせなあかんやんか、という話、めっちゃ単純やんか。というか、「押し紙」が事実やったら、新聞社は裁判で勝てる見込みはどこにもないんとちゃうか?そんな恐ろしいことを実際にしてしまいはる小坪慎也議員、スゲー、てなもんですわ。

 まあ実際の進行はそんなに単純やないかも知れませんが、上のブログでは、「一社、倒産させる」と言うてはります。ひえーーー。これは大事件になるなあ。もうネットではあちこちでいろんなことが言われてますけど、残念ながら「国民の敵」、朝日新聞は不動産事業でガッポリ儲けてるみたいやから、ここだけはそう簡単には潰されへんやろうな、と思います。ハラ立つけど。

 ただ、国民はもうマスコミの偏向報道には辟易してて、何とかせんかいや!とう気分はめっちゃ大きいなってるように思います。ますます注目ですね、小坪さん。この10数年の?議員活動の蓄積で、ついに今回の内閣改造で、小坪さんの親しい人が、閣僚になったり、重要なポジションに就きはったみたいです。

 正しいことをなんぼ言うてても、実際に動かへんことには何も進まへん。実際に政治を動かしてはる人にきっちり動いてもらう、そういうことを小坪さんは身をもってしてきてくれはりました。まあこないだの沖縄県知事選では辛かったようですが、いつも前を見て進み続ける小坪さんは、私も応援したいと思います。

 ん?福岡県の行橋市なんて、実は私は何の縁もないんですけどね(笑)。まあそこがネットの面白いところでしょうか。


人気ブログランキング

2018/09/28

日米首脳会談の共同声明。大事なことを間違わんと報道してや、日本の新聞。

走る小
 日本のマスゴミは産経新聞を除いて基本的に「反安倍」なので、まず安倍ちゃんをけなす材料をいつも求めてる、ということは、今ではちょっと政治に関心を持ち始めた高校生ぐらいでもわかるようになってきてるみたいですね(笑)。

 あ、笑い事やないな。安倍ちゃんのことが嫌いでも何でもええんやけど、今やろうとしてはることが、ホンマに日本の国益になるんか?という観点でしっかり記事を書いてほしいと思います。

 今日、たまたま私が毎日読んでる宮崎正弘さんのメルマガと、三橋貴明さんのブログで、ニューヨークでの国連総会に出席した安倍ちゃんとトランプさんの日米首脳会談後の、共同声明についての報道について、お二人ともこの声明の第6項に注目すべき、と書いてはります。

>「知的財産の収奪」
>「強制的技術移転」
>「貿易歪曲的な産業補助金」
>「国有企業によって創り出される歪曲化」
>「過剰生産を含む不公正な貿易慣行」
に対処するために、日本とアメリカは緊密に作業して行く、WTOの改革もして行く、ということなんやそうです。

 今チャイナに進出してる企業は必ず共産党の支配下に置かれて、技術内容を開示せなあかんことになってるけど、それはもうあかん、と。あるいはチャイナの企業は国から莫大な補助金をもろうて生産してるけど、それもやめさせる、と。もともとはWTOがちゃんと機能してたら、こんなことにはならへんかったんやけど、オバマ時代まではアメリカも甘々やったわけですね。

 実際にファーウェイとZTEは締め出されましたね。また最近、米国内の「中国人技術者」というスパイが続々と検挙されてるそうです。さらに先日、テロリストへの資金洗浄に加担したことでフランスの名門銀行、パリバ銀行もアメリカから罰金と取引停止の処分が下されたんですが、同じように近々、チャイナの銀行も処分されそうや、と。

 これ、もうホンマに戦争やんか。その昔、日本が「ABCD包囲網」とかゆうて、ほとんど経済封鎖されて大東亜戦争に追い込まれたんと、めっちゃ似てるやんか。

はい、そんな時に次のニュース:
<日中経済協会の訪中団が、9月9~15日の日程で、北京と浙江省を訪問する。経団連の中西宏明会長や日本商工会議所の三村明夫会頭ら約240人が参加。習近平国家主席や李克強首相との会談を中国側に要請している。中西氏は、中国が推進するシルクロード経済圏構想「一帯一路」などを挙げ、「中国側は日本側に協力を求めている。大きなチャンスが来ている」と述べ、ビジネス拡大に期待を示した。>(時事ドットコム)

 続報は確認してませんけど、脱力しますね。日本の経済界、大丈夫か?トランプさんに制裁されるで、ホンマに。経団連の中西さん、テレビと日経新聞しか見てへんかったら間違いまっせ。ちゃんと正しい情報を収集してくださいね。間違うても何たらトラップとかにはかからんとってくださいね。もう遅いか。


人気ブログランキング

2018/09/20

自民党員、ヤバいんちゃうか?なんで石破君にこんだけ票が入るんや?

パンチ小
 安倍ちゃんが自民党総裁選、三選を決めました。まあ想定通りではありますが、私はけっこうショックなことがありました。なんで自民党員がこんなに石破くんに投票してんねん!ということです。もうすでに、あちこちでいろんな人の感想やらが出てますね。その中で私が強く同意したのが青山繁晴さんのコメントです(「いかにオールドメディアの宣伝に弱いか !」)。コピペさしてもらいます。

 <‥‥それが顕 ( あらわ ) れた総裁選の結果だと考えています。
 何よりも、安倍陣営がそれに打ち克ちきれなかった弱さであるし、オールドメディアと野党の作り出した冤罪であるモリカケを総裁選に利用した石破陣営の志の弱さであるし、自由民主党の党員である有権者もまた、どうしてもオールドメディアの仕掛ける頚木 ( くびき ) から自由になれないことを如実に示した、党員票と議員票であると考えます。>

 私はおととい、「石破くん、あんたに政治家としての信念みたいなもんはあるんか?いや、具体的に。」と書かせてもらいました。もう反日野党の党首になった方がええんとちゃうか、と思うほど、ひどいことを石破さんはこれまでにも言うてきてはります。あ、「ひどい」と言うと怒る人もおるかも知れんけど、ここ数週間の報道と、ネットでの言説に接していると、どう考えてもおかしい、という確信がますます深まりました。

 三選は当然の成り行きではあったけれど、ちょっと待てよ、この先、日本はどうなるんや?と考えたとき、与党の自民党の中でさえ、反日野党に近い考えを持つ石破くんに票を投じる人がこれだけおるということに暗澹たる気持ちになります。青山さんは「オールドメディアの仕掛ける頚木」と書いてはりますね。私がもうちょっと下品に言うんやったら、「マスゴミの言うことをまだ信じてるんか?」ということですね。

 ちょっとは期待してたんですよ。もうマスゴミとネットでは石破くんへの評価がまったく逆になってましたからね。せやけど、実際に政治的な投票行動にそれが反映されるのは、まだまだ先なんやということがわかったわけですね。まあ、まずは日本を貶め、日本を何とか弱体化させたい、という勢力をやっつけるのは当然ですが、そのことに対する危機感が、与党の自民党員の中のかなり多くの部分に、まったくないことがわかってしもたんですね。

 まだまだ書いて書いて、書いていかなあかんなあ。残念やけど。諦めたらあかんな。今日の結果はよう考えるとハラ立つけど、前に進んで行きましょう。


人気ブログランキング

2018/09/10

子供をダシに使うて、大人の意見を代わりに言わせる。あかんで、池上君。

パンチ小
 日本人にとってはまだまだ「テレビで見た」とか「テレビでやってた」というのはかなり信頼できることのようですね。自分が好感を持ってるタレントや俳優やキャスターが言いはると、何となくそうなんかなー、と信じてしまうんですね。私はもう「覚醒」して4~5年経ちますが、もともとは政治的なことにはあんまり興味がなかったから、どうでもええわ、みたいな感覚やったんですね。今となっては、あー反省、反省。結果的にはそれで日本が弱体化されてきたんやからね。

 で、何のことかというと、9月7日の夜に放送されたフジテレビの「池上彰スペシャル」という番組です。池上さんが国内外の色んなニュースについて、子供たちの質問に答える形で解説する、という内容です。ここに出演した小学生の子供たちがほぼ全員劇団員、つまり「仕込み」やとわかって大騒ぎになってるということです。もともとネットでは、地上波の番組なんて最初から台本があって、出演者はそれを読んでるだけやん、というのは常識みたいなもんでした。

 今回もその手法で、かわいい子供たちが口々に、明らかに安倍政権批判、もしくは安倍さんへの個人批判と受け取れるような言い方を子供たちがしていて、それを池上さんが聞いてめっちゃ嬉しそうに笑いながら感心している、という絵になっていました。まあネットではなんぼでも見れますからご覧ください(笑)。もともと池上さんは反安倍、ということもあってネットではすぐさま子供の出演者が特定され、ほぼ全員が仕込みやとバレてしもたわけです。

 どうも最近、流れが変わってきてるんかな?という気がしますね。大人が自分の主張を伝えたり広めたりするのに、まだ判断力が十分でない子供を使う、というのは誰がどう見ても卑怯ですね。そしてそんなんに使われた子供はかわいそう、と誰もが思いますね。池上君、やってしもたな。すぐにということはないかも知れんけど、今後は「あー、またやってるな」ぐらいになって、どんどん池上さん自身の信頼感が下がって行くように思います。ネットでは、この池上さんがけっこうあちこちでウソ(厳密に言うなら、明らかに事実に反すること)を言いまくってることも暴露されてます。

 これからは「テレビで言うてても、ちょっと怪しいからスマホでチェック!」みたいに、どんどんなっていくと思います。日本人はウソが嫌いですからね!
2018/09/02

英語版では慰安婦「誤報」は検索できんようにしてた、日本人の敵、朝日新聞。

指差し小
 私の実家は朝日新聞を購読してました。就職してからは一応仕事に役に立つからと日経新聞を取っていました。今は産経新聞を取っています。変えたきっかけは、私が「覚醒」しつつあったことと、ちょうど安倍ちゃんが平成25(2013)年12月に靖國神社参拝をした時、産経以外の全紙(全国紙)が狂ったように批判の声を上げたからです。そう、読売も日経も、です。今から思うともう4年半前の話、何となく隔世の感がありますね。あ、油断したらあかんか(笑)。

 朝日新聞が慰安婦報道に関してあの吉田証言を取り消したのが靖国参拝の翌年の8月やから、この頃から潮目が変わってきたんかな?もちろん吉田清治のウソ話は、もっと以前から指摘されてたから、あまりにも遅い「取り消し」ではありました。さらに翌9月には当時の木村伊量社長が謝罪会見をしたけれど、どこまで本気なんか、ようわかりませんでしたね。

 そして先日、またとんでもない話が飛び出しました。山岡鉄秀さんとケント・ギルバートさんが朝日新聞に対し、朝日新聞デジタルの英語版ではいまだに慰安婦のことを書くときにわざわざ「forced to provide sex(性行為を強制された)」と注記しているが、これは事実に反する印象操作ではないか、として回答を求めていたところ、朝日新聞は今後も表記を変えるつもりはないと回答してきたと。いや、それ、事実とちゃうやん、な話ですね。

 ところが何とそのすぐ後に、慰安婦問題の検証記事の英文版は、グーグルなどからの検索を回避するタグが埋め込まれていたことが発覚しました。つまり、慰安婦報道で朝日新聞が「誤報」をしたので何十年もさかのぼって記事を「取り消し」たことを書いたこれらの記事は、検索できないようになっていたのです。さらにネットで色んな人たちがいっせいに調べた結果、朝日新聞の英文版の「お詫び・訂正」記事にはほとんどこの検索を拒否するタグが埋め込まれていたことが明らかになりました。

 もう、あきれ果てて言葉も出ませんね。こいつら、いったい何やねん。まったくのウソの報道で日本を貶め、それを世界中に広げて各地に慰安婦像を建てさせて、さらに日本の評判を落とす、と。もうこれは明らかな犯罪行為やんか。もはや日本人全体の敵やね。こんな新聞にお金を払うて読んでる人がまだ数百万人もおるということが、残念でたまりません。もっともっとこの事実を広めていかなあかんな。