FC2ブログ
2018/06/14

ウソを書いて人を貶める犯罪者、朝日新聞。はよ潰れてんか。

パンチ小
 私がいろいろ勉強を始めて知った人の中に、渡部昇一さんがいてはります。もう亡くなって1年以上が経ちましたね。もちろん名前は以前から知ってたんですけど、覚醒する前の私は渡部さんのことを、東大でも京大でもない上智大学出身の、学者か何かようわからん人で、時々右翼的なことを言うややこしそうな人やなあ、と思てました。あー恥ずかし。昨日、たまたま私が毎日読んでるメーリングリストからの情報で、渡部さんと朝日新聞に関わるスゴい話を思い出したので、書きます。

 この話は一度渡部さんの本で読んではいたんですが、再度確認しました。昭和55(1980)年、渡部さんは『週刊文春』に「古語俗解」というエッセイを連載してはったんですが、その10月2日号に「神聖な義務」というエッセイが載りました。(これは微妙な話なので、全文はリンクしておきます。)この中で渡部さんは、作家の大西巨人さんの子供が、遺伝病である血友病を持って生まれたために、国から莫大な補助を受けていること、そしてそれにもかかわらず第2子をなし、結果、その子供も血友病とてんかんを持って生れたことを問題にしています。

 明らかに障碍を持って生まれることが想定されるのであれば、それを避けるのが「神聖な義務」ではないのか、という主張です。ウチには子供がでけへんかったんでようわかりませんが、けっこう難しい話ですね。で、これが掲載されてすぐ後に、朝日新聞の記者が渡部さんを訪ねて来て「詰問」したそうです。そしてその翌朝の朝日新聞に大きな記事が出た、と。何と「大西巨人氏vs渡部昇一氏」という見出しで、渡部さんと大西氏さんの間で論争を展開したことになっていたんやそうです。そして見出しだけを読むと、渡部さんが「劣弱者を消してしまえ」と主張するヒトラー礼賛者であるかのような印象を与える紙面になっていた、と。

 渡部さんは当時すでに有名人やったから翌年、月刊『文藝春秋』(昭和 56(1981)年7月号)で「"検閲機関"としての朝日新聞」という文章を発表し、事の次第を公表することができたそうです。いやあ、コワいですね。してもいない論争や発言を、いかにもしたようにして記事にするやなんて。もうビックリです。じつは朝日新聞の捏造は昔から有名で、「伊藤律会見報道事件」なんてのもありますね。昭和25(1950)年9月27日の朝日新聞に、当時レッドパージによって逮捕状が出ていた日本共産党幹部の伊藤律との会見の記事が掲載された、と。ところが当局の調査によってすぐにウソがバレ、朝日新聞は3日後の9月30日に社告で謝罪したそうです。

 実はこの渡部さん=大西さん論争の記事は、本人が否定したにもかかわらず、今に至るまで朝日新聞はまったくコメントもせず、無視し続けているそうです。とうとうご本人が亡くなって、朝日新聞はたぶん、ホッとしてるんやろうか。ウソを書いて人を貶めるて、犯罪やんか!?やっぱりこんな新聞社、いらんわ。
犯罪者、朝日新聞はもういらん、と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/05/01

ウソの朝日新聞と放送法第4条撤廃!DHC𠮷田会長

自転車小
 ちょっと前に「余命ブログと小坪しんやさんが連携するそうです」(小坪さんというのは福岡県の行橋市の市会議員)を書きましたが、その後、小坪さんのブログの更新が少し止まったみたいになって再開されて安心はしてるんですけど、その周りにはけっこうネチネチと絡んできてる人が湧いてきてるようで、何がどこまでホンマなんかわからん部分もありますけど、しっかり自分で見て、読んで、判断して行きたいと思います。

 ところで今日、ネットでとても素晴らしい記事を見つけたので報告をしときますね。オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」の4月30日の記事<【DHC会長独占手記】「ニュース女子」騒動、BPOは正気か>です。「ニュース女子」という情報バラエティ番組があり、これは化粧品やサプリの通販で有名なDHCという会社がスポンサーになっていて、昨年12月に番組の中で沖縄の反基地活動家が日当をもらってるらしいということを番組で取り上げたことから、騒ぎになりました。

 サヨクの人たちがBPO(放送倫理・番組向上機構)に訴えて、この番組を放送したTOKYO MXテレビには「重大な放送倫理違反があったと判断した」とされました。このBPO自体はNHKと民放がお金を出し合ってつくった任意団体、お手盛り団体なんですが、一応公平を装っています。で、このBPOの判断を受けて、4月からTOKYO MXテレビではこの番組を放送しないことになりました。そしてそのことをウソで有名な朝日新聞が<「ニュース女子」打ち切りへ MXと制作会社に隔たり>と報じたのです。

 さすが、ウソの朝日新聞、見出しを見ると番組がなくなるように思えますが、この番組は制作会社が作っていて、それをTOKYO MXをはじめとする17局にいわば「配信」していたものです。業界用語では「番販(番組販売)」というのが正しいでしょう。ですから、「打ち切られた」のはTOKYO MXテレビの方で、4月以降も他の16局?では引き続き放送されるわけです。ネットでも(YouTube)見れるので、𠮷田会長は、「ご心配なく」と書いてはります。

 そして、この番組の騒動のことに触れたあと、なんでこうも日本のテレビ局は左翼で反日なのか、と話を進めはります。まあ読んでもろたらわかりますから簡単に書きますと、要は「在日帰化人」の問題やと。マスコミ界だけでなく、政界、法曹界などにも多い、と。在日が悪いのではなくて、「反日思想を持つ在日帰化人」が悪い、ということです。自らが会長を務めるDHCでも、複数の役員が帰化人なんだそうです。

 事業でしっかり成果を出して世の中の役に立ってる経営者が、ここまではっきりと言うてくれはるのは説得力もあるし、有難いですね。最後に思わず笑うてしもた部分をコピペしときます。
<安倍さんも「働くな改革」とか「仕事放り出せフライデー」みたいな奇妙な法案を時々考え出しますが、この放送法第四条撤廃はよくぞ思いついたと思います。これにはもろ手を挙げて大賛成です。>
放送法第四条は撤廃や!と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/04/24

まだ続いている!朝日新聞の報道犯罪【慰安婦篇】

指差し小
 ある雑誌でケント・ギルバートさんの原稿を読みました。アメリカ人の弁護士ではありますが、かつてはタレントとしてテレビにも出てはったから有名ですよね。最近は保守の論壇でも活発に発言してはります。このギルバートさんは、かつては自分も「従軍慰安婦」はおったんやろうな、と思っていたと書いてはります。「天下の朝日新聞が真っ赤な嘘を言い続けているとは夢にも思いませんでした」と。2014年に朝日新聞が「誤報」を認めたときはショックやったし、朝日新聞は韓国人に対して謝罪すべきだ、と書いたそうです。

 いろんな人らの努力によって、日本国内ではさすがに「『従軍』慰安婦」とは言わなくなってきていて、今は「強制連行」させられたという言い方に変わってきています。それさえもプロパガンダなんですけどね。さらに、さかんに「性奴隷(sex slave)」と言っていたものがだんだんと、慰安婦とは売春婦のことで、しかも将校の何倍もの高給をもらっていたということが明らかになってきたこともあって、それ(sex slave)も言わなくなってきているそうです。そもそもcomfort womanは「慰安婦」の訳語であって、日本では「売春婦」を婉曲に「慰安婦」と言ってあげてるだけの話ですね。日本人かて、生活のためにやむなく自らの意思で慰安婦になった人もおったわけやからね。

 ところが、です。朝日新聞の英語版では、comfort womenの言葉が出るたびに、いまだに次の注釈を入れてるそうです。
「Comfort women refers to those who were forced to provide sex to wartime Japanese soldiers. Many of them were from the Korean Penisula.」
【グーグル翻訳】「Comfort womenは戦時中の日本人兵士に性的搾取を強いられた人々を指します。 彼らの多くは朝鮮半島から来たものです。」

 何やこれ、まーたこんな姑息なことしてるんや、朝日新聞は!。朝日新聞の英語版は、英語圏の世界各国が日本のことを報道する時に、最も参考にしている媒体の一つやそうです。慰安婦の記事が出るたびにこの説明を付けている朝日新聞!あんたら、いつまで報道犯罪を続けるつもりやねん。やっぱりこの新聞は日本人の新聞やないなあ。外国の謀略機関でしかないんとちゃうか?
朝日新聞は報道犯罪をやめろ!と思う人は(思わなくてもw)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/04/11

NHKに情報公開請求を!「公安情報」井上太郎

走る小
 相変わらず国会ではアホな野党のせいで、無駄な時間が費やされてますね。国家的損失やわ。それに、なんで野党の議員て、あんなに言葉が下品なんや?日本人は公の場ではそんなに汚い言葉は使えへんで。あ、もしかして、、、、。

 で、今日はまたもや「公安情報」井上太郎からです。
 NHKも今や反日を隠さんようになってきたみたいですね。そのNHKのやり口の一つ。紅白歌合戦のチケットを、取り込みたい国会議員に配ったりするそうですわ。たしかにプラチナチケットやろうね。また、大相撲の興行はいまだにやくざの資金源になってるそうです。その大相撲協会に、NHKは何十年も莫大な放映権料を支払っている、と。そういうお金がらみの話は全て総合企画室という部署が担当していて、そこの年間予算は139億円もあるそうです。ケタ違いやな。

 プロ野球の巨人戦の放映権料。最近はプロ野球の視聴率もだいぶ下がってきてますけど、それでもNHKは通常1試合8000万円と言われている倍以上の金額で、読売新聞から買い取ってるそうです。せやから、読売新聞とNHKはお互い、馴れ合いの報道をしているようです。「受信料不払い者への罰則導入も必要」という社説が読売新聞には出てるそうです。

 NHKはしょっちゅう反日番組をつくってますね。私もこの前、書きました(NHKの犯罪!「731部隊」の嘘プロパガンダに加担!)。これは1月でしたが、NHKは毎年8月の終戦記念日前後には、せっせと「反日祭り」をやっています。「NHKスペシャル」ですね。何とこの番組は、NHKエンタープライズが北京メディアセンターに制作を委託してるそうです。この北京メディアセンターは、中共の国営放送である中央電視台CCTVの子会社です。そうすると、この「NHKスペシャル」の著作権は、中共も持つことになり、つまりはチャイナはタダでNHKの番組を放送できるんやそうです。えー?つまりは日本国民の受信料で、反日番組をチャイナのために作ってるわけです。もうアホとしか言いようがないですね。こんな放送局、すぐに潰さんとあかんな。

 私も怒ってるだけでは意味がないので、ここで井上太郎さんが提案してはる方法を書いときます。NKHが一番視聴者にされたくないのが、情報公開請求やそうです。正式に文書で請求すれば、NHKは一か月以内に文書で回答せなあかんらしいです。何か、余命ブログさんの日弁連への懲戒請求に似たような話やなあ(笑)。たとえば、
「紅白歌合戦の番組提案書をください、人選の基準を示してください、政治家から入場券をもらった人もいます、抽選の透明度をあげるために公開抽選をすべきです」
「関連会社からの見積書を見せてください」
「経営企画室の経費一覧を見せてください」
「日本の公共放送なのに、中共の国営放送の子会社に制作を依頼する理由を教えてください」などなど、、、。
 NHK会長宛てに、文書で請求すればいいそうです。ネット民が一斉にこれをやり始めたらおもしろいことになりそうやなあ。朝日新聞、NHKは絶対に潰さなあかんと、最近思い始めてます。
2018/04/05

日本はスパイ天国、何でもバレバレ。

頷く小
 私が色んなことを勉強し始めて、色んなことを知るにつれて、暗澹とした気持ちになることがようあります。たとえば、スパイ防止法のことです。日本は「スパイ天国」やそうなんです。ちょうど今日、けっこう騒ぎになってますけど、「残っていない」と当時の稲田防衛相が言うてた自衛隊の日報が、実は残ってたことが判明し、それを大臣に報告してへんかった、という話。そもそも論の前にどうでもええ話がどんどん先行してるような気がします。
 そもそもこの時の自衛隊の日報って、南スーダンでのPKOの時で、この派遣を決めたんは民主党政権の時やし、いろんな議事録をバンバン捨てるようなことを決めたんが民主党政権やし。そもそも日報は後になっても公開してええもんなんか?軍事上の機密はどないなるんや?作戦やら、軍の指揮のことが丸わかりになってしまうやん?また今回のものは「外付けハードディスクに残ってた」て。防衛省内のパソコンの管理はどないなってるんや?あと、残ってたとわかってて、何ですぐに報告せえへんのや?とか、もう突っ込みどころが多すぎてアホらしなりますね。
 軍隊やないから、ええように周りから弄られてしまうんとちゃうか?さっさと軍にして、軍法も備えんとあかんのとちゃうか?それと、防衛省の中に、安倍ちゃんを引きずり下ろしたい奴がおって、それがリークに加担したとしても、ほとんど罰する法律があらへんというわけや。
 もうそんな話ばっかりやな。
 あと、あのヤフーニュースに出てたから書きますけど、江田憲司議員が、森友問題に関してマスコミにリークしてるのは、大阪地検特捜部の女性部長やとツイッターでバラしたそうです。あれ?捜査中のことを外の人に漏らしてええんか?てな話ですね。で、女性部長なんて一人しかおらへんからすぐに特定されて、山本真千子さんやということもネットではバンバン出ています。まあ、公開されてることがネットですぐバレるというのはある意味、捏造やらがやりにくくなるということで、ええことなんかも知れんわね。
 他人事ながら心配なんは、江田くん、ニュースソースをバラして大丈夫なんか?まあこの人らは「裏切る」ということに関しては普通の神経の持ち主とはちゃうからね。もうぐちゃぐちゃになってきてるような気がしますね。