FC2ブログ
2018/08/11

もともと宗教的やった?日本人。八百万の神さんがいてはるで。

パンチ小
 今日からお盆休みに入る人も多いようですね。私の実家は両親とも昭和ひとケタ世代で、終戦を迎えた時はお父ちゃんは学徒動員中、お母ちゃんは学童疎開中でした。せやから文字通り、戦後教育の最初の犠牲者やったかも知れません。その上、お父ちゃんは五男、お母ちゃんは八女ということで、まあ何と言いましょうか、人生は基本的に人任せのご気楽家庭でした。努力せんでも普通に結婚して子供を産んで育てることはできた、と。

 あ、何か親の悪口言うてるみたいになったわ。いや何を言いたかったかというと、私の実家には仏壇も神棚もなかってん。両親のそれぞれの実家には、もちろんどちらもありましたけど、自分らが所帯を持って暮らし始めてからは両親の親(私のおじいちゃん、おばあちゃん)も、若い二人にいちいち仏壇なり神棚のことをあれこれ言うこともなかった、ということやったみたいです。今、私の家には仏壇があり、来週、お盆のお飾りをすることになります。

 普通の日本人に宗教とか信仰を聞くと、「私は無宗教です」と答える人が多いそうですが、そんな人でも家には仏壇があり、頂き物があれば仏壇に「チン」してからいただくとか、お墓参りするとか、お盆にはそれ相当の設えをするとか、お正月には初詣で近所の神社には必ず行くという人がほとんどやと思いますが、それこそが海外では普通に「信仰」というんやそうです。せやから欧米人(キリスト教徒等)に「私は無宗教です」というと、かなり危険な人物なんやと思われるそうです(笑)。

 最近いろいろと勉強してきてわかってきたのは、日本人は縄文の昔から宗教的な感覚は持っていて、基本的には「八百万の神」として、神さんはどこにでもいてはるんや、という感覚があって、仏教が伝わって来たときも排除せずに上手く取り入れて日本人の感覚に合うように仲良く共存させて来たんですね。もちろん、もっと時代が下ると神仏習合やら本地垂迹説と言うてたんが江戸時代末の廃仏毀釈になり、明治になって神仏分離令が出され、ついにはGHQが神道指令を出す、と、いろいろとややこしかったんですね。いまだに神社は私的な一宗教法人になってますしね。ということで、今年も我が家では迎え火、送り火を焚きます。
日本人はもともと宗教的やんか、と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/08/10

民度の高い日本人。現場の警官が賄賂を取るなんて、せえへんで。

自転車小
 ネットで知ったニュースで、ちょっとマイナーかも知れませんが、考えさせられるニュース。「日本で全く報道されない、バングラデシュの中高生が起こした抗議運動」。簡単に紹介しますと、バングラデシュの首都ダッカではもう長年、停電と道路渋滞が当たり前なんやそうです。そこに先月末、交通事故がありました。<ダッカ市内で2台のバスがカーレースの様に追い越し合いをしながら乱暴な運転をしており、そのまま勢いよくバス停でバスを待っている学生たちに突っ込みました。2人が亡くなり、重軽傷が10数人という惨事を起こしたのです。事故を起こした運転手は無免許、バスは正規の車検を受けておらず>事故を起こしてしまった、と。

 このいい加減さに非難の声が大きくなったので、運輸大臣が記者会見をしたのだが、その会見で大臣が<よくある事さと言わんばかりにサラッとメディアの前で報告をし、最後にニコッと笑顔を見せた>と。<この態度に学生の怒りが沸騰!・・・・学生は道路封鎖を行い、道路の安全確保・大臣の謝罪等を求め、デモをしました。ダッカ中が交通マヒになってしまい、・・・・全土にデモが広がり、学校の多くは休校しました。驚くべきはこのデモ、学生といっても中学生や高校生なのです。>

 <もう大人に任せておけない! と立ち上がった子供たちが道路に飛び出し、交通整理と通行する車の車検や運転手の運転免許の確認を始めました。道路を封鎖して座り込む今までの抗議活動やデモとは全く違う姿です。バングラデシュでは今まで、警察も軍も出来なかった緊急車両用道路を確保し、救急車を通せるようにし、人力車用、乗用車用にレーンを分け、更に順番を並んで待たせるという仕事をやってのけたのです。そして、どんな車両に対しても運転免許の提示を求め、違反者には違反切符をきちんと切らせます。>

 今まで、警察や軍や役所は何をしてたんや!という話ですが、結局この後、SNSやらでもウソのニュースが拡散されたり、政府側が弾圧をしようとするなど、混乱もあったようですが、ようやく収まってきたようです。今は警官がきちんと交通整理をするようになったそうです。でも結局渋滞が戻り、運転免許の更新に、ものごっつい時間がかかるようになってしもてるそうです。あーあ、元の木阿弥かいな。

 「後進国」なんてゆうたら怒られるんかな?せやけど、国を運営していくのには結局、国民自身に規範意識がないとすぐに崩れていくということやね。でも子供は純粋で、もともと素直なんやなあ、とも思えるのが救いですね。子供にとっては、現場の警官でさえ賄賂を要求するなんて、やってられへんわ!てな感じやったんでしょうか。

民度の高い日本人、この国を守ろう!と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/08/03

日本人の誇りある歌も消したGHQ。はよ取り戻さんかい!

反日メディアの正体 
 私が「覚醒」してから知ったことはいっぱいありますけど、変わったところ?では、「歌」のことがあります。3日前に上島嘉郎さんと三橋貴明さんのトークビデオの話(「日本はいまだにアメリカの属国なんか?何でも差し出すお人好しニッポン。」)を書きましたが、それに付いていた本がこの写真の「反日メディアの正体」です。私も前に(「『仰げば尊し』『蛍の光』」)書いたのですが、「蛍の光」の歌詞には3番と4番があったんやけど、GHQによって消されてしもたという話がここにも書かれていました。
■「蛍の光」4番
 千島の奥も、沖繩も、(ちしまのおくも、おきなはも)
 八洲の内の、護りなり、(やしまのうちの、まもりなり)
 至らん国に、勲しく、(いたらんくにに、いさおしく)
 努めよ我が兄、恙無く。(つとめよわがせ、つゝがなく)

 戦前、尋常小学校の唱歌として採用され、「当時から卒業式に歌われ、戦前統治していた台湾や朝鮮でも歌われていました」やて。前の記事では、戦前に教育を受けた台湾人との集まりで、皆が自然に3、4番まで歌ったのに、日本人が知らずに恥をかいた話を書きました。上の上島さんの本では、さらに「われは海の子」も、7番まである歌詞が、3番までしか掲載できなくなったことを書いてはります。
■「われは海の子」7番
 いで大船を 乗出して
 われは拾わん 海の富
 いで軍艦に 乗組みて
 われは護らん 海の国

 これはGHQから、歌そのものを消された(禁止された?)のですが、昭和33(1958)年に教科書に復活した時には、3番までしか載せなくなったそうです。一体、何をやってるんやろうね、私ら日本人!とうにアメリカからは独立したはずやのに、自分から日本人の誇りある歌を消してしまうやなんて。ホンマ情けないですね。歴史を消された民族を待っているのは滅亡しかないんとちゃうか?

日本人の歌を取り戻そう!と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/07/17

日本テレビ「はじめてのおつかい」、日本でしかでけへん番組とちゃうか?

指差し小
 私はここでいつも「マスゴミ」と書いてますが、実は好きなテレビ番組もあるんです。その中の一つが、昨日(7月16日)放送してた日本テレビ系全国ネット「はじめてのおつかい」です。年に2回、スペシャルで放送してるようですね。もともとは番組の1コーナーの企画やったんが特番になったもので、それから数えるともう30年も続いてることになるようです。小さな子供が親におつかいを頼まれて、それをやり遂げる様子を撮影して編集しています。

 「マスゴミ」のことですから、いわゆる「仕込み」とか「やらせ」はある程度はあることと思われますが、一方でこれはホンマに地元の人たちの協力がないと、とてもでけへんなあ、と思うこともあります。たいていは舞台は田舎で、車などがあんまり通らへん安全な場所を選んでるようですね。そして必ずご近所さんたちが、登場する子供たちのことをよく知っていて、声をかけてくれる、と。最近は何十年も前の子供が親になり、その子供が出演するケースもあります。あるいは成長した子供の今の姿、を見せてくれることもあります。

 こうなると、単なる仕込みでは難しいですね。ホンマにそこに住んでる親子でないと無理ですから。この番組を観ていつも思うのは、やっぱりこれは日本ならではの番組やなあ、ということです。でも都会ではもう無理ですね。特にマンション暮らしやと、ほとんど近所付き合いもないし、ドアをしめ切ってたら誰が住んでるのかもわからん家なんて、なんぼでもありますからね。そう考えると、「都市化」も必ずしもええことではないんやないかと思いますね。

 そういえば脱サラして田舎に行った人の話で面白かったのが、家に鍵をかけてたら怒られた話。回覧板を置いて行かれへんやんか、ということらしい。たしかに昔の日本の家、特に田舎は軒先、縁側、もう入り放題の家でしたよね。昔の方が安全、安心やったんとちゃうか、と思えますね。アメリカにはゲーテッドタウン(gated town)というのがあって、ハリウッドに住む富豪、映画俳優なんかがそうらしいけど、街全体が高い塀に囲まれていて、街の入り口には私設の門番がおって、24時間警護されてる、と。地域共同体なんかあらへんなあ、そんな街。

 テレビ番組を観て、そんなことを思いました。全国どこにおっても安全で安心な日本を取り戻したいですね。
安全な日本を取り戻そう!と思た人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング
2018/07/16

「皇室の祭祀」を奪われた「国民の祝日」。休日やったら何でもええんか?

頷く小
 今日は海の日、国民の祝日。国旗は掲揚しはりましたか?私が子供の頃に比べて、国旗を掲揚している家は確実に少なくなってきてる気がします。ホンマ情けないなあ、私ら日本人。私は4~5年前に覚醒してからは掲揚してます。まあ実家の方はお父ちゃんが玄関先に立ててたのを覚えてますが、いつの頃からか、立てんようになってましたね。日の丸を振るのはワールドカップやオリンピックなんかのスポーツの時だけやなんて、そらあかんやろ日本人。国会議員の中には、国旗に礼もせえへん人はいくらでもいますね。日本の「国会議員」と名乗らんとってほしいわ。

 さてこの海の日は、平成7年(1995)年に制定され、翌年から施行されたと。制定当初は7月20日やったんが、平成15年(2003)年にハッピーマンデー制度ができてから、7月の第3月曜日となったそうです。ただ、再来年はオリンピックがあるため、開会式の前日に当たる7月23日(木曜日)に変更されるそうです。もともとは、7月20日というのは「海の記念日」やったんやそうです。明治9(1876)年、明治天皇が「明治丸」で東北地方巡幸をされ、7月20日に横浜港に入港、帰着しはったことにちなんで、昭和16(1941)年に記念日と制定されたんやそうです。まあしかし、休みが増えるのはええけど、そんなにしょっちゅう日をころころ変えてもええんか?という議論もあるとか。

 今は「国民の祝日に関する法律」で決められてる祝日、戦前は「祝祭日」と呼ばれていて、国民の「休日」は起源によって「祝日」か「祭日」かの違いがあったのに、そこから「祭日」を抜いたわけですね。つまりは戦後、皇室の祭祀との関係をできるだけ薄めようとしたことは明らかやんか。まあ戦前から紀元節祭・天長節祭は「祭」をとって紀元節・天長節となっていたんで、ちょっとややこしいですけどね。そして明らかに皇室祭祀を否定しようとしてたんが、勤労感謝の日、新嘗祭ですね。これは前に「奪われた新嘗祭。何で勤労感謝やねん。」で書きましたね。そもそも日本は天皇がしらす(領らす)国、その皇室の祭祀は、宗教ではありません。「政教分離」などという理屈を二千数百年の歴史を持つ日本の皇室に当てはめるのは、おかしなことです。

 GHQに奪われた日本を取り戻すためにも、日本の「祝祭日」をきちんと復活させなあかんと思いますね。前に書いたことをもっぺん書いときます。
2月11日「建国記念の日」・・・神武天皇即位の日=「紀元節」
4月29日「昭和の日」(もと「みどりの日」)・・・昭和天皇誕生日。
11月3日「文化の日」・・・明治天皇の誕生日=「明治節(天長節)」
11月29日「勤労感謝の日」・・・「新嘗祭」
あと、春分の日、秋分の日はそれぞれ「春季皇霊祭」「秋季皇霊祭」ですね。
日本の「祝祭日」を取り戻そう!と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング