FC2ブログ
2017/04/20

百田尚樹さん、『カエルの楽園』

百田尚樹さんの『カエルの楽園』はもう読みはりましたか?私は右下の「私の読んできた本」にもありますけど、発売後すぐに読みましたよ。百田さんは私とほどんど同年代やし、もともとは大阪で人気番組やった「探偵!ナイトスクープ」の台本を書いてはった人やったし、大阪弁ではっきりモノを言わはるのも気持ちええし、おもろいし、好きやねん。『永遠の0(ゼロ)』は、映画化されるときに買うて読みましたわ。もちろん映画も見ましたよ。
で、この『カエルの楽園』、面白いし、一気に読めるんやけど、読んだ後、暗澹たる気持ちになりますね。今の日本の状況がそのまんま寓話になっているので。あまりにもわかりやすくて、サヨクの人たちからは散々にけなされているようです。気持ちはわかりますが、けなす言葉が「ヘイトだ!」「悪意がある!」とかのいつものレッテル貼りばかりで、どの部分がどうダメなのか?はまったく聞こえて来ないように思えます。
ネットではいくらでも見ることができますが、一つだけ、「三戒」について書くと、、、
この小説の中の楽園の「ナパージュ」の平和は、「三戒」を守ることによって成り立っている。
それは、1.カエルを信じろ、2.カエルと争うな、3.争うための力を持つな、というもの。
まあこれは憲法9条のことやな、とすぐにわかりますね。
で結局それを信じ続けて争うことをせず、最後は、、、、ということです。
竹島を盗られても、尖閣にちょっかいを出されても今のところ何も反撃できない日本を見ていると、この小説のようにやられてしまうんかな、と思うとぞっとしますね。
2017/04/19

式年遷宮

わたしは実は、伊勢神宮には小学校の時の修学旅行で1回行ったきりです。でも内宮、外宮の千木の違いはいまだに覚えてるで。今どきの子供たちはお伊勢さんには修学旅行で行ったりするんやろか。
伊勢神宮のことで最近知ってびっくりしたんは、「式年遷宮」です。20年に一度、お宮を新たに建て替えるんやて。4年前の平成25年に何と62回目の式年遷宮が行われたとか。中世の戦乱の時代には中断されたこともあったけど、つまりは千数百年も続いてるということやんか。初めて知ったときはもうびっくりでした。単純に建て替えるだけやのうて、たとえば建て替え前にあった鳥居の柱は、削って細くすると新品みたいにきれいになるので、それを地方の神社に譲って?今で言う再利用をするそうです。譲ってもろうたその神社はさらに20年後、もっと細くても使えるところのお宮にそれを譲り、再々利用されるとか。これ、めっちゃエコやんな。その材木を供給するための森もちゃんと手入れしていて、20年ごとに切り出せるようにちゃんと考えられてるらしい。
世代というのは20年経つと替わります。なので、まあゆうたら親から子へ技術を伝承していくわけですね。その時に、建築技術だけやなくて、付帯するいろんなものを新調するので、いろんな伝統が伝わり続けるということやね。千数百年も前からこれが続いてたのがスゴいなあ。
ちなみに出雲大社は60年ごとに遷宮するそうで、前回の平成25年は伊勢神宮と同年のダブル遷宮で話題になってました。

※この話のもとは前にも紹介しましたが、人気ブログ「ねずさんのひとりごと」にほとんど負うています。
2017/04/18

地理上の発見→大航海時代

私は中学生のときは、教科では社会が好きやってん。歴史とか。それで、教科書のタイトルとかも今だによう覚えてるんやけど、この前、今では「地理上の発見」なんてもうゆわへん、「大航海時代」やで、と言われてびっくりしてん。たしかにヨーロッパ人が「新大陸」を発見した、とゆうても、その大陸にもともと人がおったわけで、えらい失礼な話や。インディアンは虐殺されるし、インカ帝国は滅ぼされるし、アボリジニも追い払われるしで、もともとおった人らからしたら、それはもう散々な話やんな。人の家に勝手に土足で上がり込んで来て、お、ええもんあるやんか、これ、私が見つけたんやからもろていくわ、て、吉本新喜劇とちゃうで。
最近のヨーロッパ人(あ、白人か?)は、反省して「発見」とは言わんようになった、ということやね。
まあそれは正しいけど、それが高じると、前にもゆうた「ホワイトギルド」(白人であることの罪)になるらしい。今の世界の富は白人が有色人種から奪ってきたものやから、その富はもとに戻さなあかん、という発想をする人がおるらしいで。それが実はオバマさんやったんや、なんて話もあるらしいで。何やようわからんわ。
まあ最近の中東や朝鮮半島の動きなんか見てたら、やっぱり世界は軍事力で動いてるやんか、と普通に思えますよね。
あ、話それた。で、そのホワイトギルトがさらに高じて、「ポリティカルコレクトネス」になるらしいで。「天にましますわれらの父よ」てゆうたらあかんねんで(笑)。父は男やからやて。あと、前にも話したけど、アメリカでは公共の場では「メリークリスマス」てゆうたらあかん、とか。昔から「言葉狩り」なんて言われてきましたよね。
あ、調べたら、出てきた出てきた。
看護婦は看護師に。スチュワーデスなんて、CA、キャビンアテンダントやて。「スッチー」なんて、死語やな。保母さんは保育士。障害者は障碍者か障がい者。うーん、単なる自己満足とちゃうん?
そういえば、子供が子どもになり、また子供に戻すとか、何やってんねん、て感じやね。
えらい世の中になってきたもんやわ。
2017/04/17

ゲーテッドタウンと御所

今ロサンゼルスとかにおるアメリカの富裕層、たとえばハリウッドのスターとかが住んでるところというのは、「ゲーテッドタウン」とゆうて、たくさんの建物群が高い塀に囲まれていて、入り口には警備員がいて、そこの住人以外は自由に入られへんようになってるらしいな。
この前、家にチラシが入ってて、何と日本にもゲーテッド・マンションという名で、既に売り出されてるのを知ってびっくりしたわ。いくつかのマンション棟が塀で囲まれてるらしい。まあもともとマンションって、近所付き合いが薄くなるなあと思てたけど、そこにさらに塀まで立てて入り口から人を遮断したら、町内会なんて成立せえへんわなあ。
そういえば以前、田舎に引っ越した友達が家に鍵をかけてたら、隣の人から「回覧板を置いていかれへん」とゆうて怒られたらしいわ。その町(村?)では普通にみんな鍵はかけてへんらしい。まあ以前の話やし、最近は物騒になってるから今ではもうみんな鍵をかけてるんかも知れんけどね。
何か昔の方が安全、安心やった、ということやん。日本人、間違いなく進歩やのうて、退化してるな。
学生時代、私は京都に通ってたけど、御所の雰囲気が好きやってん。ここが昔は都で、いろんなお屋敷があったんやなあ、と。今の皇居はもともとは江戸城やから堀があるけど、少なくとも千数百年間、京都の御所には堀も塀もなかったということやんな?ということは、下剋上の戦国時代でも誰も御所に攻め入って天皇家を滅ぼすなんてことは考えもせえへんかったということやん。権威というものは、力だけでは作られへんということですね。
話は飛んだけど、日本にはゲーテッドタウンなんか絶対にできてほしくないと思います。隣に誰が住んでいようが関係ない、金を払って自分の城に住むのにとやかく言われたくない、というのは日本人の感覚からしたら変やね。でも最近ネットで知りました。ビルゲイツさんが、軽井沢に要塞のような家を建てたんやて。それらしい住所を貼っておきます※。うわあ、要塞やあー。
※長野県北佐久郡軽井沢町長倉2139−3448
2017/04/16

タクシーのこと

昔、私が会社に勤めてた頃、当時はバブルで女の子でもどういうわけか、タクシーチケットが手に入ってん。飲み会で遅くなった時に上司が女の子にくれる、というパターンやけどな(笑)
最近久しぶりに病院へ行くのにタクシーに乗ってんけど、車内がえらい臭かってん。長いこと掃除もしてなさそうやし、運転手もほとんどおじいちゃんやったし、何やら老人臭もして早よ降りたかったわ。バブルの頃のタクシーはきれいやったで。そもそも新しい車が多かったから、新車の匂いがしたわ。当時1日20時間ぐらい頑張って働いて家を建てた運転手さんがいはったけど、その人、建てたすぐ後にガンが見つかって、40代で死にはってん。わいそうな人やったな。でも確かに当時はタクシーの運転手という職業は、一家を養うことができたんや。こないだ乗ったタクシーの運転手さんに聞いたら、年収は200万ぐらいとかで、とてもやないけど今はこの仕事で結婚して子供なんか養えません、とかゆうてたわ。あ、その人はもう子供も独立してて、自分は小遣い稼ぎで乗ってるだけや、というおじいちゃん運転手やったけどな。
だいぶ前にタクシー業界の自由化や、とゆうて運賃が安うなったけど、それって、結局みんなが貧乏になっていくことなんとちゃう?「自由」は聞こえがええけど、いろんな職業にもちゃんと規制を作って、妻や子供を養えるだけの年収を確保できるようにせんとあかんのとちゃうか?タクシー代が安くなって喜んでたら、結局回りまわって自分の給料もだんだん下がってきたというわけや。経済はむずかしいなあ。
この間も、もやしが安すぎて業者が泣いてる、ゆう話してたなあ。安いのに喜んでたら、自分の首も絞めることにならへんように祈りたいわ。
2017/04/15

靖国神社、遊就館

用があって久しぶりに東京に行ったついでに、靖国神社に行って来てん。実はこの年になってまだやっと2回目です。もともと戦後民主主義教育の優等生?(笑)やった私は、ちょっと前までは靖国神社なんて、悪名高い日本の軍国主義の象徴やん、なんでそんなもんが今もまだあるんや?なんて、とんでもない思いを持っていました。
数年前から何かおかしい!と思ていろいろ勉強してきて、こっちの方がよっぽどとんでもないことやったんや!と思い知りました。とりあえず自分自身が恥ずかしく情けなく、まずはお詫びの気持ちも込めて、数年前に初めて靖国神社に参拝した、というわけです。え?!隣に武道館があったんや!それにしても大きな鳥居と参道やなあ、とか、文字通りのお上りさん状態で、ホンマに日本人として恥ずかしいことでした。
で、前回は参拝しかでけへんかってんけど、今回は遊就館もゆっくり見て回ることができました。
いやあ、話には聞いてたけど、祀られてる英霊の方々の手紙を読んだり、ビデオで上映とかもあるんやけど、涙、涙やったわ。ほとんどが20代の若い人たち。親に宛てたものが多いけど、生まれて間もない娘宛てとか、、、、。死を覚悟した人の書きはった手紙は、そこにまだ魂がこもってるような気がしたわ。それに、まあ展示してあるからかも知れんけど、毛筆の字がきれいねん。昔の人は立派やったんやなあ。あ、そうそう、中学生が出征兵士に贈ったという日の丸の旗の寄せ書きも展示してあったけど、これもまたみんなきれいな字やねん。きっと、ヘタな子には先生が必死で練習させはったんかなあ、と想像してました。
ほとんどの日本人は、国に命令されていやいや行ったんではないと思います。死ぬのは怖いし辛いし悲しいけれど、親や子供や愛する人のために、自分自身の務めとしてしっかりした覚悟を持って戦地に赴いたんや、というのがわかります。「靖国で会おう」と言って戦地に赴いて、桜の如く散って行った人たち。私らも恥ずかしくない生き方をせんと、英霊に申し訳ないなとしみじみ思いました。
2017/04/14

9条教の皆さんへ

私が「何かおかしい!」と思ていろいろ調べ始めたときに、けっこうぶち当たったのがこの憲法9条や。政治の話とかはあんまり興味なかったけど、今では日本がおかしいなってるのをすごく象徴するようなテーマやと思い始めてます。
左翼は「憲法9条を守ろう」と言います。右翼?保守?は「改憲しよう」と言います。
どっちがどうなん?
戦後72年間、日本はこの憲法の下で一度も戦争にならへんかってんから、今後も戦争はないと信じてる人は、たいがいなお人好しやなと私は思います。ネットではそんな人たちのことをお花畑と言うてますね。
北朝鮮がミサイルを打ち上げ、核実験を繰り返している今の状況は、ちょっと興奮した人がナイフを振りかざして近所でうろうろしてる、という状況やん?こんな相手に「話し合いで解決しましょう」てホンマに言えるん?あんた、アホちゃう?ホンマに言えるんやったらあんたが行っといでや、と言いたいですね。9条を守れ、という人はそういう人なんとちゃうん?
もっぺんゆうわ。もし近所にホンマにナイフを振りかざして歩いてる変な人がいたら、戸締りをしっかりして、確実な武器、許されるものならピストルでも持ちたいわ。今の日本では無理やから、せいぜい野球のバットやゴルフクラブぐらいしかないんとちゃうか?
今の日本はそんな状況やということやね。しかもアメリカさんは、もう世界の警察官にはなれないと言うたそうやん?ということは、もし確実に毎日ナイフ男がうろついてて、誰も守ってくれへんねんやったら、そらピストルでも持つ気になるやろ?
9条をホンマに守りたいと思てる人は、どうかこの疑問に答えてください。ナイフ男をどうやって確実に防ぐんですか?
考えれば考えるほど、頭が痛うなるわ。せやから「9条教」と言うんやろね。
付け加えると、そういう理屈で私は、日本は核武装してもええとはっきり思います。
2017/04/13

日本国憲法の3つの柱

私は中高生時代はけっこう本も読んでて、科目では社会が好きやってん。せやから日本国憲法の3つの柱はいまだに言えるで。「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」や。日本が戦争に負けたおかげで、こんな立派な有難い憲法を持つことができたんやと、ちょっと前まではホンマにそう思てたなあ。あー情けない。
この日本国憲法、やっぱりたった1週間で作っただけあって、9条に限らずおかしなところがいっぱいあるけど、つい最近までそんなことを言うのは右翼かテロリスト、みたいな感じやったなあ。
私が何かおかしい!と思い始めていろいろ勉強してきた中でこの憲法の問題は、今では「突っ込みどころ満載」なのがよくわかります。
まあネットではなんぼでも出てきますから、私から今日は1つだけ上げます。
日本国憲法から:
「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。」
「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。」
「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。」
「強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。」
・・・どうですか?まあ別に悪いことは言うてへんけど、ここらへん、日本人にとってはめっちゃ違和感があると思わへん?ある時気が付いてん。それはな、欧米人には奴隷制があったけど、日本には昔からそんなんありませんでしたから、ということや。戦前の日本は暗黒の時代やった、ということにしたかったアメリカ人が、まるで解放者のように振舞ってこの憲法を起草したということやね。日本に来た若いアメリカ人たちが鼻を膨らませ、理想に燃えて過去の名文をコピペしてたんやろうなと思うと、プッてなるわ(笑)
話は飛ぶけど子供の頃、西洋料理のマナーを習ったときにナイフやフォークを落としたら自分で拾ったらあかん、というのがあったけど、それも奴隷制、身分制があったからなんとちゃう?日本は昔から「職業に貴賎なし」の国、国全体が大きな家族みたいなもんやったからね。
2017/04/12

長者番付(高額納税者番付)

昔は国にたくさん税金を納めてる人を発表する「長者番付」があったんやけど、いつの間にかなくなってしもたな。個人の氏名、住所やらが公開されてしまい、犯罪を誘発するとか、いろいろと問題があったらしい。また一方で、税金逃れのために逆利用されたりとかもあったようです。
でも昔は、国に税金を納めるということは名誉なこと、と考える人がおったということですね。名経営者と言われる人は、そういう言葉も残してはるみたいです。
今では「節税」なんて言葉は普通に使うてるけど、よう考えたらそれって、何かおかしいやん?できるだけ税金は払いたくないということやろ?あんた、どこの国の人や?まあ国がいいかげんな政治をしてたり、税金をわけのわからんところに使ってたりすると、そういう気にもなるのもわかるけど。
戦前は多額納税者は貴族院の議員に推挙されることもあったんや。ちょっと前に出た百田尚樹さんの本『海賊と呼ばれた男』のモデルになった出光佐三さんがそうやんな。明治生まれの立派な日本人の典型やと思うわ。国にたくさんお金を出してる人が国政に関われる、というのは仕組みとしてはわかるなあ。「世のため人のため」と考える偉い日本人がいっぱいおったということや。何でも一人占めしたろうといつも考えてる外人には考えられへんことやろうな。
そういえば国家戦略特区諮問会議の議員の竹中平蔵さんは昔、住民税を払ってなかったらしいで。1月1日に日本に住民票がなかったら払わんでもええという抜け道を使って。法の隙間を突いたんかもしれんけど、その心根が卑しいわ。そんな人が大臣にまでなって国の舵取りをしてたやなんて、ホンマ国の恥とちゃうか?ちなみにこの件は竹中平蔵が雑誌『フライデー』の講談社を名誉棄損で訴えて勝訴はしてますけど、私はどう考えてもおかしいと思います。
ホンマせこい人やわ。
まあネットでは、「竹中平蔵 住民税」で検索したら、山のように出てきます。
2017/04/11

ペリリュー島

おととし(平成27年)、天皇皇后両陛下がパラオ共和国へ行きはって、その時、ペリリュー島にもお足をお運びになったことがありましたね。何で今頃パラオ?と思た人もおったと思うけど、日本とパラオの話、ペリリュー島の話は、私がいろいろ勉強してきた中でも、一番の涙、涙、やったわ。
私は、パラオといえばカラオケやってん。バブルの頃、カラオケ屋さんに行ってちょっとマイナーな歌を歌うと、画面に使われる映像はめっちゃきれいな南洋の海や島やったりして、それで画面の最後に「ロケ地:パラオ」って、いつも出るんや。
そんなきれいな海や島があったところが悲惨な大東亜戦争の戦場やったんやね。そもそも第一次世界大戦後、ドイツ領やったパラオは日本の委任統治領になってました。日本は道路を作り電気を引き、橋も架けて学校やら病院を建て、工場まで作って雇用も創出したらしいで。
日本の軍人さんは現地の人たちに好かれ、いつか日本語の歌も一緒に歌ったりするようになったらしい。
でも戦争ではついにアメリカ軍が来て、ペリリュー島では凄絶な戦いが繰り広げられ、最後には負けるんやけど、この戦いで日本軍は1万人余の戦死者を出したけれども、一般人の死者はゼロやったらしい。
実は戦況が厳しくなってきたころ、島民は強制疎開させられて軍人以外は全員疎開という最後の状況になったある日、島の人たちが日本軍の隊長に、自分たちも一緒に戦わせてほしい、と頼んだらしい。ところが隊長は、「帝国軍人が貴様らのような土人と共に戦えるか!」と怒鳴ったらしい。これを聞いた島民はがっかりして、夜の疎開の船に乗って港を出て行ったその時、日本の兵隊さんたちが浜辺に出て来て手を振って、大声で歌を歌い合いながら見送ったんやて。先頭にはその隊長さんがおったと。そこで島民は気付いたんや、隊長が怒鳴ったのは、島民を戦争に巻き込みたくなかったからやったと。
戦いが終わって島に戻ったら文字通りの死屍累々、島民たちは泣きながら日本兵を埋葬してくれたらしいで。そして今は記念碑まで建ててくれているそうです。
パラオの国旗は日本国旗とそっくりです。日本国旗の「太陽」に照らされて、洋上に輝く「満月」を表したものだそうです。
この話はネット動画で知りました。日本人は戦争で、とても大事なことを忘れてしまい、置き去りにしているように思います。私が下手な言葉で書くより、下の動画を見てもろた方が千倍わかると思います。
※動画
https://www.youtube.com/watch?v=3Yv471RNBfo