FC2ブログ
2017/11/14

アメリカのディープ・ステイト問題

 昨日に引き続き、藤井厳喜さんの書きはったものから。月刊『Will』の2017年6月号、及びそれを再録した『歴史通Will11月増刊号』に載ってた文章からです。

 トランプさんが抱える問題のうちの一つとして、「ディープ・ステイト問題」があるそうです。これは、「全国民監視制度」と訳されるそうです。アメリカのNSA(国家安全保障局)、CIA、FBIが、全国民の電話やインターネットを監視する体制が、2002年ごろから始められているそうです。この監視体制で得られた情報は、一部の情報管理者、有力政治家が握っていて、政治家や経営者の脅迫に利用されたりしているとか。

 いやあ、ジョージ・オーウェルが1949年に書いた小説、『1984年』が、そのまんまホンマになるような気持ち悪い話やね(あ、この小説、読みたいと思うてるんですが、実はまだ読めてません)。このディープ・ステイト問題をトランプさんは選挙前から批判していたので、大統領になってからはこれを何とかしようとするはずや、ということなんやけど、そうなるとこれは、NSA、CIA、FBIを敵に回すことになる、というわけです。

 昨日の「ロシアゲート事件」にもつながる話やけど、あることないことごっちゃにして、個人情報を勝手にいじられて勝手に罪人にされたりするやなんて、めっちゃ恐ろしいやん。日本人の感覚からしたら、そんなん、やめとき、て言いたいけど、食うか食われるかの国におる人らはホンマに大変やな。あ、日本もそうならんという保証はないけれど、まだ日本の田舎ではそんなことでけへんのとちゃうかと考えるのは楽観的すぎかな?

 あ、話は戻って、せやから今はトランプさんは、そういう何というか、陰の権力?との戦争の真っ最中なんや、ということらしいわ。アメリカのMSM(メジャーストリームメディア:日本で言う「大手マスコミ」の感覚に近い)は、「ディープ・ステイト」なんて、まったく根拠がないと一蹴してるらしい。せやから余計に怪しいんやけど。

 たしかにもう技術的には、ツイッターやフェイスブックやライン何かでやり取りしてることなんかを全部残しておいて解析することなんかなんぼでもできそうやね。そこに「悪意」があったらもうどうしようもないかもやなあ。恐ろしい時代になったもんや。
2017/11/13

ヒラリー(とオバマ)の犯罪

わたしがいつも読んでる宮崎正弘さんのメルマガ。これの11月8日の号に、ヒラリーの犯罪のことについて話が出ています。

ひとつはベンガジゲート事件。リビアのベンガジにあるアメリカ領事館(出張所?)が襲撃され、大使と職員の4人が死亡しました。これはアメリカ政府の発表では、イスラムを冒涜する映画に抗議する人たちの襲撃によるものとされていたけれど、じっさいには抗議のデモはなくて、周辺道路を封鎖してマシンガンやロケット砲?を使った軍事攻撃やったそうです。

殺されたアメリカ大使がこのベンガジにいた理由は、アメリカが反カダフィの組織にかつて支給した武器MANPADS(携帯式防空ミサイルシステム)を回収し、シリアの反アサド政権側の武装勢力に回航することやったと。この大使を見殺しにすることで、結果的に後のISIS陣営側に武器を流すことに加担していたのではないかという疑惑です。

もう一つが「本物のロシア疑惑」。アメリカのマスコミは、トランプとロシア政権との癒着を印象付けようとしているけれど、実はヒラリーが国務長官時代、カナダのウラニウム企業「ウラニウム・ワン」が、巧妙な法的手続きを経て、ロシア企業に買収されたのだそうです。

つまり、核兵器の原料になるウランのかなりの比率がロシアの手に渡ることになったらしい。そしてその裏で「クリントン財団」はこのウラニウム・ワン買収の関係者から莫大な献金を受け取っていたらしいと。

また当時、ヒラリーの夫のビル・クリントン元大統領は、ロシアの政府系投資銀行に招かれて講演を行い、1回の講演で通常の講演謝礼の2倍の金額を受け取ったとか。

また、FBIの前の長官、コメイは、その捜査報告書を改竄したらしいと。
いやあ怖いなあ。ヒラリーさん、完全な売国行為やん。あ、その上司、つまり大統領やったオバマさんも。

それにしても、日本のマスコミはどこも取り上げへんなあ。アメリカで「反トランプ派」の代表的メディアであるニューヨーク・タイムズさえも事実関係を認めるらしいで。まあ日本のマスコミはみんな横並びにならんと報道せえへんねんやろな。

宮崎正弘さんにしても、藤井厳喜さんにしても個人で仕事してはるのにこんなに発信力があるねんなあ。これやから日本のマスコミはマスゴミて言われるんやな。
2017/11/12

年末から年始にかけて?北朝鮮攻撃?

わたしがいつも読んでる鍛冶俊樹さんのメルマガ。新聞、テレビでは絶対に出てきやへん情報が満載です。それの11月11日号。アメリカの退役軍人筋の話、と断った上で、見通しを書いてはります。

タイトルの通りです。アメリカ本土を標的にした核攻撃を明言した以上、それをアメリカが許すはずはない、と。もう後はタイミングの問題だけみたいですね。クリスマス休暇に韓国にいるアメリカ人は一斉に帰国して、たぶん年明けてからも帰って来ない、と。それが開戦の合図みたいなもんらしい。

次の文章は凄味がありますね。
<北朝鮮の核ミサイルはまだ米国には届かないがソウルには確実に届く。米国人のいないソウルを核攻撃して「文在寅が蒸発すれば」、目出度く開戦というシナリオらしい。>

ひええ~~~。
それにしても日本、「集団的自衛権」ですらあんなに大騒ぎして成立した安全保障法制。それでも自衛隊は半島には入られへんねんで。なんでかゆうたら、他国に入る時はその国の了解を得ることを条件にしてるからやねん。あはは、笑うたらアカンけど、韓国や北朝鮮が自衛隊にどうぞ、なんて言うわけないやん。

せやから悲しいことに、半島有事の場合にも、拉致被害者を助けるために自衛隊が半島に入ることはでけへんねん。なんや、そんな憲法やったら、もういらんのとちゃうか?日本国民を救うこともでけへん憲法て、何やねんな。

半島が混乱してる間に、周到な準備の下に自衛隊なりの特殊部隊?とかが秘密に入国して拉致被害者を救出してくれたら、めっちゃカッコええのになあ。間違いなく英雄やんな。まあでも左がかった人たちはそれに対して「憲法違反や!」なんて言うんやろうけど。
まあそんな人はそれこそ国賊やと思うな。憲法を守って国が滅びるような間抜けな国にはなりとうないわ。
2017/11/11

トランプに抱きついた元慰安婦

トランプさんが韓国にたった一泊だけ行きはったけど、晩餐会に元慰安婦、いや売春婦のおばあさんを呼んでて、その人がトランプさんに抱きついた、という話。ほんま気持ち悪いですね。ネットではいっせいにこのばあさんの話が出てましたね。

この人の名前は李容洙(イ・ヨンス)。証言もコロコロ変わるし、当時の年令と史実が発言のたびごとに食い違うというでたらめな人やそうです。
「トランプに抱きついた慰安婦」で検索したらものごっつい出て来て笑たわ(笑)。

最初の「証言」が2002年らしいから、もう15年もずっと世界中でウソをつき続けてそういうサヨクの団体からお金をもろうて生きてきてるんやね。まあある意味ものすごい生命力やね。ゴキブリみたいやな。ホンマに。

慰安婦捏造については福島瑞穂議員が元慰安婦を集めて証言させてそれを撮影しようとしたら「ジープ」やら「ヘリコプター」で連行されたとか言い出して、これはヤバいと思って途中でストップさせたとかいう話もありますね。

当時日本軍にはジープもヘリコプターもあらへんから、つまりは昭和20年8月に終わった大東亜戦争の話やなくて、その5年後に起こった朝鮮戦争時の話やとバレてるわけや。福島瑞穂がせっせと元慰安婦に「演技指導」した、ということやそうです。

そんないい加減な話でも聞いてくれる人らがおるというのも情けない話やなあ。強請り(ゆすり)、集り(たかり)で生計を立てる、あっち系の人らの本領発揮やね。