FC2ブログ
2017/12/31

太平洋戦争の大嘘

太平洋戦争の大嘘  

 藤井厳喜さんの「太平洋戦争の大嘘」読みました。
 この人の本はけっこう読んでます。今回のこの本は、最近出版されたフーヴァー元米大統領の「裏切られた自由」という本のことから書き起こしてはります。英語では「Freedom Betrayed」ですね。フーヴァーさんが書き上げてから出版はされず、1964年に著者本人も亡くなって、それでも長いこと出版されず、ようやく2011年になって出版された、ということやそうです。
 なんでそんなに長いこと出されへんかったんかというと、つまりはこの本は第二次世界大戦時のフランクリン・ルーズベルト大統領が実はアメリカ国民を裏切ったんや、と書いてある。そのルーズベルトは今なお、世界大戦でアメリカを勝利に導き、アメリカを世界一の国にした素晴らしい大統領や、といまだにアメリカ国民が思うてるからやったそうです。
 たしかに私らも、先の大戦はファシズム、軍国主義とデモクラシー、民主主義との戦いで、米英の連合国が日独伊の枢軸国をやっつけた正義の戦争、みたいな教えられ方をしてきました。あ、今もそう教えているはずですね。
 ちなみに藤井厳喜さんは、「第二次世界大戦は日独伊の後進資本主義国が、英米の先進資本主義国の覇権に挑んだ戦いでした。それに加えて、共産主義革命を推進したいソ連が、英米の側で参戦したのです。もちろんそれ以外にも、日本から見れば、日本のアジア解放の戦いであったという意義もあります。」と書いてはります。
 あと、ルーズベルト家の話が書いてあります。ルーズベルト大統領の母親、サラ・デラノの家系のデラノ一族は、19世紀から支那貿易で財を成した、と。シナから苦力(クーリー)と呼ばれる労働者をいっぱい連れて来て、大陸横断鉄道の労働者として酷使した。その労働を行わせるために阿片が売られていた、と。何のことはない、奴隷売買に阿片商売かいな。ホンマ汚い商売で儲けてはったんやね。せやからもともとフランクリン・ルーズベルトは大変なお金持ちやったと。
 あと、他でも読んで知ってたことが書いてありました。日本には昔からキリスト教が入ってきていて、「迫害」されたこともあったけど、どっちにしても日本ではキリスト教徒は1%以上には増えへんかったらしい。それでついにバチカン(ローマ教会)が400数十年ぶりに日本を「重点布教地区」の指定から外したそうです。キリスト教徒がメインの欧米からしたら、日本はなかなか「教化」されへんいじけた民族みたいに思われてるようで、むしろシナ人はすぐに教化されるから、欧米人にはウケが良くて、いまだにパンダハガーが多いんやそうです。でも実は単純に、日本ではキリスト教がなくても困らへんけど、シナ人は食うのもやっと、と言う人が多くて、教会に行ったら食い物にありつけるから広まったんや、というだけの話、というオチでした(笑)。

2017/12/30

中国に勝つ日本の大戦略

中国に勝つ日本の大戦略
 北野幸伯(きたのよしのり)さんの「中国に勝つ日本の大戦略」読みました。
 この人の本は、いつも扱うテーマはけっこう大きいんやけど、大事なことは何度も繰り返し書いてくれはるからめっちゃわかりやすく、読みやすいです。19歳でモスクワに留学して、今は「国際関係アナリスト」、いかにも専門家みたいな感じはするけど、この人の本はもう何冊か読ませてもらいました。
 国際政治は文字通りキツネとタヌキの化かし合いみたいなところがあって複雑で、基本的には日本は戦争に負けてからはアメリカに押さえつけられてはいるんやけど、安倍ちゃんはなかなかうまく立ち回ってはることがようわかります。
 2012年9月、当時の民主党の野田政権の時に日本は尖閣を「国有化」したことで日中関係は最悪になったと。でその翌々月、中共はロシアと韓国に「反日統一共同戦線」を呼びかけたのだそうです。今までの私らやったら、そんなもん、勝手に言わしとけ、てなもんですが、国際政治ではそれではあかんそうです。何とこの統一共同戦線に、アメリカも引き入れようとしてるんだとか。
 それが証拠に、第二次安倍政権ができてすぐの2013年12月、安倍ちゃんは靖国を参拝しました。そのとき、私は単純に嬉しかったし、ようやってくれた!と思いました。当時ウチが取ってた日経新聞を産経新聞に変えたのもこの時でした。日経は批判的たったので。
 ところが何とその時アメリカ国務省は「失望した」という声明を発表したんですね。それはよう覚えてます。けれど、当時、実は全世界がこのことを批判してたんですね。私は、一国の首相がかつて命を懸けて国を守ってくれた人の霊を慰めるのに何で文句を言われなあかんねん!と大いに憤ったもんでした。でも北野さんは書いてはります。「善悪論」から「勝敗論」に転換しましょう、と。
 かつて日本は帝国主義列強の中で生き残るために戦争に追い込まれてしまいましたが、結局負けてしまいました。負けたらあかんのです。今も負け続けてると言えるかも知れません。今、一つ間違うと日本はまた負ける道に進んでしまう、と警告してくれてはります。昭和8(1933)年、日本はリットン調査団の満州事変に関する報告書に反発して国際連盟を脱退します。後からいろいろ言うのは簡単かも知れませんが、もしそのときリットン報告書を受け入れて、アメリカやイギリスにも満州の利権の一部でも与えておけば、日本は孤立することは無かったかも知れません。まあこれについては、それよりもっと前の日露戦争後に、アメリカにも満州鉄道の利権の一部をうまく渡しておけばよかったという話もありますね。
 つまり、今、うまく立ち回らなければ、また同じように日本はすぐに孤立させられる可能性がある、ということです。
 ふうー、正しいことだけを声高に叫んでいてもあかん、ということやね。ホンマ世界は腹黒いわあ。
※クラウドファンディングは失敗しました。いろいろと勉強になりました。いつかまた形を変えてチャレンジしたいと思うてますので、そのときはまたよろしくお願いします。
2017/12/14

中共もいよいよか?

頷く小
 中共とは中国のことです。以前に「支那(シナ)を中国と呼んではいけない!?」http://gekiokoobachan.blog.fc2.com/blog-entry-109.html
で書きましたけど、まあ保守の人でも「中国」と書いて使い分けてる人もいますが。あ、中共は中国共産党の略ですけどね。
 で、その中共が危ない、という話です。いっつも引用するのですが、宮崎正弘さんのメルマガからです。http://melma.com/backnumber_45206_6622037/
 郭文貴という山東省出身の支那人がおって、今50才、才覚があって事業を起こし、大変な富豪になってたんやけど、2015年から事実上アメリカに亡命してるという。あの国で成功するためには当然、共産党幹部ともうまくやってたわけやけど、どこかで危なくなったということやろね。亡命後は中共高官の腐敗ぶりを暴いてると。
 まああの国の人らは、結局どっちもどっちやんか、という面もあるけど、今回気になったんは、単なる腐敗やなくて、それ、人間のすることやないなあ、というのんと、日本人も危ない、ということです。
 一つは臓器売買。かつての中共のトップ、江沢民の息子のために計5人が殺されて臓器が提供され、3回移植手術が行なわれたが、それに関わった医師は相次いで自殺したとか。まあ、拘束した法輪功信者とか、ウィグルで拘束した「囚人」を臓器提供に使う話はずっと前から言われてきてたけどな。おっそろしい国やなあ。
 あと、ものすごい言論統制。アメとムチ、お金とハニトラでメディアをがっちり抑え込むと。また、地方や海外の華僑にも弾圧が及んでて、言うことを聞かへん人は捕まえられて無理やり従わせられるか自殺に追い込まれるかとかするらしい。
 一番びっくりしたところはコピペさしてもらいます。
「今、中国とビジネス関係をもっている多くの方は、敢えて中国へ行って正常なビジネスができず、一部の方が日本に戻っても、中国当局からの圧力、中国大使館領事館の監視で異常に恐怖感を感じています。もっと大変なのは、一部の会社が経営できず、家族がお互い会えず、正常な生活ができないことです。一部の方は、毎週国保に電話することと強制され、毎日のしたことを報告するように要求されます。」やて。
 え?日本に戻ってからも監視されるって、、、さすが、日本はスパイ天国やなあ。なにしてんねん、日本政府は!
 で、さすがの郭文貴も、このままではもうあかんということで、3年以内に中共を打倒するために運動を始めるんやそうです。まあたしかにこんな乱暴な国をいつまでものさばらせてたらあかんわな。それにしてもこんなヤバい話は、日本のマスゴミは絶対報道せえへんな。
 いつもながら、「タダ」でめっちゃ有益な情報を提供してくれはる宮崎正弘さんのメルマガの紹介でした。
2017/12/10

「正定事件」、第二第三の「南京事件」「従軍慰安婦」を許すな

走る小
 最初に「従軍慰安婦」の話が出てきたときは、ほとんどの日本人が、「『従軍看護婦』や『従軍記者』『従軍カメラマン』はおったけど、『従軍慰安婦』なんておるわけないいやん、アホらし」と思うてたはずです。戦後29年経ってルバング島から帰還した小野田寛郎さんが、いろんなところで証言もしてはります。せやのに、朝日新聞の捏造報道で何も知らんアホな日本人(あ、少し前の私も含まれます)が、日本人は悪いことしたんやなあ、と思うてすぐに謝ってしまい、延々と世界中に日本の悪い評判をまき散らすことになってしもたわけですね。
 で、この「正定事件」、ちょっとややこしいけどまさにこの「従軍慰安婦」の手口が使われそうになっているということで、宮崎正弘さんのブログ(メルマガ)に連載途中ですけど紹介します。
 まず何があったかと言うと、昭和12(1937)年10月9日、現在のシナの河北省正定で、キリスト教・カトリックのオランダ人の司教ら9人が誘拐・殺害された事件がありましたと。当時はシナ事変が勃発したばかりで正定も混乱のさ中やったので、当時でも犯人がようわからんかったらしい。
 当時の新聞の一つには、9人のオランダ人司教達が、中国の山賊に誘拐され、その後、殺害されて発見された、とある。
 また別の新聞では、一部の中国人が日本兵の死体から制服を剥ぎ取り、日本兵に成りすまして犯罪を犯した可能が大きい、と書いている。
 さらに別の新聞では、夜陰に乗じて朝鮮人又は満洲人の武装集団が威嚇しながら突然出現し、目隠しをして連れ去った。とある。
 要は、いまだにこれは未解決事件なんや、ということやそうです。
 ところが大事なんはここからで、今、オランダと中共が、この亡くなった9人の「列福(れっぷく)」を、バチカン教皇庁に訴える運動をしているそうです。列福というのはキリスト教、カトリック教会において、「聖人」に次ぐ「福者」の地位に上げられることやそうです。で、この2国は、この殺された9人の人たちは、日本軍が、女子修道院に逃げ込んだ中国人女性の中から200人を慰安婦として差し出すよう求めたのを拒んだから焼き殺されたのだ、ということにしているそうです。
 たしかに悲惨な事件やったから、事件から1ヶ月後に「カトリック信徒」の横山少佐率いる日本軍が追悼のミサを行った、だから当時の日本軍も謝ってたんや、ということになってるとか。でもよく調べると、そもそも横山少佐はカトリック信徒ではなかったそうです。
 2012年10月にオランダでこの亡くなった人たちの殉教75周年を記念する式典が行われ、ここで日本カトリック司教協議会会長の池長潤大司教の書簡を代読されたが、その書簡に「中国人女性200人を慰安婦として差し出すのを拒んだので焼き殺された」という内容が記載されているそうです。
 実際にあったむごたらしい事件を、何の証拠もなく日本軍のせいにしてでっち上げられて謝らされる日本人、という構図が、南京、慰安婦と同じですね。
2017/12/08

真珠湾攻撃の日に思う。大東亜戦争の敗因

頷く小 
 今日は真珠湾攻撃のあった日。
 山本五十六は今でも良いように描かれることが多いけど、私がいろんなことを知るようになってからは、中途半端な人やったんやなあ、と思うようになりました。
 そもそも大東亜戦争の敗因はいろいろありますけど、まずは日本軍の戦略の失敗、というより、戦略はなかったに等しいんやね。あ、ちゃんと帝国国策要領というのを作ってたにもかかわらず、海軍と陸軍とが仲が悪く、何と東条英機は真珠湾攻撃を直前まで知らんかったとか、ミッドウェー海戦での海軍の壊滅的敗退を、終戦まで知らんかった、とか、もう信じられへんくらいのお粗末さやったことは確かやね。
 西村真吾さんがブログ
で、<大東亜戦争の敗因の最大のものは、明治三十六年十二月二十一日の「戦時大本営条例の改正」である。>と書いてはります。
<この「改正」によって、戦時においても、陸海軍の統帥が、陸軍は参謀本部、海軍は軍令部に分離されたままになり、我が国は、最高指揮官を欠落させて戦争に臨むことが制度的に固定化された。>ということやそうです。
 もともとが物量では絶対に負ける相手に戦いを挑むんやから、どんな無駄もいっさい省いて、効率的に迅速に動かなあかんのに、何してんねんな、ととても残念な気持ちになります。まあ後からは何ぼでも言えるし、当時は当時でみんな必死に頑張ってはってんやろうけど、むなしいなあ。
 過去のことをえらそうに批判するより、ほんなら今、目の前で進んでいることにも同じようにちゃんと見て考えてるか?と思わなあかんわな。私は実は憲法改正はもう間に合わへんのとちゃうかと最近思い始めてます。自衛隊を書き込み、交戦権を付与し、軍法を整え、当然敵基地攻撃も許し、、、というこんな大変な作業が間に合うんか?この年末か、来月にはアメリカの北朝鮮攻撃が始まるかも知れんねんで!?どないすんねんや?
 でも考えたら、昭和50(1975)年のダッカ日航機乗っ取り事件のとき、当時の福田赳夫首相は「人命は地球より重い」とゆうて「超法規的措置」で犯人を釈放してお金も払うたことがありましたね。それで日本は世界中から舐められるようになったんやけどね。
 あ、それで私の言いたいのは、いっそ今回も「超法規的措置」で、アメリカ軍が北朝鮮を徹底的にやっつけた後に、自衛隊が拉致被害者を助けるために朝鮮半島に入ったらええやん、と思うねん。もしそれで救出できたときに、誰が「相手国の同意を得てへんから違法や」と言える?まあパヨクは言いそうやけどね。おっとその前にその人らは外患罪で拘束されてるかもしれんけど(笑)。今のところはおバカでお人好しな日本人、ホンマ情けないわ。
2017/12/06

習近平中華皇帝の「トイレ革命」(爆)

パンチ小
今日(12月6日)の産経新聞に、「トイレ革命 毛沢東の影(矢板明夫の中国点描)」という記事が出てました。習近平国家主席が11月20日に出席した共産党の重要会議で、「全国のトイレの衛生状況を改善すべきだ」との趣旨の発言をし、その際に「トイレ革命」という表現を使ったそうです。で、これに基づいて各省がそれぞれいろんなプロジェクトを始めてる、と。まあトイレをきれいにするのはええことやけど、それは13億人のトップに立つ人が言うことなんかいな?そういえばこないだの全人代では「習近平思想」までは行かへんかったけど、ほとんどそれに近い言い方がされてたらしいやん。「毛沢東思想」の毛沢東に早う追いつきたいんやね。でもそんな人が「トイレ革命」かいな(笑)。で、記事には、習さんは以前から細かいことで有名で、2013年に軍を視察した時には「食材の切れ端を使って漬物を作れ」「余ったご飯をチャーハンにしなさい」と指示したそうです。
まあそんなんやったらまだ平和やけど、毛沢東はかつて、スズメが農作物を食い荒らすからとゆうて、1958年にスズメを数千万羽捕獲したことがあった。で、翌年に天敵のおらんようになった害虫が大量発生して、農業生産は大打撃を受けたとさ、という話やそうです。スズメの話は私も知ってましたわ。(あー、鍬や鍋を溶かして鉄鋼を生産した、の話もあったなあ笑)
この程度の人が国家のトップにいるというのはホンマにかわいそうな話やねえ。
まあ日本でも、ミサイルがポンポン飛んできても「モリ・カケ」しか言わへん人がいっぱいおるけど、まだマシなんか?いやいや、レベル低いのんと比べてる場合やないな。
2017/12/02

電力にも品質がある

自転車小
 この前読んだ、渡邉哲也・野口裕之『ヤバすぎて笑うしかない狂人理論が世界を終らせる』がめっちゃ面白かったので、もうちょっと引用させてもらいます。
 ランダムに行きます。
 電力にも品質があるんやて。たとえばCPUを作る工場では、電力にコンマ10万分の1秒でもノイズがあると、ダメになってしまうらしい。せやから集電防止装置というのをつけて使ってると。で、韓国では品質が悪いのでサムスンなんかは自家発電でやってるけど、そうすると効率が悪い、で、結局工場は国外に出るらしいです。
 スパイの話。新日鉄の特殊電磁鋼板の技術は、韓国のポスコが盗み、それが中共に渡ったらしいです。このパターンが非常に多いと。で、最近大流行なのが、日本で不遇な日本人技術者の取り込み。定年間近の大学教授やメーカーの技術者を大枚で釣って、時にはハニートラップも使うて、ソフトウェアをごっそり持って来させるんやそうです。日本にはスパイ防止法が無いのでやりたい放題やそうです。昔、日産がルノーと提携した時は、ミサイル部門を切り離したそうです。あの時はまだ企業にも「倫理」「節度」があった、と野口さんは言うてはります。今、東芝が危ないと言われていますね。東芝の経営者にはそんなもんは無さそうやね。あーこわ。
 JALの整備は全部中共でやってると言うのは知ってました。LALをいったん潰してから再建してボロ儲けした京セラの稲盛和夫さんの時の話ですね。あの人、再建の神様みたいに持ち上げられてるけど、国のお金をじゃぶじゃぶつぎ込んだら、誰だって再建できるやん。それって火事場ド○ボーとちゃうんか?。あ、話それた。それで、何とANAも今は中共で整備してるんやて。うわあ、それこわいなあ。JALもANAも、ボーイングの大型整備は厦門(アモイ)の整備会社がやってる、と。そこで渡邉さんが「ちょっと前に問題になったのは、県営名古屋空港が航空自衛隊と併用で、ここでワイヤーが切られた事件があった。かなりいろいろなところに工作員が入っているんですよ。」て言うてはります。
 実は今、世界で一番悪辣なんはイギリスやそうです(笑)。そらそうや、もともと「大英帝国」やってんから。で、いま香港の奪還?を狙ってるそうです。1997年にイギリスから香港が中共に返還されたときに、50年間は民主主義を維持するとゆうてたのに、今、中共はどんどん反故にし始めている、と。まあ確かに銅鑼湾書店の関係者の失踪事件がありましたね。香港人の人権が守られてるかをイギリスの議会が約束に基づいて調査団を送ろうとしたら、ビザが下りひんかったそうです。渡邉さん「イギリス人が人権という言葉を使いはじめたら、侵略する気満々、ということですから。」やて(笑)。今イギリスは自衛隊との共同訓練をさかんに始めてるそうです。よーし、頑張れ!