FC2ブログ
2018/04/20

野党6党とマスゴミは、やっぱり日本人の敵

走る小
 もう毎日毎日、我慢でけへんわあ!何でもかんでも辞任!辞任!審議拒否!審議拒否!ついには自分らが出した法案も審議拒否!あんたら、アホか?ホンマいらん人らやな。誰がこんな人らを国会に送り込んだんや。アタマ痛いわ。

 と思てたら、今日の産経新聞に意見広告が出てましたね。国家基本問題研究所の「国会よ、正気を取り戻せ」「森友学園は、財務省の問題だ。/加計学園は、岩盤規制打破の問題だ。/自衛隊の日報は、公文書管理の問題だ。」産経新聞、読売新聞、日経新聞に掲載、やそうです。お金あるんやなあ(笑)。朝日新聞、毎日新聞にも載せたらええのに。あ、拒否されたんかな?

 福田事務次官の「セクハラ」の件は、もっとレベルが低いかも知れませんね。まず公開された音声の問題。つなぎ合わせで、相手側の女の声が入ってへん。こんなもん、証拠にも何にもならへんわ。次に女記者はテレビ朝日の社員やとバラしたものの、テレビ朝日はその公開を拒否したら記者がそれを週刊新潮に持ち込んだこと。

 取材の信義にも悖るし、百歩譲っても次からは取材には応じてもらわれへんのは当たり前やわな。そしてテレビ朝日。女記者に1年半も取材を続けさせてたって、それがホンマやったらそっちも問題やん。もうグダグダやな。

 で、一晩明けたらネットでいっぱい情報が出回ってましたね。女記者の名前も、テレビ朝日の上司が女であることもバレたようです。もうどうでもええけどね。ただ気になるのは、今回の財務省攻撃、麻生攻撃、官邸攻撃のシナリオを誰が書いてるんかな、ということです。まあなりふり構わず何でも材料にして安倍降ろしをやってる、というのが真相かも知れませんね。で、いつものブーメランになる、と。そして自民党の中で、それに乗っかって浮足立ってるいつものメンバーがおる、と。

 一方で安倍ちゃんは全世界が注目してる中で、トランプとの会談を立派にこなしてるやん。日本の拉致問題をここまで引っぱり上げることができたんは、一体誰のおかげやと思てるんや。あー、まだまだ油断はでけへんけど、何とか拉致被害者が全員帰ってきてほしいなあ。

2018/04/19

『工作員・西郷隆盛』倉山満、続き

指差し小
 福田事務次官が辞任するそうです。週刊新潮に音声テープを持ちこんだのはテレビ朝日の記者やそうです。ホンマにレベルの低い話ですね。この音声テープは女の側の声を抜いて編集されたものやった、つまりは捏造の可能性もある、と。しかもテレビ朝日はそれを放送でけへんと判断したところがその女はそれを週刊新潮に持ち込んだわけやんな?それってどうなん?あと、それでも福田君は辞めるって、やっぱり都合が悪いんか?麻生君は庇いきれへんかった、と。おとといも書きましたけど、私としてはとにかく消費税増税が中止になってほしいです。

 ところで今日も『工作員・西郷隆盛』倉山満からです。実は私は「犬HK」なんて言いながら、大河ドラマは毎週見てるんですわ。西郷隆盛と大久保利通は幼いころからずっと一緒に頑張ってきたのに、最後は悲劇的なことになるんやね。でもやっぱりこの人らがおらへんかったら明治維新はでけへんかったと。幕末に慶喜が将軍になった頃は、誰もこのあと維新が起こることは想像もしてへんかったはず。倉山さんは、大久保が慶喜に勝てたのは、「未来への意思」の一点やと書いてはります。いろんな要因ももちろん絡んでくるのでしょうが、それでも当時は誰も、鳥羽伏見の戦いで慶喜が逃げることになるとは思てなかったんでしょうね。慶喜はクールでドライで、でも頭は良かったみたいですね。せやから実は慶喜は、内心では西郷や大久保を認めてたんやないかと倉山さんは書いてはります。

 ここまで肝心の西郷さんの話になってませんでしたが、「廃藩置県」は間違いなく西郷さんの手腕ですね。これは「事実上の無血クーデター」と言えるそうです(松尾正人『廃藩置県ー近代統一国家への苦悶』からの引用)。「家臣筋の武士である西郷や大久保により大名たちの土地が一斉に奪われるという、本来ならば大政変なので『クーデター』という表現です」。これもまた、たまたまほとんどの藩が財政難やったので、政府に助けてもらえたらむしろ有難いと思うた、ということと、旧大名を知藩事にして東京で生活を保証したことで成立したんやと、あとからの解説はできますが、それをやり切れたのはやっぱり西郷どんの力やった、と。

 西郷、大久保の仲がおかしくなったのは、大久保が岩倉使節団への同行を志願した頃からやそうです。明治4年から6年のことですね。結果的には2年近くも留守宅、いや留守国を預かった西郷たちは、「府県の統廃合、陸海軍省の設置、学制の制定、国立銀行条例、太陽暦導入、徴兵令、キリスト教禁制の高札の撤廃、地租改正などなどを断行」したそうです。ちなみにこの岩倉使節団は、どんな成果があったんや?ということについては、この本では散々なようです。この後の明治6年の政変で西郷は下野して悲劇につながっていくんですね。

 私ら後世の人間は、今から見てどうとでも言えるけど、やっぱり謙虚にならなあかんと思いますね。今の今、今日も安倍ちゃんはトランプと2回目の会談、頑張って判断を誤らんようにしてほしいですね。

2018/04/18

西郷隆盛、「せごどん」てホンマに呼ばれてたんか?

工作員・西郷隆盛

 去年の11月に出た本です。『工作員・西郷隆盛』倉山満。

 倉山さんはものすごい該博なんやけど、本では一般の人にわかりやすう書いてはるので読みやすいし面白いですね。で、「せごどん」ですが、これは倉山さんやなくて、宮崎正弘さんがどこかで書いてはりました。もちろんNHKの大河ドラマのタイトルは林真理子さんの原作やけど、もともとは司馬遼太郎の『飛ぶが如く』に拠ったものですね。ところが西郷さんの足跡を全部踏破しはった宮崎さんは「せごどん」と言うてる人はどこにもおらへんかったと書いてはりました。「さいごうどん」を早口に言われたらそう聞こえんこともないかな?どちらにしても司馬遼太郎は作り話の天才やからね、ということらしいです。

 で、本に戻って、日本人は西郷さんは大好きで、本も数え切れんぐらい出てますが、これは西郷さんを「工作員」として見たらどうやろう、という本です。西郷さんの強みは誰からも好かれるということでしょうけど、インテリジェンスの観点から見たらそれは「立場が異なる敵とも信頼関係を築く」ということやそうです。間違えたらあかんのは、「中立」というのは「対立する両方の敵」ということやと。だからこそ、自分の立場を強く持ち、筋を通す、ということが必要なんやと。一流工作員、西郷さんですね。

 ネタをいくつか。私は江戸時代は始めからずっと鎖国してたと思てましたけど、鎖国を始めたのは三代将軍家光で、家康はむしろ貿易には積極的やったそうです。で、最近の研究では「鎖国」は明治政府が江戸幕府を悪く言うために使うた言葉なんやそうです。幕府は外国には港を限定して貿易統制をしていたのはたしかですが、当時の日本は資源大国で、江戸期を通じて莫大な金や銀が流出し、枯渇してたそうです。つまり江戸時代というのは、「経済のグローバル化と政治面での伝統墨守の双方を見なければいけないのです。」と。

 「安政の大獄」を起こした井伊直弼は私も習いましたが、どちらかというと悪い人のようにとらえてました。不平等条約である日米修好通商条約を皮切りに、英仏露蘭とも条約を結んだけれど、これは戦わずして独立国の地位を捨てた、と言われますが、戦わずして植民地になることを避けた、とも言える、と。その後の展開や結果を知っているいまの私らは、どうとでも言えるわけで、その時代、環境の中で必死で最善の策を考えてはったということは、私らは謙虚に見ていかなあかんと思いました。

 文久元(1861)年ロシアの軍艦が突然対馬にやってきて、勝手に上陸してきたときは幕府はイギリスに頼んでロシアを追い払ってもらった、と。たまたまそれで済んだけれども、実は当時の駐日英国大使のオールコックは対馬占領を計画していたそうです。本国の許可が下りなかったためですが、「もし許可が下りていたら、一巻の終わりでした。住民は奴隷の如く扱われ、対馬は香港のようになっていたでしょう。」やて。ひえーー。歴史の偶然に感謝、やけど、その時々の判断がいかに重要か、当たり前ですけど間違うたらあかんね。
 今日、安倍ちゃんがトランプとまずは通訳だけの2人だけの会談をしました。判断を間違わへんように祈りたいですね。

2018/04/17

開き直るんか?福田事務次官、ええ度胸やな。国民の敵、財務省。【4/18追記】

自転車小
 もう我慢でけへんくらいにハラ立ちますね、財務省の事務次官。あー落ち着いて書こ。

 その前に、前文科省の事務次官、前川喜平の話。この人はもう、堂々と反日活動をやってますね。そもそもが違法とされる天下りを堂々と斡旋してたことから、次官を辞めさせられて、それでも官邸からお情けで依願退職の形にしてもろうて退職金をがっぽりもろうたんやから、大人しくなるかと思うたら今や反日デモには駆けつけるわ、演説はするわ、もう反政府活動やんか。いったい何やねん、この人は。

 暴力団が経営してると言われる怪しげな、出会い系というより非公然売春バーに週4回通って、国会で指摘されたら「貧困調査です」と堂々と言い訳して悪びれることもなく、座右の銘は「面従腹背」と。こんな非常識極まりない人が、文部科学省のトップにまで出世する日本の官僚組織って、もうめっちゃ気色悪いわ。まあ大阪人としてはその昔、やっぱりセクハラで辞めた横山ノックさんを選挙で当選させてしもたという前科があるんで、あんまりエラそうなことは言われへんのですけどね(笑)。

 と思うてたら、何と今回は福田淳一財務省事務次官の話。まあセクハラやから犯罪性はまだ低いのんかも知れんけど、何ともカッコ悪い話やなあ。あんまり下品やからここには書きませんけど、女性の取材記者に対してホンマにアホなこと言うてはるわ。ええ年して情けないなあ。で、ちょっとアレ?と思うたんは、女性記者の声がテレビでは出てませんでしたね。まあそらセクハラの被害者の側やから、それは隠しとかなあかんのかな?と思てました。

 まあそしたら何と、今日の報道では福田次官はこの発言自体を否定しはったそうです。え?しかも、今回の音源の相手の女性に対して、調査したいから名乗り出てくれ、と言うてるそうです。そしてこの記事を出し、音源を公開した新潮社を提訴する準備を進めてるとか。何かスゴいことになってきましたね。提訴はするわ、女性に名乗り出ろと言うわ、もう脅迫やんな、これ。でもこの福田くん、勝算はあるんやろか?そうやとしたら恐ろしい話ですね。弾圧もええとこやで。

 でもちょっと最近、だんだん色んなことがおかしくなってきてるような気がします。週刊新潮は反安倍やけど、まあ雑誌が売れたらそれでええ、と。ついでに財務省なり官邸、内閣がそれで潰れてもかまへんと。かつての大蔵省の「ノーパンしゃぶしゃぶ事件」みたいになったらまた、雑誌もよう売れるで。もしかしたら日本版MeToo運動が始まるんか?(笑)。とにかく何でもええから不祥事を暴いてそれを「反安倍」につなげる、という手法がいよいよ無理になってきて、破れかぶれになってきてるんとちゃうかな?と思います。

 ふふふ、私としてはこれで世間一般の人たちが怒りだして、財務省つぶせ、の声になって、消費税中止、とかの流れになってくれたらええのになあ、と思います。まあホンマは財務省がいかに国民生活のことなんかどうでもよくて、ただひたすら省益のためだけに、日本がずっとデフレのままで何人自殺者が増えようとも、日本が豊かになることを押しとどめて亡国の道を進んでるんや、ということを、国民がもっとちゃんと知らなあかん、と思うんやけどなあ。敵失を喜んでるようでは、いつかまた騙されるだけやんか。まあ、どうなりますことやら。
【4/18追記:週刊新潮が公開した音声は捏造の可能性もあり、事態を注視したいと思います。】
 
2018/04/16

NHK「金正恩の野望」、ホンマか?

走る小
 結局、第三次世界大戦にはなりそうにないですね。私はどうもこれは、アメリカとロシアのプロレスのような気がしてきたんですが。原油価格がけっこう高いままですやん。プーチンは一息つけてるんとちゃいますか?ま、中東はウラのウラの、そのまたウラがあってワケわかりませんけどね。でも私がメルマガを読んでる北野幸伯さんの見立てでは、アメリカは欧州を巻き込んで巧妙にロシアを孤立化させているということです。そして今日の含蓄のあるとどめの〆言葉。「今のアメリカの対ロ戦略は、80年前の対日戦略と変わりません。」すごい説得力ありますね。

 ところで昨日、NHKスペシャルで「金正恩(キムジョンウン)の野望 第1集 暴君か戦略家か 禁断の実像」を見ました。もちろん「犬HK」ですから、半信半疑で見る必要もありますけど、刈り上げ君の若いころの映像が出てきて、それはそれで興味深かったです。まだ来週も続くようですが、昨日の結論的には、脱北者らの話はこれまでにもけっこう予測が当たっている、と。

 で何人かの話を総合すると、どうも今金正恩氏は、「こいつは何をしでかすかわからん」という恐怖感を最大限に高めておいて、突然に対話を言い出すんや、と。で、ほら、それが現実になってるやんか、と匂わせるような作りでした。

 怪しいなあ。お犬さんは委員長様の指示を受けてるんとちゃうんか?そう考えるとこれは、何とか「対話」に持ち込んでほしいという金正恩の本心が込められてるんとちゃうか?いよいよ明日から安倍ちゃんはトランプに会いにいくわけやんな。日本のマスゴミはほとんど「完全かつ不可逆的で検証可能な非核化」の言葉を出してきませんけど、これがスタートでありゴールやからね。

 ま、それを明日から確認しに行くということでしょうか。そして、日本の拉致被害者にもう6回?も会っているというボルトンさん、昨日、安倍ちゃんは、入院してはる横田めぐみさんのお父さんをお見舞いに行きましたね。トランプさんとボルトンさんに伝える言葉をもろうたんでしょうか。
 何かこのところ、歴史が動き出すような気がしますね。

2018/04/15

どこの国の人や?小泉純一郎父子

指差し小
 昨日の「0414国会前大行動」のデモは何と不届けやったそうですね。で、規制されてる柵を押しのけて乱入して、一人、逮捕者が出たらしいけど、何とサヨク側のデモはたいてい不届けでずっと黙認してるらしい。日本の警察は甘々なんですね。主催者発表3万人、警察発表4000人、何やこの差は(笑)。保守側の方はちゃんと届けて整然と国旗を掲げて行進してたけど、報道は一切なし、と。まあ想定はできてましたけどね。ただ、ネットに流れる映像を見ても、一頃より激減してるのは確かですよね。考えたら60年安保のときはホンマに10万人レベルやったわけやから、もう時代が違いますよね。

 ところで今日は、前にも書きましたが今、産経新聞で「40年目の検証 私の拉致取材」というタイトルで、元産経新聞社会部記者の阿部雅美さんが連載記事を書いてはります。昨日(14日)の記事では、次のようなコワい話が出ていました。
 <海上では皆無だが、日本上陸後に警察に捕まった北朝鮮工作員は、たくさんいた。昭和30年代から今日までに、少なくとも100人以上はいる。彼らは、どうなったのか。スパイ防止法などはないから、多くの場合、罪名は出入国管理法違反や外国人登録法違反だった。微罪だ。判決は懲役1年前後が通例で、執行猶予がつくことも珍しくはなかった。>

 結局、こういう人らが繰り返し日本に入って来ては拉致やら北朝鮮への送金やらをずっとやって来てたということやんか。大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キムヒョンヒ)は、「対南(韓国)工作の拠点は日本にある」と明言してたそうです。何やそれ、やっぱり日本はスパイ天国、これがもう30年近く前の話やで。あきれるわ。スパイ防止法をはよ作らなあかんやんか。

 で、話は戻りますが、2002年に小泉が安倍ちゃんと訪朝して、金正日が拉致を認めたときに、5人の拉致被害者が戻ってきましたが、彼らは実は「一時帰国」の約束で、しかも日本は北朝鮮に1兆4千億円を払うことになってたらしい。田中均という外務官僚がギャーギャー言うて反対したそうですが、安倍ちゃんが何とか押し切って、この5人は取り戻せた、と。でもお金の話は密約やったから、結局、当時バブル崩壊で破綻していた朝鮮銀行の救済という名目で、同じくらいのお金を払うたらしい。何やそれ、ですね。まあそれもこれも、前にも書きましたけど、日本が戦争を放棄して、軍備も怠ってるツケやんな。あー情けない。

 で、小泉純一郎の話ですが、この人、ホンマに怪しいです。昨日、自民党総裁選について、「(安倍さんは)3選は難しい。信頼がなくなってきている」と述べたそうです。この前、息子の進次郎が森友問題について政府批判ともとれる発言をしたことと併せ、父子で安倍降ろしを企んでいるようにしか見えません。今、このタイミングで、なんでそういうことを、自民党の元党首が言わなあかんねや?と思いますね。

 まあこの人についてはネットでは有名な話がありますね。「小泉純一郎 新橋芸者」と打ってググればいっぱい出てきます。本当に日本の国益を考えて、「美しい日本」を取り戻せるような志を持つ人ではなさそうですね。
2018/04/14

対馬を韓国に差し出そうとしていた菅直人?延坪島砲撃事件の真実・余命より

頷く小
 トランプがシリアにミサイルを撃ち込みましたね。ついに第三次世界大戦の勃発か?!そんなさ中にモリカケをやってるアホな日本の国会。もう世界中、どこで戦争が始まってもおかしくない状況になってきてます。そこで今日は実際にあった、ちょっとした戦争?の話です。この話のソースはズバリ「余命三年時事日記」です。

 延坪島(よんぴょんとう)砲撃事件。朝鮮半島の西側、南北朝鮮の国境近くにある延坪島で、2010年11月23日、北朝鮮がいきなり韓国側に砲撃を加えた事件です。当時、韓国軍が黄海付近で実施していた軍事訓練を牽制するためやった、ということになっています。ところがところが、、、。

 2010年11月ゆうたら、あの忌まわしい民主党政権で、首相は菅直人。その年9月に尖閣でチャイナ漁船衝突事件が起こり、何といったんは捕らえた船長を超法規的に釈放した事件がありました。民主党政権は親中親韓、後に李明博(イミョンバク)が竹島に上陸して天皇陛下侮辱発言をするなど、韓国からは舐められ切っていた政権でした。

 このとき何があったんか、余命ブログからコピペします。
<20101020韓国対馬侵攻と疑われる部隊移動開始。察知した北朝鮮が軍を移動。これに中国も反応。瀋陽軍区朝鮮国境地帯に兵力を集中移動。監視衛星で察知した米から警告も民主党政府は反応せず。当時の防衛大臣は北澤俊美。米軍、韓国に忠告も動かず。朝鮮戦争再開を防ぐため、米中工作、了解のもとに20101123延坪島砲撃開始。>

 つまり、韓国が対馬を武力侵攻するために兵力を南に集めた、と。それを察知したチャイナと北朝鮮が、そのスキに韓国侵攻の準備をした、と。それを見ていたアメリカが、これはヤバいと日本政府に伝えたけれど菅直人は動かず、と。そこで韓国を思い止まらせるために、南北国境付近で北朝鮮から韓国に砲撃を加えさせた、ということです。

 いやあ、そんな話どこにも出てへんやんか、という人、上にリンク貼りましたので詳しくはそちらを読んでください。この記事、どこからも削除依頼は来てないそうです。そらあヤバすぎて言われへん話やもんなあ。民主党政権、売国奴やんか。菅直人は対馬を韓国に差し出すつもりやったんか?こんな奴らがいまだに国会議員でおられること自体、空恐ろしいことやと思います。
2018/04/13

拉致問題について米国は百%、日本とともにある・・・よっしゃ!

パンチ小
 重村智計(しげむらとしみつ)さんのことはよう知りませんが、毎日新聞記者としてソウル特派員、ワシントン特派員、論説委員などを歴任、とあります。今日の産経新聞の「iRONNA発」という欄の記事です。<金正恩外交、日本は「蚊帳の外」でいい>という見出しになってます。基本的には私も実はそう思てます。「蚊帳の外」というのは、実はマスゴミが安倍ちゃんのことを貶めたいために書くときの論調とも重なってるんやけど、敢えてそれでええんや、ということです。ただ、ちょっと重光さんの考えと違うところもあるので書きます。

 重光さんは、「朝鮮半島に軍事的、政治的に深く関与すると、日本は必ず敗北することを歴史は教えてくれる。」と書いてはります。そして、白村江の戦いや秀吉による文禄・慶長の役、日清・日露の戦争後、最終的には「帝国主義的植民地化の失敗」により、韓国、北朝鮮からいまだに恨まれている、と。でも、朝鮮戦争に直接参加しなかった日本は、「朝鮮特需」で経済復興という利益を手にした、この教訓は非常に重い、ということやそうです。実はこれには私も賛成です(「帝国主義的植民地化」はちょっと気になりますが)。半島には関わったらあかんのや、というのは千年、二千年たっても正しいと思います(笑)。

 よく言われることですが、朝鮮人は「事大主義」、いつも強いものに靡こうという習性があると。せやから、ガツンと言われたらスルスルとなびくんや。せやけど反対に、いっぺんあやまり始めたら。延々とあやまり続けさせられるんやな。まあそれは「慰安婦」の話でもううんざりやけどな。それで、重村さんは、この後の結論で、南北会談(金正恩=文在寅)も米朝会談(トランプ=金正恩)も簡単に成功するとは限らないと考えろ、と主張しはります。「・・・拉致された日本人の救出は急務だ。そのためには日朝首脳会談が欠かせない。日本は、拉致と核問題を切り離した交渉に持ち込むのが望ましい。」と書いてはります。

ええーーっ。ようわからんわ。私は、金正恩は基本的には日本のことをなめ切っていると思います。ぜったい自分からは撃ってきやへんわけやからね。せやから拉致問題を切り離したら、拉致被害者は絶対かえって来やへんと思いますよ。朝日新聞の記事ですけど、重村さんはこの報道を知らずにこの記事を書きはったんかな?

<この高官は朝日新聞の取材に、「拉致問題について米国は百%、日本とともにある。(米朝首脳会談の)議題として提起することになる」と語った。>

 ほら、百%共にあるって、ずっと前からもゆうてるやん。「非核化」の問題に絡めずに拉致問題が解決できるわけないやん、と私は思います。逆に言うと安倍ちゃんは、拉致問題自体を交渉のカードにさせるまでに、アメリカにとっての重要性をも高めたということなんとちゃうかなあと思います。うまくいってほしいなあ。
2018/04/12

プーチンと安倍首相/木村汎「正論」より

自転車小
 毎日毎日、国会ではモリカケをやってます。せやけどこれは朝日新聞がしょうむないリークとかをして、とにかく安倍内閣を倒すことだけを考えてるからなんですね。心の底から朝日新聞、潰れてくれ、と思いますけど、テレビしか見やへん人、特におばちゃんなんかは、安倍ちゃん、そろそろあかんねんな、と言い出す始末です。どないしたらええねん、といつも暗澹たる気持ちになりつつも、ネットではみんな頑張ってはるから、ちょっとずつでも私も頑張ろうかな、という気になります。

 今日は、産経新聞の「正論」の木村汎(きむらひろし)さんの寄稿からです。木村さんは北海道大学の名誉教授、ロシアの専門家でプーチンに対してはけっこう辛口です。ちょっと前に分厚い本で『プーチンとロシア人』を出しはりました。読みたいと思いながらまだ読んでないんですが、宮崎正弘さんの書評を先に読みました。プーチンは子供時代はいじめられっ子やったそうです。それで、いじめられへんようになるためには、いじめる奴より強くなればいい、ということで体を鍛えた、と。その一つが柔道やったそうです。

 この前、「第三次世界大戦!?」で書きましたが、元ロシアのスパイとその娘の二人が、ロシアしか持ってないはずの神経剤「ノビチョク」で殺害されかけた事件の続報です。まあ幸いなことにこの二人は回復したそうですが、ロシアと欧米諸国は、お互いの外交官の追放合戦をしています。まだ決定的な証拠も出てへんので、ホンマにプーチンが指令して暗殺しようとしたかどうかはわかりませんが、あるロシアの有名な教授は、今この時期にプーチンがそんなことをしても、時期的にも批判を浴びるだけやから、するはずがない、動機がない、と言うてはるそうです。

 ここで木村さんは別の考えを提示しはります。ロシアの情報機関員は「チェキスト」というそうですが、この人たちは、「祖国ロシアを裏切った人物は決して許してはならず、地の果てまで追いかけてゆき、処罰する必要がある。このような訓練を受けて育ってきている」んやそうです。そして実際、過去にリトビネンコという、ロシアにとっての裏切り者の暗殺に成功した人は、後にプーチンから勲章までもらい、厚遇されたそうです。

 せやから、今回の暗殺未遂も、そういうチェキストが、ある意味勝手にやったことなんかも知れん、つまりプーチンが指示したかどうかは関係ないのかも知れん、ということらしいです。何かめっちゃコワい話やけど、プーチンとはそういう人やということをよう知った上で対応せなあかん、ということですね。まあ今の言い方でいうと、プーチンは指示はせえへんけど、部下が「忖度」して次々と手を下していく、と。そしてうまくいったら後でご褒美がもらえる、ということやね。

 平和ボケしてる日本人にはよう理解できませんけど木村さんは、安倍ちゃんに対して、この事件の「今後の展開次第では、その対露政策に関して、重大な決断を下さねばならぬ局面が訪れるかもしれない。」と結んではります。安倍ちゃん、大変やなあ。ちなみに、私は、プーチンが生きている間は、日本が核でも持たへん限り、北方領土は返ってきやへんやろうなと思てます。木村さんのさっきの本でも、プーチンにとっては「力が正義」なんやと書いてはるそうです。ふう~。
2018/04/11

NHKに情報公開請求を!「公安情報」井上太郎

走る小
 相変わらず国会ではアホな野党のせいで、無駄な時間が費やされてますね。国家的損失やわ。それに、なんで野党の議員て、あんなに言葉が下品なんや?日本人は公の場ではそんなに汚い言葉は使えへんで。あ、もしかして、、、、。

 で、今日はまたもや「公安情報」井上太郎からです。
 NHKも今や反日を隠さんようになってきたみたいですね。そのNHKのやり口の一つ。紅白歌合戦のチケットを、取り込みたい国会議員に配ったりするそうですわ。たしかにプラチナチケットやろうね。また、大相撲の興行はいまだにやくざの資金源になってるそうです。その大相撲協会に、NHKは何十年も莫大な放映権料を支払っている、と。そういうお金がらみの話は全て総合企画室という部署が担当していて、そこの年間予算は139億円もあるそうです。ケタ違いやな。

 プロ野球の巨人戦の放映権料。最近はプロ野球の視聴率もだいぶ下がってきてますけど、それでもNHKは通常1試合8000万円と言われている倍以上の金額で、読売新聞から買い取ってるそうです。せやから、読売新聞とNHKはお互い、馴れ合いの報道をしているようです。「受信料不払い者への罰則導入も必要」という社説が読売新聞には出てるそうです。

 NHKはしょっちゅう反日番組をつくってますね。私もこの前、書きました(NHKの犯罪!「731部隊」の嘘プロパガンダに加担!)。これは1月でしたが、NHKは毎年8月の終戦記念日前後には、せっせと「反日祭り」をやっています。「NHKスペシャル」ですね。何とこの番組は、NHKエンタープライズが北京メディアセンターに制作を委託してるそうです。この北京メディアセンターは、中共の国営放送である中央電視台CCTVの子会社です。そうすると、この「NHKスペシャル」の著作権は、中共も持つことになり、つまりはチャイナはタダでNHKの番組を放送できるんやそうです。えー?つまりは日本国民の受信料で、反日番組をチャイナのために作ってるわけです。もうアホとしか言いようがないですね。こんな放送局、すぐに潰さんとあかんな。

 私も怒ってるだけでは意味がないので、ここで井上太郎さんが提案してはる方法を書いときます。NKHが一番視聴者にされたくないのが、情報公開請求やそうです。正式に文書で請求すれば、NHKは一か月以内に文書で回答せなあかんらしいです。何か、余命ブログさんの日弁連への懲戒請求に似たような話やなあ(笑)。たとえば、

「紅白歌合戦の番組提案書をください、人選の基準を示してください、政治家から入場券をもらった人もいます、抽選の透明度をあげるために公開抽選をすべきです」
「関連会社からの見積書を見せてください」
「経営企画室の経費一覧を見せてください」
「日本の公共放送なのに、中共の国営放送の子会社に制作を依頼する理由を教えてください」
などなど、、、。

 NHK会長宛てに、文書で請求すればいいそうです。ネット民が一斉にこれをやり始めたらおもしろいことになりそうやなあ。朝日新聞、NHKは絶対に潰さなあかんと、最近思い始めてます。