FC2ブログ
2018/10/05

教育勅語、ちゃんと読んだんか?ええこと書いてるで。あ、日本人にね。

パンチ小
 おととい第4次安倍内閣が発足しましたが、さっそくNHKの記者?が柴山昌彦・新文科大臣に質問を飛ばし、教育勅語に対する考えを聞きました。それに対し柴山大臣は
「現代風に解釈したり、アレンジした形で、道徳などに使える分野もあるという意味で、普遍性を持っている部分もある」
「現代的にアレンジして教えていこうとする動きもあり、検討に値するのかなと考えている」
と発言しました。そしたら案の定、大騒ぎに?なってますね。

 私が「覚醒」(笑)したのは5年ぐらい前ですから、それまでは「教育勅語」は戦前の、軍国主義の精神を国民に浸透させるために使われた、それこそ洗脳用の危険な文章、という風に漠然と思てました。あー恥ずかし。いろんな本を読んで、この原文も読んで、意味を知り、あれ、ええことゆうてるやん、と再認識するのに時間はかかりませんでしたね。普通に読めばわかる話ですね。

 このブログを始めて間もない頃に「教育勅語」を書きました。また、ブログを始める前には、「逆にしたらよくわかる教育勅語 ほんとうは危険思想なんかじゃなかった」(倉山満:ハート出版)も読んでました(右下の「私が読んできた本」の中に画像があります)。そしたら昨日あたりから、ネットではこの倉山さんの「逆教育勅語」がばんばん引用されてますね。ググってみてください。お、反日6野党の人たちのことやんか、なんて言いませんから(笑)。

 もともとサヨクの人たちは、教育勅語の「一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ」のところを問題にして、ずっと攻撃をして来てたんですね。国のために命を捨てて戦え、というとんでもない意味や!と。そのつもりでこれからも攻撃しようとしてるわけですね。たぶん次の国会ではこれをネタにまた、「辞任要求」「審議拒否」「採決拒否」とか、いつもの手を使うてきそうです。

 私は、もうここまで来たら、どんどんやったれ!と思てます。そしたら、もっともっと「教育勅語」をちゃんと読む人が増えて、ええこと書いてあるやん、と思われて、ついでに、「一旦緩急あれば」って今、尖閣や竹島がえらいことになってるやんか、しっかり対応せなあかんやんか!こいつら野党は何考えてるんや?という風になるとおもろいなあ、と一人でニヤニヤしてます。

 風向きはだんだんと、確実に変わって来てるように思います。


人気ブログランキング

2018/10/04

ブレーキを踏みながらアクセルをちょっと吹かす?何してんねん、財務省!

自転車小
 産経新聞に、珍しく、消費税増税にちょっと疑問をぶつけるような連載記事が出ました【10%への壁 消費増税まで1年】()()()。

 まあアホみたいな話やけど財務省は、増税したら景気に悪影響を与えることはわかってるし、それは庶民からも嫌がられるから、「軽減税率」をいろんなところに適用しようとしてる、と。その中に、食料品があるんやけど、それを、今はやりの「イートイン」で食べたら、それは「外食」になるから、その場合は10%になるんやそうです。

 そしたら、持ち帰りやからと言うて8%で買うといて、やっぱり気が変わって店内で食べたら10%に取り直すんか?という話です。そんなん、現実的に無理やろなあ。実際に反対の声も上がってる、と。
<大手スーパーなどが加入する日本チェーンストア協会は平成31年度税制改正に向け軽減税率反対を打ち出した。レジのシステム改修、商品分類の見直し-。手間とコストの拡大懸念は大きく膨れあがっている。>

 今回、新聞には軽減税率が適用されようとしてるらしいけど、そしたらなんで雑誌や書籍はあかんねんと、日本書籍出版協会、日本雑誌協会など出版社4団体も声を上げた、と。

 町のゲームセンター。今まで「100円でワンプレー」でやってきた。今さらお客さんから108円とか、110円取れるか?という話です。結局、今は8円、来年からは10円を業者が負担するしかあらへん、と。実際、もうこの消費税の負担に耐え切れず、今度10%に上がったら、いよいよ閉店や、と言うてる店がいっぱいあるとか。いやあ、ホンマに弱い業者に過酷な消費税やな。

 と思たら高額商品の自動車かて、落ち込みを防ぐために、
<購入価格の3%を払う自動車取得税を廃止し、燃費に応じ税率が0~3%に変わる新税を導入して、環境性能のいい車の購入コストを下げる>
ということを検討してるんやそうです。住宅ローン減税とか、今は禁止されている「消費税還元セール」を解禁しようとしてる、とかも。

 たしかに今の消費税は、民主党政権の時の「三党合意」で決まったから、政府は法律には従わなあかんわけや。せやけどそれ、ホンマにええんか?ということで、自民党内では若手国会議員(安藤裕衆院議員)が「日本の未来を考える勉強会」を作って、消費税凍結の提言を発表しましたね。この勉強会は藤井聡先生が応援してはります。ようやく動きが出てきたけど、その力はどんだけー?な話やな。

 そして経済同友会では、先日の夏季セミナーで小林喜光代表幹事が「(消費税は)最低14%くらいは要るだろう」と主張したんやそうです。あんた、国民を◯す気か?!まあ、もともとのテーマが「消費税率引き上げへの道筋と財政規律強化」やから、そらそうなるやろ。テレビと日経新聞しか見てへんから、「財政規律」みたいな、ホンマはお化けみたいなインチキ話を律儀に信じさせられて、経済の本質がまったく理解できてへん、まさに経済界のお偉いさんの代表やな。残念。

 もう日本中の誰もが、消費税を上げたら消費が鈍って不景気になる、それを何とかせな、と考えてるって、アホちゃうか?これって、ブレーキを踏みながらアクセルをちょっとふかそうとしてる話やんか。不景気になるんやったらやめたらええやん、消費税。え?税収が減る?そんなもん、景気が良うなったら必ず上がってくるんや。たとえ今のユルユルの法人税でさえ、数年後にはグッと上がって、結局トータルの税収は増えるんやで。

 そんなことは過去の事例でいっぱい証明されてるんや。この20年のデフレで日本経済はいよいよヤバいレベルに落ち込んできてしもたわけですね。決して私ら日本人が怠け者なんとちゃいますよ。日本を壊したくてしゃーない人たちがいっぱい潜んで、日本を弱体化させようとしてるんや。あ、もちろん、そうと知らずにせっせと頑張ってる人もおるんやけどね。そっちも罪深い話や。小林君、あんたの話やで!

 私ら日本国民がもっと賢うならな、いよいよ日本は滅ぼされるで。ホンマに。


人気ブログランキング

2018/10/03

アメリカの最高裁長官任命妨害。ウソと捏造で国を壊す。日本といっしょや。

走る小
 時々メルマガに記事を書いてはるアンディ・チャンさんからです。(AC通信 No.712

 7月にトランプさんが、アメリカの最高裁の長官にカバノーさんを指名しはったんですが、いまだに議会の承認が得られていないそうです。アメリカではこれまで長官の下の8人の陪席判事は保守系とリベラル系が4人ずつで、前任のアンソニー・ケネディ氏は保守系ではあるけれども、判決が拮抗した時にはリベラル寄りの判断をすることが多かったそうです。

 この地位は、本人の死亡か辞任でしか交代でけへんそうですが、ケネディさんが辞任したのを機にトランプさんがカバノーさんを指名したと。これが気に食わんリベラル側が、今、猛烈に妨害工作をしていて、このカバノーさんが17才の高校生の時に、2才年下のフォードという女性にセクハラをした、という報道がニューヨークタイムスに載りましたと。

 カバノーさんはすぐにこれを否定して公聴会を要求したところ、ありとあらゆる手を使ってこの公聴会の日程を遅らせているそうです。しかも報道ではこのフォードなる女性の証言がひどくあいまいで、いいかげんなものなんやそうです。そして私もセクハラされたという第二、第三の女が現われてきた、と。ところがこいつらも、何の証拠も出せていないんやそうです。

 そもそも最高裁の判事は就任前にFBIから、ものごっつい厳しい「身体検査」をされるそうで、カバノーさんはこれまでにもう6回受けて問題なしやったのに、この件でまた7回目をやれ、と民主党側は言うてるらしい。そうすることで任命を中間選挙まで引き延ばし、上院で過半数を取ったらこの人事をひっくり返して、その先にトランプ大統領を弾劾しようと考えているそうです。

 ここまでだらだら続いているのは、マスコミはカバノーさんに不利なことしか報道せえへんからやそうです。もう日本の安倍ちゃんのモリカケとそっくりですね。リベラル側は決定的な事実には一切答えずに逆に平気でウソをつき、悪いイメージだけを流し続けているんやそうです。アンディ・チャンさんは深く嘆いてはります。

 <共和党側がこの事件を処理した態度は公正、公平だったにも拘わらず民主党側の態度は呆れるほど悪辣だった。リベラルがホシュを倒す陰謀と言えども正義が通らない、平気でウソを吐く、政党のために無実の人を罪に陥れる政治家は唾棄すべきである。>

 <オバマ民主党はヒラリー当選のためヒラリーの犯罪を無視し、クリントン一家の巨悪を増長させ、FBI/DOJの高官が選挙に介入し、トランプのロシア疑惑をでっち上げた。アメリカは民主が頽廃し、正義の通らぬ言論暴力国家になってしまった。>

 アメリカでも「言論暴力」があるんや。大変やなあ。ホンマにウソを堂々とつく人間はこの世におらんとってほしいなあ。


人気ブログランキング

2018/10/02

順番を間違えたらあかん。交渉は拉致被害者全員の、即時一括帰国の後、や。

指差し小
 月刊「日本の息吹」というのは、日本会議が出している会員誌です。この10月号に、西岡力さんが「最後の戦いが始まった」という文を寄稿してはりますので、紹介させてもらいます。

 6月の米朝首脳会談は具体的な成果が無かった、などと言う人がいますが、全く的外れな指摘です。金正恩委員長は、アメリカの軍事力と経済封鎖が効いたからこそ、会談に出てきたんや、ということです。

 昨年9月、アメリカはBー1Bという戦略爆撃機を休戦ラインを超えた元山港の沖合まで飛ばしました。北朝鮮はこのとき、まったくレーダーでも捕捉できていなかったことが公表されています。そして同時にアメリカ軍は金正恩委員長の所在情報をつかんでいることも公表しました。

 もういつでも彼の別荘に爆弾を落とせることを示したわけですね。これに恐怖した刈り上げ君は、非核化を約束し、アメリカは体制の保証を約束した、と。これは単に、今は北朝鮮を攻撃はしない、と言うてるだけのことなんですね。

 次に、非核化へのプロセスは10年ぐらいかかるという人が日本の中にもいますが、それはウソです。ボルトン補佐官は1年でできると言っています。これは「リビア方式」が念頭にあると思われます。このプロセスは今のところかなり不透明で、問題はトランプさんがいつまで我慢するか、だけの話のようです。
 
 そして日本にとって最も重要な拉致問題です。米朝会談では、核をやめたら北朝鮮にはこんなに明るい未来が待っているよ、というビデオを作って見せたそうですが、この未来のためにかかるおカネはアメリカは出さない、と言っています。

 そしてその先は公表されていませんが、トランプさんは、カネを出すのは日本だが、そのためには拉致問題解決が先、と言っているはずやということです。金額は推定ですが、前の小泉訪朝のときに1兆円といわれていたので、それぐらいであろう、と。さてここから先の日本は、順番を間違えたらあかん、と。

 ここで国賊たちが蠢いていることが知られています。日朝国交正常化議員連盟が、6月にいきなり総会を開いて、まずは対話を、そして日朝合同調査をすべき、と提案しているそうです。ちなみにこの総会には石破くんや、田中均という、小泉訪朝時に北朝鮮と交渉していた元外務官僚が出席しています。

 日朝で合同調査なんかをしたら、また「拉致被害者たちは全員死亡した」と言うてくるに決まっています。こいつらは先に「国交正常化を」と言うことによって、またまた先にカネだけを差し出すつもりでいるわけです。とても日本人とは思えませんね。

 もうすぐアメリカの中間選挙、いよいよ最後の段階に差し掛かっていると言えそうです。国内にも敵がいる中、何とか被害者全員の、即時一括帰国を勝ち取りたいものです。


人気ブログランキング

2018/10/01

沖縄県知事選、負けたけど「善戦」やww。「カエルの楽園」になったらあかん。

頷く小
 沖縄県知事選は玉城デニー氏が勝ちました。残念でした。接戦、とかのネット情報もありましたが、佐喜眞さん44%、玉城さん55%とか。あ、でもこれ、この前の石破くんは党員票45%取ったから「善戦」らしいやんか(笑)。まあそういう話はもう慰めにもなりませんかね。ただ、私が毎日読ませてもろてる「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」さんによりますと、<オール反日沖縄(実態は共産党)は共産党の主導のもとで翁長知事時代にあらゆる反基地カードを切りました。>ということなんやそうです。

 つまり今、後任の謝花副知事が、辺野古埋め立て承認を撤回したけれど、これは明らかに法律違反で裁判で負けるやろう、と。そうするとここで詰み、になってしもて、デニー君はレイムダック状態になるやろう、ということやそうです。そういえば、公約かて知事の権限で、そんなんできるんかいな、みたいなこともいっぱいあるようです。

 人が失敗するのんを期待してみる、というのはあんまり気持ち良うないけど、日本の国防、という観点から見たら、「オール沖縄」を標榜していながらその実態は共産党、さらにはその背後におるのは中国共産党、ということを考えると、ホンマに恐ろしいことです。これは、もう3日ほど前になりますけど、有本香さんの記事が的確ですので貼っておきます(「【有本香の以毒制毒】沖縄知事選に衝撃… 玉城氏発した「一国二制度」という言葉の恐ろしさ」)。

 もう百田尚樹さんが書きはった「カエルの楽園」そのままの世界が出現してしまうやんか、ということです。まあ今回のことでたくさんの人が沖縄に関心を持つようになったらええんやけど。私も日本人は沖縄に迷惑をかけた、なんて思てたけど、おい、ちょっと待て、先の大戦で沖縄で戦死した人は、日本中から集まってきた兵士やったんや。沖縄の人だけに戦わせたんとちゃうんや。サヨクの人たちはこんなことでもせっせと捏造をしはるけどな。

 そしてもう一つ、私が残念やったのは、ネットでは事前に色んな情報が飛び交い、玉城デニー、
共産党、「一国二制度~??ええー?」てな論外、みたいな話のつもりやったけど、多くの沖縄の人たちは、「え?あの玉城デニーさん?知ってる知ってる」で投票しはったんやなあ、ということです。沖縄の新聞は左系の琉球新報と沖縄タイムスで99%かのシェアですから、もうどうしようもないですね。

 そう考えると、知名度ゼロ?からスタートして44%、ほら、「善戦」やんか。まだまだ日本を壊そうとする勢力に負けるわけにいかへんで。


人気ブログランキング