FC2ブログ
2017/12/06

習近平中華皇帝の「トイレ革命」(爆)

パンチ小
今日(12月6日)の産経新聞に、「トイレ革命 毛沢東の影(矢板明夫の中国点描)」という記事が出てました。習近平国家主席が11月20日に出席した共産党の重要会議で、「全国のトイレの衛生状況を改善すべきだ」との趣旨の発言をし、その際に「トイレ革命」という表現を使ったそうです。で、これに基づいて各省がそれぞれいろんなプロジェクトを始めてる、と。

まあトイレをきれいにするのはええことやけど、それは13億人のトップに立つ人が言うことなんかいな?そういえばこないだの全人代では「習近平思想」までは行かへんかったけど、ほとんどそれに近い言い方がされてたらしいやん。「毛沢東思想」の毛沢東に早う追いつきたいんやね。

でもそんな人が「トイレ革命」かいな(笑)。で、記事には、習さんは以前から細かいことで有名で、2013年に軍を視察した時には「食材の切れ端を使って漬物を作れ」「余ったご飯をチャーハンにしなさい」と指示したそうです。

まあそんなんやったらまだ平和やけど、毛沢東はかつて、スズメが農作物を食い荒らすからとゆうて、1958年にスズメを数千万羽捕獲したことがあった。で、翌年に天敵のおらんようになった害虫が大量発生して、農業生産は大打撃を受けたとさ、という話やそうです。スズメの話は私も知ってましたわ。(あー、鍬や鍋を溶かして鉄鋼を生産した、の話もあったなあ笑)

この程度の人が国家のトップにいるというのはホンマにかわいそうな話やねえ。
まあ日本でも、ミサイルがポンポン飛んできても「モリ・カケ」しか言わへん人がいっぱいおるけど、まだマシなんか?いやいや、レベル低いのんと比べてる場合やないな。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

No title

共産主義や社会主義は、自分たちはあたかも合理的、科学的にものごとを進めるのだといわんばかりで、計画経済だのやって成功したためしがないのですね。実態は人治主義で情緒的で支配的な体質を持ってます。見栄っ張りだし。
だから強引なことをやって、スズメとバッタみたいなブーメランが起きるんですね。