FC2ブログ
2018/02/14

神道は日本人の生き方、考え方

走る小
 またまた昨日の続きです。『日本人はなぜ外国人に「神道」を説明できないのか』山村明義。
 昨日までの話ではまだまだこの山村さんの本の神髄に迫ってないからです(笑)。
 神道の基本思想は「和」。日本では正月は神社に参り、お盆と葬式は仏教式、でもクリスマスやハロウィンも盛大にお祝いする。そんなところは外国人は理解できないそうです。日本人にもようわかりませんね。神道には「宗教」の条件である「教義」「教組」「経典」がないのだから、実はこれは「宗教」ではないのだと言うてはります。だから日本人は神々と人間が調和できるんやと。うんうん、それはようわかりますね。で、外国人の神主さんがいることや、外国人が自分の国に神社を建てた例を書いてはります。駐日サンマリノ共和国大使のマンリオ・カデロさんという人です。母国サンマリノに、天照大御神を御祭神とするサンマリノ神社を2014年に建てはったそうです。びっくりやね。カデロさんは、これは神道が宗教ではないからできたこと、と言うてはるそうです。
 あと、ユダヤ教、キリスト教の共通の最高神はヤハウェというてこの神様は自分で自分のことを「ねたむ神」やと言うてるそうです。だから、他の神を拝んだらあかんのやそうです。神道は最初から八百万の神やから、どの神様を拝んでもええんやからね。
 あと、細かい話やけど、最近ガタガタになってしもた東芝の話があります。超優良企業やったはずの東芝の創業は、江戸時代末期に久留米の鼈甲の職人から、からくり人形師になって「万年時計」を作った田中久重さんが建てた田中製造所が元やそうです。で、この田中氏がずっと参拝してはった地元の櫛原天満宮の宮司さんに山村さんが聞いたところ「ここ最近、田中製造所から発展した東芝の役員はおろか、社員もまったく参拝しなくなった」そうです。ふうん、さもありなん、てな話やね。
 あと、モノを知らん私は、こないだ20年ぶりかで爪切りを買うたときに「関の孫六」というブランド名を知りました。この「関鍛冶」の守護神が岐阜県の美濃にある春日神社やそうです。美濃地方は昔から鉄鉱、アマルガムの産地です。で、この関氏は大和から移ってきた由緒ある人たちで藤原家、中臣鎌足にまでさかのぼれるそうです。で、この美濃から尾張にかけての地域には、「金属の神」、その代表格が「金山比古命(かなやまひこのみこと)」「金山比売命(かなやまひめのみこと)」で、この神々はなんとトヨタの主祭神なんだそうです。トヨタ本社内には豊興神社が鎮座し、毎年創業者である豊田家など役員が参拝するのだとか。「現代においてもこの『鉄神』たちは、生き続け、世界に冠たる日本の伝統文化を支える大きな精神性となっているのです。」と書いてはります。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント