FC2ブログ
2018/03/09

『炎上上等』高須克弥 その2

自転車小
 『炎上上等』高須克弥さん、面白かったんで、まだ書きます。

 高須さんはフリーメイソンの会員なんやそうです。世間では秘密結社やとか言われてるけど、それは活動内容を公開しないからそう言われるんやと。内部で行われる儀式も秘密とか。でも考えたら手術室での仲間は、手術室で行われたことは口外しない、という掟と一緒やし、日本の密教も秘密やし、神社でさえ本殿内部での儀式は秘密やんか、と言うてはります。

 高須さんはもともとロータリークラブやJCにも顔を出してたけど、面白くなかったと。で、米軍の知り合いのツテで入れてもらって、5年で試験にも受かって選挙でも選ばれて、日本に15ある拠点のうちの1つの京都でトップになったそうです。日本にいるアメリカ軍人の偉いさんはみんな?入ってるそうです。で、口外したらアカンらしいけど、フリーメイソンの定款は、日本国憲法の前文にそっくりなんやそうです。お笑いやね。

 ナチスに迫害されたドイツにいたユダヤ人が満州を経て国外に逃げる手助けをした杉原千畝は映画にもなったりしてけっこう有名やけど、当時満州にいた関東軍(日本軍)の将校やった樋口季一郎やら、その上司やった東条英機や、満鉄(満州鉄道)総裁やった、のちに国連を脱退した時の外務大臣、松岡洋右かてユダヤ人脱出に尽力した話を紹介してはります。

 また、「高須平和賞」を作り、その第一号はチベット亡命政府のロブサン・センゲ首相にお渡ししたそうです。授賞式を、亡命政府のあるインドのダラムサラでやって、翌日には何とダライ・ラマ法王に謁見したそうです。この人、個人でこんなことまでやってはるんやね。驚きです。

 この高須平和賞の第2号は、俳優のリチャード・ギアに上げたいと思っているそうです。リチャード・ギアは、熱心なチベット仏教徒でもあると。今、彼はチベットを弾圧している中共(中国共産党)を批判してるので、ハリウッドを干されてるとか。で、日本でも政治家たちはチベット寄りなことをすると中共に睨まれるので、みんな避けてる、みたいな話に怒ってはります。日本の政治家はみんなチャイナに遠慮してハッキリとゆわへん、と。

 あと、デヴィ夫人はインドネシアの元大統領スカルノの奥さんで、スカルノと金日成(金正恩のおじいさん)が大の仲良しやったから、デヴィ夫人は今でも北朝鮮ではVIPなんやそうです。で、そのデヴィ夫人と高須さんは大親友なんやと。で、朝鮮総連の中の人たちは、いわば国に家族という人質を残しているような人もいるので、個人としてはかわいそうに思う、ともゆうてはります。

 また、高須さんのお父さんもおじいさんも、軍医として戦地に行ってはったから、慰安婦が性奴隷なんて、絶対あり得ないっちゅうことはようわかってると。衛生管理もせなあかんし、兵隊さんに性病をうつされたら絶対あかんから、売春婦までちゃんと検診してやってたんや、将校よりも何倍も給料もろうてて、ちゃんと給与明細まで残ってるし、何が性奴隷やねん、ということです。日本軍はめっちゃきちんとしてたんやと。

 あと、美容整形は幸福医学や、とか。
 よう儲かってたときに国税に入られて、お母さんに全部任せてたので脱税なんかするつもりはなかったし、調査にも協力したのに、結局起訴されてがっぽり追徴されて前科者になってしもたとか。

 この本を読むまでは高須さんて、チャラい人なんかな?と思うてたけど、ぜんぜん違いましたわ。めっちゃ真面目で正直で、正義感があって、絶対にへこたれへんし、お金の使い方はめっちゃカッコええし、とても素敵な「立派な」日本人でした。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント