FC2ブログ
2018/04/15

どこの国の人や?小泉純一郎父子

指差し小
 昨日の「0414国会前大行動」のデモは何と不届けやったそうですね。で、規制されてる柵を押しのけて乱入して、一人、逮捕者が出たらしいけど、何とサヨク側のデモはたいてい不届けでずっと黙認してるらしい。日本の警察は甘々なんですね。主催者発表3万人、警察発表4000人、何やこの差は(笑)。保守側の方はちゃんと届けて整然と国旗を掲げて行進してたけど、報道は一切なし、と。まあ想定はできてましたけどね。ただ、ネットに流れる映像を見ても、一頃より激減してるのは確かですよね。考えたら60年安保のときはホンマに10万人レベルやったわけやから、もう時代が違いますよね。

 ところで今日は、前にも書きましたが今、産経新聞で「40年目の検証 私の拉致取材」というタイトルで、元産経新聞社会部記者の阿部雅美さんが連載記事を書いてはります。昨日(14日)の記事では、次のようなコワい話が出ていました。
 <海上では皆無だが、日本上陸後に警察に捕まった北朝鮮工作員は、たくさんいた。昭和30年代から今日までに、少なくとも100人以上はいる。彼らは、どうなったのか。スパイ防止法などはないから、多くの場合、罪名は出入国管理法違反や外国人登録法違反だった。微罪だ。判決は懲役1年前後が通例で、執行猶予がつくことも珍しくはなかった。>

 結局、こういう人らが繰り返し日本に入って来ては拉致やら北朝鮮への送金やらをずっとやって来てたということやんか。大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キムヒョンヒ)は、「対南(韓国)工作の拠点は日本にある」と明言してたそうです。何やそれ、やっぱり日本はスパイ天国、これがもう30年近く前の話やで。あきれるわ。スパイ防止法をはよ作らなあかんやんか。

 で、話は戻りますが、2002年に小泉が安倍ちゃんと訪朝して、金正日が拉致を認めたときに、5人の拉致被害者が戻ってきましたが、彼らは実は「一時帰国」の約束で、しかも日本は北朝鮮に1兆4千億円を払うことになってたらしい。田中均という外務官僚がギャーギャー言うて反対したそうですが、安倍ちゃんが何とか押し切って、この5人は取り戻せた、と。でもお金の話は密約やったから、結局、当時バブル崩壊で破綻していた朝鮮銀行の救済という名目で、同じくらいのお金を払うたらしい。何やそれ、ですね。まあそれもこれも、前にも書きましたけど、日本が戦争を放棄して、軍備も怠ってるツケやんな。あー情けない。

 で、小泉純一郎の話ですが、この人、ホンマに怪しいです。昨日、自民党総裁選について、「(安倍さんは)3選は難しい。信頼がなくなってきている」と述べたそうです。この前、息子の進次郎が森友問題について政府批判ともとれる発言をしたことと併せ、父子で安倍降ろしを企んでいるようにしか見えません。今、このタイミングで、なんでそういうことを、自民党の元党首が言わなあかんねや?と思いますね。

 まあこの人についてはネットでは有名な話がありますね。「小泉純一郎 新橋芸者」と打ってググればいっぱい出てきます。本当に日本の国益を考えて、「美しい日本」を取り戻せるような志を持つ人ではなさそうですね。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント