FC2ブログ
2018/04/27

横田めぐみさん、ついに帰って来る!?

パンチ小
 今日はネット情報からです。拉致被害者は日本に帰って来る、つまり金正恩は被害者を返すことがもう決まってるみたいです。ただ、どこまで?何人?というのがまだ交渉中?、みたいです。せやからタイトルの横田めぐみさんはどうなるんかはまったくわかりませんが。

 もう報道されましたが、昨日就任したばかりのアメリカのポンペオ国務長官が、実はCIAの人間として3月末から4月頭の間に金正恩と既に会って交渉したということですね。あ、今日、写真も公開されましたね。で、実はトランプはある程度ポンペオの好きにさせてる部分もあるそうです。今のところ、北朝鮮問題はポンペオ主導で進んでるが、この後はわからん、と。

 この前「習近平、トランプ、安倍ちゃん、みんなつながってるで。」で書きましたけど、習近平がやっとこさ江沢民派を一掃できたから、北朝鮮制裁もある程度できるようになったわけですが、まあチャイナの人たちは結局最後はカネやから、まだまだ信用でけへんというか、習近平自身もどうなるかわからんから、ここはストーリーを書いて進める奴が、とりあえず強いということになるんやろうか。

 で、話を戻して、今のところポンペオに好きなようにさせといて、どこかでバッサリ切る、ということも考えられる、と私の情報源さんは書いてはりました。(有料情報なので、あんまりネタ元を出したらあかんやんな笑)トランプさんならあり得るなあ。役に立つ人間を、役に立ったところまで使うけれど、事が終わったらそこまで、と。やっぱりビジネスマンやなあ。

 せやからもうその後の話も進んでて、「核放棄」した北朝鮮をどんな形で残していくんか、ということですが、どうも今のパキスタンみたいになるんとちゃうか、ということです。これは私もまだよう勉強してへんのでわかりませんが、要はアメリカは「分割して統治」するというのが基本スタンスらしい。今のところ、安倍ちゃんとトランプは絶対的信頼感で結ばれてるし、実際もそうやとは思いますが、アメリカだって、自分とこの国益になるからやってるわけで、一方が全面的に利益を得る、なんてことはないわけや。

 そう考えると、表立っては言えへんけど、核は放棄するとは言わせつつも、潜在的に再開発の可能性を極秘で残しておく、みたいな落としどころかも、という話やそうです。うーん、わからんな。でも、そこに至るまでに戦争になってしまう可能性もまだしっかり残ってるのやそうです。ひえ~~。コワいなあ。

 まあでもはっきりしてることは、いよいよ日本は自分の身は自分で守る国にならんと、誰も助けてはくれへん、ということを身をもって知ることになりそうや、ということですね。9条信者の皆さん、聞いてはりますかー。憲法改正、待ったなしやで。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント