FC2ブログ
2018/05/03

日本国憲法は、占領政策基本法。いつまで使うてるんや!?

指差し小
 国会をサボって審議拒否の6野党を尻目に、どんどん法案は通って行くようですね。「反対」しか言う脳のない6野党はもういらんわ。でも今日の産経新聞すら、憲法論議はまだ深まって来ていない、なんて書いてますね。今、目の前に、北朝鮮問題という巨大な危機がありながら、いまだに「安倍政権の下での改憲論議には応じない」という党もあるとか。もうこうなったら、どうせ間に合わへんねんから、半島有事には超法規的措置で対応するしかないんとちゃうか、と思います。

 たとえば、あそこに横田めぐみさんがおる、と言うのがわかってても、今の日本の憲法と法律では勝手によその国に入られへん、と。でも、もしそれを無視して自衛隊が突入して拉致被害者を救出したとしたら、それを非難する日本人はおらへんと思いますよ。せっかく助かったのに、憲法違反やから返せ、なんて言えるわけないやん。まあ、そんなにうまいこといくとも、なかなか思えませんけどね。状況としてはあり得ると思います。

 で、今日は憲法記念日ということで。私が中学時代に教えられた、光り輝く「日本国憲法」は、3つの大事な柱がありまして、それは国民主権、基本的人権の尊重、平和主義やと。よう覚えてるでしょ?わりと優等生やったし(笑)。せやけどこれが、押し付けられたもんやったということがわかってしまうと、ホンマ白ける思いですね。保守の人たち、たとえば渡部昇一さんは「占領政策基本法」とでも呼ぶべきもの、と言うてはりましたね。

 別にことさら貶めようとしてるわけではなくて、最近になってもいろんな資料が公開されるにつれて、この憲法はわずか1週間かそこらで大急ぎで作ったこともどんどん広まってきてますし、しかも英語から翻訳したようないかにも、な文章もみんな指摘しますね。また、これは前にも書きましたけど(「日本国憲法、前文はコピペ」)、前文やらに使われている文章は、いろんなところからのコピペですね。そうそう、出来の悪い学生がするような。当のアメリカ人ですら、数十年後に、え?まだその憲法そのまま残ってたんか?と驚いたという話もあります。

 大日本帝国憲法の成り立ちを考えると、当時の日本、明治維新で開国したんはええけど、江戸幕府時代の不平等条約をはよ改正せなあかんかった、と。そのためには日本は法律も憲法も持っている文明国やと言うことを示さないとあかんかった、ということですね。伊藤博文、よう頑張りはったと思いますわ。ヨーロッパの憲法をしっかり勉強した上で、ヨーロッパ人にも理解できるように日本という国の「国柄」をしっかり書き込む、と。そうして第一条は「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」となったわけですね。

 学問的には色んな論争があるんでしょうけど渡部昇一さんは、現憲法は押し付けられたわけやから、一度廃止して帝国憲法に戻り、それを改正するという手続きにすべきや、とも書いてはったようです。私も原則的にはそうやと思います。ただ、今の日本に、この人が書く日本国憲法やったら納得できるわ、と言える人が誰もおらへんことが問題やと思います。本来それを研究するべき学者、たとえば東大法学部で憲法をずっと研究してる人たち、というのが全くの問題ありな左翼ばっかりやったりするわけですからね。(宮沢俊義、八月革命説でググってください) #もともと残酷で有名だった

 もともと外国の脅威がなければ日本人には別に憲法なんていらんかったんですよね。日本の国というのは天皇が国民をおおみたからとして大切に守る、天の下(あめのした)一つ屋根の家族、みたいな国なんですね。せやから、皇室典範は憲法の上に来るべきものやのに、これもGHQによっていわば「格下げ」されてしもたわけですね。日本人、取り返さなあかんもんは、まだまだいっぱいあるで!

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント