FC2ブログ
2018/05/10

アメリカ版安倍下ろし、「トランプのロシア疑惑」

自転車小
 昨日、青山繁晴さんのテレビ出演の書き起こしを紹介させてもらいましたけど、その中に、「トランプさんは実はノーベル賞が欲しいはず」みたいな話があったかと思います。ただ昨日、「イラン核合意からの離脱」を正式に決定したことから、ノーベル賞云々の話は関係ないやろう、とも言われてるみたいです。つまり、前々からトランプさんのイラン核合意離脱は言われていて、それを何とか翻意させようと、特に欧州の連中がニンジンとしてトランプさんの前にぶら下げたんとちゃうか、みたいな話です。青山さんの話はイラン合意離脱の発表の前の収録のようでした。

 さて毎日のように世界が動きまくってる中、相変わらず国会ではしょーむないことばっかりやってますけど、今日は2つのニュースに驚きです。私が毎日読んでる宮崎正弘さんのメルマガ(「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」)から。マレーシアで総選挙があり、圧倒的に勝つと思われていた与党が負けて、92歳のマハティール元首相が率いる野党連合が勝ったそうです。そもそも今回負けた与党は60年に渡って政権を担って来ていて、今回はわざわざ選挙直前に与党に有利な選挙区に変えたり、反フェイクニュース法を急遽制定したりして、さんざん選挙妨害もしたというのに、国民からそっぽを向かれたということらしいです。

 負けた与党は腐敗が激しく、さらにチャイナにべったりで、チャイナが建設したマレーシアの南東沖の人工島に「フォレストシティ」という70万戸?のマンション群の大半が実はチャイニーズに購入されていたことから、マハティール元首相が、「われわれは中国の植民地ではない」と言ったことなどが、マレーシア人に支持された要因のようです。まあそこまで行かんとわからんか?という話かも知れませんが。日本も沖縄と北海道が危ない!ですね。

 もう一つのニュースは同じく私が時々読んでるアンディ・チャンさんのメルマガ(「AC通信」)からです。実は今アメリカではもう1年間ずっと、「トランプのロシア疑惑」が調査され続けていて、それでもトランプさんはまだ起訴されていません。今日の記事の内容は・・・前の大統領選挙のときに、ヒラリーが「トランプのロシア疑惑」をでっち上げてトランプ落選を図ろうとしたところが、思いがけずトランプが勝ってしまったので、慌てて焦って、その後も何とかトランプを引きずり下ろそうとして、FBIとも組んで策謀したことが、だんだんとわかってきた、ということです。

 つまり、もしトランプさんが負けてたら、永遠にヒラリーの策謀は闇に埋もれてしもてたことになるわけです。そして事実は、FBIという国家機関が正当な手続きを踏んで就任した大統領を、でっち上げによって弾劾して引きずり下ろそうとしたという、国家転覆罪に当たることになるのだそうです。当時民主党側の誰もがヒラリーの当選を疑わなかったから、こんなことになったわけですが、このゴタゴタのせいでトランプさんが10年以上前に不倫してたことがバレたりとかしてるみたいです。

 まあトランプさんは莫大な口止め料を払ってるんですけどね。バラす方もバラす方やね。まあどうでもええけど。で、ヘタしたら、オバマにも罪が及ぶ可能性がある、と。他にも前に「ヒラリー(とオバマ)の犯罪」で書きましたね。

 これって、何が何でも安倍ちゃんを悪者にして引きずり下ろそうとする反日の人たちと構造がそっくりですね。森友問題なんて、突けば突くほど辻元清美の話がいっぱい出て来てるし、加計だって裏で行政を歪めてたのはどっちやねん、て話ですしね。安倍ちゃん、関係あらへんやん。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント