FC2ブログ
2018/05/19

親日のマハティールさんがマレーシア首相に再任、消費税ゼロに!

自転車小
 マレーシアでマハティールさんが選挙に勝って首相に返り咲き、さっそく6月1日から今の消費税6%をゼロ%にするらしいで。選挙があったんは9日やから、まだ10日経っただけやん?そんなに早うにそんな大胆なことができるんかいや。びっくりですね。この人、92才に見えへんなあ。めっちゃ若う見えるやんか。まあ上品そうな顔してはるけど。

 マレーシアは戦前はイギリス領で、大東亜戦争では日本軍がイギリス軍を一蹴して日本統治下になった、と。戦後はイギリス領に戻ったけど、独立運動により1963年にマレーシアが成立。マハティールさん自身は独立運動にずっとかかわっていて、1981年から2003年まで22年間、首相を務めはったそうです。その時に掲げた「ルック・イースト政策」というのは、日本をお手本にしようという政策やったらしい。ご子息を日本の大学に通わせたりもしたそうです。

 今回の政権奪取後、マハティールさんは2年ほど首相を務めた後、以前の政敵で「同性愛罪」で服役していて今週、恩赦によって釈放されたアンワル氏を、いずれ後任の首相に据えるとみられているそうです。ん?ようわからんな。で、選挙で倒した前首相のナジブ氏は、チャイナとの癒着の噂がずっとあって、選挙後奥さんと出国しようとしていたところを止められて、今は出国禁止措置を取られてるそうです。うーん、汚職がいっぱいの国やねんな。

 マレーシアでは日本は、高速鉄道、新幹線の受注をめぐってチャイナと熾烈な争いをしてるそうです。インドネシアではチャイナに変な負け方をしたから、今度はうまくいってほしいですね。まあどこの国も最後はおカネ、かも知れませんが。で、私が一番びっくりしたのは今回マハティールさんが、公約やったという「消費税ゼロ」をホンマに実行しはったことです。

 Wikipediaからの情報ですが、マハティールさんは、消費税は個人消費に悪影響がある、と言うてはるそうです。前に電気製品や時計などの消費税をゼロにしたところ、消費が増えて景気が良くなって、企業収益も増えたことから、国の税収が増え、全体として国の富が増大した、というのです。さらに、「政府による投資はGDPの重要な要素であり、財政出動での公共事業、なかでもインフラストラクチャーの整備は乗数が高く新産業育成や人・物・金の流動化を促すので経済成長に大きく貢献する」のやそうです。

 いやあ、めっちゃ正しいことを言うてはるやんか。これ、日本はマレーシアにも追い抜かれてしまうで。もっと大きなニュースになってほしいと思いますね。
日本も消費税をゼロにせんかいや!と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント