FC2ブログ
2018/05/26

メイドインチャイナのドローン、「翼竜」がバカ売れとか

頷く小
 毎日が目まぐるしく変わっていきますね。トランプさんが会談中止や!とゆうたらすかさず刈り上げ君は会う用意がある、やなんて笑うてしまいますね。ビビりまくってるやん、と。でも笑うてる場合やないですね。常に最悪の事態を想定して、備えをしておきましょう、と小坪慎也さんが呼びかけてはりますね。私も含めて日本人は、まさかそんなことにはならんやろう、と楽観的に考える悪いクセがあるのかも知れません。

 私が以前に買うた有料情報の中で、ダイレクト出版というのがあります。新聞やテレビでは決して報道されへんような深い情報、一部の人たちには都合の悪い情報が満載で、本もあればDVDもあればWEB配信もあるという、面白い会社です。今回フリーで送ってきてくれた情報の中に面白いものがあったので紹介させてもらいます。前にも少し書いたことがありますが、丸谷元人(まるたにはじめ)さんという人の記事です。

 この人は実際に世界の戦地に行ったこともあって戦争には詳しいようです。世界の武器輸出のトップがアメリカ、ロシア、チャイナ、ドイツ、フランス、イギリスやと。あれ、ドイツ以外は国連の常任理事国やんか、というわけですね。戦争してる国のどちらにも武器を売ってるというのはもう常識なんやそうです。マッチポンプですね。

 最近の注目はドローンやそうです。チャイナ製のドローン「翼竜」がバカ売れなんやそうです。以前は安かろう悪かろうのイメージやったんが、最近はぐんぐん性能が上がってきてると。翼竜は1機約1億円。片やアメリカ製の「プレデター」は1機4億から30億円!これはもう勝負あった、でしょうね。で、日本はチャイナから買うわけにはいかんから、アメリカから1機210億円と吹っかけられているんやそうです。何やそれ、てな話ですけど、ホンマみたいです。

 そういえば昨日、自民党が防衛費をGDPの2%、何と今の倍にする提言をまとめた、というニュースが出てて、よっしゃ!と思たんですけど、結局お金はアメリカさんにいっぱい流れていくわけなんですね。日本は技術もあって人もおるから、その気になればすぐに兵器を国産化できるのに、ホンマに情けない話ですね。まあ日本学術会議の会長が、軍事に関わる研究はしない、なんて言う人なんですからね。

 戦後の日本では、軍事や諜報というものが一切封じ込められてしもたから、これを建て直すのはめっちゃ時間がかかるんやろうね。もうすぐ戦争が始まるかもしれんと言うのに、すべてが遅すぎやんか、と叫びたくなりますね。
日本は軍事研究を始めよう!と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

背信背任人物を解任すべき

>日本学術会議の会長が、軍事に関わる研究はしない、なんて言う人なんですからね。

はい、この手の変なリベラル(実は現実逃避のファンタジー平和主義者もしくは特あのスパイ)というのはやっかいな存在です。下手に学歴が高かったりしますからね。
この人たちは、公的な立場では自分が所属する組織の足を引っ張ることに熱心で、そのくせお金だけちゃっかりもらい、退職するとパヨク運動家に連携しはじめる・・・
前川と同じ所作の人たちのことですけどね。

こういう人たちこそ、弾劾で蹴落とさないと日本国が危うい。
在任中に背任などで叩き出せればいいのだけど、日本はおやさしいですからね。

Re: 背信背任人物を解任すべき

コメントありがとうございます。
> こういう人たちこそ、弾劾で蹴落とさないと日本国が危うい。
・・・・ですよね。まだまだ時間がかかりそうですね。