FC2ブログ
2018/05/30

学校では教えられない歴史講義 満洲事変 倉山満

満州事変倉山
 『学校では教えられない歴史講義 満洲事変』 倉山 満 読みましたよ!
 あ、それより先に。昨日「三光作戦」のことを書きました。私が高校時代の歴史の先生、今思たら共産党支持やったみたいなんですけど、戦争中の日本軍の作戦に、「焼光」「殺光」「略光」というのがありました、と。それぞれ焼き尽くす、殺し尽くす、奪い尽くす、の意味です、と教えられました。私は昔からけっこう本は読んでたし、漢字も好きやったから、日本語としての「光」に、○○し尽くす、という意味はないんとちゃうか?と少し疑問でした。何のことはない、これって単に支那軍のやり方をゆうてるだけやったんですね。戦場での乱暴狼藉は、戦士へのご褒美というわけですね。日本軍と大陸の匪賊を一緒にせんとってほしいわ。

 で、倉山さんの本です。「満州事変」。さっきの高校の先生は、「日中十五年戦争」という言葉も教えてくれました。満州事変から「太平洋戦争」が終わるまでの15年間、日中で戦争してたそうです。これもウソですね。だいたい計算がおかしいやん、1931年9月18日の柳条湖事件から1945年8月15日の敗戦までは14年やし。当時は「宣戦布告」して「戦争」になるんやけど、南満州鉄道の柳条湖付近で起こった線路爆破未遂事件をきっかけとする満州事変は、その後に戦闘が続いていたわけではありません。中国共産党が日本軍と戦って勝ったということにしたい支那側の、国内向けの捏造ストーリーにすぎません。

 でもこの満州事変というのは、この本の帯にも書いてある通り「人類が不幸になっていく始まりの大事件」なのだそうです。少し勉強した人なら事件のあと、国連(国際連盟)からリットン調査団が派遣されて、その報告書の内容が不満で、日本は松岡洋右外務大臣が国連を脱退し、その後は坂道を転げ落ちるように戦争への道を突っ走っていった、みたいに理解してはると思います。たしかに日本は結果不幸になったけど、人類が不幸に!?というのが倉山さんの主張ですね。

 実はこの頃の日本は、昨日も書きましたけど国連の常任理事国やったんですね。そして軍事力も強大で、イギリスもアメリカもソ連も、日本に対しては一目置いていて、基本的に日本は堂々としてたんですね。せやから、これも最近、本が立て続けに出ましたけど、リットン調査団の報告をちゃんと読むと、もっとうまいことやってたら、日本は最終的には国際的に孤立せんでよかったんや、というのがこの本の結論?です。私ら日本人が反省せなあかんのは、戦争をしたことやなくて、戦争に負けたことやと思います。するんやったら勝たんかいや、という話ですね。明日も書きます。
日本人は戦争に負けたことを反省せなあかんと思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

No title

ナニワの激おこおばちゃんさん、こんにちは。
国連軍として大陸に派兵されて紛争に巻き込まれていったんですね、当時。
最近似たような事象があるんですね。
旧民主党が与党の時、南スーダンにPKOとして派遣した自衛隊。
日報がどうのこうのと未だ論争になっています。
それを無事引き揚げさせたのが、あの女性大臣です。自ら矢面に立って。
わたしたちも歴史から学ばなければいけませんね。

Re: No title

Kotaroの母さん、コメントありがとうございます。
> わたしたちも歴史から学ばなければいけませんね。
・・・・そうですね、捏造やファンタジーではない、事実としての歴史から、ですね(笑)。

むか〜し学校の先生から「そもそも宣戦布告がないから日中戦争ではなく紛争……」みたいなこと教えてもらった記憶があります。

書くのも話すのも苦手だから、友人知人に
「凛として愛」のDVDを
配っています。観てくれてるかどうか…少しでも戦前から戦後の歴史に興味をもってほしくて…


トラです。すいません

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
> 「凛として愛」のDVDを
> 配っています。
・・・・あー、これこれ、是非見たいと思いながらまだ観ていません。頑張って検索して観たいと思います。

リットン調査団はハルノートだった?

ねずきちさんとこで、リットン調査団について書かれています。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3776.html

倉山氏の同じ本を読んだかな。

Re: リットン調査団はハルノートだった?

弓取りさん、コメントありがとうございます。
> ねずきちさんとこで、リットン調査団について書かれています。
・・・・さっき読みました。深いですね。でも古事記に、孤立したらあかん、と書かれていたというのは、もちろん知りませんでした。
すごいんですね、古事記。
あ、ねずさんブログは毎日読もうと思いながら、なかなか読めてないブログです。めっちゃ面白いですよね。