FC2ブログ
2018/06/26

読みました。『余命三年時事日記Vol.8 五十六パパかく戦えり上』

余命三年時事日記8
 『余命三年時事日記Vol.8 五十六パパかく戦えり上』読みましたよ。

 この本は一般書店では発売されてません。同人誌?みたいな扱いなので、直接注文になります。注文用フォーマットを付けておきます。基本的には余命ブログで書かれていたことがベースになっていますが、ブログだけではわかりにくいことが、わりとまとめて書かれてます。川崎市で行なわれた一昨年平成28(2016)年6月5日の「日本浄化デモ」、および翌平成29(2017)年7月16日の「共産党に反対するデモ」のことです。

 五十六パパというのはこのデモの主催者です。ずいぶん前からいろいろと活動をされているようです。在特会との関係は、、、ようわかりません。私はまだ覚醒して4~5年ですが、そもそも拡声器を使ってがなり立てるデモが右でも左でも大嫌いやったんで、昔のことはよう知りません。ただ、いわゆる「ヘイトスピーチ法」が平成28(2016)年5月に成立したことで、「朝鮮人、出て行け!」とか「韓国人、○ね!」とかゆうたらあかんことになったと。せやからサヨクの人たちは勢いづいて、以前に在特会でデモしてた人たちを標的に、そのデモを妨害しようとしてきてたようです。

 余命が取りあげてる川崎デモは、五十六パパさんとかがちゃんと届けを出して「日本浄化」とか「共産党反対」とかを言うデモをすることに対して、反対派がいわゆる「カウンターデモ」をするために、阻止するための集団行動を呼びかけて無届けで人を集めたわけですね。そこに有田芳生議員とか福島瑞穂議員とかも参加して「シットイン」という、道路に座り込むようなやり方でデモを実力で妨害してたと。その映像はネットにもいっぱい流れてました。そして何と川崎市や神奈川県警の中の公務員が、どうもあちら側の味方をしてるんとちゃうか、というところまで行ってるみたいです。

 つまり、公務員の側にも朝鮮人勢力が浸透してしもてるんとちゃうか、ということです。それを暴くために近々、裁判が始まるようです。証拠はわんさかとあるようですが。果たしてどうなることやら。暴力だけは絶対やめてほしい、といつも思います。戦後の日本は暴力で脅され続けて来て駅前の一等地を奪われました。また、いまだに拉致された人たちさえ取り返すことができてへんねんからね。ホンマに日本を浄化してほしいわ。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

日本人が日本で日本のためにレジスタンス?

おかしな活動屋と政治家がつるんで活動しているという図は、いつ見ても日本の歪みを象徴しています。外国の意向で当該国を擁護したり、日本の揚げ足をとったりを繰り返すのに、なんで、あんな人物たちが当選できるのか。

一般有権者レベルで、マスゴミの偏向情報発信に洗脳されて、疑問を持たない=思考しない状況におかれて久しいのですね。ノンポリ層がカモにされます。バカにされているのです。
彼ら日本の敵は、マイノリティなりに必死です。おかしいくらいに必死です。
特権的地位を得たら、蛇頭のように後続を引き入れて、組織内遊泳をして地位を高めます。

弱者の味方だの、権力の横暴を弾劾するだの言っていた勢力も、自分たちが権威権力を奪えば、それを悪用するだけです。とうぜんながら、司法も権力ですので、同じ事情を疑わざるを得ません。
首をかしげるような地方裁の判決が出るし、最高裁では主文のほかに、裁判長が(それも引退間際だったりする)よけいな紛らわしい感想を付け加えて、そこだけをメディアが強調するのですから。それを根拠にネットでデマが走ります。本当に、中立の法の番人かよ。

9条の会など、民間の政治活動に参加したければ、司法関係者は肩書きを外して、いち個人として参加すべきです。そんな分別もないのかと呆れるばかりです。
余命さんとこのプロジェクトも、そうした背景を受けていると推測しています。

>懲戒制度の概要
>弁護士および弁護士法人(以下「弁護士等」といいます。)は、弁護士法や所属弁護士会・日弁連の会則に違反したり、所属弁護士会の秩序・信用を害したり、その他職務の内外を問わず「品位を失うべき非行」があったときに、懲戒を受けます(弁護士法56条)。懲戒は、基本的にその弁護士等の所属弁護士会が、懲戒委員会の議決に基づいて行います。

肩書きをつけたままの政治活動は品位を失っていないのだろうか。
余命PJが、弁護士会に申請したのであれば、順番としては、まずは弁護士会が動くべきことで、名指しされた個々人の弁護士が、個々の申請者に対応するのは、弁護士会の組織としておかしな流れだと思います。
それとも、弁護士会は、当該弁護士個々に対応しなさいと丸投げしたのだろうか。

こうした状況を変えるのに、一歩一歩と行けばいいのですが、時間経過とともに侵攻を許して、ますます不利になりかねません。安倍さんは、かろうじて現在できることをやっていると感じます。

ネットのおかげで、疑問を持つ人が増えたことは、悪いことではありません。実際に、レガシーメディアなどは焦りを感じているようです。新聞を疑えです。報道を利用してきたのは、ヒトラーや全体主義の国々です。
メディアリテラシーを少しづつ高めていきましょう。劣勢を挽回していきましょう。

No title

ネットをやりだして「朝鮮進駐軍」なる言葉を知りました。
加えて、朝鮮人が戦勝国と称して戦後の混乱に乗じて傍若無人な蛮行を行ったことも知りました。
それに三国人の謂れも...。

厄介な特亜の人達です。

Re: 日本人が日本で日本のためにレジスタンス?

弓取りさん、コメントありがとうございます。
> おかしな活動屋と政治家がつるんで活動しているという図は、いつ見ても日本の歪みを象徴しています。外国の意向で当該国を擁護したり、日本の揚げ足をとったりを繰り返すのに、なんで、あんな人物たちが当選できるのか。
・・・・・もう、これがすべてですね。票を入れる奴がじっさいにおる、ということですからね。

> メディアリテラシーを少しづつ高めていきましょう。劣勢を挽回していきましょう。
・・・・・私らができるのはこれだけですけど、続けるしかありませんね。

Re: No title

田舎じじいさん、コメントありがとうございます。
> ネットをやりだして「朝鮮進駐軍」なる言葉を知りました。
・・・・・私も、覚醒してから知りました。せやけど、よう考えたらアホらしいて笑えますね。あ、日本人がされたことはとても笑えませんが、自分らがゆうてるこの言い方、脳みそのレベルがうかがえますね。