FC2ブログ
2018/07/01

余命の裁判がついに始まる!一般人を恫喝した弁護士さん、どないします?

余命三年時事日記9

 読みました。『余命三年時事日記Vol.9 五十六パパかく戦えり下』。

 先週は「」を読んでアップしましたね。その続きというか、上とセットになってます。繰り返しになりますけど書いときます。この本は一般書店では発売されてません。同人誌?みたいな扱いなので、直接注文になります。注文用フォーマットを付けておきます。基本的には余命ブログで書かれていたことがベースになっていますが、ブログだけではわかりにくいことが、わりとまとめて書かれてます。川崎市で行なわれた一昨年平成28(2016)年6月5日の「日本浄化デモ」、および翌平成29(2017)年7月16日の「共産党に反対するデモ」のことが書かれています。

 一昨年の場合は、川崎市長が、デモの申請者に対して「ヘイトデモ」をする可能性があるから公園の使用を許可しなかった、という話。そこには市長だけやのうて、市役所の中、警察の中にも妨害した勢力がおるんとちゃうか、という話。そして、名だたる国会議員が道路上に座り込んで、届けが出されている合法デモを妨害した、という話です。こちらについてもいよいよ裁判が始まります。また、ずっと前に行われていた地検への告発を、公印も押さずに地検が返戻してきたことについても再告発を考えているようです。

 そうこうしているうちに先週、余命ブログが更新され、まずは神原元弁護士に対する集団訴訟の準備に入ったことが報告されています。この神原元弁護士はすでに「和解書」を懲戒請求者に送り付けた人です。記者会見をした佐々木亮、北周士の両弁護士は、6月中に和解金を払わない人に対しては訴訟するぞと言ってはいましたが、まだ動きはないようです。

 両弁護士は記者会見で、懲戒請求者の数は960名と言うてたけど、実際はかなり違うそうです。そして余命ブログでは29日午前の段階で、余命側が組織しようとしてる集団訴訟への参加意向を調べたところ、参加希望者数が511名で、実は裁判を起こすには印紙代が一人5万円必要なんですが、その内でそれを負担できる人が391名おる、ということを公表してはります。ひえー、敵に手の内見せてええんかいな、と思いましたけど、裁判については必勝の予想で臨むようです。

 ここで私のことも書いておきます。私は懲戒請求には参加してません。余命さんの本は今まで、全部買いました。寄付は一回、些少ですがしました。余命ブログには3回ほど別名で投稿して掲載してもろたこともあります。余命さんに会ったことも話したこともありません。ただ、余命ブログの応援のことで青林堂の役員の人に会うたことはあります。でもその話は別の要因で実現しませんでした。

 ということで、実は余命さん本人とはまったく面識も何もありません。まさに今、これを読んでる皆さんとほとんどレベルは変わりません。自分で言うのも何ですが、少しだけ年を食うてる分、「どっちがホンマか」はわかるつもりです。ということで、今後も余命さんの動きを見守りたいと思います。エラそうなことを言う前に、目の前の敵をちゃんとやっつけんと、ますます日本はダメになっていくんとちゃいますか?

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

日本をダメにしてる敵ってまさに余命三年時事日記を書いてる人、未だに信じてる人たちでしょう
余命ブログ読者は日本のために戦うべき!という主張が多いのに日本にとって害になることしかしないのは何故なのか?下らないブログに引っかかって懲戒請求出すことがどうやったら日本のためになるか説明できますか?
日本のためを思うなら本当に少しでも良いから賢くなってほしいです。
最低限の知性があれば余命3年時事日記に書いてあることの矛盾や根拠がない主張に気づくでしょうに、中学生あたりで勉強することを放棄してしまったとしか思えない。
失礼ですが、「どっちがホンマか分かるつもり」じゃなくて、本当に分かる人間になってほしいです。

Re: タイトルなし

いい加減本当の意味で目を覚まして下さい さん、これはまた強烈なコメントをありがとうございます(笑)。
そこまで言わはるんやったら、せめてこの本を読め、とか、このブログで勉強せえ、とか、教えてくれはったらよろしいですやん。ここはオープンやし、みんなも見てはりますよ。

ナニワの激オコおばちゃんさん

真面目にお返事しますが、余命信者の皆さんは中学校レベルの国語と小学校レベルの道徳の教科書から始めるべきです。
それがクリアできたら情報リテラシーについて学べる本なら何でも良いから読んでみるべきでしょう。出来るだけ平易な文章のものが良いと思います。
はっきり言ってこの状況でまだ信じてる人達がいることに驚いています。
私は余命三年時事日記の書き手を心の底から軽蔑していますが、ネット上のブログという比較的オープンな場でカルト宗教のように多くの人を信じ込ませた手腕だけは凄いと思います。

Re: タイトルなし

いい加減 さん、何度もコメントありがとうございます。

> 中学校レベルの国語と小学校レベルの道徳
・・・・これはまたスゴい言わはりようですね。大丈夫ですか?(笑)。

> はっきり言ってこの状況でまだ信じてる
・・・・まあこればっかりは、この後の推移を見てみんとわからんでしょうけどね。

あと具体的に、お薦めの本なり、ブログなどもぜひ教えていただきたいですね。カルトに騙されんように勉強せなあかんし。

ナニワの激オコおばちゃんさん

ですから、余命信者の皆さんにはまずは国語と道徳の教科書をお薦めしますと。
正直言って何をどうしたらこんなものを信じるようになってしまうのか私には理解できないので最適なアドバイスであるかは分かりませんが、きっと助けにはなると思います。普通に成長していく過程で身につく程度の判断力が備わってないわけですからなるべく易しい段階から学び直すことがよろしいかと。
余命信者の皆さんは、愛国ごっこでワイワイ遊び呆けるのは個人の趣味の範囲なので自由ですけれど、人に迷惑をかけないという基本的な常識くらいは身につけてほしいものです。

ちなみに参考までに教えて頂きたいのですが、ナニワの激オコおばちゃんさんが余命を応援する理由って何なのでしょうか?何かきっかけなどあったのでしょうか?

Re: タイトルなし

いい加減 さん、何度もコメントありがとうございます。

お薦めの本やブログを具体的に教えてくださいと聞いたつもりやったけど、どうせあんたにはわからんから小中レベルから始めとけという、単なる侮辱やったんですね。やっとわかりましたわ。おおきに。

> ちなみに参考までに教えて頂きたいのですが、ナニワの激オコおばちゃんさんが余命を応援する理由って何なのでしょうか?何かきっかけなどあったのでしょうか?
・・・・・今の日本、何かおかしいと思ていろいろと本やらネットを見て、自分で考えてたどり着いただけですわ。

ではそちら様にもお聞きしますね。
今回の懲戒請求の理由になっている、日弁連や各地の弁護士会の朝鮮学校補助金支給要求声明についてはどう考えてはるんですか?声明の内容に関してと、弁護士の会がそれを出してることについて、です。

ナニワの激オコおばちゃんさん

質問にお答えしますね。

>今回の懲戒請求の理由になっている、日弁連や各地の弁護士会の朝鮮学校補助金支給要求声明についてはどう考えてはるんですか?声明の内容に関してと、弁護士の会がそれを出してることについて、です。

余命の悪文と違い、きちんと根拠が示された論理的な文章ですよね。
内容に関しても、まともに読めば人権や法的な観点から主張しているものだということが読み取れます。弁護士会がこれを出すことに何の問題があるのか逆にお尋ねしたいくらいです。
そもそも余命信者は弁護士会の声明文をちゃんと読んだ(読めた)のか疑問ですね。
主張内容に異論があったとしても、これをもって弁護士会が反日組織、諸悪の根源などとするのは明らかに論理の飛躍であり、文章理解能力、論理的思考が欠如していると言わざるをえません。
それどころか、弁護士会の声明に腹を立てて個々の弁護士に懲戒請求とか、個人情報保護法違反で逆に訴えるんだーとか、もう別の星の人なのかなとすら思います。

こちらも追加で質問させていただきたいのですが、余命ブログが示唆するように、在日朝鮮人は全員国外追放、もしくは有事の際に全員虐さつすべきと思いますか?また、それを実行することが日本の為になると思いますか?
在日朝鮮人は日本のあらゆる機関に潜伏し、裏から日本人を支配して損害を与えていると思いますか?

Re: タイトルなし

いい加減 さん、ご返信ありがとうございます。

> こちらも追加で質問させていただきたいのですが、余命ブログが示唆するように、在日朝鮮人は全員国外追放、もしくは有事の際に全員虐さつすべきと思いますか?また、それを実行することが日本の為になると思いますか?
> 在日朝鮮人は日本のあらゆる機関に潜伏し、裏から日本人を支配して損害を与えていると思いますか?
・・・・・余命ブログが示唆してるんかどうかは知りませんが、「全員国外追放」、「全員虐さつすべき」、「裏から日本人を支配して」、そんなアホなことは考えてもいませんよ。ずっと大阪におったから在日の友達かて何人もおるし。

前の私の質問、聞き方が悪かったですね。「朝鮮学校への補助金支給」は、正当、合法なものやと思てはりますか?

補助したければ、自分の財布からどうぞ

なんかやけに気にかけておられる方もいらっしゃるようなので、再確認してみました。

>朝鮮学校に対する補助金停止に反対する会長声明
https://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2016/160729.html

たしかに、会長さん名義の声明に、個人の弁護士名で懲戒請求は筋が違うようにも思えますが、連合会も所定の懲戒を審議する内部手続きをしないといけないでしょう。

上記声明の中では、北朝鮮人は歴史的経緯により日本に在住している旨の記述がありますが、彼らは強制連行されたわけではありません。自らの意志で渡航してきて、自分の意志で日本に残り、帰国事業でも帰国しなかったわけです。その子孫です。日本が他の民族や国民を差し置いてまで、優遇的に面倒を見る義理はありません。

法令に照らすと、相互の信頼関係が前提になるわけですが、北朝鮮は日本を騙し続け、日本人を誘拐拉致して、誤魔化し続けたのです。
信頼関係を早い時期から裏切ってきたのは、他ならぬ北朝鮮とその在日組織の総連です。総連と朝鮮学校との関係(キム王朝の神格化教育や卒業生の総連活動)が明らかになれば、他の民族系学校と区別されるのは当然のことです。日本に利益ないです。不利益は下の方に書きます。

また、別のところの情報です。
>この問題も情報公開が進んでおらずに、各都道府県や市町村で公開タブーとされてきた事柄なのかもしれません。
なぜなら、外国人と云っても、朝鮮・韓国・中国の学校しか対象としていないからです。
アメリカンスクールなどは対象外なのです。

>外国人学校補助金制度とは
「外国人学校補助金制度」とは 国内に存在する外国人学校(韓国・朝鮮・中国)の学校や家庭に補助金を出すというもの。
補助金額は、市町村や県によって差があり、法律で決めらた制度ではありません。
県や市町村によっても違いがあります。
何も根拠がないのです。
朝鮮系の団体の抗議に屈した市町村が支給している補助金です。

>朝鮮学校の場合、この補助金が北朝鮮に送金されているのではないかとの疑惑がありますがホントでしょう。
色々問題視されてきた中で、補助金を減額したり、中止したりしている市町村も出てきています。
しかし、中止にしようと発表したとたんに、関係団体や個人からの猛烈な抗議や妨害によって、しぶしぶ暗黙に継続されてきた制度なのです。
朝鮮学校の関係者が指名手配されたり、脅迫したりする事件がやまないのです。

> 私たちの税金が、北朝鮮のミサイルや核爆弾の資金になっているのです。
年間に何億円ともいわれるお金が税金から支給されているのです。

> 一番の大問題は、この制度が住民や議員などの議会を経て決められていないことです。
>役人達も暗黙の状況で、朝鮮人たちの抗議や脅迫に屈してした制度なので、表立って公表したくないのです

・・・と、まあ、こういう意味での歴史的背景を否定できませんし、法的根拠がないグレーな補助金なのです。
(貢いでいるわけですね。穏やかに表現すれば「カンパ」です。)
他のインターナショナルスクールなどと同等に扱うことはできないと判断せざるを得ません。

余命PJが日本をダメにするかどうか不明ですし、裁判がどうなるかわかりませんが、弁護士連合会会長声明と補助金の実情が、広く日本国民に周知されて、日本国民の判断に資することになればよいですね。

ちなみに、私も、懲戒請求に参加はしていません。念のため(笑)
長いコメ失礼しました。

Re: 補助したければ、自分の財布からどうぞ

弓取り さん、コメントありがとうございます。
うまいことまとめてくれはって、めっちゃ助かりますわ。
朝鮮総連と朝鮮学校の関係については、明確にする必要はありますね。
あと、この補助金自体はそれぞれの自治体の条例なり議決で決まったものではないということですね。
恫喝やら脅迫やら、、、あーもうウンザリですね。
いい加減さん、ぜひお考えをお聞かせくださいね。

ナニワの激オコおばちゃんさんへ

弓取りさんの衝撃的なコメントも気になりますが、まず質問にお答えしますね。

正当、合法かは各地方公共団体の補助要件に合致するかどうかによる、というのが私の考えです。
この補助金は地方公共団体が支出するもので、これに対し国は留意点を示して「チェックを厳しくしろ」という通知を出したわけですね。
国が外交問題を背景としてこういった措置をとることについては私は特に反対しません。
で、地方公共団体の補助金には当然補助要件(補助対象)が定められているわけですからそれに合致するかどうかが結局のポイントだと思います。
朝鮮学校に補助金を出したくなければ自治体の裁量の範囲内で文科省通知の示すようにチェックを厳しくすれば良いのです。
実際にそれで補助金を取りやめてる自治体もたくさんありますよね。

上記問題について弁護士会は法的見地から反対の立場を声明で発表したに過ぎず、これを反日だとか外患誘致だと中傷することがいかに馬鹿馬鹿しいかは理解いただけるのではないでしょうか。
結局私が問題視しているのは朝鮮学校の補助金支出について反対すること自体ではなく、その方法として見当違いの手段をとる馬鹿な集団が存在することというわけです。



弓取りさん

> 一番の大問題は、この制度が住民や議員などの議会を経て決められていないことです。
>役人達も暗黙の状況で、朝鮮人たちの抗議や脅迫に屈してした制度なので、表立って公表したくないのです

この補助金、議会の議決を経てなかったんですか!!!いや〜これは全国ニュースになりますよ。議会の議決を経ずに補助金を支出するような地方公共団体が存在し、かつ監査でも毎年見逃されていたとは...!
しかも朝鮮人の脅しに屈して上記のような違法な補助金を創設し支出しているとか!このようなことは決して許されません!
ただ、弓取りさんの書き込みの中には根拠がまだ示されていないようなので、ぜひ引用元のサイトを教えていただけますか?そこでこの情報の根拠がきっと示されていると思いますので。

追記

ナニワの激オコおばちゃんさんに追記です。

>> 在日朝鮮人は日本のあらゆる機関に潜伏し、裏から日本人を支配して損害を与えていると思いますか?
>・・・・・余命ブログが示唆してるんかどうかは知りませんが、「全員国外追放」、「全員虐さつすべき」、「裏から日本人を支配して」、そんなアホなことは考えてもいませんよ。ずっと大阪におったから在日の友達かて何人もおるし。

そう、普通そんなアホなこと考えませんよね?でも余命ブログと信者は普通じゃないんですよ。有事の際は便衣兵として殲滅するらしいです。

たとえ学が無かろうと職が無かろうと趣味で愛国者気取るくらいは自由ですが、余命一味は越えちゃいけないラインを越えてると思うわけです。

ナニワの激オコおばちゃんさんとはここまでレスさせていただいてますが、余命信者と違い良識も備わってらっしゃいますしお話も通じますので、ますますなぜ余命を応援するのかが不思議です。

逆に質問したいのです。

>この補助金、議会の議決を経てなかったんですか!!!

やはり、ずいぶんご熱心なご様子。議会を経るまでに問題があることは引用文から十分に理解できるはずです。それが表に出てこなかったわけです。地方行政としては厳格さや公平性を欠くことであり、住民に知らされないというのは、恐ろしいことですよね。この点は、「公表されていない」ことから、確実なことは言えません。追及していけば、言葉の上では矛盾に突き当たります。
あなたは、ずいぶん御熱心ですので、ネット情報を信じられないのであれば、自らの足でお調べになるのが早いかも知れません。

ついでに、wikiでは「朝鮮大学校 (日本)」や「一条高」についても、調べてみたらいかがですか。信じるかどうかわかりませんが。

会長声明に次のようにあります。

>朝鮮学校に通学する子どもたちも、一個の人間として、また、一市民として、成長、発達し、自己の人格を完成、実現するために必要な学習をする固有の権利である学習権(憲法26条第1項、同13条)を保障されている。

・・・憲法は基本的に国民と合法的に在住する住民を対象にしています。北朝鮮人が該当する根拠はなんでしょうか。ここで歴史的経緯とは何を指しているのでしょう。既成事実としてというのでは納得できませんよね。

 東京都では何校かのインターナショナルスクールに補助を出していますが、全国を見れば朝鮮学校ばかりです。不自然すぎます。これに国が「補助金の使い道」の公平性を求めるのは当然です。

>そして、朝鮮学校は、六・三・三・四を採用し、学習指導要領に準じた教育を行っている。
・・・年間の割り振りだけ同じでもね。
 学習指導要領に「準じた」とありますが、完全に即しないのなら、別物ですよ。そして、子供たちが、実態として入学時に「日本語しか話せない」ようなら、日本の学校に通えば、すべてが解決するはずです。

>そもそも、朝鮮学校は、歴史的経緯から日本に定住し、日本社会の一員として生活する、朝鮮半島にルーツをもつ在日朝鮮人の子どもたちが通う学校であり、民族教育を軸に据えた学校教育を実施する場として既に一定の社会的評価が形成されてきた(大阪高裁平成26年7月8日)。

・・・「一定の社会的評価」とありますが、どんな事実を指して書かれているのやら。
この学校の実態が、北朝鮮の脅威と併せて世間に知られていなかったわけです。タブーのように。
いい加減さんは知ってましたか?知られていないのに、補助金は配られていたのですよ。
情報公開がなされていなかったわけで、あなたも地方行政の怠慢と怒るでしょう。情報公開しろ、と言いたくなるでしょう。

>それにもかかわらず、子どもの教育を受ける権利とは何ら関係を持たない政治的理由により補助金の支給を停止することは、朝鮮学校に通学する子どもたちの学習権の侵害につながるものである。

・・・権利は所属する国家が付与するものです。北朝鮮は海外の同胞の子息の教育に責任を持たないのでしょうか。情けない国です。
 日本側の「政治的理由」を批判するのであれば、北朝鮮の「政治的理由」も明らかにして、公平に両方を論じるべきです。

いい加減さんの熱心さには感服いたします。
が、奇妙に喰ってかかられる点も気になります。あなたは北朝鮮に親和の情でもおありですか。
最初のコメントに書かれている
>日本をダメにしてる敵ってまさに余命三年時事日記を書いてる人、未だに信じてる人たちでしょう
>余命ブログ読者は日本のために戦うべき!という主張が多いのに日本にとって害になることしかしない

 と書かれていますが、どういう理屈で日本をダメにすることになるのですか。ご教示ください。

弓取りさん

>いい加減さんの熱心さには感服いたします。
が、奇妙に喰ってかかられる点も気になります。あなたは北朝鮮に親和の情でもおありですか。

こういう勘違いされると本当にうんざりしますね。まずはっきりしておきますが、私に北朝鮮に親和の情なんてまったくありませんよ。
朝鮮学校への補助金支給に対しての真っ当な批判についても否定しません。むしろ賛同しますよ。
「朝鮮学校補助金支出反対」を批判してるんじゃなくて「朝鮮学校補助金支出に反対している人達のうち、物凄く馬鹿で残念な人達=余命ブログ及びその信者」を批判してるんですよ。

はっきり言って的外れな主張している人って同じ趣旨の主張をしてる側からも邪魔だと思いますよ。無能な味方は有能な敵より恐れるべき、というやつです。
同じ朝鮮学校補助金支出問題についても「批判者側」「肯定者側」というポジションで判断するのではなく、大事なのはその中身でしょ。
そういう意味では余命信者は最悪です。何も分からない、理解できない、反対意見は反日認定、その上無駄な行動力で社会に迷惑をかけるし、日本の品位を貶めるようなことを書き連ねる。
私が仮にあなたが仰るように北朝鮮に親和の情があって、反日活動を行おうと思ったなら、余命ブログのような考え方を日本人に一生懸命普及させていますよ。こんな人達が多数派になったら国際社会での日本の評価は地に落ちるでしょう。

それで、議会の議決を経ずに補助金が支出されたという情報元のサイトはお示しいただけないのですか?

Re: タイトルなし

弓取り さん
いつもありがとうございます。
支給要求声明?の原文から考察していただき、とてもわかりやすいです。
「一条校」という言葉も、以前にこの補助金の話を勉強してから知りました。

いい加減 さん、
何度もありがとうございます。
だんだんとわかってきましたよ。
・補助金について・・・・きちんとルールに則って実施するべき、と。
・余命ブログと「余命信者」・・・・絶対許せん!、と。
てな感じでしょうか。
私も弓取りさんが受け取られたのと近く、最初はいい加減さんはどちらかといえば朝鮮人擁護なのかな、と受け取りました。
だからこそ、ずいぶん「熱心」にコメントをいただいているのかなと。

私が余命を応援するのは、このブログが「行動ブログ」やからですね。
○○反対!と言うだけやのうて、目的を達するために自ら行動してはるからですね。
その目的は、もしかしたら過激かも知れんけど、誰かが動かさんことには何一つ、そう、戦後70年以上も何も変わってきやへんかったからですね。
だから何かが動いていくことに期待してるんです。
そして、時々書いてますけど、余命ブログは最初はそれこそ「そんなアホな」みたいな話が、どんどんホンマになっていったんですね。

話は戻りますが、初代余命さんの親族は、戦後朝鮮半島から帰還するときに、文字通り命からがら逃げてきはったんですね。日本人は秩序正しく武器を置いて粛々と内地に帰るつもりが、各地でとんでもないことをされたわけですね。だから余命さんの「朝鮮人許すまじ」の感情は、理屈抜きでわかります。
そして戦後の日本国内でも朝鮮人がやらかした悪辣非道は、今もマスゴミは報道しませんしね。そんな日本にいる朝鮮人が、日本や日本人を貶め、不法に例えばナマポ(生活保護)を受給し続けていることなどに、普通の日本人ならハラが立ちますよね?ただそれだけのことです。単純です。不正をやめろ、と言いたいだけですね。
日弁連やマスゴミが「乗っ取られている」のかどうかはわかりませんが、今まで何も動かへんかったことが、やっと実際に動き出すんかな、と期待してます。

No title

余命三年時事日記の存在が、こうして静かにジワジワじわじわと世間さまに拡がっていくんですね。。。

私の場合、NewsUSさんのコメント欄で湧き出すキーワード「余命」で気になって、、、 ったく余命余命なんなんだよっ激オコ!(笑)って、、、 結局は読者になってるやん^^;

余命ブログはあっちこっちで(きっと何年も)ポコポコ叩かれ蹴られ続けて、巨大なコミュニティに成長しちゃった。ったく、どーなってんのコレ?(笑)

いやぁ日本人(の良識)ってホント、一筋縄ではナントやら☆


ナニワの激オコおばちゃんさん

お返事ありがとうございます。主張は違えど理解を示そうとしていただいている姿勢が単純に嬉しいです。
以前余命信者の方とコミュニケーションを(今回よりももっと穏やかに)試みたところ、反日、在日認定&朝鮮人中傷コピペ連投を食らいました笑

不正が許せない、というのはほとんどの人がそうでしょう。しかし主張に余計な味付けをしてはいけないと思います。
素人が美味しい料理を作ろうと思ったらレシピを守って正しい調理法で作り、最後に余計な味付けを足したりしないですよね。


例えばAという殺人犯がいたとして

Bさんが「Aさんの犯した殺人という罪は許せない!厳罰に処すべきだ!」と言ったとします。
一方Cさんは「Aさんの犯した殺人という罪は許せない!この自己中心的な動機は絶対B型だ。こいつの出身は〇〇県らしいし、あそこは治安が悪くて県民性も最悪だからな。それにこいつは片親家庭だったらしいから育ちにも問題がある。親の教育に責任があるわけだから家族を特定して電話してやろう。あとこいつを採用してた会社にもクレームだな。そもそもこんな犯罪を日本人がするのか?こいつは在日に違いない!」と言ったとします。

殺人犯を批判してると言う点ではBもCも同じですね。でも私はBには賛成ですがCには賛成できません。こう言うとCからは「お前は殺人犯を擁護するのか!犯罪者の仲間め!」となるわけです。

殺人犯が許せないという立ち位置が大事なのではなく、重要なのは中身です。Bの意見は偏見、差別、根拠のない思い込みといった余計な情報が付加されており、さらには無駄な行動力によって二次被害まで発生しています。

私が余命ブログ及び余命信者を批判しているのは、上記のような差別、偏見、根拠のない情報をもとに無駄な行動力を発揮しているからです。
ということをご理解いただければな、と。

ちなみに行動力のある人は私も尊敬しますよ。しかし、そのベクトルが間違っているとマイナスの結果しか生みませんよね。
テロリストだって自分達の考えは正しいと信じて行動するわけですからね。


Re: No title

余命読者です☆ さん、コメントありがとうございます。

初めて読んだ頃の「兵の強弱、全滅の定義」は圧巻でしたね。
そして民主党政権時の情報ダダ漏れとチャイナの驚愕、開戦中止?!など。
ホンマかいやー、な話がどんどん現実化してびっくりでしたね。

NewsUSさんは私も読んでますが、トランプさんのことがめっちゃ嫌いなようで、ちょっと違和感がありますね。

Re: タイトルなし

いい加減 さん、お返事ありがとうございます。

A、B、Cさんの例え話は何となくわかるんですけど、私は抽象概念が若干苦手なんで(笑)、一般化してしまうとかえってわかりにくくもなるかも知れませんね。
いずれにしても、自由に議論ができる場は絶対に必要ですよね。

ナニワの激オコおばちゃんさん

何度もお返事ありがとうございます。
主張の違う相手に考えを伝えるのは難しいですね。

とにかく、私は余命ブログ、その信者達がオウム真理教やKKKのようなことにならないことを祈ります。また、日本社会が冷静さと誇りを失ってこのような集団を受け入れることがないことも。

ナニワの激オコおばちゃんさんも、今回の弁護士の行為が本当に恫喝と呼ぶに値するものか、余命の行動の方向性は本当に日本社会にプラスに働くものか、今一度お考えいただければと思います。

Re: タイトルなし

いい加減 さん、こちらこそ、です。
> とにかく、私は余命ブログ、その信者達がオウム真理教やKKKのようなことにならないことを祈ります。
・・・・・うーん、余命ブログをオウム真理教と並べはるんですね。

余命を信じることは恥ずかしいことです

ブログ主さんには、在日朝鮮人の知り合いはいらっしゃいますか?

ネットでの情報だけを頼りに、善悪や価値判断をしていませんか?
「日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった」余命ブログにありますが、戦いを始めている在日朝鮮人を見たことがありますか?
私は在日朝鮮人の方とお付き合いがありますが、みなさん、これまで差別や経済的な苦しさの中でもなんとかほぞ細とやって肩を寄せ合って生きてきた人たちばかります。
先日、ある在日の方から、面と向かってこう言われました。「私には汚い血が流れているんだよね、遺伝子違うんだよね」。ネットで根拠もないデマや嘘で誹謗中傷してみなさん憂さ晴らししているようですが、ふつうに生きている彼らをどれだけ傷つけているかお分かりでしょうか?
私はその言葉を聞いて胸が張り裂けそうになりました。

ぜひ、現実の在日の方とかかわりを持ってください。それからご自分で彼らを判断してください。

あと、余命ブログやネトウヨが在日の陰謀の根拠によく引き合いに出す、スヒョン文書についてですが、私は当時、ヤフー掲示板にあの文章が書かれてるのを実際に読んだ人間です。だれでも見られるようになっていました。陰謀のわけがありません。日本人についてよく思わない在日が当時の韓流ブームについていかにも裏があるように悔し紛れにこれ見よがしに書いて個人的に日本人をdisっているという風に、当時読んだ人間たちは思っていました。
それを、いかにも在日全体が陰謀を考えているように、捻じ曲げて取り上げている余命やネトウヨのみなさん、無理にでも敵を作って叩きたいのという風に見えます。

余命とかを信じる人が日本をダメにしている、前の書き込みにありますが、その通りだと思います。

Re: 余命を信じることは恥ずかしいことです

?さん、コメントありがとうございます。

> ブログ主さんには、在日朝鮮人の知り合いはいらっしゃいますか?
・・・・・私は大阪やから、在日の友達もたくさんいますよ、て、何べんか書いてますよ?

> ぜひ、現実の在日の方とかかわりを持ってください。それからご自分で彼らを判断してください。
・・・・・せやから実際、そうしてますよ。自分で判断して書いてますよ。

> 余命とかを信じる人が日本をダメにしている、前の書き込みにありますが、その通りだと思います。
・・・・・何で「ダメにしている」のか、ようわかりませんけどね。

ナニワの激オコおばちゃんさん

率直な疑問なんですが、余命ブログ及びそのコメント欄において、在日朝鮮人を殲滅するって主張してるわけですけど、そこについては特に思うところはないのでしょうか?
彼らによれば、有事になったら在日朝鮮人は殲滅する→ナニワの激オコおばちゃんさんのご友人も彼等の正義のもとにコロされるわけですが...それどころか友人のあなたも彼らの正義によってコロされる危険性がありますけど。
しかも有事が起こることを待ち望んでいる感じすらありますし...
そもそも民族や国籍、肌の色で差別してはいけないって、子どもで知ってることですよね。
在日朝鮮人と日本人の戦いという図式への持っていき方は幼稚であり卑劣です。まったく成熟した議論を経ておらず、在日は敵であるという結論からスタートしています。
余命の頭のなかでは在日朝鮮人がどのような戦いを仕掛けていることになってるんでしょうか。
過去の在日朝鮮人が悪事を働いたのであればその行動が非難されるべきで、出自を非難し、対象を意図的に拡大するのは悪意があります。
オウムにそっくりだと思った点はいろいろありますが、妄想を膨らませて作り上げた敵に対して暴走し、攻撃を開始しているという点は見過ごせません。
日弁連を反日と勘違いしてるような判断力皆無の集団に期待できる正義は何もありませんよ。
彼らの理論に従えば死刑反対派は全員犯罪者の仲間になってしまいます。

Re: 余命を信じることは恥ずかしいことです

在日のお友達かいるなら、在日を殲滅するといってる、余命サイトを支持してることを話してみてはいかがですか?在日の陰謀についても尋ねてみてはいかがですか。

余命などを信じる人たちが日本をダメにしてるというのは、デマを確信犯的に信じて、差別を楽しんで、自分とは異質の文化、意見を持つものを排斥、攻撃して憂さ晴らしをしているからです。
いろいろな考え、文化を持つものが、共生していく。それが日本国憲法の理念です。日本に限らず近代憲法の理念です。

殲滅とか排斥とか強制帰国とか、気に入らないものをやっつけろ...あなたたちはナチスみたいですよ、日本人を貶めてます。恥ずかしい限りです。

Re: タイトルなし

いい加減 さん、コメントありがとうございます。

よほど余命さんの「日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった」という言葉が許せないみたいですね。それは理解しました。
「殲滅」なんて、そんなアホな、って前にもお返事してますから同じ話をせんとってくださいな。
余命さんのやり方に、ここでどうこう言うてもしゃーないですよ?

> 日弁連を反日と勘違いしてるような判断力皆無の集団に期待できる正義は何もありませんよ。
> 彼らの理論に従えば死刑反対派は全員犯罪者の仲間になってしまいます。
・・・・いい加減さんて、弁護士か、それに近いお仕事をされてる方なのかな、と思いました。日弁連はまた声明を出しましたね。今回の死刑執行に対して「重大な人権侵害」って、私は理解できませんけどね。

これを書いてたら、ほら、また余命ブログ更新されましたよ。
あれま、また「日本人と在日朝鮮人との戦いがはじまった」ですよ。
あ、この欄はそもそもが懲戒請求の話でしたよね。コピペですけど、貼っときますわ。

【行政書士田中綜合法務事務所】のブログより
05/23: 「余命三年時事日記」の懲戒請求の民事裁判について③
 今回の懲戒請求は、私は懲戒請求書の内容を見ていないが、報道等によると、その懲戒請求書の中身に、名誉棄損や脅迫などの違法な表現は含まれていなかったとのこと。
 であれば、今回の懲戒請求は、弁護士法の規定に基づいて、懲戒請求をしたので、当然、民事上も刑事上も違法性はない。
 にも関わらず、訴訟をちらつかせて示談を迫る行為は、弁護士として問題がある事は否定できない、単なる恫喝的な記者会見と言わざるをえない。
 そして、訴訟をちらつかせておきながら、なぜかカンパを求めるなどの、矛盾した行動を取っている。
 今回の2名の弁護士がなぜ、こんな暴挙に出たのかと言うと、根本は、司法試験が簡単になり、法科大学院出の弁護士がたくさん誕生してしまい、仕事がなくなってきた事が、大きな要因ではないかと思っている。
 弁護士のハードルが低くなり、弁護士の数が増えれば、腕のいい弁護士以外は、仕事が急激に少なくなるのは当然の事。
 昔からも問題弁護士はいたが、最近多くなってきている。
 みなさんも気を付けた方がいい。
 弁護士に相談したら、やたら訴訟に勝てるような事を言われて、やったら負けた、着手金を釣り上げる為に、請求金額を不当に高い金額にされた、無意味な反訴や、棄却される可能性が高いのに、やたら控訴や上告を薦められたなど、まさに弁護士が儲ける為に、着手金を少しでも多く取る為に、騙されるケースが非常に多い。
 弁護士だから安心して信用できる時代は、終わったのである。弁護士も生き残る為に、依頼人を騙して、あの手この手でお金を取ろうとしているのである。
 弁護士に相談して、少しでもおかしいと思ったら解任する事を薦めます。決して弁護士の言っている事を鵜呑みにせずに、おかしいかおかしくないかちゃんと考えて下さい。
 場合によって、今流行りのセカンドオピニオンなども必要かもしれません。
 今回の懲戒請求もビビる必要は、ありません。違法性はないので、裁判になっても、負けません。和解金を弁護士に払わないようにして下さい。
【以上コピペ】

Re: Re: 余命を信じることは恥ずかしいことです

コメントありがとうございます。お名前がわからないんですが、いい加減さんとは別の方ですよね?

> いろいろな考え、文化を持つものが、共生していく。それが日本国憲法の理念です。日本に限らず近代憲法の理念です。
・・・・・日本国憲法の理念とかでなくても、日本人は縄文の昔から色んなものを受け入れてきたんやと思いますけどね。

> 殲滅とか排斥とか強制帰国とか、気に入らないものをやっつけろ...あなたたちはナチスみたいですよ、日本人を貶めてます。恥ずかしい限りです。
・・・・・え?「あなたたち」に私も入ってるんですか?まあ、あなたが余命まわりの人たちにものごっつい怒ってはるのはようわかりましたよ。せやけどそれをここで言われてもなあ、ですよ。

ナニワの激オコおばちゃんさん

何度もお返事ありがとうございます。

正直私としては名無しさんのようなリアクションが普通だと思うんですよね、在日の知人がいらっしゃるならなおさら。
あ、私は懲戒請求を実行していないナニワの激オコおばちゃんさんまで一括りして怒りをぶつけたいとは思っていません。(と、言いつつ最初の方は余命一派への憤りが漏れ出たコメントだったと思います。すみません。)
ただ、ナニワの激オコおばちゃんが持っておられるであろう正義感に照らしても、民族浄化のような反社会的内容を掲げる余命ブログを応援していることに矛盾を感じる訳でして、それでなおかつ余命ブログ賛同派の方とお話が通じる機会ってなかなか無いので、自分と反対意見の方の考え方を知りたくてつい大量に質問してしまっています。すみません。

ちなみに私は死刑制度賛成派ですよ。理由は主に感情論ですが(笑)
日弁連は死刑制度についても声明を出していますね。ただ、これを見て「日弁連は犯罪集団だ!」と言う発想になる人は、余命信者レベルで教養の無い人くらいでしょう。

ナニワの激オコおばちゃんさんが引用された行政書士さんのHP、他のページもご覧になりましたか?
要約すると、この行政書士さんの認識は、
・余命ブログの内容は典型的なネトウヨの妄想が書き殴られているだけ
・弁護士会声明のどこが犯罪行為になるのか分からない
・今回の大量懲戒請求の背景にはグロテスクなレイシズムがある
ということです。以下コピペ

>●煽動した「余命三年時事日記」とヘイト団体との関係

>では、その内容はどういったものなのか。実際にサイトをのぞいてみた。管理者と読者のエントリーが入り乱れているが、〈売国奴と反日勢力は炙り出し大成功〉〈在日特権の問題は、日本から在日がいなくなれば即、終了する。では追い出す方法を考えよう〉などと、典型的なネトウヨの語彙にあふれている。端的に言えばネトウヨの妄想が書き殴られているだけの内容だ

>ブログを読むと、懲戒請求は、2016年に東京弁護士会が出した「朝鮮学校に対する補助金停止に反対する会長声明」や、日弁連の「朝鮮学校に対する補助金停止に反対する会長声明」を攻撃する意図があると思われるが、これらは政府や文科省に対し、各公共団体に対する朝鮮学校補助金交付の停止要請の撤回と、憲法や人権条約等で保障された適正な交付運用を求めるもの。これのどこが「犯罪行為」なのかまったく意味がわからない。

>すなわち、余命ブログが「在日特権」のデマや「反日勢力」などと連呼していることを考えても、弁護士への大量の懲戒請求の背景には、グロテスクなレイシズムがあるのは間違いない。実際、余命ブログは、2015年には「7月9日から在日コリアンは不法滞在者となり強制送還される」なるデマを拡散、法務省ほか各省庁への「集団通報」を煽動していた。

引用終了。
どう感じたでしょうか?私は上記についてはほぼ同じ認識です。弁護士反対派であっても余命賛同派ではないということですね。
余命信者はこの行政書士さんも反日行政書士だと批判するのでしょうが、余命応援派のナニワの激オコおばちゃんのご感想をお聞かせください。

Re: タイトルなし

いい加減 さん、お返事ありがとうございます。

行政書士さんのお考えをまとめてくれはってありがとうございます。
私は引用した部分以外は読んでませんでした。
余命には賛同できない人でも、今回の懲戒請求には違法性はないと考えてる人もいてはる、ということを示したかったので。

> >すなわち、余命ブログが「在日特権」のデマや「反日勢力」などと連呼していることを考えても、弁護士への大量の懲戒請求の背景には、グロテスクなレイシズムがあるのは間違いない。
・・・・・この行政書士さんは、在日特権はデマやと考えているし、日弁連は反日勢力ではないと考えているということですよね。私はそこは違うと思います。

> 余命信者はこの行政書士さんも反日行政書士だと批判するのでしょうが、余命応援派のナニワの激オコおばちゃんのご感想をお聞かせください。
・・・・・この行政書士さんはご存じないだけで、反日ではないと思いますよ。

ナニワの激オコおばちゃんさん

お返事ありがとうございます。

>・・・・・この行政書士さんは、在日特権はデマやと考えているし、日弁連は反日勢力ではないと考えているということですよね。私はそこは違うと思います。

ここって結構大事なポイントかもしれませんね。
ナニワの激オコおばちゃんさんの考える在日特権、反日勢力って何なのでしょうか?


なぜ、日本の為に行動するブログ(とナニワの激オコおばちゃんさんは考えている)余命ブログが、なぜネトウヨの妄想だとか信じることは恥ずかしいなどと言われてしまうのでしょうか?

私が主な原因と考えるのは
①主張に根拠がない、または乏しいこと
②内容がヘイトスピーチに過ぎないこと
です。

①のため、当然論理的な主張が出来るはずもなく、仄めかししかできないし、質の悪い陰謀論の垂れ流しになってしまっています。逆に言うと、真実でなくとも真実だと簡単に思い込めるので、何でも在日のせいにできるし反対意見は反日認定できるので愛国ごっこを続けたい彼等にとっては都合が良いのかもしれませんが。

②は、①にも関連するのですが、結局、国を守るだの日本のために戦うだの大層なお題目を掲げておきながら、彼等のやってることって根拠ない中傷と現実での迷惑行為しかないわけです。
国の為と言いつつ、懲戒請求の根拠すらまともに用意出来ず、個人ブログのテンプレ使用して、懲戒請求の制度自体良く調べないまま実行。
訴訟対応もWikiとコトバンクを延々とコピペして「これで絶対勝てる!」とか書いてましたね。この人達なんでちゃんと調べようとか思わないんでしょうか。

>話は逸れますが、私は世界を俯瞰できる保守を目指して日々勉強中です。(教材はツイッター上の賢者様のご意見や主張ですが…)

これ、余命ブログからの引用ですが、こんなことを恥ずかしいとすら思わず平気で書ける神経の持ち主達です。

②について、
私は罪を犯した在日朝鮮人について擁護しようなどとは全く思いません。
ただ、個人のやった行為の責任を根拠なくその個人の属する集団に求めるのっておかしいと思いませんか?

ナニワの激オコおばちゃんさんは、大阪にお住まいとのことですが、例えば、大阪は犯罪発生率が高いこと、生活保護受給率が高いことなどをもって
「大阪は治安も民度も最悪」「大阪は日本の恥」「品性のかけらもない大阪府民を日本から駆逐しよう!」
などと書く連中が居たらどう思いますか?余命ブログのやってることってこういうことです。

Re: タイトルなし

いい加減 さん、コメントありがとうございます。

> ナニワの激オコおばちゃんさんの考える在日特権、反日勢力って何なのでしょうか?
・・・・いやいや、それを書きだしたらなんぼ時間あっても足りませんがな。ちょっと思いつくだけでもナマポの話とか、指紋押捺の話とか、通名の話とか、、、、。でもいい加減さんはそれはデマや、とおっしゃりたいんですか?そしたら参考になるブログとか本を教えてくださいと前にお願いしたら、あなたは「中学校レベルの国語と小学校レベルの道徳の教科書から始めるべきです。」と返してきはりましたよね?
こっちが聞きたいですね。「在日特権」はデマや、という確かな根拠が示されている本とかブログがあるんやったら。
勉強させてもらいますよ。
これを読んでる皆さんにも知らせてくれはったらええと思います。

ナニワの激オコおばちゃんさん

記事が古くなっていくなかお返事いただきありがとうございます。

たくさんありすぎるなら、まず生保の話に絞ってしませんか?
ナニワの激オコおばちゃんさんは「在日朝鮮人は生保受給について日本人にはない特権がある。」という主張でよろしいですか?

Re: タイトルなし

いい加減 さん、コメントありがとうございます。

> ナニワの激オコおばちゃんさんは「在日朝鮮人は生保受給について日本人にはない特権がある。」という主張でよろしいですか?
・・・・・そんな「主張」はしたことはありませんよ。在日朝鮮人に法的に「特権」なんてないけれど、ナマポを運用するにあたって、ずいぶんと優先されてきた事例がとても多いらしい、ということぐらいしか知りません。
ちょっと古い話ですが、吉本のお笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんのお母さんが、生活保護を受けていると騒がれたことがありましたね。あんまり他人さんの経済事情に深入りしたくはないですけど、たとえばそういう話です。あ、これは「デマ」なんですかね?

ナニワの激オコおばちゃん さん

では、
「ナマポを運用するにあたって、ずいぶんと優先されてきた事例がとても多いらしい」ので腹が立つ。許せない

ということでよろしいでしょうか?
15番目のコメントでも余命ブログを応援する理由として朝鮮人の生保について触れてらっしゃいますね。
「らしい」ということは、「事実かどうかは分からないけど許せない」ということでしょうか?
ナニワの激オコおばちゃんさんはその情報をどこで確認されたのでしょうか?

Re: タイトルなし

いい加減 さん、コメントありがとうございます。

> ナニワの激オコおばちゃんさんはその情報をどこで確認されたのでしょうか?
・・・・本やらネットやら、いろいろですよ。
昨日(10日)の記事の方に皆さんのコメントが移っていますので、この後はそちらの方に移りますね。