FC2ブログ
2017/04/07

いわゆる「A級戦犯」

物事に失敗したときに、その失敗に最大の責任を持つ人のことを「A級戦犯」という風に、今の私らはよく使うと思います。
歴史でいうと先の戦争(大東亜戦争)でのA級戦犯は東条英機や、と何となく教わったような気になってます。最近いろいろ勉強して、この「A級戦犯」を生み出した「東京裁判(極東国際軍事裁判)」が、とんでもなくええかげんなものやったと知りました。

裁判そのものの根拠がない、事後法で裁いてる、戦勝国が負けた国を裁いてる、、、、もう突っ込みどころはいっぱいあります。
で、このA級の他に、B、Cもあるんですが、実はこれはAから順に重い罪、とかいうことではなくて、「犯罪」のカテゴリー分けのことやってん。で、実はもともとの表記は小文字のa、b、cやってんで。

a級戦犯は「平和に対する罪」
b級戦犯は「通例の戦争犯罪」
c級戦犯は「人道に対する罪」

東条英機はaやったから、「A級」が最も罪が重いと思われてきたんやろうけど、それは違うねん。まあネットで見たら山ほど出てくるけど、逆にアメリカの、非武装の民間人を虐殺した日本本土への空襲やら、広島、長崎への原爆の方が、平和や人道やらに対する罪、戦争犯罪やったことは、今から思たら明々白々やね。

戦争に負けたからええようにされてしもたんやろうけど、問題は、いまだに日本は侵略戦争を仕掛けた悪い国や、と本気で思てる人がほとんどや、ということやね。

ちなみにもう一つ、この「A級戦犯」の起訴の日は昭和天皇の誕生日の4月29日、絞首刑が実施されたのは今上天皇陛下の誕生日の12月23日やねんで。アメリカ人て、めっちゃ陰湿やなあ。
よう覚えといた方がええな。
まだまだこれから頑張って書いていくわ!

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント