FC2ブログ
2018/08/01

なんで日本だけが伸びてへんねや?もう答えはわかってるやんか。

藤井聡FBより  このグラフは藤井聡先生のFBから勝手に貼り付けました。
この20年間、日本は全然経済成長してへん、というグラフです。この類のグラフは、ネットで検索したらもういっぱい出てきますね。あ、池上彰さんみたいに数字の幅やら軸をごまかしたりなんかしてるのんに騙されたらあかんで(笑)。

 もともと私は別に、経済とかには興味はありませんでした。そんな大きな話は、かしこい学者さんやら政治家がちゃんとやってくれてたら、私らは普通にまじめに働いてたら、ちょっと利にさとい人は儲かることもあるんやし、ぐらいの感覚でした。いろいろ勉強をしてみると、経済って、間違いだらけなんがわかってきて、最近はめっちゃハラ立ってます。何や!この20年は!というのが上のグラフです。

 日本はもうあかん、とか、少子高齢化で日本は衰退していくんや、とエラそうに解説する人もいてますけど、そんなん、ウソですからね。まあGDPを増やすことだけについてみたら、日本はチャイナに完敗してますね。2008年のリーマンショックは、行き過ぎた金融業が破綻したわけやけど、その対処で一番うまいことやったんが実はチャイナやったわけですね。いわゆるケインズ的な政策。国がバンバンお金を出して、公共事業をやりまくる、と。

 まあ何でもちょっとでも儲かると思たらやり過ぎるのがあの大陸の人たちのあかんとこですけどね。100万都市をつくる!とかゆうて、高層マンションを建てまくって、結果「鬼城」と呼ばれるゴーストタウンを国中に作ってしもたわけですね。100万都市のはずが住人2万人、みたいなところがゴロゴロあるそうです。それでも、方法としては間違うてへんかったわけですね。国内に余りまくった鉄やコンクリート、そして労働者をごっそりそこへ持って行って一気に作ればええからね。

 よくたとえ話で言われるのが、景気対策として、国がお金を出して、穴を掘って埋めるだけの仕事をさせたとしても、それでもある程度は効果があるらしい。要は金が回れば好転していく、ということやからね。極端な話、ヘリコプターでお札をばらまいてもええんや、とか言うらしい。で、そんな時、つまり一向にデフレからも脱却でけへんし、リーマンショックみたいな非常時にも日本は延々と緊縮財政を続けてたわけですね。アホちゃうか。まあ前にプライマリーバランスやらの用語について書いたこともありますけど、つまりは国がお金を出すことをずうーっと拒否してきたわけですね。

 結果が上のグラフ、と。そう言えば日銀の黒田総裁が、物価2%上昇がどうのこうの言うてたみたいやけど、あれ?あんた、最初に総裁になったときからゆうてへんかったか?まだゆうてんのか?今そんな兆しもないやんか?何にも責任を取らんでええ、けっこうなお仕事ですね。はっきりゆうて、日銀だけでデフレが脱却できるわけないんや。自分にでけへんことを約束させられるのも変な話やなあ。あんたやのうて、政府がお金を出さんかいや。あ、それは国債でもええんやで。それこそこの前の豪雨被害の復興なり、全国の堤防、砂防ダムでもええし、新幹線でもええわ。サラッと防衛費をGDPの2%にするのもええな。

 もう答えがわかってる話を延々と20年も避け続けてる日本人て、むしろそっちの方がだんだんコワくなってきますね。こうやってかつて日本は、絶望的な戦争に突っ込んでいったんかなあ、と。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

無為無策の緊縮財政

国の無為無策がよくわかります。
他のデータでは、2015年を底に、かすかに上昇していて、ちょっとずつ上昇を続けると予測されています。
が、これも現状の無為無策を前提にしているのでしょうね。

>主要国のGDPをグラフ化してみる(最新)
http://www.garbagenews.net/archives/1335765.html

要は財政出動が無さ過ぎで、民間活力は委縮したままということなのでしょう。

人手不足を口実に、外国人を「大量輸入」(=移民)の推進策は下の下。
疲弊している農業水産業への日本人雇用の優遇措置が必要。
安倍政権の3期目の最重要課題はここだ。
消費税アップとか、絶対にありえない。財政出動のまったく逆の政策です。

Re: 無為無策の緊縮財政

ちちんぷい さん、コメントありがとうございます。
このグラフもわかりやすいですね。

> 消費税アップとか、絶対にありえない。財政出動のまったく逆の政策です。
・・・・・消費税だけは、絶対やめさせなあきませんね。もう終わってしまいます。