FC2ブログ
2018/08/02

「譲位」によって上皇になられる陛下が日本を救う!ホンマか?

頷く小
 ちょっと前に私がときどき読んでるブログで感動したことがあったので書きます。西村眞悟衆議院議員の「『平成の御代』の最後の夏に」です。今上陛下におかれましては一昨年の八月に「お言葉」をお出しになられ、譲位が決定しました。このとき、マスゴミの報道は一斉に「生前退位」と言い立てて、皇后陛下が「違和感をおぼえる」とまで仰せられましたね。私は最初、ようわからんかったんです。でも確かに退位は現象で譲位は意志ですね。つまりは天皇というものを、憲法の枠内に押し込めようとする意図が働いてるわけですね。

 わたしはこれまでいろいろと勉強してきて感じてることは、日本という国は二千数百年以上も続く皇室の歴史を持っている、それはそう簡単に変えられるものではないし、続いてきたからにはものすごい深いワケがあるんやということです。せやからそのワケというのは、2週間で作った憲法やらではとても覆せるようなものではないはずや、と思うのです。西村さんは書いてはります。

 <この度の御譲位は、この「お言葉」即ち「天皇陛下の御意思」によって行われる。だが、我が国政府つまり安倍内閣は、あくまで、天皇を、「日本国憲法」の枠内に閉じ込めるために、天皇の御意思である譲位ではなく、あくまで単なる「退位」としている。しかし、これは、戦後体制の法匪が得意とするまことに無礼で卑劣で文字通り不敬な、事実の改竄である。>

 あくまで天皇のことは国民が決めた憲法に基づいて、国民が決めるんや、自分で勝手に決めさせへんぞ、という「文字通り不敬」千万な考え方なんですね。私はここで膝を打ちました。あー、そやから「退位」やのうて「譲位」なんか、と。もともと私は、皇室典範というのは、皇室がそれこそ勝手に決めるべきもので、臣民がどうこう言えるもんではないんとちゃうか、と感じてました。天皇が最も大切に思われてるのは「おおみたから」である私ら国民やんか。その私らは、よその家の跡継ぎをどうするかなんて、勝手に決められるわけがないやんか。ホンマ失礼な話やわ。

 で、西村さんはこの「御譲位の意義」を教えてくれはります。

 <この意義の第一は、この御譲位は、譲位と上皇の規定を有しない「日本国憲法」が、想定していないこと、であるということである。即ち、今上陛下は、御譲位によって「上皇」となられ「日本国憲法」を超えられるのだ。天皇が上皇となられ、「日本国憲法」を超えられる、即ち、「戦後体制」を超えられる。この意義は、計り知れない。>

 いやあ、ぞくっとして、ふうーっと息をつきましたわ。これはとんでもなく歴史が変わったということやんか。

 そして西村さんは歴史を繙いて教えてくれはります。第108代の後水尾天皇は、1596年生まれ、1680年崩御。昭和天皇に次いで歴代最長寿の天皇だそうです。在位は1611年から1629年までの18年間だが、譲位された後、崩御まで全てご自分の子である四代の天皇の後見人として、51年間にわたって上皇として院政を敷かれたんやそうです。この後水尾天皇の時代というのは、ちょうど
<1615年の豊臣本家滅亡を経て本格化する、徳川幕府の権力確立期であった>。
<従って、幕府の、朝廷に対する公然また非公然の圧力と統制が強まる時期>
であったそうです。

 そんな時に幕府に知らせることなく、いきなり譲位されたというわけです。つまり、
<後水尾上皇の51年間の院政が、徳川幕府の朝廷の権威を貶め朝廷を幕府の統制下に閉じ込めようとする施策に対抗し、朝廷の存在感を天下に示し続けるものであったことは確かである>。
この後、西村さんの話は、
<楠正成の戦いと赤穂浪士の討ち入りは、日本人が日本人である限り伝えられ甦る民族の叙事詩である>
と続きます。最後の20行は、もう涙が出てきます。ぜひ読んでください。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

私は本当に歴史に興味がなくて何にも語れないのですが、ある時、最も教科書で軽視されている近代史をやり直そうと思って、やはり日本が大きく変わったのは明治維新と昭和の敗戦後ですから明治時代とはどんな時代か知りたくて随分本を探しましたが私の探し方が悪かったのか明治時代について書かれた読みたいと思う本が本当に無かったのですね。

見つけたのが日本文学に憧憬の深いドナルド・キーン先生の「明治天皇⌋でした。文庫本四冊の私には結構な大作でしたが明治時代の出来事、日本人の様子、明治天皇のお人柄、明治時代の激動など資料に基づく内容で一気に読み上げました。そして皇室を戴く日本に日本人として生まれたことは特別な事だとつくづく感謝しました。あのように聡明で国と国民の事を思われていた君主がおられたからアジア全体を支配していた欧米国の植民地にされなかったことを知りました。

我々日本国民は神武天皇から続いて来た男系の皇室をひたすらに御守りして行くことですね。マッカーサーは旧宮家を廃止することで、やがては男系を維持出来なくなり皇室は解体されることになると思っていたようですが、悠仁親王殿下お一人では一身に背負われることになりますので旧宮家には神武天皇から続く男系の子孫も何名かおられるようですから戦後体制打破の憲法改正して旧宮家の方達に皇室にお戻り頂きたいです。もう本当にパヨパヨアベが~野党の連中とタイトル見るだけでも嫌悪する皇室揶揄ブログがおぞましくて。

Re: タイトルなし

彩希 さん、コメントありがとうございます。
ドナルド・キーンさんの「明治天皇」、面白そうですね。ぜひ読んでみたいです。
皇室については、まずはマッカーサーに廃された旧宮家を復活させるところから始めたいですよね。

No title

愼悟ちゃんは、皇太子、雅子について、どう考えているのか、何も触れていませんね。
上皇になり皇太子の天皇を勝手にさせないのか、天皇の嫁と諸国で呼ばれる婦人の操り人形となるのか、という話がネット上で飛び交っていますのに、そこんとこ立ち位置が見えませんね。
なお、皇后や妃殿下という敬称は、皇室会議を経て居ないと云う事なので、省略しております。悪しからず。

上皇となって、なにをなさるのか

西村氏は、とても純粋な大和民族の保守主義者だと思います。行動も伴っていて素晴らしいです。久しぶりに、氏のブログをいくつか読みました。精力的に活動されていますね。

天皇陛下が、国の政治、行政、経済、司法、そして国民の精神文化まで統べるように、頂点に君臨されて、官民一体となる国体を望んでおられるように感じます。実現すれば、今よりもはるかに、世界にも稀な堅固で美しい国民国家になると思われます。

氏のブログ記事のひとつにあったノモンハン事件1939年。スターリンのソ連は、俺たちが勝ったと吹聴して、戦後日本のサヨク傀儡がそれを定説化しようと画策してきたのですが、実は日本軍の大戦果だったのですね。南進を食い止めたのです。
司馬遼太郎が、自分は陸軍の戦車部隊に配属されて、そうした歴史事実に触れるか、疑問を持つだけの環境にいながら、「小説」にしなかったのは、要は、昭和の日本軍の勝利を書きたくなかったからではないか、という推測も、もっともでした。

そんな先鋭的な活動をなされている西村氏ですが、私は、今上陛下が「生前退位」なさって上皇になられる考えには、いささか疑問に思っています。

世界のどこの国でも、王の権力と権威の確立に尽力してきたと思います。キリスト教の王国では、王権は神授なのだと教会からお墨付きをもらうなどしますね。
シナの皇帝の場合は、徳治とやらで、天から指名されたかのような自作自演をするわけですが、これは無理があるでしょう。今もその延長にあるのだと思います。
加瀬英明氏の本を読んでいますが、それによると、シナの「徳」は部下に美味いものをたらふく食わせて、そのおこぼれを庶民が食べられるような状態を言うらしくて、古代から美食、大食をさせる人物が有徳なのだそうです。孔子も美食家で、ついでに書けば女性蔑視の人でした。

日本の場合も、権威と権力の分離には膨大な年月をかけており、多くの人材の犠牲と悲劇がありました。権威は、神代からの皇統によったと思います。後醍醐天皇なども抵抗されたわけですが、失意はさぞや大きかったことでしょう。

記事にある、後水尾天皇の権力への反抗は、やや時代に逆らわれた気がします。もちろん、黙っていては、徳川をますます付け上がらせるだけだったかも知れませんけど。国内の大きな流れは、権威と権力の分離だったと思います。

それが変わるのは、海外の侵略情勢が近海に迫ってからです。明治帝は、名君だと思いますが、世界の情勢が要請となって、権威と権力を兼ねる形になったと思います。周辺で支える知性や胆力があり、自己節制もある武士階級出身者が揃っていました。明治帝には、彼らの薫陶も大きかったと思います。

今回の今上陛下の抜け駆け的なご意向発表は、法令の手続き無視ですが、もともと陛下は護憲派ですから、自己矛盾であったと思います。皇室典範では、まず検討すべきなのは、「摂政」を置くことですが、これだって歴史的伝統によるものです。これも無視されたわけで、皇太子への譲位を優先されたのではないかと疑念も起きます。

靖国神社に御親拝なされない点も気にかかることです。サイパンなど激戦地に慰霊に行幸されても、御霊を靖國に連れて帰らねば価値は半減してしまいます。皇后陛下は、神道よりもキリスト教に親しみをお持ちのようにも見えます。

皇太子殿下と妃殿下が、これに倣われ、さらに「発展」されるのであれば、ますます心配になります。
上皇の元に、健全で堅固な国民国家となるか、現実的な問題が大きすぎると思いました。
長々と失礼しました。

Re: No title

戦後生まれ さん、コメントありがとうございます。

> 愼悟ちゃんは、皇太子、雅子について、どう考えているのか、何も触れていませんね。
・・・・・たしかにそうですね。思うところは絶対あるはずやと思いますけどね。
まあこんな時代もあるのかなと、大目に見るしかないんとちゃうかと思てます。

Re: 上皇となって、なにをなさるのか

ちちんぷい さん、コメントありがとうございます。
いろいろと参考になります。ありがとうございます。
恐れ多くも今上陛下に対する私らの懸念と言うのは
・護憲
・靖國未参拝
・皇后陛下のキリスト教
というのは、たしかにその通りやと思いますね。
ただ、それさえも、流れを変えるのは国民の意思次第やと思いますけどね。