FC2ブログ
2018/08/03

日本人の誇りある歌も消したGHQ。はよ取り戻さんかい!

反日メディアの正体 
 私が「覚醒」してから知ったことはいっぱいありますけど、変わったところ?では、「歌」のことがあります。3日前に上島嘉郎さんと三橋貴明さんのトークビデオの話(「日本はいまだにアメリカの属国なんか?何でも差し出すお人好しニッポン。」)を書きましたが、それに付いていた本がこの写真の「反日メディアの正体」です。私も前に(「『仰げば尊し』『蛍の光』」)書いたのですが、「蛍の光」の歌詞には3番と4番があったんやけど、GHQによって消されてしもたという話がここにも書かれていました。
■「蛍の光」4番
 千島の奥も、沖繩も、(ちしまのおくも、おきなはも)
 八洲の内の、護りなり、(やしまのうちの、まもりなり)
 至らん国に、勲しく、(いたらんくにに、いさおしく)
 努めよ我が兄、恙無く。(つとめよわがせ、つゝがなく)

 戦前、尋常小学校の唱歌として採用され、「当時から卒業式に歌われ、戦前統治していた台湾や朝鮮でも歌われていました」やて。前の記事では、戦前に教育を受けた台湾人との集まりで、皆が自然に3、4番まで歌ったのに、日本人が知らずに恥をかいた話を書きました。上の上島さんの本では、さらに「われは海の子」も、7番まである歌詞が、3番までしか掲載できなくなったことを書いてはります。
■「われは海の子」7番
 いで大船を 乗出して
 われは拾わん 海の富
 いで軍艦に 乗組みて
 われは護らん 海の国

 これはGHQから、歌そのものを消された(禁止された?)のですが、昭和33(1958)年に教科書に復活した時には、3番までしか載せなくなったそうです。一体、何をやってるんやろうね、私ら日本人!とうにアメリカからは独立したはずやのに、自分から日本人の誇りある歌を消してしまうやなんて。ホンマ情けないですね。歴史を消された民族を待っているのは滅亡しかないんとちゃうか?

日本人の歌を取り戻そう!と思う人は(思わなくてもww)クリック!⇒
人気ブログランキング

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

血を流さない戦争

>歴史を消された民族を待っているのは
>滅亡しかないんとちゃうか?
 ・・・ 本当に危ういですね。

一.君が代は 千代に八千代に
   さざれ石の 巌となりて こけの    むすまで
二.君が代は 千尋の底の
   さざれ石の 鵜のいる磯と あらは   るるまで
三.君が代は 限りもあらじ
   長浜の  真砂の数は  よみつく   すとも
 
「君が代」の歌詞は三番まで存在するという情報を何処かで知りました。正直、初めて知ったのです。

「君が代」を歌うの歌わないのといった騒動をよく耳にいたします。
私事で恐縮ですが、中学に入学して間もなく親しくなった友人の一人に、頑として国歌の「君が代」を拒絶して始業式などの行事には、口を一文字に結んで怖い顔で起立だけしていた女子が居りました。フランス人形のような顔立ちで、どこかの血を受け継いででもいるかのような可憐な姿と相反する印象を抱いた記憶があります。彼女は聡明で、読書家でしたが、その上にご両親の教育の相乗効果で、見事に共産系思想に染まっていたようです。聡明な方ほど間違った方面の知識に染まると恐ろしいのです。

たかだか12、3歳の子供の私は、聞きただすことも考えませんでしたが、こういう種類の思想の人の存在に遭遇した最初の経験となったわけです。

多くの日本人は、『歴史戦など食えない』と考えています。中国、そして韓国社会にとっては「南京」も「慰安婦」も「尖閣」も被害者ビジネス、つまりは錬金術。
“血を流さない戦争”は続いているのです。
政官財やメディアの「親中」「媚中」、左傾化は多くの方々が知る処となり、疑問視する声も大きくなりましたが、学童保育といった家庭に近い現場にまでコミンテルン(共産主義的支配思想)の工作は、着々と進んでいます。

「日本の強さ」の根源が天皇陛下と皇室にあると分析しているコミンテルン、そして中国政府は、天皇を潰す、すなわち皇室の解体と神社潰し、そして日本の属国化を目論んでいます。中国の「歴史戦」の正体を直視し、我々は立ち上がらなければなりません。

以前からいろいろなところでコメントしておりますが、日本が戦った戦争は、米国コミンテルン(ネオコン)と支那とソ連その他の共謀による戦争です。GHQもコミンテルンの指示の元に日本に圧力を掛けてきました。
現在は支那がメインで工作に勤しんでいます。

※最近、気がかりなのが、「虎ノ門ニュース」で“陰謀論”の一つとして荼毘に伏そうかとするような考察を述べる評論家の顔が見え隠れする事。少々不安です。
核心を突く事には、いかな保守にも本当の真実は語らせない、という事なのか・・。
何も考えない日本人をお望みのようで・・。

ノンフィクション作家 河添 恵子著
「中国の夢を終わらせる」という書籍は
今の米中貿易戦争(?)に於ける歴史的発端と今後の展望すら書き出されていて、なかなか興味深く、驚愕の史実を識るよき道標となるかと思われます。
トランプ大統領に対する期待感が膨らみました。(希望的観測過ぎるかな)
日本国内での出来事でも、世界を俯瞰して考えないと解決策は見いだせない、とも思い知らされました。
長くなりましたが、Youtubeでもこの方の動画を視聴できます。
この方は現在に至るまでの多くを中国留学など台湾、ヨーロッパでの勤務生活を送っていた方で、生の肌身で感じた情報知識の為、非常に参考になると感じます。

初めて視聴した、動画の冒頭に文壇の中国推しの根深さに失望し、お断りした話は興味深かったです。

Re: 血を流さない戦争

日本国民 さん、コメントありがとうございます。
君が代が3番まであるというのは初めて聞きました!

> ノンフィクション作家 河添 恵子著「中国の夢を終わらせる」
・・・・・面白そうですね。ぜひ読ませていただきます。

> 初めて視聴した、動画の冒頭に文壇の中国推しの根深さに失望し、お断りした話は興味深かったです。
・・・・・何せ村上春樹が南京虐殺40万人なんて書いてる阿呆ですからね。

訂正です。

御免なさい。

前述の書籍名に
誤りがありました。

ノンフィクション作家 河添 恵子著
×「中国の夢を終わらせる」
〇「トランプが中国の夢を終わらせる」

です。大変失礼いたしました。