FC2ブログ
2018/08/12

いよいよチャイナは危ないな。覚えておこう、軍閥割拠の時代。

頷く小
 日本人の中には今でも「中国」に対しては侵略戦争をしかけて申し訳ないことをした、と思てる人がたくさんいますね。この前、南京大虐殺館にホイホイ行った福田康夫元首相もそうですし。あ、もしかしてホンマのことを知ってて行ってるのかも知れませんが。そしたらそれはそれでやっぱり売国奴やな。清末以降のシナ大陸は、実際には国内のあちこちで政権が乱立してた、ややこしいところやったんですね。

 1900年に北京で義和団事件(義和団の乱)というのが起こります。「扶清滅洋(清を助けて西洋を滅ぼす)」を唱えた「義和団」が、鉄道や電信を破壊し、公使館地区(外国の大使館、公使館のある地区)を包囲しました。清朝政府(西太后)はもともと義和団を弾圧してたのに、この時は義和団の側について、ついに列国に宣戦布告したと。そこで日・露・英・米・仏・独・伊・墺の八カ国は共同出兵し、2万の兵を送り込んで押さえつけた、と。でもこれはもともと各国とも清と結んでいた条約に基づいて出兵したわけですね。

 清国政府には莫大な賠償金が課され、いよいよレイムダック状態になっていくわけですね。で、この時にロシアはドサクサに紛れて満洲を占領したもんやから、ロシアと対立してたイギリスが日本と同盟を結び、日露戦争につながり、日本が勝った、と。1911年には「辛亥革命」が起こり、年が明けてすぐに孫文を臨時大総統として中華民国の成立を宣言し、清朝は滅びたんですね。孫文がなんで「臨時」かというと、清朝最後の内閣総理大臣で、軍の実権を持っていた袁世凱(えんせいがい)に大総統になってもらうことにしてたからですね。

 この袁世凱に日本は翻弄されます。1914年には第一次世界大戦が始まり、日本は連合国側で参戦します。この大戦の真っ最中の1915年に出された「対華21カ条要求」というのは、国際法に基づいてシナ大陸における日本の権益を、シナ政府としてちゃんと認めなさい、という意味で出されたものやったんですが、逆に袁世凱はこれを反日プロパガンダに利用したんですね。今も昔もあいつらは変わらんな。袁世凱はその後、共和制を廃止して「中華大皇帝」になりましたが、ほどなく病死し、北京政府は「北洋軍閥」に支配され、シナ大陸はいよいよ軍閥の割拠状態となっていったんですね。

 1925年に孫文が死んだあとは蒋介石が力を持つようになります。一方では1921年に生まれた中国共産党が力を付け始めていて、国民党とこの後も何べんもその時の情勢に応じてくっついたり離れたりします。大東亜戦争と言うのは真珠湾攻撃からではなくて、昭和12(1937)年のシナ事変から始まる戦争を指すのですが、その頃、チャイナ大陸は、一体誰が責任を持って治めてるんや、というような状況やったんですね。通州事件を始め、残虐な事件もいっぱい起こっています。

 なんでこんな話を書いたのかと言うと、いよいよシナ大陸が危ないんとちゃうか、と思うからですね。歴史は繰り返す、大陸には気をつけましょう。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

100年遅い

『この袁世凱に日本は翻弄されます。2014年には第一次世界大戦が始まり、日本は連合国側で参戦します。この大戦の真っ最中の2015年に出された「対華21カ条要求」という』の年は1914年と1915年の間違いですよね。

Re: 100年遅い

ひかりちょういち さん、ご指摘ありがとうございます。
修正しました(汗)。

崩壊は近いのか?

こんにちは。
リンク見てくださったんですね。ありがとうございます。
「中韓を知りすぎた男」さんが、1日付けのブログ記事に「やっと、中国の崩壊が始まる」と書かれていました。一部引用させて頂きますと、
>見かけの力とは裏腹に中国はもはや限界に達している。貧困農民のとめど
ない都市流入、少数民族の抵抗、環境劣化、官僚の腐敗・汚職、所得格差
の拡大は、すでにおぞましいレベルに達している。

しっかり目を凝らせば、中国の終わりを示すあらゆる前兆が見て取れる。
共産党首脳陣はその時がきても、おとなしく退場することはない。最後まで
抵抗する。再び中国全土に虐殺の嵐が吹き荒れる。(引用ここまで)

怖ろしいことですね…。

Re: 崩壊は近いのか?

mayflower さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ホンマにコワいですね。
実はチャイナでとりあえずちゃんと生活できるのは、4億人やそうですね。
あとの9憶人は農村戸籍、つまり都市ではなんの権利もない人たちやと。
その人たちの犠牲の上にチャイナ経済が成り立ってるんですね。
恐らくその崩壊のしかたも、今まで人類が経験したことのないようなことが次々に起こると思います。
あの人たちはとことん、自分だけが助かればええと考える人たちですからね。
全員がクモの糸を登るカンダタやと思うと、ぞっとしますね。

初めまして

パチンコ屋の倒産を応援するブログから参りました。
最近拝見しております。^^;
チャイナは不思議なところだと思います。
日本人には広すぎて手に負えないところがあります。
ただ、中共は危ない、とは言ってもなかなか崩壊しません。個人的には北京オリンピックの頃から、待っているのですが。
不思議と持ちこたえております。となると国というものもよい制度だと思ったり。
また、崩壊するとなると日本としては流入してくる難民が心配です。
どちらにしても迷惑なことに変わりありません。困ったものです。

Re: 初めまして

腹一杯 さん、コメントありがとうございます

> 個人的には北京オリンピックの頃から、待っているのですが。
・・・・・いや、実は私もそうやったんですけど、めっちゃしぶといですね(笑)。

> 崩壊するとなると日本としては流入してくる難民が心配です。
・・・・・私らはこれを現実の問題として考えんとあかんと思いますね。

シナは昔から迷惑大国

シナの王朝末期には、政権安定期にも起きていた地域軍閥のクーデターや農奴ないし新興宗教の反乱が頻発して、全国規模に拡大となるんですね。

清朝末期と違って、現在は列強国の軍隊が常駐もせず、派遣もされないでしょうから、シナ大陸阿鼻叫喚となるかも知れませんね。
少数民族の復讐もあるでしょうし。
アメリカやロシアはシュミレーションしていることでしょう。

日本でも、すでに100万単位で在留しているシナ人がどう動くのか心配です。少なくとも、親族を呼び寄せようとするに違いないですからね。いつでも入出国禁止にできるようになっていないと。

北朝鮮も混乱の中で、まちがった選択をしかねませんね。こちらも在日がどう動くか知れやしません。
すべては、粉飾が横行して情報も統制されている迷惑大国シナが悪いのです。この実状を報道しない日本メディアも悪い。

Re: シナは昔から迷惑大国

ちちんぷい さん、コメントありがとうございます
福田康夫のことを書きましたが、鳩山由紀夫もまた変なことを話してましたね。
ホンマに国を滅ぼす愚か者ですね。

> 清朝末期と違って、現在は列強国の軍隊が常駐もせず、派遣もされないでしょうから、シナ大陸阿鼻叫喚となるかも知れませんね。
・・・・・これ、絶対そうなりそうですね。

> 少なくとも、親族を呼び寄せようとするに違いないですからね。いつでも入出国禁止にできるようになっていないと。
・・・・・今の日本政府の対応を見てると、ずるずる入れそうですね。あーコワ。