FC2ブログ
2018/08/17

裁判長が法廷でブルーリボンバッジを外させた?それホンマにええんか?

自転車小
 前に何度か書きましたけど、フジ住宅の裁判の話。8月2日、大阪地裁の堺支部で行われた第12回目の裁判に、傍聴券入手に協力するために行ってきました。私自身は3回目です。この話、初めての人のために簡単に書いときますと、裁判の被告はフジ住宅の会長を務めてはる創業者の今井光郎さんです。社員教育の一環として全社員に本や資料を配布し、その感想を書いてもらうなどして、社員とのコミュニケーションをはかってはったんやけど、その配布資料の中に「人種差別」的な表現があり、精神的な苦痛を受けたとして、16年もこのフジ住宅に勤めている在日韓国人三世のパート社員の女性が訴えた、という裁判です。

 前回(「フジ住宅」裁判報告。うんざりやな、朝鮮人の恫喝裁判の手口。)で書いたように、私はこれはもういわゆる「言いがかり」裁判やと思てます。相手側はもちろん、見事にサヨクの組織が動員されていて、サイトまで作って支援しています。私は今回もまた抽選券が当たったんで傍聴させてもらいました。詳細は前にも紹介させてもらいましたけど、南木隆治さんが、サイト(『フジ住宅』を不当に訴える反日裁判と、反日思想を排す。『フジ住宅』は「ヘイト企業」ではない。)で報告してくれてはります。

 今回驚いたのは、何と裁判所の側から傍聴者に対して「ブルーリボンバッジ」を外せ、と指示してきたことです。そのことは事前に連絡があったので知っていましたが、まさか裁判所がそんなことを言うとはびっくりです。その経緯と前代未聞の異常さについては、上のサイトで南木さんが書いてくれてはりますので、ぜひ読んでみてください。ブルーリボンバッジは北朝鮮拉致被害者を全員返せ、という日本国民の意思表示で、公式の席では安倍首相もいつも付けてはりますよね。え?ほんなら安倍ちゃんも、もしここに来てたら退廷させられてたんか?びっくりやわ。

 実は私はこの裁判の話を知ったとき、一抹の不安があってん。今の司法は弁護士は言うに及ばず、検察も裁判官も、けっっこう汚鮮されてるやん?特に地裁ではトンデモ判決が出ることがしょっちゅうあるしなあ。今回のブルーリボンバッジ禁止の訴訟指揮は、裁判長の中垣内健治さんがしはったことは間違いないそうです。うーん、この人のことは知りませんが、大丈夫なんかな?見た目はとても真面目そうで、物腰も柔らかで優しそうな感じやねんけどなあ、、、。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

Re: No title

(非表示)さん、コメントありがとうございます。
なあるほど、、、この人、ね。

判事の姓名

おはようございます。
その判事の姓名を書いとくれやす。
書いとかないと、次回以降の参考になりまへん、片手落ちドス。
傍聴ご苦労様でした。

って、非表示のコメントにも書かれてるのですか?

Re: 判事の姓名

戦後生まれ さん、コメントありがとうございます。
あ、裁判長の中垣内健治さんと本文に書いてます。わかりにくかったですかね。

No title

映画ドラマなどでは、傍聴する遺族が、故人の遺影を掲げる演出などありますが・・・。
ほんとブルーリボンの何がいけないのでしょう。裁判の進行にどう影響するのか。
原告は在日「韓国人」ですよね。韓国にも北朝鮮に誘拐拉致された人が大勢います。
公平性を欠くとも思えないのだが。
おかしな裁判官にあたった可能性。この中垣内という人は、ある意味で著名らしいです。すでに調べられたかもしれませんが・・・

遠藤さんとこでも取り上げられています。
★反日裁判官はチェック済み
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4909/

おかしな判決が出ないことを望みます。

Re: No title

ちちんぷい さん、コメントありがとうございます。

ううーん、微妙な感じですねえ。
> おかしな判決が出ないことを望みます。
・・・・・ただ祈るしかないですよね?