FC2ブログ
2018/09/02

英語版では慰安婦「誤報」は検索できんようにしてた、日本人の敵、朝日新聞。

指差し小
 私の実家は朝日新聞を購読してました。就職してからは一応仕事に役に立つからと日経新聞を取っていました。今は産経新聞を取っています。変えたきっかけは、私が「覚醒」しつつあったことと、ちょうど安倍ちゃんが平成25(2013)年12月に靖國神社参拝をした時、産経以外の全紙(全国紙)が狂ったように批判の声を上げたからです。そう、読売も日経も、です。今から思うともう4年半前の話、何となく隔世の感がありますね。あ、油断したらあかんか(笑)。

 朝日新聞が慰安婦報道に関してあの吉田証言を取り消したのが靖国参拝の翌年の8月やから、この頃から潮目が変わってきたんかな?もちろん吉田清治のウソ話は、もっと以前から指摘されてたから、あまりにも遅い「取り消し」ではありました。さらに翌9月には当時の木村伊量社長が謝罪会見をしたけれど、どこまで本気なんか、ようわかりませんでしたね。

 そして先日、またとんでもない話が飛び出しました。山岡鉄秀さんとケント・ギルバートさんが朝日新聞に対し、朝日新聞デジタルの英語版ではいまだに慰安婦のことを書くときにわざわざ「forced to provide sex(性行為を強制された)」と注記しているが、これは事実に反する印象操作ではないか、として回答を求めていたところ、朝日新聞は今後も表記を変えるつもりはないと回答してきたと。いや、それ、事実とちゃうやん、な話ですね。

 ところが何とそのすぐ後に、慰安婦問題の検証記事の英文版は、グーグルなどからの検索を回避するタグが埋め込まれていたことが発覚しました。つまり、慰安婦報道で朝日新聞が「誤報」をしたので何十年もさかのぼって記事を「取り消し」たことを書いたこれらの記事は、検索できないようになっていたのです。さらにネットで色んな人たちがいっせいに調べた結果、朝日新聞の英文版の「お詫び・訂正」記事にはほとんどこの検索を拒否するタグが埋め込まれていたことが明らかになりました。

 もう、あきれ果てて言葉も出ませんね。こいつら、いったい何やねん。まったくのウソの報道で日本を貶め、それを世界中に広げて各地に慰安婦像を建てさせて、さらに日本の評判を落とす、と。もうこれは明らかな犯罪行為やんか。もはや日本人全体の敵やね。こんな新聞にお金を払うて読んでる人がまだ数百万人もおるということが、残念でたまりません。もっともっとこの事実を広めていかなあかんな。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

朝日新聞の呼称は×

正しくは朝日捏造新聞です。

ウソの隠ぺい工作 朝日の常套

朝日は、自社の障碍者雇用についても検索にひっかからなくしてたのでしたね。障碍者を雇用したくないんですね。それなら他社や行政の瑕疵についても、言うべきではないけど、大きな顔して指弾して社会の木鐸を気取って権威を保守しています。

ほんとに朝日はなにをしたいのか、理解に苦しみます。ウソを並べて、情報格差を作って悪用してまで、反日毀損したいのはわかるけど、なぜそうしたいのか、どうなれば満足なのか。

朝日だけではないですが、報道各社は、そのへんをきっちり公表すればいいと常々思っています。反日なら反日報道します、と明言すればいい。誰も朝日なんか買わなくなると思うけど、騙し続けるよりよっぽど良い。
日本を日本人以外にも開放して日本の富をバラマキたい(だけど自分たちは高収入を得たい)なら、そう公言すればいいのに。

朝日の元社長の木村は、千葉のどこかの大学のお抱えになってますね。他にも変なのが着任してました。天下りはいかんのではなかったか。
彼らは、こんなことばかりやってます。ばれてないことが、まだまだたくさんあると推測されます。

Re: ウソの隠ぺい工作 朝日の常套

ちちんぷい さん、コメントありがとうございます。
朝日新聞については、国民運動でも起こるんとちゃうかと思うほど、いつもひどいですね。
これからも監視して行きましょう。