FC2ブログ
2018/10/14

トランプさんの「リメンバー・パールハーバー」の深い意味。日本も戦え!?

自転車小
 だいぶ前の話になりますが、6月に安倍首相が訪米した際にトランプさんが「真珠湾攻撃を忘れないぞ」と言うた、とワシントン・ポスト紙が報じたことでけっこう騒ぎになったことがありましたね(「真珠湾攻撃忘れないぞ」トランプ米大統領、安倍首相に圧力)。
 <米国では真珠湾攻撃は「卑劣なだまし討ち」との見方が強い。日本側の弱みと見なしてトランプ氏が通商交渉で譲歩を引き出すために、あえて日米首脳会談で触れた可能性がある。>

 日本のマスゴミはそれっとばかり、一斉に報じましたがその後、どうも話が違う、あれはまた例によってトランプ=安倍を分断させるためにマスゴミがよく使う「切り取り」報道ではないか、とネットでは即座に指摘されていました。そして日本のマスゴミでもたとえばBSではありますが、FNN PRIMEが正確に報じていました。
 <トランプ大統領「真珠湾攻撃を忘れていない 日本も昔はもっと戦っていただろう 日本もアメリカと同じように周辺国ともっと戦うべきだ」>
 <安倍首相「日米貿易はアメリカにとってもプラスになっている」>
つまりトランプさんは、ここで昔の日本をむしろ褒めて、今、周辺の国がヤバいんやから、もっと防衛費を増やしたらええやんか、と言っている、ということです。

 最初のワシントン・ポストの意図的な切り貼り報道を嬉々として報じた日本のマスゴミはその後、産経新聞以外はほとんど何も言わんようになりましたが、それに引っかかって安倍ちゃんをけなした人たちがいっぱい出て来て、それはそれで、ネットでは笑いものになってました。

 まあそれはそうやろうと思いますが、私はもう一つの可能性を考えました。トランプさんはもうすでに、「真珠湾攻撃」というのは日本がルーズベルトに騙されて、追い込まれて、ついに先制攻撃してきたんやという、ホンマのことを知ってはるんとちゃうか、ということです。

 多くのアメリカ人も日本人も、いまだに「リメンバー・パールハーバー!」は「日本人の卑怯なだまし討ち」と理解しているけれど、トランプさんは、実はそれは「アメリカの自作自演のトンキン湾事件で始まったベトナム戦争」や、「実際には大量破壊兵器のなかったイラク戦争」や、「ついでに隣のビルまで都合よく倒壊してしもた9・11」などと同じく、そもそも仕組まれた戦争やったんや、と理解してはるんとちゃうかな、ということです。

 安倍ちゃんと深いところで理解し合っているとすれば、その可能性はあるんかな?いや、あってほしいなと思います。そんなん、もしトランプさんがただの普通のアメリカ人のおっちゃんやったら、「リメンバー・パールハーバー」の言葉をあんなところで使うわけないやんか。

 まあトランプさんもえげつないマスゴミと日々戦うてはるから、安倍ちゃんとはめっちゃウマが合うのはようわかりますね。私らもしっかり勉強せなあかんな。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

No title

小松左京氏の「アメリカの壁」というSF小説が、トランプ大統領のメキシコの壁発言に合わせて一種の予言とかで話題になったことがありますが、この小説は逆にルーズベルトとスターリンが世界を2か国で分割しようとした密約を描いた作品に思えます。そして、当時共産主義の脅威に対する危機感が、共和党内で出ていました。悪名高きGHQのマッカーサーも、民主党(の中の旧ソ連のスパイ)からの指示に困っていたとのこと。トランプ大統領は、共和党ですね。ヴェノナ文書や公開期限を迎えた米公文書などにも目を通して、当時の実情を把握している可能性は、十分にあると思います。

Re: No title

田中一郎 さん、コメントありがとうございます。
小松左京さんの「アメリカの壁」、そうやったんですね。また読んでみたいな。
トランプさんのブレーンは当然、最新の公開文書に基づいて、最新の判断をしているはず、と考えるのが当然ですよね。日本だけがカビの生えた「学説」みたいなものに、ずっとしがみついてる気がします。

報道しない自由

>つまりトランプさんは、ここで昔の日本をむしろ褒めて、今、周辺の国がヤバいんやから、もっと防衛費を増やしたらええやんか、と言っている、ということです。

トランプ大統領の「リメンバーパールハーバー」発言の意図は、ナニワの激オコおばちゃんさんのおっしゃる通りですね。流石、米国の朝日新聞ことワシントンポスト紙ですねw

ただし、トランプ大統領も安倍総理も互いの国の国益を代表する立場ですから、個人的な信頼関係だけではどうにもならないことがあるということは、我々国民は理解すべきですね。

>「真珠湾攻撃」というのは日本がルーズベルトに騙されて、追い込まれて、ついに先制攻撃してきたんやという

田中一郎さんも指摘されていますが、トランプは共和党なので、共産主義には厳しい対応をしますね。民主党は共産主義には融和的です。私達日本人は、米国の政党について、湾岸戦争を始めた共和党=好戦的、民主党=平和的と思いがちですが、歴史的に見るとそうでもありません。

そもそも、民主党が米国で最古の政党で、2番目に古いのが共和党です。共和党は奴隷制の廃止を目的に結党されました。共和党から選出された初めての大統領が、あのエイブラハム・リンカーンですね。今でも、共和党は自ら「リンカーンの党」と呼ぶことがあるそうです。

そして、日米開戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争と近代の大きな戦争は、全て民主党政権時代に開戦しています。民主党=平和主義というイメージは間違いだと判りますね。そして、民主党だからこそ、共産主義者(コミンテルン)の暗躍を許したのかもしれません。

米国も一枚岩ではありませんね。本来であれば、日本のマスコミが米国で取材をして、米国民や米国議会の空気をもっと日本に伝えるべきなんでしょうが、「報道しない自由」というマスコミの存在意義が無くなることを平気で言い放つマスゴミばかりですからね。

Re: 報道しない自由

吹雪 さん、コメントありがとうございます。
> 日米開戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争と近代の大きな戦争は、全て民主党政権時代に開戦しています。
・・・・・ホンマや!イメージとはまるで逆ですね。