FC2ブログ
2018/10/25

天皇家の財産に勝手に手をつけてええんか?私ら国民は勘違いしてへんか?

パンチ小
 安田純平さんが今夜、日本に帰って来はるそうです。日本のマスゴミが一斉に「英雄」扱いするのが見え見えで、うんざりします。ネットでは散々ですね。あ、もちろんネットでも「英雄や」という人もいてますけどね。

 日本人としての感覚からすると、もう違和感だらけですね。普通の日本人やったら、まずは最初にお詫びをして、お礼を言うて、言い訳はそれからでしょう。さて今夜、どうなりますことやら。なんで「ウマル」とか、「韓国人」と言うたんかというのは、もう機内で話してて、ネットにはいっぱい上がってます。あと、ご両親が昨日テレビで披露してた「千羽鶴」、あれ、折り鶴に見えへんかったんですけど?

 怪しくてうさん臭くて不愉快な話題はやめにして、今日、「日本の息吹」11月号で読んだ話を書きます。伊勢雅臣さんの明治天皇についての記事です。
 日清戦争に勝った後も世界の脅威は消えず、当時の日本は引き続き「富国強兵」を進めていかなあかんかったんですね。

 まだ発足して間もない明治政府、そしてできたばかりの議会政治もうまく機能してへんかったから、軍備をしっかり整えなあかんかったのに、議会は政争ばっかりで、海軍拡張のための予算が議会を通らへんかったそうです。

 そこで明治天皇は、宮廷費の一部を何年間か削って軍艦建造費に充てる、という勅語を出しはったんやそうです。それを見て、議会も国民も政争をやめて、国会議員は年俸を上納し、国民も多額の寄付をしたんやそうです。

 一方で、清国の皇太后は、自分の還暦を祝うために本来は軍艦を購入するためやった費用を流用して、頤和園という庭園を造ったそうです。まさにこの違いが、日本と清国の違いで、その後の両国の明暗を決定づけることになったというわけです。

 国を思う心、国民を思う心に基づいて、本来は天皇家の、いわば私的な財産をさえも差し出そうとされるそのお気持ちは、今の私らの感覚では到底想像もでけへんことやと思います。戦後、天皇家の財産は国の管理下に置かれることになってるようですが、これ自体、とても不敬なことやと、最近、私は思うようになりました。人の財産に勝手に手をつけたらあかんやろ、という話です。

 共産党あたりはそもそも「天皇制」を廃止することが綱領でうたわれてますから、何の呵責もないことでしょうね。フランス革命で王家の人たちを平気でギロチンにかけまくれたわけですね。日本では到底許されることではありません。

 今、覚醒した日本人は、国民を「おおみたから」として日々安寧をお祈りされる天皇には感謝の心しかありません。天皇を戴くこの国に生まれてよかったと、しみじみ思いますね。

【追記】コメント欄でご指摘をいただいたのですが、確かに昭和天皇も皇室財産を国に差し出してくれはったんですね。よう考えたら、戦後間もない頃に比べて今は十分豊かになったんやから、逆に返さなあかんやんか。どうもおかしいと思います。あと、宮家の復活もせんとあきませんね。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

昭和天皇陛下

安田某については、LIVE 中継までしていて、本当に辟易しますね(怒)
それはさておき、昭和天皇は戦後の食糧難を憂い、その費用を賄うために天皇家の財産を処分しようとされたそうですね。その目録をGHQ に持っていったところ、あのマッカーサーが感動のあまり受け取らなかった上に、食料支援を約束したらしいです(実際は、ニューディーラーのせいで、支援は進まなかったようですが)。いつの時代も、天皇陛下は国民のことを思われており、そんな日本に生まれたことが誇りに思われます。

明治天皇から宮廷費を出して頂けたことは知りませんでしたが、先帝陛下が皇室最大の私有財産である御料林を戦後、放棄されて国庫に納められたことも余り知られていませんね。先帝陛下は私有財産を放棄された世界で唯一の君主であらせられます。

世界で一番のお金持ちは英国王室で、多分ですが…日本の皇室よりもタイ王室の方がお金持ちなのではないかと思います。戦争に敗けるとはつくづく屈辱的なことです。

明治天皇については日本に帰化して頂いたドナルド・キーン先生の書かれた「明治天皇」で、どんな方だったか知りました。陛下の日本と臣民を思われた御心を知って日本人に生まれたことは有り難いことだと何度も泣いてしまいました。

皇室、皇族の方々も相続税で御苦労されています。

>戦後、天皇家の財産は国の管理下に置かれることになってるようですが、これ自体、とても不敬なことやと、最近、私は思うようになりました。人の財産を勝手に手をつけたらあかんやろ、という話です。

不敬に当たるかもしれませんが、皇室や皇族の方々が資産を持ってご自分で管理されるのと、国が管理して皇室、皇族としての品位を保つ範囲内で身の回りの費用を国が支給するのと、どちらが良いでしょう?

私は、できる限り御不自由が無いように、身の回りの費用は国費で賄い、御料地(御用邸やら多摩御陵やら莫大な不動産)や皇室財産(三種の神器を始め、様々な価値が付けられない宝物など)は国費で管理すべきと思いますね。

ただし、国の管理が行き過ぎると、皇室、皇族の方々の思いを理解されないことが多くなり、色々問題があろうと思います。その辺のさじ加減が、法律では難しいかもしれません。

明治天皇の御世では、皇室財産は主に国有林のようですね。この皇室財産の形成には、憲法制定に深く係りがあるようで、国会を開設し、大日本帝国憲法を発布すると国家予算が国会の承認を要することになり、当時の天皇の臣下のお公家さん達がこれを嫌ったようです。

岩倉具視は、国会開設前に国有財産の相当部分を皇室財産に移し、国会から遮断することを考え、1898年(明治22年)頃にそれまでの官有林(国有林)は大部分が御料林にされ、他の形でも国の財産が皇室財産に大規模に転換されたそうです。(以上、wikipediaより転載)

これが敗戦直後まで続いたのですが、GHQにより解体されたのですね。しかし、これはこれで良かったのではないかと思います。戦前であれば林業で大儲けできたようですが、戦後の林業の衰退を見ると、皇室で林業経営されていた場合、莫大な損失を蒙ることになったかもしれません。

それと、皇室、皇族の方々も相続税を御支払いになるそうで、昭和天皇の弟宮でいらっしゃる高松宮殿下が薨去された際には、相続人の同妃喜久子殿下は、約350億円もの相続税を納税されたそうです。そのため、金融資産では納税しきれずに、物納(御料地を国へ渡す)という形で納税されたそうです。

金融資産ならばいいのですが、土地建物の不動産に相続税がかかるとなると、皇室、皇族の方々も大変だと思います。相続税とは、王家や貴族、財閥を弱体化させるために考え出された税金なのでしょうね。

Re: 昭和天皇陛下

田中一郎 さん、コメントありがとうございます。
そうそう、昭和天皇のことも書こうと思てたので、追記させてもらいました。

Re: タイトルなし

彩希 さん、コメントありがとうございます。
そうなんですね、昭和天皇のことも追記させていただきました。忘れたらあかんな。

Re: 皇室、皇族の方々も相続税で御苦労されています。

吹雪 さん、コメントありがとうございます。
なるほど。いろいろと勉強になります。
たしかに財産の管理はむずかしいですね。
それと、相続税はやはり問題あり、ですね。
これは皇室に限らず、一般人にとっても大きな問題ですよね。

天皇と臣民 vs 共産主義

>相続税とは、王家や貴族、財閥を弱体化させるために考え出された税金なのでしょうね。
共産主義系の目論みの匂いがプンプンしますね。

1928年6月1日付のフランス在住のカール・マルクス宛に
Baruch Levyが共産主義の構想を考えてくれ、さすれば全てが
ユダヤ人の手中に収まるという内容の手紙を出しており、
その手紙の画像も残ってます。

あのカール・マルクスの共産主義、社会主義思想はここから発足し、
労働階級を騙し唆してきた。共産主義は強欲ユダヤ人が発祥なんですねぇ。
今も日本共産党は日本の由緒正しい皇族の廃止論を謳ってますね。

日本国以外の支配者層は、庶民から搾取簒奪してきた経緯から
対立構造を利用しやすい土壌があったが、日本国の帝は国民を
「大御宝」として大切されていた。
故に諸外国のような対立構造を持たない。
結果共産主義・社会主義思想が広がり難かった。

其処を瓦解すべく、先の大戦を大いに利用し、国民と天皇・皇族との
対立構造を成立させようと策を凝らした。
その巧妙だが、バカげた洗脳にまんまと引っかかる類の者も身近に
いたので、情けないやら・・、ですわ。

余談ですが、「ディープ・ステート」とはユダヤ財閥と云っても
過言ではないそうで、リベラル=ユダヤ思考とも云うそうです。
トランプ大統領のお蔭で、こういった発言も口に出来るようになり、
有難い限りです。日本の各評論家たちは保身の為には、絶対に口に
出せない、出さない、「陰謀論」という風説に逃げるしかなかったん
ですね。

現在、米国内で、自作自演っぽい、
爆発物騒動が話題をさらってますね。

No title

日清戦争のときの戦利金が皇室財産としてスイスの銀行に有って小和田氏が勝手に引き出したとかいうあの話ですかね、でもあれなぜそんな金が皇室のものになってるのかはよく分からないです。戦争によって国民にも多大なしわ寄せが行くことを思えば国家のものになるべきお金だったと思います。別に明治大正昭和の陛下なら管理をお任せしても何にも問題は無いと思いますが、今上はどうかな。あまりにも外国の考え方の影響を受けておられて、芯が揺らいでるっていうか、ご子孫が伝統的な祭祀を放り出してもいいとか外国の王室と同じがいい、キリスト教でもいいやないかっていうお考えになっておられるのなら、今上のご子孫ではなくても伝統的な神道を守っていただける方を旧皇族かどこかから探して御位を渡していただきたいなと、まあ不穏なことを考えてしまいますわ。あれ、一体何なのでしょうね、小和田氏の事件。

Re: 天皇と臣民 vs 共産主義

日本国民 さん、コメントありがとうございます。

> 現在、米国内で、自作自演っぽい、爆発物騒動が話題をさらってますね。
・・・・・いやあ、これ、対象が見事に反トランプ側やし、致命的な被害にはなってないところなど、なあんか、めっちゃ怪しいですね。

Re: No title

◯◯さん、コメントありがとうございます。
「小和田さんの事件」というのはどこまでホンマのことか知りませんし、確かめようがありませんので、何とも言えません。
ただ、小和田さんの「日本ハンディキャップ国家論」という、「戦争で負けた悪い日本は、謝り続けなあかん国や」という意味の論文?を書きはったのは事実ですね。

スレ違いですいません。

スレ違いですいません。

今、まとめサイトの「保守速報」や「もえるあじあ」、他にも「シェア ニュース ジャパン」や「アノニマスポスト」等が、敵の攻撃でネット遮断されています。

これが、自由で平和で安全で民主的な日本国の実態です。まるで日本は、特定勢力が支配する独裁国家のようです。恐ろしい事です。

此処も気を付けて下さい。

Re: スレ違いですいません。

名無し。さん、コメントありがとうございます。
保守系のサイトが次々と遮断?されてるみたいですね。
昨年3月、このブログを始めるにあたって少し調べたんですが、
fc2ブログのサーバーはアメリカにあるので、万一アタックがあってもアメリカ(FBI?)が黙ってへんやろ、という話を見つけて、ここにしました(笑)。
ご忠告ありがとうございます。
あちら側もだいぶ焦ってるのかも知れませんね。
しっかし腹立たしいことには変わりませんね、この言論封殺。

いつも有難うございます。

皇室を貶める(稚拙な印象操作)blogより
上位にランクインされますように。
なにわ様を応援します。

Re: いつも有難うございます。

川田 さん、コメントありがとうございます。
皇室関係はいろいろあってややこしいですね(笑)。