FC2ブログ
2018/11/01

「徴用工」とちゃうやんか。どうせウソつき恫喝裁判やけど、これはもう戦争やで。

指差し小
 もうあまりにアホらしいて、日本人はみんなあきれ返ってると思いますが、例の韓国の「徴用工裁判」の件。戦時中に新日鉄住金(旧日本製鉄)で働いていた4人の元工員に、損害賠償を支払うように会社側に命じた、ということですね。今日(11月1日)の産経新聞の「正論」に、西岡力さんがこのことについて、めっちゃ重要なことを書いてはります(「韓国の対日『歴史戦』に対応せよ」)。

 この4人の経歴を調べたら、なんとこの人たちは「徴用」ではないんやそうです。
 <1人は1941年に、3人は43年に徴用ではなく「募集」「官斡旋」で渡日している。なんと2人は平壌で日本製鉄の工員募集の広告を見て、担当者の面接を受けて合格し、その引率で渡日したという。>つまりこれは、<戦時における合法的な民間企業での期限契約賃労働だった。>

 ええー、「徴用工」とは違うかったんか。西岡さんはこの記事の中で、当時の日本の国家総動員法に基づく朝鮮での労働動員には3つのタイプがあることを書いてくれてはります。戦争が深まるにつれて「募集」→「官斡旋」→「徴用」と進んでいった、と。<当時、日本人男性の多くが徴兵のため不在で、日本本土は極度の労働力不足となり賃金が高騰していた。>

 ははーん、ここやな。もうわかってしまいましたね。日本に行けばめっちゃええ給料がもらえるからということで、不正渡航者がものごっついたくさんいたそうです。また、正式に渡日して職についても、もっといい給料のところを見つけて別の職場に移るものもたくさんいたそうです。そらあ、働き盛りの日本人男性はみんな戦争に行ってたから、美味しい職場はいっぱいあったことは容易に想像できますね。

 今回の原告たちはウソをついて、過酷な労働環境やったことを吹聴してるそうですが、日本側としては過去の記録や先輩社員らの証言を集めておくべきだと西岡さんは主張してはります。実はこの戦時動員の裁判は、1990年代に、何と日本人が朝鮮半島でいわゆる「被害者」を捜し出して始まったんやそうです。構造としては「慰安婦」問題といっしょですね。

 「従軍慰安婦」問題も、事実として、ものごっついたくさんの給料を貰うてた証拠がちゃんと残ってますね。せやから今は論点は、戦時に「強制的に」連れて来られた、というところに変わったんですが、これも破綻してしまっていますね。いや、そらそうや、わずか70年ちょっと前の話、ウソをつき始めたら、いっぱい辻褄が合わんようになりますがな。

 それでもあちらの人たちは「ウソも百回ゆうたらホンマになる」人たちです。西岡さんはこれは「歴史戦」という戦争なんやから、日本は国として徹底した調査研究と国際広報を行うべき、と主張してはります。

 私も「覚醒」してから「被害者ビジネス」という言葉を知りました。ホンマに意地きたない「ビジネス」ですね。恥ずかしいという観念のない人たちにしかでけへんことですね。せやけどこれは「戦争」と認識して、しっかり戦わんとあかんレベルになってるということですね。あーきしょくわる。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

迷走韓国

裁判傍聴で怒りと疲労感でいっぱいの処に、
怒り心頭な問題が目白押しですね。

さてさて、徴用工裁判の有罪判決問題で日本中が
盛り上がっていますし、今までどっちつかずであった
様な層にまで、嫌悪感を抱かせる結果を招く愚かさ加減に、
アぁ、あの民族らしいなと馬鹿馬鹿しさ満載。

そんなことしなくても在外韓国人の資産に課税徴収する
方向に舵を切ればよろしいのに・・・ああっ、あれは統一後に
没収予定なんですね?納得です。

『被害者ビジネス』という戦術。今回ばかりは、
世界からは白眼視されて、いよいよまともには
交流不可能な国とレッテルを貼られる事に至るだけでしょう。

韓国は北朝鮮制裁違反行為の注意、勧告を米国から
直接銀行や企業にお電話を頂くくらい、国としての
信用性ゼロな状態ですしね。
もっと制裁違反を進捗させて米国にでも潰されれば
よろしいのに。韓国経済が崩壊すれば、北主導の統一
が捗りますし、在日さんはご帰国せねばなりません。

そういえば、渡邉哲也氏のツイで、朝鮮人労働者
(徴用工?)さんの給与明細の画像を提示されて
いた方がいました。おばちゃんは訪問されている
ようですが、ご覧になりましたか?
高給取りですよね。

当時の朝鮮人に対する厚遇ぶりと
画像(風呂に浸かっている写真付)の記事を載せていた
新聞を過去どこかの保守系サイトで目にした覚えがあります。
うーんどこだったかなぁ・・?
あぁ、あれは軍艦島に関する記事だったような記憶です。
どんな場合にも日本は朝鮮人を厚遇してきているようですね。(アホラシ)

そういえば世界を股にかけて大規模被害者に扮することに
長けた某民族も有名ですね。
その民族名はTV、マスコミでは禁句らしいです。

Re: 迷走韓国

日本国民 さん、コメントありがとうございます。

> そういえば、渡邉哲也氏のツイで、朝鮮人労働者
> (徴用工?)さんの給与明細の画像を提示されて
> いた方がいました。おばちゃんは訪問されている
> ようですが、ご覧になりましたか?
> 高給取りですよね。
・・・・・あ、それはまだ見てませんね。証拠集めをしとかなあきませんね、日本政府。

> そういえば世界を股にかけて大規模被害者に扮することに
> 長けた某民族も有名ですね。
・・・・・おおー、くわばらくわばら(笑)。

お花畑の日本人も、これで覚醒できるかな?

件の給与明細ですが、別のサイトで、当時の巡査の給与が45円で、朝鮮人労働者の給与が50円というのを見ましたよ。
しかし、さすがに今回の件では左翼メディアも手放しで擁護はできないみたいですね。朝日、毎日でも批判していましたから(但し、後の結論は日本批判もしていましたが)。
ただ、テレビや新聞しか見ない人と話をすると、今回の件はひどいが悪いこともしていたかもしれない、との論調を聞きます。WGIPの呪縛から抜けられない人は、まだまだいますね。

さて、今回の新日鉄は幸いにして有形資産が韓国内にないようですから、有効な差押は無理なようですが(国外の資産も差し押さえるとか、バカなことは言っているようですが)、他の企業の場合はそうはいかないかもしれません。早急に撤退すべきでしょうが、この期に及んでも留まれば、それは本当のバカですね。

追記

連投失礼します。
個人的感情は抜きにして、努めて冷静に今回の件を考えてみました。
現在、韓国は孤立化の道を走っているように思えます。
先ずは、前にあった対馬の仏像を返さない事件。この影響で世界の美術館は美術品の貸出を渋っているそうです。何せ、貸したら返ってこないかもしれないですから。先だっても美術展のために日本に美術品の貸出依頼があったそうですが、返してくれる保証がないことを理由に拒絶されています。
次に、日韓合意の実質的破棄。アメリカは完全に、韓国見捨てましたね。今後の防衛ラインは、沖縄ー台湾とするようです。
そして、ライダイハン問題。遂にイギリスBBC までもが取り上げています。
さて、このライダイハン問題ですが、最初に言い出したのが慰安婦問題で日本を攻撃している挺隊協ということです。日本を攻撃し、返す刀で韓国を批判する。まぁ、この組織には、北朝鮮工作員が入り込んでいると言われていますから。
今回の徴用工についても、何かしらの工作があるとも考えられますね。

かつて、日本でもボーイスカウトの活動が盛んだった頃、活動の一貫で韓国に団体で行った人がいました。当時はお揃いで日本国旗が胸に刺繍された上着を着用していたそうですが、全く問題なかったそうです(エレベーターの中で、一人のおじいさんに睨まれたぐらいだそうです)。
今なら、どうなのでしょうか?

韓国を孤立させて特になるのは、誰なのか?そう考えると、別の面も見えてくるかも。

お~、くわばら、くわばら、桑原和男。
奥目の八っちゃん、岡八郎(笑)

個人補償費は、漢江の奇跡で無くなりました。

ナニワの劇オコおばちゃん様、お疲れ様でした。

>日本に行けばめっちゃええ給料がもらえるからということで、不正渡航者がものごっついたくさんいたそうです。

1941年は昭和16年ですね。この年の12月8日に大日本帝国海軍は真珠湾攻撃を行い、英米に宣戦布告して大東亜戦争の一部である太平洋戦争を開戦しますね。この徴用工の方々が日本に来られたのは、このような時期です。

これを遡ること4年前の1937年(昭和12年)に日中戦争が勃発します。その翌年の1938年(昭和13年)には、国家総動員法が制定され、政府は、議会の承認なしで、労働力・物資・資金・施設などを統制し使えるようになりました。またその翌年の1939年(昭和14年)には、国民徴用令が出され、厚生大臣が徴用命令を発して、軍需工業に国民を徴用できるようになりました。

「徴用については、当初こそは、徴兵に次いで国家に奉公する名誉が与えられたとする考えもあり、積極的に徴用に応じる空気もあったが、労働環境の劣悪ぶりと度重なる徴用令、そして勤務先の強制的な解散・組織全体の徴用などに伴って、徴用に対する一般国民の反発は高まっていった。既に1940年(昭和15年)の段階で徴用拒否者が問題化し、徴用の動員令状である「白紙」は、軍隊の召集令状である「赤紙」と並んで人々を恐れさせた。」(以上、wikipediaより転載)

徴用については、当時の日本人の庶民も苦労していたのですね。

慰安婦と同じく、徴用で苦労された方には同情を禁じえませんが、徴用に関しては日本政府が行ったことで、日本の民間企業には無関係です。慰安婦と劇的に異なるのが、「徴用」に関しては、おもいっきり日本政府が関与していますので、徴用工の方々は、まず日本政府を訴えるべきです。

次に日本政府は、1965年(昭和40年)に日韓請求権協定を結び、日本が韓国に対して無償3億ドル、有償2億ドルを供与することなどで、両国及びその国民の間の請求権に関する問題が「完全かつ最終的に解決された」と確認しています。個人への補償もこれに含まれています。

だから、日本政府は韓国政府に対し、韓国籍の元徴用工に対し、個人補償するよう要求すべきです。そして、元徴用工の方々は、韓国政府を相手に訴訟を起こすべきですね。

ネットでは常識になっていますが、この日韓請求権協定のときに、日本側から韓国へ個人補償したいからリストを提出して欲しいとお願いしたら、個人補償は韓国側で行うから金を払えと言ってきたのですね。そして日本が払った金は、韓国国民へは行かず、国の発展に使用したと。そして漢江の奇跡が起きたそうですね。(北朝鮮分も韓国に支払ったらしいですねw)

徴用工に関しては、韓国の国内問題です。日本のマスコミや法曹界がどれだけ騒ごうとも、日本政府と日本人は毅然とした態度で冷静に対応すべきですね。

No title

LINEは危険、大株主は韓国人、役員も韓国人・韓国政府はLINEを傍受し情報収集・赤字でも日米上場


関連情報で確認できる通りLINEは危険であ
る。 公共の秩序を乱す為に株式上場に規定に
違反し ている。

LINEは、韓国企業の100%子会社、
役員の多くも韓国人韓国政府・国家情報院
(旧KCIA)は、韓国企業「LINE」を
傍受し、情報収集・保管・分析を行っている。

(韓国政府が認めている。
韓国には通信の秘密を守る法律がない。)

そもそも無料通話・メールアプリ「LINE」は、韓国企業「ネイバー」の100%子会社
なのだから、その時点で「LINE」も韓国
企業なのだ!
本来LINEは完全なる韓国企業だが、
役員に日本人や在日韓国人を紛れ込ませてま
るで日本企業のように偽装している。
(成りすまし企業、成りすまし総理と同じ)
それでも、LINEに出資している100%
近い大株主が韓国企業「ネイバー」であり、
その他株主も大半が韓国人なので、LINE
が韓国企業であることは明白だ。


関連記事で確認できる通りLINEは危険で
ある。
公共の秩序を乱す為に株式上場の規定に違反
している。
 経営収支は赤字の南朝鮮(現韓国)の企業
証券取引等監視委員会にLINE上場の撤
回を要請しよう。

詳細は
愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba

Re: お花畑の日本人も、これで覚醒できるかな?

田中一郎 さん、コメントありがとうございます。
西岡力さんはちゃんと対策をするように訴えてはりますね。

Re: 追記

田中一郎 さん、コメントありがとうございます。
> 今後の防衛ラインは、沖縄ー台湾とするようです。
・・・・・ここを私ら日本人はちゃんと理解しとかなあきませんね。

Re: 個人補償費は、漢江の奇跡で無くなりました。

吹雪 さん、コメントありがとうございます。
ここのブログはいつもコメント欄の方が役に立つので(笑)有難いです。

> 徴用工に関しては、韓国の国内問題です。
・・・・・まさにここですね。粛々と対応してほしいですね。その結果、自然と断交、みたいな(笑)。

参考までに・・。

第五次日韓会談予備会談 一般請求権小委員会会議録
第13次会談 抜粋 1961年5月10日

https://pbs.twimg.com/media/DqxOuNGV4AIC-bM.jpg

Re: 参考までに・・。

日本国民 さん、ありがとうございます。
動かぬ証拠ですね。