FC2ブログ
2018/11/18

「北方領土」はいつ4島に?日露平和条約を結ばせたくないのは誰?

自転車小
 読売新聞の渡邉恒雄さんが亡くなったという噂が出ていますが、どうも安倍ちゃんが昨日(17日)までパプアニューギニアでAPECに出てはったから、お通夜に間に合わせるために、帰国してから発表するらしい、とか、色々と飛び交ってますね。うーむ、ちょっとこれからいろいろと変わりそうですね。

 で、そのAPEC(アジア太平洋経済協力会議)で安倍ちゃんが北方領土問題に触れて、昭和31(1956)年の日ソ共同宣言を基礎として、平和条約交渉を加速させることで合意した、と発表したことで大騒ぎになってます。3日ほど経ったので、色々と言う人が出てきました。

 私らの年代の「北方領土」のイメージは「四島」ですよね。国後、択捉、歯舞、色丹。最低でもこれが返ってけえへんかったら意味がない、ソ連、ロシア、返さんかい!と、右翼の街宣車がしょっちゅう走り回ってたイメージです。右翼の街宣車というのは実は、、、という話はとりあえず置いといて、いずれにしてもソ連というのは、原爆が落とされたすぐ後に日ソ不可侵条約を破って参戦して、領土を勝手に奪った、とにかくズルくて信用ならへん国や、というのが大方の私ら日本人のイメージやと思います。

 実際、それなりに勉強してみると、昔は樺太も合法的に日本領やったし、千島樺太交換条約を結んだあとは、千島列島全部が日本領になってたんとちゃうんか?と思うこともあります。結局一番ナットクできるのは、戦争に負けたら後は敵に取られるだけなんや、ということです。そう考えると、次に戦争でも起こしてロシアに勝たへん限り、千島や樺太が日本領に戻る事なんか、千年待ってもないやろなあ、というわけです。

 話は戻って、今日(18日)の産経新聞に佐藤優さんの記事が出てました。結論から先に書くと、
 <いずれにせよ来年6月のG20サミ ット(主要8カ国首脳会議)が大阪で開かれるときまでに北方領土問題が解決される可能性が出てきた。日露提携で、中国を牽制することも可能になる。安倍首相にしかできない戦略的決断を筆者は強く支持する。>ということです。

 佐藤さんは、今回の「日ソ共同宣言を基礎に条約締結交渉を加速させることで合意した」という報道を素直に読んでみよう、と言いはります。日ソはまず平和条約を結び、その後に2島を引き渡す、ということはこの宣言ではすでに合意しており、両国での批准も済んでいることで、国際的にも合法なんですね。佐藤さんはこの「引き渡す」は主権を伴うものであることは明白、としてはります。まあロシアはいろいろブラフで言うてくるんでしょうが。そして気になる残りの2島について。

 <国後島と択捉島はロシアの主権下で、経済活動などについて日本に特別の地位を認める制度を作ることができる。特別の条約を結んでもいい。これで2島返還プラスアルファが実現する。>
 <国後島と択捉島に日本人が進出し、島の日本化を進めることで、将来、ロシアとの合意によりこれら2島を日本領とする可能性も閉ざされていない。今後の交渉で重要なのは、歯舞群島と色丹島の主権が日本にあることをロシアが明示的に認めることだ。>

 また、この2島にはアメリカ軍を置かないこともロシアは絶対要求してくるから、これはトランプさんともうまく交渉してプーチンを安心させなあかん、とも書いてはります。
 そしたら昨日(17日)の鍛冶俊樹の軍事ジャーナル「日露首脳会談の衝撃!」で鍛冶さんが書いてはりました。
 <トランプはもともと親露的だが、米国には冷戦期以来のロシア脅威論が今も根強く残っていて米露接近を容易に許さない。そこでプーチンが試みたのが対日接近だ。今回の平和条約交渉はロシアが急いでいるのであって、日本が焦っている訳ではない。領土問題に限定するなら日本は2島返還に加えて、プラスどれだけの成果が得られるか、今後の交渉次第ということになろうが、いずれにしてもロシアが対中包囲網に参加すれば、中国はもはや袋のネズミである。>

 ははーん、佐藤さんも鍛冶さんも「中国」のことを言うてはります。そうか、今脅威なのは「中国」で、これをアメリカの側に(レベルの差はありながらも)立って、排除するためにも、日露はこの北方領土問題をうまく使う、ということやんか。そう考えると、トランプさんともプーチン君とも良好な関係ができてる安倍ちゃんにしか、こんな難しい交渉はでけへんなあと思いますよね。

 もう一人、ロシアのことを語るならこの人を忘れたらあかんな。北野幸伯さんです。今日のメルマガの記事です。
 <私が28年モスクワに住んで得た結論は、「日本が4島返還にこだわりつづければ、おそらく永遠に1島も戻ってこないし、日ロの戦争状態も永遠ににつづく」ということ。>
 北野さんの話はこの後まだ2回にわたって続くそうです。

 何となくわかってきました。私ら日本人は、最初に書いた街宣右翼だけのせいやないでしょうけど、北方領土は四島、と思わされてきたんとちゃうか?実はそれを言うことで、わざとソ連(ロシア)と絶対に平和条約を結ばせんようにしてた、ということも有り得るんとちゃうか?日本とロシアが平和条約を結ばへんことが利益になる国って、、、あ、それは実はトランプさん以前のアメリカとちゃうんか?でも今は、、、というわけですね。(実は英仏も怪しいとか)。

 いやあ、外交って、キツネとタヌキの化かし合いやけど、ここは私ら日本人、何が国益になるんか、しっかり判断せなあかんな。何が何でも安倍ちゃんを批判したい人は、今回も必ずぎゃーぎゃー言うだけやと思うけど、今、実はものごっつい勢いで世界史が変わろうとしてるんとちゃうか。


人気ブログランキング

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

孤高の人

>わざとソ連(ロシア)と絶対に平和条約
>を結ばせんようにしてた、ということも
>有り得るんとちゃうか?日本とロシアが
>平和条約を結ばへんことが利益になる
>国って
・・・・
 今現在の ロシアと米国、英国との対立の原点は何か?
この点を何も知らされずに西側メディアの報道を妄信
している人が多い。
モスクワ在住の「北野幸伯」氏の「プーチン最後の聖戦」
という自著の中でその詳細な経緯を書き記している。

現在の英米、露、中を巡る綱引きの元は何か?
ソ連崩壊後 露の石油支配を巡り 既に米露は15年に渡る闘争を
続けている。それはソ連崩壊に乗じて露石油会社を乗っ取り、
脱税や富の独占を図ったユダヤ系オリガーキのホドロコフスキーを
プーチンが追放したのが発端。ホドロコフスキーが米ネオコンと組んで
プーチン追い落としを図る中、安倍首相も難しい舵取り。

「プーチン最後の聖戦」という著書の中では北野幸伯氏は
「イラクの実質的侵略を果たした米国は次にイランを狙う」
と記している。 その目的は●ドル防衛●石油、ガス支配
●イスラエル防衛●中国封じ込め… シリア侵略が失敗しつつある今、
英米はイランに対する「悪魔化プロパガンダ」が始まる…と予測

https://pbs.twimg.com/media/DZHkOVJU8AAKZ8g.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DZHkOv6VAAAeaGe.jpg

ユダヤ系オリガーキを巡る「石油利権争い」が発端で15年に渡る
死闘を繰り広げている米国とロシア…米国との敵対によってロシアと
中国が接近、中国は韓国も取り込み「反日、日米離間」工作まで繰り
広げている。
その中で、安倍首相の微妙な外交が繰り広げられて来たのでは?

北方領土

おはようございます
毎朝拝見しております

 何十年も前 中学の地理で沖縄が帰れば、北方領土も還ると教わりました。
でも 未だですね。
 
 暫く前「戦争で取られた領土は戦争で」と仰ってました。
現代のドンパチは鉄砲玉ではなく(世界最強の)円と言うことでしょうか。
 
 今は昔 韓国での話 「ロシアには騙されるな、日本にはついていけ」と韓国人が言っていました。
 
 浪速の素敵なおばちゃんさん

 応援してまっせ
 


対中包囲網?

お隣の唐の国は、アフリカなどに武器を輸出していますが、元々はロシアの市場。要は、人のシマで勝手に商売をしていると言う状況ですね。ロシアとしては苦々しく思っていますが、如何せんロシア経済はそれほど高くない。プーチン大統領としては、ここはアメリカ及び日本と手を組みたいと思っているのではないでしょうか。そう考えると、唐の国のキンペー君はなんとか阻止したいと思っていることでしょう。今後は、中·北·韓vs日米の貿易戦争が始まるとの意見もあります。ロシアが参戦を考えてもおかしくないかと。
日露平和条約を阻止したいのは誰か?
個人的には、色々と夢想しています。

2島返還=7%返還

>北方領土は四島、と思わされてきたんとちゃうか?実はそれを言うことで、わざとソ連(ロシア)と絶対に平和条約を結ばせんようにしてた、ということも有り得るんとちゃうか?

おっしゃる通りですね。日本の領土は、北方4島以外にも樺太の南半分と、カムチャッカ半島まで続く千島列島(グーグルマップでは、クリル列島になってます)があります。

そして、北方4島の2島返還論にも「洗脳」までは行きませんが、「思い込み」が含まれています。「4島のうち2島返還されるなら半分は返って来るからまあいいか」というレベルで2島返還論に賛成されている方は注意してください。返って来るのは色丹島と歯舞群島です。数で言えば半分の2島ですが、面積で言えば北方4島の合計面積の7%が返還されるということです。

①択捉島(3,187㎢)
②国後島(1,490㎢)
③色丹島(255㎢)
④歯舞群島(複数の島の合計99.94㎢)

朝鮮系の街宣右翼が北方4島の返還を阻止するのは、竹島を返せと言われるのが嫌だからでしょうね。「ソ連は北方4島を返してくれた、韓国も竹島を返せ」と言われると嫌でしょうね。どちらも戦後のどさくさの火事場泥棒ですからw

>結局一番ナットクできるのは、戦争に負けたら後は敵に取られるだけなんや、ということです。

その通りなんです。70年前の出来事について、国際法違反だ!相互不可侵条約違反だ!人道的に劣る!などと批判してみても、「今更、何を言っているんだ。それなら何故70年前に抗議するなり、実力で取り返しに来なかったんだ?」と言われてしまえばそれまでです。

だから、戦争はやってはいけないのです。そしてやるからには絶対に負けてはいけません。

しかし、戦後70年も日露平和条約が締結されていないというのは異常だと思います。平和条約は、戦争状態を終結するために結ぶ条約です。裏を返せば、日露は未だ戦争状態だということです。

保守の方々、故郷を追われた方々にはお叱りを受けそうですが、私は日露平和条約を先に締結しても良いと考えます。2島返還されるなら尚更良いと考えますね。

今まで安倍総理は4島一括返還を言われてきましたが、何故このタイミングで気が変わったのでしょうか?某ラジオで聞いた話では、鈴木宗男さんが、元島民全員の意見として、「4島へ自由に行けるようになれば、2島返還でも良い」という意思があると安倍総理に伝えたからだそうです。

大きな決断だと思います。下手をすると人気取り、自分の外交成果のために国土を売るのかなどの誹りを受けるでしょう。しかし、まずは日本国全体の国益、次に当事者たる元島民の方々、この二つが重要ですね。

最初に戻りますが、南樺太も千島列島もあるのです。北方4島が返還されても終わりではないのです。それならむしろ、北方4島だけではなく、南樺太、千島列島も含めて日露で共同開発したらどうですかね?土地は使ってこそ意味があるものです。紙の上での帰属や施政権だけを争ってみても、日本に実利は生まれません。このままでは100年過ぎても、1000年過ぎても何も変わりません。

安倍総理が第一次安倍内閣を退陣したのは持病の悪化が原因です。しかし、党内の反対勢力により退陣に追い込まれた向きもあるそうです。親中派議員だそうですが、今回の2島返還と平和条約の締結で窮地に追い込まれるのはどこの国か?年内まで1ヶ月半を切りましたが、何事も起きなければ良いのですが。

単なる思いつき

昼食を食べていてふと思いつきました。

「入管法改正」+「北方領土2島返還」はセットなのではないかと・・・。

そうするといくつかの疑問が氷解します。

①プーチン大統領が、領土問題を棚上げして年内に平和条約を締結しようと急に発言した。(日本側の法整備が遅く、2島の施政権を引き渡せない状態を揶揄したのではないか?)

②プーチン大統領が、2島返還論について、日ソ共同宣言では島の帰属(領有権)は、はっきりしていないと発言した。(逆に言うと、施政権は日本にあるということを示唆したのではないか)

③高橋洋一さんですら、今回の「入管法改正」は拙速だったと言って安倍政権を非難している。(何か緊急に入管法を改正する必要があった。特に在留資格で)

2島返還するにしても、ロシア人の島民をどうするかが問題です。強制退去させることはできないですから、2島が返還されれば、日本の施政下の島にロシア人国籍の島民が突如多数(色丹島2,916人、歯舞群島0人)生まれます。

この方々の在留資格を作る必要がありますね。永住者の場合、所得条件として10年以上の在留+就労・居住資格5年が引っかかってくるので使えないかもしれません。日本には、就労ビザはありませんから、単純作業もできるような就労ビザ、特定技能1号を作るしかなかったのではないでしょうか?

まあ、単なる思いつきです。

Re: 孤高の人

日本国民 さん、コメントありがとうございます。
北野幸伯さんの話はめっちゃわかりやすいですよね。
大事なことを繰り返してくれはるので。
それにしても外交の綱渡り、ホンマむずかしいですね。

Re: 北方領土

千曲川 さん、コメントありがとうございます。
>  何十年も前 中学の地理で沖縄が帰れば、北方領土も還ると教わりました。
・・・・・何か、そんな甘ーい時代もありましたよね(笑)。

Re: 対中包囲網?

田中一郎 さん、コメントありがとうございます。
今日(19日)の産経新聞に、袴田茂樹さんが「正論」に寄稿してはりましたね。
「あんたの言うことは正しい。で?」
という話やと思いました。
「4島」を言う限り、永遠に1島も帰ってこない、というのが現実やと思いますね。

Re: 単なる思いつき

吹雪 さん、コメントありがとうございます。
ああーーーっ。それかー。
一気にナゾが解ける気がします!
そら、どう考えても高橋洋一さんが書いてはったように、今回はめっちゃ拙速でしたからね。
やっぱり安倍ちゃん、めっちゃ策士やなあ。
吹雪さん、さすが!(笑)。