FC2ブログ
2017/05/01

靖国参拝

この前、靖国神社に参拝して遊就館にも行ってきたことは書きました。
私が何も知らんかったアホな時、つまり日本は戦争を仕掛けた悪い国、と思わされてた時は靖国神社(「靖」も「国」も字が違うけど、変換で出てきやへん!怒)は軍国主義の象徴で、めっちゃおどろおどろしいとこやと、何となくイメージで思うてました。ほんまアホやったわ。

で、この靖国神社、第二次安倍内閣になってから安倍ちゃんはまだ1回しか参拝してはりません。一国の首相が、国のために戦って命を落とされた方の霊を慰めに参拝することが、何で他国から批判されなあかんねん、といつも思います。

政教分離の原則、信教の自由の問題、公的か私的かの別、「戦犯」合祀の問題など、めっちゃいろいろな問題があるように言われるけど、結局それらはみんな、日本をいつまでも敗戦国のままにしておいて、いつまでも「反省」させておくためにつけてくる言いがかりでしかないと思うわ。

じっさいのところ、戦後ずっと歴代首相は靖国神社に参拝し続けていたのが、昭和60年(1985年)に中曽根首相がそれまで毎年行っていた参拝を取りやめたのが今に続いていると思われます。当時、中曽根さんは中共政府トップの胡耀邦と仲良くしようとしていて、朝日新聞や毎日新聞がうるさいもんやから取りやめたらしいで。それが今に続いてるということらしい。

あ、でもその後の小泉純一郎首相は6回も参拝したけどな。
ついでにいろんなことを調べてみたら、靖国神社参拝問題って、もう何十年も続いてるようで、言葉は悪いけど、「アホらし」と思うてしもたわ。結局、「問題」にするんかせえへんのかは、国民の意識次第やということやね。
この前行ったときに、若い人、子供を連れたまだ若い親子がたくさん来てはったことが救いやと思います。

繰り返すけど、国のために戦って命を落としはった人たちの霊を慰めに行くことが何で非難されなあかんねんな。
日本人、しっかりせなあかんで、ホンマに。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント