FC2ブログ
2017/06/29

中国人て、、、

すみません、最近は本からの引用が多いんやけど、そもそも私のネタ元やねんから許してください。
今日は、いつも読んでる宮崎正弘さんのメルマガに時々載ってる「樋泉克夫のコラム【知道中国】」からです。

徳富蘇峰(猪一郎)の『七十八日遊記』という本の解題やねんけど、チャイナ人のことを書いたところがめっちゃ面白かったんで書きます。
チャイナ人は「正邪の標準なくして、利害の打算あり」ということを、現代の言葉で言い換えたらさしずめこうなるんやろうなあ、ということで書いてあります。
チャイナ人は社交辞令がうまいということで、モノも言いよう、言いくるめられたらあかんで、という意味なんやけど、それがおかしいて、、、。

「小便無用」は「君子自重」
「無用之者不可入」は「閑人免進」
ふうん、うまいなあ、ということで、かつて毛沢東以下歴代の中共トップが言った言葉を今で言い換えればということで
「為人民服務」→「人民搾取」
「新民主主義」→「共産党独裁」
「反右派闘争」→「共産党反対勢力殲滅」
「大躍進」→「大飢饉」
「文化大革命」→「大蛮行」
「先富論」→「格差容認」
「社会主義市場経済」→「強欲野蛮市場経済」
笑えますね。

で結局結論は孔子の言葉、「巧言令色、鮮ナシ仁」となるわけや、と結んではります。
ホンマに日本は難しい隣国に囲まれてますねえ。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント