FC2ブログ
2018/08/25

アメリカは今、国家緊急事態宣言中、しかも米中戦争はもう始まってるとか。

頷く小
 私が時々チェックしてるブログにびっくり記事がありましたので紹介します。「日本の真心が目覚めました」というブログで、主さんはアメリカ西海岸のシリコンバレーに何十年と住んではる日本人の女性やそうです。アメリカではけっこうエグい事件とかも多く、最近は聖職者の児童人身売買の話やらが多く、気持ち悪いなあ、ぐらいの認識でした。でもよう考えると、実は今、アメリカも含めて、世界中がどろどろになっていく可能性もあるぐらいに不安定になってきてるんとちゃうか、と思い始めています。

 8月23日の記事では、<今、アメリカは米憲法を犯してまでシカゴなどの都市が治安維持に国連軍を招き入れ、アメリカ国内の一部の地域では主権を失った状態になっています。言い換えると、アメリカの一部は国連の占領下になってしまっているのです>と書いてはります。そしてまた、上に書いたように「人身売買と腐敗に関する大統領令」が出されていて、その中でなんと国家緊急事態宣言が出されているんやそうです。トランプさんが選挙の時にロシアと共謀して民主党、つまりヒラリー側を妨害した、というロシア疑惑はもう1年以上も言われていながら、何の証拠も出てきてませんよね。まるで日本のモリカケとそっくり、と。

 で、この緊急事態宣言のもとで、今トランプさんは着々と「お掃除」を始めてるんや、ということのようです。そこで私ら日本人が気をつけなあかんのは、一般のアメリカ人にとっては日米同盟なんて実はどうでもいい話で、日本を北朝鮮の脅威から救う、なんて考えてへんということですね。しかも昔は日本人は真珠湾で卑怯な奇襲をしたけど、今の北朝鮮はその時の日本とよう似てる、ぐらいの印象なんやそうです。それは、もともとアメリカは原住民を虐殺しながら建国した国やということを隠しておきたいからとも言える、と。

 そして日本人は基本的に「利他」の精神を持っていて、それがグローバリストにはとても都合が悪いんやということのようです。<日本人が発明すると、セイコーのクオーツ時計のように特許を無料で公開して公共財産にしてしまったり、適正価格で出回るので、人類にとっては非常に良いことなのですが、人類を奴隷にしようとしている、人を殺しても何とも思わない勢力にとっては、非常に迷惑だということです>と。その通りやなあ。

 と、いろいろ悩んでたら、宮崎正弘さんの新刊のお知らせメールが来ました。『米中貿易戦争で始まった中国の破滅』(徳間書店)。もう米中戦争は始まってるんやそうです。
<知財争奪は百年戦争になる/中国が世界のシステムを支配する恐怖/ゴールドマンサックスが全てを間違えた/トランプ戦略は深謀遠慮に満ちている>
ぞくぞくする見出しがいっぱいです。いやあ、これ、読まなあかんな。私ら日本人は、世界から孤立したから戦争に負けたことをちゃんと肝に銘じて、このドロドロの国際社会をうまく渡り歩かなあかんわけや。いろいろあるかもやけど、今のところは安倍ちゃんでよかったとホンマに思います。

2018/07/31

日本はいまだにアメリカの属国なんか?何でも差し出すお人好しニッポン。

パンチ小
 有料情報を買うたら、オマケで三橋貴明さんと上島嘉郎(かみじまよしろう)さんの対談ビデオが付いていたので紹介させてもらいます。上島さんはもうすぐ還暦やそうで、産経新聞に勤めてて、最後は雑誌「正論」の編集長をやってはりました。今はフリーのジャーナリストということらしい。最近も、私が前にも書いた「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」のことやら、GHQの「洗脳」のこと、日本のメディアがおかしい、みたいなことについて、積極的に発言してはるみたいです。

 これはもう誰もが言うてることでもありますが、そもそも日本国憲法の目的は、日本をとにかく二度とアメリカに逆らえんように、徹底的に弱くすることにあったんや、ということですね。日本以外の全ての国は「平和を愛する諸国民」やから、その国々の「公正と信義に信頼して」、日本人は自分の安全と生存を委ねることにされてしもたわけや。しかし問題は結局、今に至るも日本人はあまりにもアメリカの言いなりになってることなんとちゃいますか?ということですね。

 80年代のある頃からアメリカは、日本にはモノづくりではもう勝たれへんとわかってしもた、と。そこでこれからは金融やということで郵政民営化をさせましたと。当時の郵貯はうなるほどのお金、100兆円以上?を持ってましたからね。これを食べてやろうと狙うてたわけですよね。そこで3つに分けたうちのかんぽ生命が、がん保険を始めようとしたところに、もともと日本生命と提携してたはずやのに、アフラックが割り込んできて代理店に収まってしもた、という話。まあその頃はアメリカがガンガンTPPの交渉で、日本を攻めてきてましたからね。

 でも上島さんから見ると、まるで日本側から喜んで差し出しているように見えるのだそうです。かつて戦後間もない頃の日本の官僚は、日本は独立しなければならない、と意識してた、と言います。例えば国連が世界的規模の協力により南極の観測を実施しようとしたときに、戦後10年そこらの日本が「宗谷」をもって手を挙げたとき、世界は冷笑してたそうです。でも結果的には赫々たる成果をあげた、と。今の日本は独立どころか、アメリカのご機嫌をとって自ら色んなものを差し出してるんとちゃうか?という話です。

 まあたしかに戦後、日本の首相というのは、それこそ田中角栄も含めてアメリカに逆ろうたら、みんなそれこそえらい目にあってて、陰謀論とも相まって、結局日本はアメリカの属国やんか、という人がいっぱいいますね。あ、いや実態もその通りやん、と最近は思いますね。でも安倍ちゃんは、今のところトランプさんに頼られてるみたいやから、今がチャンス!なのかも知れませんね。でもイランがヤバい、EUもガタガタ、北朝鮮はどうも新たなICBMを2基、作ってるみたいやという報道が今日、ありましたね。巻き込まれたらあかんけど、今こそ日本はしっかり独立せなあかん!と思いますね。

2018/07/27

報道しないマスゴミ。トランプ会談でのプーチンの爆弾発言。

頷く小
 トランプ大統領が就任してもう1年半になります。アメリカでは相変わらずMSM(メインストリームメディア、日本で言う主流マスコミ、みたいな感じ)はトランプさんが大嫌いで、事あるごとに偏向報道がなされているようです。安倍ちゃんとそっくりですね。

 トランプさんがプーチン大統領とヘルシンキで会談して10日以上経ちましたが、ものごっつい重要な発言があったことが報道されていないようです。日本のマスゴミは、基本的にはMSMの翻訳以上のことは書けないので、当然何もわかりません。今やネットでも世界中の報道が、私らみたいな素人でも簡単に入手できるようになってる時代、ホンマにマスゴミは考えた方がええと思いますけど、んー、アカンやろな。

 で、どんな発言があったんかと言うと、これは木村太郎さんの記事「プーチン大統領が爆弾発言 アメリカ・マスコミは報道せず」を見ましょう。あ、木村太郎さんは、トランプさんの当選を予想していた数少ない一人ですね。で、プーチン発言というのは、「ロシアで指名手配されている人物から4億ドルもの巨額資金が不正にヒラリー・クリントン陣営に寄付されたが、この金の受け渡しに、米国の諜報部員が関わっている」というものです。トランプさんは当選してからずっと、ロシアがアメリカの大統領選挙に介入してトランプ陣営が利益を得た、といういわゆる「ロシア疑惑」が言われてきていますね。

 もちろんトランプさんはずっとこれを否定し続けていて、このことは1年半も捜査が続いているのにまだ何も出て来ていない、と。その間にFBIを始め、色んな機関の責任者も替わりました。一方で、ロシアがアメリカの大統領選挙に対して何もしなかったわけでもないこともわかっているみたいです。せやから余計にややこしいんですよね。

 で、ちょうどこの対談の直前に、アメリカで、ロシアの諜報機関(GRU)の情報部員12人がいきなり起訴されました。容疑内容は、民主党やクリントン陣営関係者にサイバー攻撃を仕掛け、不当に取得した文書やメールをインターネット上に流出させたなどということやそうです。もちろんプーチンは否定しています。そして、逆にこの12人の取り調べに協力することを提案し、この捜査の公平性に疑問を突き付けたようです(ドナルド・トランプNEWS)。

 さらにトランプさんが発言してます。「サーバーで何が起きたかを解明することなしには続けられない」として、「FBIがなぜサーバーを手に入れなかったのか」を問題提起した、と。これはトランプさんが当選するはるか前から言われていることですが、ヒラリーにはとんでもない疑惑があります。私用メール問題ですね。国務長官時代に禁止されている私用メールサーバーを使ってやりとりをしていた問題で、いまだにその内容については公表されていません。これについてトランプさんがチクりと言うたわけですね。もしかしたら、既にトランプさんは、何らかの事実をつかんでいるのかも知れないと、ドナルド・トランプNEWSは書いています。

2018/06/12

国際連合の「敵国」の日本が2番目の分担金をきちんと払うてる!

走る小
 戦後GHQに強いられた自虐史観、東京裁判史観というのはホンマに根強いもんですね。ようやく最近になってだいぶ直ってきてる気はしますが。私が勉強を始めた頃にびっくりしたことの一つがこの「国連」です。日本人には、世界平和のための中立的な公平な機関、というイメージがいまだにあると思います。国連理想主義みたいな感じ。そういえばひところ、小沢一郎さんが「国連中心主義」みたいなことゆうてはりましたね。この人、憲法9条を擁護してる時点で論理破綻してると思いますけどね。

 で、始めに戻って、じつは日本が戦争に負ける前も負けた後も、国連は「UNITED NATIONS」のままやねん。戦前は「UNITED NATIONS」を「連合国」と訳し、戦後は「国際連合」、略して「国連」とゆうてるだけの話やんな。まあ知ってる人は知ってたやろうけど、わたしは5年前、ビックリしたくちでした。それだけやったらまあ外務省が姑息にも、また卑屈にも翻訳を変えただけやん、と悪態をつくだけなんですが、何と今、国連憲章の53条には敵国条項というのがあって、第二次世界大戦時に国連憲章に署名した国の敵国であった国、という規定があるんです。それに該当するのは日本の他、ドイツ、イタリア、ブルガリア、ハンガリー、ルーマニア、フィンランドということらしい。

 で、「敵国」やったらどうやねんと言うと、本来なら国家間の武力行使や制裁は、安全保障理事会の許可が必要やけど、「敵国」に対してはその許可はいらん、ということになってるらしい。そこで何でも利用するチャイナは、日本が尖閣諸島を防衛するのは、国連の「敵国」である日本の侵略政策の再現やから、これに軍事的に対抗するのに安保理の許可はいらんのや、と言うてるらしいです。まあそもそも「中華人民共和国」は国連憲章に署名してません、いや、その時はまだ国もなかったんやからね。ホンマにおかしな話です。

 まあそれにしてもアホらしい話です。そして今、国連の分担金は、アメリカに次いで日本が2番目に多いんやと。あー、お人好しでお間抜けな日本人、面目躍如やんか(怒!)。さらに裏話があって、アメリカも含め、主要国で滞納なくこれを払うてるのは日本だけやそうです。こんな敵国条項は、さっさと改廃せんかいや!という話ですね。まあそれより憲法改正が先、ですかね。

2018/05/28

アメリカは今、内戦状態!?

走る小
 国会ではまだモリカケやってますね。もう何度も否定されてる話を延々と取り上げて、マスゴミがさも「また新しい事実が」みたいにゆうてて、あれ、それ去年もゆうてて否定されたやん、みたいな話でも、何度も繰り返すことで「どうも安倍さんは怪しいみたいや」と思わせようとしてます。もちろんネットを見る人はアホらし、と思てるから大丈夫やねんけど、やっぱり新聞、テレビしか見てへん人はまだまだ多いから、安倍ちゃんは毎日毎日、アホみたいな質問にもちゃんと答えんとあかんわけやね。それにしても陳哲郎君、あんたのそのモノの言い方、もうチンピラやんか。

 何の問題もない事を、延々と怪しい怪しい、と報道されてしまうというのは、トランプさんもいっしょですね。またアンディ・チャンさんのメルマガが更新されてます。もともとトランプさんは大統領選挙の頃から、ロシアとツルんでる、と言われてきました。このトランプのロシア疑惑はロシアゲートと言われているそうです。ところがトランプさんが予想に反して当選してしもたもんやから、オバマ、ヒラリーの民主党側はめっちゃ焦ったようです。

 トランプさんが当選して大統領になってからも、執拗にトランプを罷免しようと画策したと。せやけどなかなか証拠が出て来ずに、逆にヒラリーの方がめっちゃ怪しいことがだんだんバレてきてるようです。FBIの高級幹部がヒラリーの選挙を助けていたことがわかり、これをヒラリーゲートと呼ぶんやそうです。たしかにだいぶ前からヒラリーが私用メールサーバーで機密情報をやり取りしてたことは報道されてましたね。あのときはちょっとしたミス、ぐらいに報道されてました。

 でも近く、いろんな真相が出て来そうです。アンディ・チャンさんのメルマガからコピペします。
<ヒラリーゲートは三つの事件である。第一にヒラリーの数ある犯罪を庇って彼女を選挙に参加させたこと。第二にヒラリーが当選するように政府機関が介入し、トランプのあら捜しをしたこと。第三はヒラリーが落選した後も第一、第二の犯罪を隠すため総動員でトランプ罷免運動を続けていることである。>

 これがなかなかすぐに動かへんのは、オバマ時代の官僚がまだ残っていて、そいつらがまだまだ捜査を妨害してるからやそうです。アメリカも大変やなあ。あ、トランプさんのことが嫌いな人はいっぱいおるみたいですね。これまでのやり方を踏襲したい人にとっては我慢でけへんみたいです。トランプさんも大変やなあ。