FC2ブログ
2018/08/14

今こそ読もう昭和天皇の「開戦の詔勅」。世界は腹黒い。

走る小
 時節柄(笑)また戦争の話を。
 私らは昔は、日本は侵略戦争をしかけた悪い国、と教えられてきたけど、今ではもう、昨日書いたハル・ノートにしても、歴史的事実が示すように、日本はやむなく戦争に追い込まれてしもたんやということは間違いないですね。で、そこにもう一つ、日本国民やったら知ってなあかん話がこの「開戦の詔勅」やと最近知りました。

 天皇は実は大日本帝国憲法下でも、好き勝手に「詔勅」なんて出せるわけやなかったんですね。それこそ明治大帝の五か条のご誓文よろしく、「万機公論に決」してから始めて詔を出してもらうわけですね。まあサヨクは認めたがれへんやろうけど、事実はそうですから。つまり天皇の恣意によって政治がおこなわれることは、今も昔もない、ということですね。

 そういえば「天皇の戦争責任」という言葉が出て来たのは、私が中学生の頃やったと思います。当時でもやっぱり天皇に批判的な話をするのははばかられる雰囲気があったもんやから、例えば学問として、「戦争責任」について話すことが、いかにもタブーを破って真実を究明する、みたいなカッコ良さみたいなもんを感じてたのはたしかやと思います。

 あ、今の私の考えでは、「責任」なんて安っぽい言葉で言わんとってほしいな、ということですね。昭和天皇はマッカーサーが日本に上陸して約一か月後、単身(通訳を連れて)GHQに赴き、マッカーサーに「自分の命はどうなってもいい、あなたに預けるから、とにかく日本国民を飢えさせないでくれ」と言うてくれはったそうです。ほら、ちゃんと責任取ってはるやんか。日本人にとって天皇とは私ら国民のことを「おおみたから」と呼んでいつも平安を祈ってくれてはるご存在なわけで、そんなお方に対して「責任」などという軽い言葉で断罪するようなことは、そもそも考えられもせえへんことやと思います。まあ、責任があったんや!と言いたいねんやったら勝手にゆうとけ、それで?てな感じでしょうか。

 話が飛びました。そこで、昭和天皇の「開戦の詔勅」です。普通にちゃんと読めば、日本はもともと世界平和を希求していたし、ずっと平和的に解決しようと努力してきたのに、米英及び蒋介石の中華民国は一向に譲り合う気持ちもなく、こちらを屈服させようとしているから、このたびやむなく戦争に打って出ることにしたんや、と読めます。というか、そう書いてあります。これ以上でも以下でもないやんか、と言いたいですね。何の粉飾もあらへんで。

 私ら日本人がホンマに反省せなあかんのは、和平交渉のつもりで頑張ってたとしても、世界は私らが考えるよりはるかに腹黒く、狡猾で、残忍で、卑怯で、、、、これを10回ぐらい言わんとアカンぐらいなんや、ということが、全然わかってへんかった、ということでしょうか。

2018/08/13

ヴェノナ文書の真実。今も昔も日本は秘密ダダ漏れ。スパイ防止法を。

指差し小
 8月はやっぱり新聞、テレビなどのマスゴミでは、戦争に関する記事、番組が多くなりますね。昨日、12日の深夜に何とあのテレビ朝日が「真珠湾77年目の真実 日米ソ壮絶スパイ戦争」というタイトルで、番組を放送したそうです。私は知らなかったので見てないのですが、私が毎日読んでる宮崎正弘さんのメルマガの「読者の声」のところで、関野通夫さんという人が紹介してくれてはります。(「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」通巻第5790号

 私らが学生時代に習うたんは、「『太平洋戦争』は日本が真珠湾に奇襲攻撃をして始まった」ということでした。アメリカ人は「リメンバーパールハーバー」を合言葉に、この「卑怯な」奇襲に反撃するためにやむなく戦争に応じたんや、ということになってますね。でも今では「ハル・ノート」の存在は広く知られていて、これこそが日本を戦争に追い込んだ挑発的な最後通牒やと言うことはもう歴史的事実ですね。つまり、アメリカは何としてでも日本が先に攻撃をしてくるように仕向けたかったということです。そしてもちろん、ルーズベルトは日本の艦隊が真珠湾に向かっていることも事前に知っていたんですね。

 上の番組では、ルーズベルト政権には200人を越えるソ連のスパイが入り込んでいたことや、真珠湾攻撃の前にアメリカ海軍の駆逐艦が日本の特殊潜航艇を撃沈していたこと、ルーズベルトがそれを知っていたこと、また、当時としてもハル・ノートは日本が到底受け入れられないであろうと、アメリカさえもが理解してたことも、ちゃんと説明していたようです。深夜に放送された番組ではありますが、とにかく戦前の日本は悪かったと、ずっと言い続けてたマスコミ、それも朝日新聞系列の放送局が最新の事実に基づいて番組を放送したことに対し、投稿者の関野通男さんは「朝日の中で何が起ったのでしょう」と書いてはります。

 さらに「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」通巻第5789号では、書評欄で宮崎正弘さんが、江崎道朗さんの『日本占領と「敗戦革命」の危機』(PHP新書)を取り上げてはりました。こちらではルーズベルト政権内でのコミンテルンの工作員の数は300人になっていますね。この本の中では「ヴェノナ文書」で明らかになった事実がいっぱい書かれているようです。日本がなぜ戦後、ドイツや朝鮮のように分断されずにすんだのか、そして昭和天皇の意外なインテリジェンスについても知ることができるようです。はよ買うて読まなあかんな。

 あ、ヴェノナ文書とは、ソ連が崩壊した後にいっぱい出てきた機密文書の中にあった、アメリカとイギリスの情報機関が協力して行った、ソ連と米国内に多数存在したソ連スパイとの間で交信された多数の暗号電文を解読した文書のことです。こういうものをちゃんと残してたソ連も、それを解読した米英も大したもんやね。

2018/08/07

真珠湾攻撃を事前に知っていたルーズベルト。ワナにはまりゆくウブな日本。

頷く小
 8月は日本が戦争に負けた月、昨日は原爆記念日で、これからしばらくは戦争に関するいろんな報道が出て来ますよね。いつも書いてますけど、私ら日本人は、戦争に負けたことを反省せなあかんと思いますね。やむなく戦争に追い込まれたとしても、絶対に負けたらあかんかったわけですね。2発の原爆は言わずもがな、日本全土への空襲という非戦闘員大虐殺、そして戦争が終わってからも、満洲、朝鮮、千島樺太で起こされた悲惨な虐殺、シベリア抑留。戦争なんて、勝った方に好き勝手にされてしまうもんなんですね。

 今だに真珠湾攻撃は、山本五十六の素晴らしい奇襲攻撃やったと思てる人もおるんかもしれませんね。そもそもで言うと、当時のアメリカ大統領ルーズベルトは日本軍が真珠湾を狙うてることは知ってたんですね。今ではいろんな証拠があるようです。でも「戦争はしない」ことを公約にして大統領に当選したばっかりやったから、ホンマは戦争して儲けたかったんやけどでけへんかった、と。そこでウブな日本を挑発して先に撃たせた、ということですね。

 当時英国首相のチャーチルは真珠湾攻撃の一報を聞いて、これでこの大戦は勝った!と小躍りしたそうです。実は日本の側も、もし戦争したらどうなるかというシミュレーションをしてて、総合的には負けるけど、短期決戦やったら可能性はある、みたいな報告を上げてたそうですね。これを海軍、陸軍、政府がちゃんと検討して、少ない可能性に賭けるんやったらどうせなあかんのかを考えるのが戦略やのに、陸海軍は仲が悪く政治の世界は政党が足の引っ張り合いで、何も決められへん状況やった、と。ま、そのころはもう挙国一致内閣になってましたけどね。

 そうです、真珠湾攻撃にしても、どうせやるんやったらあの時、もっと突っ込んで空母までやっつけて石油の備蓄基地を破壊し、ハワイに上陸してたら、とかいう話もありますね。私は戦史ものは嫌いやったからあまり知らんかってんけど、真珠湾直後のマレー沖海戦では、イギリスの新鋭艦「プリンス・オブ・ウェールズ」を沈めてしもて、もうフリー状態やったらしいで。なんでそこまで行ったんやったらその先インド洋まで行かへんかってんや、という話もありますね。

 まあ結果を知ってる今の私らが、あー、アホやなあ、というのは当時の人たちには失礼かも知れませんね。せやから、なんでその判断がでけへんかったんか、というところを私らはしっかり研究して、それこそ「過ちは繰り返しませぬ」と言わなあかんね。今はみんなが何となくそうせなあかんねや、と思てる消費税増税。これが亡国への道や、ともういろんな人がゆうてるのに、結局みんなが空気を読み合って、何となく滅亡の道をひた走ってる、そんなことにならんよう、しつこく声を上げて行きたいと思いますわ。

2018/07/24

先の大戦は「大東亜戦争」と言おう。「太平洋戦争」は史実に反する。

走る小
 そやそや、WGIPときて、プレスコードときて、言論弾圧、そしたら次は大東亜戦争や。今日もあんまり意味ありませんが(笑)。つまり、日本に乗り込んだGHQは、「大東亜戦争」の呼称を禁止して、「太平洋戦争」と呼ぶことを決めたわけですね。そしたら何と戦後73年経ってもまだそのままになってしもてるわけです。

 開戦直後の昭和16(1941)年12月12日、当時の東條内閣で、昭和12年に始まった支那事変も含めて「大東亜戦争」とすると閣議決定したんですね。「大東亜」は「欧米諸国によるアジアの植民地を解放し、大東亜細亜共栄圏を設立してアジアの自立を目指す」という当時日本政府が作った戦争の理念に基づく言葉です。

 「太平洋戦争」と言うてしまうと、この戦争の全体の実態から言うてもエリアが片寄るし、不正確ですね。太平洋はアメリカとの戦闘での戦場やっただけやんか。大日本帝国政府は開戦後、アジアの国々を日本に招いて「大東亜会議」を開き、高い理想を掲げて「八紘一宇」の精神で「大東亜共栄圏」を築こうとしたわけですね。結果は戦争には負けたけれど、当時の意図ははっきりしてるわけやから、戦争に負けたからゆうて名前まで変えてしまうというのはおかしいわな。「名は体を表す」や。勝っても負けても、ごまかしたらあかんで。

 最近?では「アジア太平洋戦争」という呼び方を提案してる人もおるらしい。「太平洋戦争」はたしかにおかしいからやけど、そしたらなんで元に戻らへんのや?どうも「大東亜共栄圏」というのは日本の「軍国主義的膨張」を認めることになるからあかんのや、ということらしい。ほら、要は認めたくないから一生懸命、他の言い方を考えようとしてるわけやんか?

 GHQが禁止したんは、日本は戦争の目的をしっかり決めて開戦したことを隠して、不法な侵略行為をしたことにしたかったからやろ?まあ教科書に「大東亜戦争」と書かれる日が来ん限り、日本は「取り戻せた」とは言えんと思いますね。厳しそうやけど。そういえば天皇陛下はご挨拶などではいつも「先の大戦」とか「あの不幸な戦争」と表現してはりますね。ほら、少なくとも「太平洋戦争」とは言わへんわけや!

2018/07/22

20世紀の焚書坑儒、GHQのプレスコード。日本はまだ「独立」してへん。

頷く小
 昨日はWGIPについて書きましたから、今日はお約束、「プレスコード」について。なんでお約束やねん、と言われるかも知れませんが、「なんでも」と言うときましょう(笑)。洗脳から解ける前の私は、学校で教えられたことはちゃんと覚えてる方やったから、日本は戦争に負けてアメリカが来てくれてから、ええ国になったんや、と漠然と思てました。軍国主義で言いたいことが言えんかった暗黒の時代から、思想、表現の自由、言論の自由が保証された素晴らしい国になったんや、と。

 まあ今さらですけど、覚醒してしもてからは、この話はホンマにアホらしくなりますね。例えば私は秦の始皇帝が進めた焚書坑儒の話は知ってました。儒教の経典を焼きつくし、儒学者を生き埋めにしたみたいな野蛮な話は、それこそ二千年前の話、と。ところが何と、GHQは焚書をしてたんですね。いわゆる発行禁止ですね。これは前にも書きましたけど、西尾幹二さんが「GHQ焚書図書開封」というシリーズで出版活動をされていますよね。

 つまり戦後GHQに発行禁止にされた本を、やっと今頃、何と70数年もかかって再出版しているということですね。私ら日本人がいかに従順やったか、いや、もう従順なんて言わへん、ただのお人好しのおバカさんやな。こうやって日本人がそれと気付かんように言論封殺されてたわけですね。「言論、表現の自由」なんて、笑えますね。あ、話をプレスコードに戻します。

 GHQが決めた検閲の方針は、具体的な対象カテゴリーが30項目上げられていて「削除と発行禁止のカテゴリーに関する解説」という文書に載っています。その中から、いくつか上げて突っ込んでみます。

■占領軍兵士と日本女性との交渉・・・交渉、つまりは米兵による強姦のことやんか。
■闇市の状況・・・朝鮮人が旧日本軍の物資をかっぱらって売りさばいてたのが闇市やんか。GHQは黙認してた、と。
■朝鮮人への批判/中国への批判・・・分断統治は植民地統治の基本。
■満州における日本人取り扱いについての批判・・・通化事件も入ってるんかな?あと、シベリア抑留もゆうたらあかん、と。ただの捕虜虐待、明らかな国際法違反やで。これは対ソ連やな。
と、ちょっと見ただけでも突っ込みどころ満載やんか。

 ところでこのプレスコード、そもそも昭和27(1952)年に日本がサンフランシスコ講和条約によって「独立」したらもう意味がないはずやのに、日本のマスゴミはこれを「今に至るも」守り続けてるわけですね。昨日も書きましたけど、結局「今に至るも」それで利益を得てる人たちがまだおるからですね。