FC2ブログ
2018/03/02

憲法改正、間に合わへんやん

指差し小
 昨日は三浦瑠璃さんの話を書いたから、その続きで私が憲法をどう考えてるんか書いときます。
 と言っても日本国憲法のことは前にもちょっと書いてました。「日本国憲法、前文はコピペ」色んな本を読んでるうちに、私は今、ホンマは日本人には、別に憲法なんていらんのとちゃうか、と思うようになりました。

 まず、今の憲法の成り立ちから。最近どんどん本も出てますし、私も書いたように、日本国憲法の前文はまさに「コピペ」です。デキの悪い学生のレポートですわ。別にけなしたいから、とかやなくて、これは誰が読んでもそうやろ?前文というのは本来は国の成り立ちなり、国柄をとうとうと述べてもええんとちゃうか?専制と隷従を除去しよう、なんて、そもそも日本には奴隷制はなかったんやからね。せやから、前文一つとっても、実はめっちゃ恥ずかしい憲法やと思います。なんべんも言いますけど、別に貶めるつもりはなくても、ね。

 あと、よう言われるのんが、1週間ちょっとで作られた、と。それも事実ですね。せやから重複があったり、ちょっとそこ、細かすぎひん?みたいなところもあるようです。そんなことを考えると、これはもうやっぱり一からちゃんと作り直した方がええんとちゃうか、と思います。まあ保守の人の中にも、「改正」をすると、今の憲法を正当なものとして認めることになるわけやから、大日本帝国憲法の廃止、改正という手続きをするべきやという人もいてはります。論理的に言うと、私もそう思いますね。

 せやけど、今の私も含めた日本人が、一体何年かかったら一から憲法を作り直せるんやろか、とも思います。9条をどうするかだけで、今まだ大揺れやねんから。でも、たった今の憲法改正の動きについて言うんやったら、これは私はさっさとやらなあかんと思います。それも、9条に絞って。

 つまり、今一番問題なんは、日本は敵から撃たれてからでしか、撃ち返したらあかんことになってるからです。世界中がこいつら、アホやなあ、と思うてると思いますよ、こんなお人好しな間抜けな憲法。撃たれるかどうかを先に判断して、これはホンマに撃たれると自分が判断したら、誰にも聞かんとさっさと先に撃つのが世界では当たり前やろ?

 ちょっと前まではまあ日本を撃ってくるような国はなかったんやけど、今はいよいよ撃とうとしてる国が出てきたからこそ、今大騒ぎをしてるわけやんな。そういう意味では、新たに一から作り直すのんは置いといて、とにかく先に撃つことができるようになるための改正は、絶対すぐにやらなあかんと思います。

 まあ私はそれでもそれは、今月のパラリンピックが終わる前にはとても間に合えへんから、もし今回の改正前に「有事」になった時には、「超法規的措置」でさっさと撃ってしもてもええと思いますけどね。誰が、今目の前に撃とうとしてる人がおるのに、そこでじっとしてるねんな、アホちゃうか、いう話です。
2018/03/02

三浦瑠麗さんという国際政治学者

頷く小
 たまたま見かけたので書きます。三浦瑠麗さんという国際政治学者。最近けっこうテレビとかにも出てて、露出してはります。めっちゃ美人やし、東大を出てて、もう結婚してて娘さんもいてはるそうです。ええ~、天は二物も三物も与えてるやんか、不公平やなあ(笑)。まあそれは置いといて。

 この前テレビで、日本には北朝鮮のスリーパーセルがたくさん潜んでる、みたいなことをゆうて大騒ぎになってましたね。あ、私はセルと言うのは細胞、つまり共産主義の運動の用語やと言うのは知ってたけど、スリーパーセルは知りませんでした。でもこのスリーパーセルがいっぱいおるというのは、ほとんどホンマの話やん、とは思いましたけどね。炎上するのを見越してゆうてたとしたら、それはそれで大したもんやけどね。でもこの人、サヨク、リベラルではないけれども右でもない、みたいなスタンスのようです。

 で、ちょっと気になってたんやけど今日、記事を見かけました。WEBRONZA(ウェブ論座)という朝日新聞のインターネット有料記事です。お金は払うてへんから途中までしか読まれへんねんけど、憲法について書いてはりました。その無料公開部分だけでも、あー、これは絶対違う、と思うた部分がありました。

 タイトルは「奇妙な日本人の憲法観~道徳律と憲法を混同。生き方の問題になった9条。憲法改正で何が語られるべきか」です。冒頭の三段落目からこう書いてはります。

<憲法が権力を縛るためのものであることは当たり前のことです。日本国憲法ではまず、天皇という戦前には圧倒的に強力であった存在を、儀礼的な国の象徴とすることで、天皇が権力となる道をふさいでいます。>

 いやあ、「戦前には圧倒的に強力であった存在」て、何か中途半端な書き方やなあ。でもせやから逆に突っ込まれても逃げられるような書き方なんやと思います。「圧倒的に強力」て、何となくサヨク的な人からは「天皇の戦争責任を問う」みたいな人にはウケるやろうと思いますね。そして現憲法を、「天皇が権力となる道をふさいでいます」と評価しています。

 違います。「圧倒的に強力であった存在」とゆうても、たとえば先の大戦で、天皇が自己の権力をもって戦争を主導した事実はありません。むしろ、戦争が始まるときも、終わるときも、何とか和平が成らないものかとずっと願うてはりました。今とまったく同じです。政治については臣つまりは官僚に全てを任せ、その決定に従って詔(みことのり)を出してはったわけです。

 でもたしかに先の大戦では、臣つまり官僚が進退窮まってしもて、ついに決定でけへんかった時に、やっと求められて開戦を決断し、同じく終戦の時も、どうにも決定でけへんかった事態になってから、求められて降伏を決断してはります。最後の最後に必要に迫られた時に決断しはる存在、というわけですね。

 後半の部分、「天皇が権力となる道をふさいでいます」も笑止千万ですね。「天皇が権力」となったのは、後醍醐天皇の建武の新政のとき以来ありませんね。さらに今の天皇を「儀礼的な国の象徴」に過ぎひんというのも、貶めてるようにしか聞こえませんね。というか、二千数百年の「日本」の国の歴史をしっかり勉強してほしいですね。

 天皇にとっては国民は「おおみたから」つまり宝やねんで。せやから天皇陛下はふだんは色んな祭祀でひたすら国の安泰と国民の安寧を祈り続け、災害があったらすぐに駆け付けて、国民を慰めに来てくれはるわけやんか。それを「儀礼的」というんか?いやあ、薄っぺらいなあ。日本という国は、すべての国民が、ご先祖をたどるとみんなが天皇家につながる家族みたいなもんやねん。それはたとえ途中で外国から来た、今でいう「移民」であってもそうやねんで。めっちゃ懐が深いんや。

 まあでもこの三浦瑠璃さん、話し方も穏やかやし、変に専門用語を振りかざしたりせえへんし、変に媚びることもしやへんから、ちゃんと勉強しはったらええんとちゃうかなあ、と、ちょっぴりだけ期待してます。発信力のある人やから、あっち側に行かんとってほしいなあ。あ、もう行ってしもてるんかなあ。
2017/11/16

私学助成は憲法違反

 私が何かおかしい!と思うていろいろ本を読むようになってから、びっくりすることがいっぱいあってんけど、その中でもたしかに日本国憲法がこんなにええかげんなもんやったというのは、ショックとは言えへんけど、何かあほらし~と思うたもんやわ。

 格調高い前文やと思てたんが、何と大学生のリポート並みのコピペやったとか。そもそもツギハギだらけで事の軽重、優先順位、全体のバランスがめっちゃ悪いというか、このことについてはそんなに細かく書かんでも後で法律で決めたらええやん、とかがいっぱいあるし。

 まあ助詞が間違うてるというのは昔から有名やけどな。あと、誤植もあるねんで。天皇の国事行為に関して書かれた第7条の「四 国会議員の総選挙の施行を公示すること。」の中の「総」は取らなあかんやんな(笑)。参議院は半期ごとに半数だけが入れ替えやねんから。

 あ、話がそれたわ。書こうと思うたんは、私学助成の話。憲法89条、一応コピペしますね。
第八十九条
公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。
となってます。

 ということは、私学への助成はあかんやん、ということやのに堂々と助成金が出てますよね?ということですね。あと、この条文は靖国神社参拝問題にもかかわりがあるようですね。結局、みんな都合のええように解釈してやってるんやん、ということです。

 つまり、その程度の憲法なんや、ということにもなるんでしょうか。だからこそ憲法9条かて、「戦力は持ちませんが最低限の実力は持ちます」と言って自衛隊を持ってるのも、それが解釈によって成り立ってるということですね。あーしょーむな。

 まあまあ、憲法は改正せえへんよりした方がいいとは思いますけどね。
2017/09/30

憲法9条が日本を滅ぼす

安倍ちゃんが突然の解散ということで、もう日本中が大騒ぎ。
とゆうても衆議院なんて常在戦場、内閣総理大臣の専権事項やから、いつ解散しても文句はなしや、と思うてたら、、、。

敵前逃亡やら、大義はないやら、解散権は憲法違反やら、何やらかんやら、ホンマこの人たち、大丈夫か?と思うてしまいますね。自分が反対の立場に立ったらやりたい放題するくせに、というのは民主党政権のときにイヤというほど見せつけられてきましたから、もう説得力ないやん、と思うても、それでも言わんと気いすまへんねんな。憐れな人たちや、と思うてたら前原さん、事実上の解党やん。

私は実は今回の解散は、裏の目的は民進党つぶしやったんとちゃうか、と思います。自民党が票を伸ばすアテなくても、蓮舫、山尾のスキャンダルときて、つぶすには絶好のタイミング、ということやったんかな、と。

あ、えらい出だしからそれてしまいました。
で、憲法の話、あ、これも前に書いてましたね。(「憲法改正と軍紀、日本書紀」

集団的自衛権を持てるのかどうか、とか敵基地攻撃力の保持は憲法違反とちゃうか、とか、そういう議論はもう北朝鮮の核実験とミサイルで消し飛んでしもうたんとちゃいますか?世界中で、自分で自分の手足を一生懸命縛る議論をしている国はどこにもありませんわ。

ただ単に、日本を二度と立ち上がらせんようにするために縛ってしもた占領軍憲法を、後生大事に守り続けるアホな日本。あー、だっさー。いや、笑い話にはなりませんで、これ。こんあ危険な憲法やったんや、とミサイル撃たれて初めて気いついたんか?まあそれでもやっと最近、核武装の話も出てくるようになりましたから、時代は変わるもんですね。

中川昭一さんは核武装を言い始めたからアメリカに殺されたんやという話はよう聞きますね。そのアメリカ自身が、そろそろ日本も考えたらどうや?と言い始めてるようですね。

あ、また話がそれました。まあそんなわけで(笑)、今や憲法9条自体がとても危険なものではないのか、という問題提起やね。こんな憲法、実は周辺諸国にとっても迷惑なんとちゃうか?普通に武装してたら、竹島も尖閣も問題にならへんかったはずやし、タカって金をふんだくろう、とも思わんかったやろうし。
弱そうにするから付け上がってかえってみんなが迷惑するという構図ですね。
あーややこし。
2017/07/10

憲法改正と軍紀、日本書紀

前にいっぺん、憲法改正のことを書きました。<「憲法と自衛隊」
それの続きでいろいろ調べてたんやけど、今日、びっくりすることを発見しました。この前安倍ちゃんが、9条を残して自衛隊を書き込む、という考えをビデオメッセージで発表しはりましたけど、それでええんか?という話です。

9条の2項では「戦力を持たない」というてるのに、この後に自衛隊を書き込むんやったら、自衛隊は戦力とちゃうんか?今のところ自衛隊の現憲法における解釈は「自衛のための必要最小限度を超えない実力であって、戦力ではない」ということになってるらしい。せやから改正憲法でこれを否定せんと、自衛隊は軍隊やない、ということになってしまうわけや。

で、軍隊やない、ということは戦時国際法では「交戦権」もないらしい。こないだ、南スーダンでのPKOで「戦闘」があったかなかったかで、どうでもええ議論がされてたけど、(あ、これ、日報を隠したかどうか、という観点でも騒がれたけど、平和ボケの日本人の中でこの議論しても意味ないと思うけど、まあそれはおいといて)結局、攻めてくる武装組織に対して「交戦権」がないので応戦、つまりこっちから発砲でけへん、ということやんか。アホらし。

というより、そんな危ないところに法的な裏付けもなく南スーダンに自衛隊を派遣したわけや。あ、それを決めたんは民主党政権やけどな。無責任政党の本領発揮やな。どこかわからん武装組織に攻撃されても撃ち返さんと逃げてこい、という話や。派遣された先に対しても、自衛隊員に対しても、こんな無責任な話はないわな。

で、話は戻って、軍隊やない、と言うことは、軍法もない、ということで、よく言われるけど、外国で戦闘になって相手を殺したら、現地の裁判所で殺人罪に問われる、みたいなことになるわけや。つまり、戦争になったら、と言うことを想定してへんから、実際に戦闘に巻き込まれたらめっちゃヤバいんやということや。

で、ふつうの軍隊には軍法があり、軍事裁判があって、そこで迅速に処理をしていくんやと。
前置きがえろう長くなりましたが、それでWikipedia見てたら、何と、日本書紀にはちゃんと軍規について書いてあるらしい、というのが今日の「発見」です。
ウィキからコピペします。

『日本書紀』「士気を励ます鐘鼓の音が乱れ、軍旗が乱れる時には、軍卒が整わず、財を貪り、物を欲しいと思ったり、私事に未練があると、きっと敵に捕まるだろう。敵が少なくとも侮ってはならぬ。敵が多くとも挫けてはならぬ。暴力で婦女を犯すのを許してはならぬ。自ら降参する者を殺してはならぬ。戦いに勝てば必ず賞がある。逃げ走る者は処罰される」

どひゃー。やっぱり日本は千年以上も前から文明国やったんやなあ。