ナニワの激オコおばちゃん

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

危険がいっぱいの都構想。ちゃんと報道せなあかん、大阪のテレビと新聞!大阪市民の悲惨な未来。

頷く小


 知れば知るほど、ムチャクチャな話やなあと思いますね。あ、そうです、また「都構想」の話です。もう大阪だけの話やねんから、勝手にしときいや、と言われそうですが、いえいえ、ちゃいますよ、これは日本と日本人にとって、めっちゃヤバい話なんですわ。

 昨日(9/23)、何でか知らんけど、維新の松井くんと吉村くんがわざわざ東京へ行って、悪評高い(笑)日本記者クラブで雁首揃えて記者会見をしましたね(大阪都構想で吉村氏ら会見 松井氏「否決なら引退」)。
吉村氏は「東京一極集中を是正し、東西二極の一極を担う副首都を確立する」と述べ、都構想の意義を訴えた。
 ははあ、「大阪都」があんまり評判が良うないし、そこは東京やからちょっとへりくだって「副首都」かいな(笑)。目指したらええやんか。大阪市を廃止せんと。
松井氏は住民投票で否決された場合の進退を問われ「任期はしっかり務める」と述べたうえで「負けたら政治家としては終了」と説明。否決されれば2023年4月の任期限りで政界を引退する考えを示した。
 なんや、見出しは「否決なら引退」やけど、任期は務めるって、あんた、次の選挙で勝つつもりやったんかいな(笑)。いちいち笑えるなあ、この人たちは。
都構想の実現によるデメリットについて問われると、吉村氏は「目立ったデメリットはない」と強調。「(制度移行に伴う初期費用として)約200億円のコストがかかるが投資だと思う」と主張した。
 おいおい、大阪市民の血税200億円を初期投資に?えらいこっちゃ。今後一体、どれだけの住民サービスが削減されることやら、空恐ろしくなりますね。たまたま武漢コロナ禍でテレビに出まくりの吉村くん、イメージのええうちに一気に住民投票へ突き進んでいくつもりのようです。

 少し前に、藤井聡さんが出演する動画が公開されていて、都構想がようわからん他府県の人にはめっちゃわかりやすかったんで、貼っておきます(【藤井聡さん対談企画】大阪都構想について)。私はこの動画で知ったんですが、藤井さんが5年前に書きはって、都構想阻止に大いに貢献したと思われる『大阪都構想が日本を破壊する』(文春新書)の本の続編?が、10月に出るそうです。

 住民投票が11月1日に実施されることはほぼ決まりと思われるので、それにぶつけてきはったことは確かですね。よっしゃ!ですね。上の動画(YouTube)の話に戻りますが、橋下くんが10年ほど前に初めてこの「都構想」を言い始めた頃は、「二重行政」をなくすことで4000億円ものお金が浮く、みたいな話をしていました。

 当然いろんな人がきちんと計算して、そんなにあるわけないで、となって最近では「財政効果」は言わんようになり、さらには「二重行政」さえも今はない、と松井くんは言うてしもてるわけです。もうそんなごまかしがずっと続いてるわけですね。

 そして一番本質的な問題、大阪市を潰して大阪市の財源と権限を奪う、ということは、なるべく隠そうとしてきたわけです。今回、かろうじて投票用紙には「大阪市を廃止して」の文言が入ることになりましたが、松井くんは「大阪市役所を」にならへんか、と言うてたそうですからね。

 さらに昔の話ではありますが、橋下くんが府知事の時代に彼が、大阪市の財源と権限を「むしり取る」と言うてはったことは、たくさんの証拠が残っていますね。

 また、上の動画で藤井さんは、都構想の数多くの懸念点の一つの例として、大阪市の都市計画の部隊が消えてしまうことを上げてはります。組織というのは吸収される方が、する方の下に入るのが常なので、まずそこで、大阪市で蓄積されてきたスキルやノウハウが分散される上に、さらに権限のない4つの特別区に、スキルを持った人も分散してしまうというわけですね。あーもったいな。

 さらにもっとコワい話があるんですわ。いわば大阪市はお取り潰しになるわけで、業務を府に引き継ぐことになるわけですね。それがある時期から突然、何万人もの市役所の職員が一斉に引き継ぎ業務をやらなあかんわけです。もう、業務が大渋滞することは「火を見るよりも明らか」ですね。そんなことをやってて大丈夫なんか?とホンマに心配になります。

 そしたら最近、いろんなサイトで都構想の問題点を多くの人が指摘し始めていて、わかりやすいイラストやらポスターが数多く出回っています。そんな中にもありました。ある日突然、大阪市が廃止できるわけやなくて、めっちゃ時間がかかるわけですね。書き出しますと、
■2020年11月1日 住民投票(賛成が上回ったとして)
(■これ以後、延々と大阪市解体作業)
■2023年4月 ダブル選挙、市議会議員選挙
■2025年1月1日 大阪市廃止・4分割
■2025年(50日以内) 特別区 区長・区議選挙
■2025年4月13日~10月13日 大阪・関西万博

 えらいこっちゃ、2025年て、万博の年やんか。そんなときにせっせと大阪市を壊して特別区を作り直す作業なんかやってられるんか?万博には別途、人の手配もせなあかんというのに。あと、リニア誘致の問題とか、人がいる仕事はいっぱいありますよ。

 そしてさらに恐ろしいことに、住民投票をやった後は何と、
特別区の条例や予算など特別区の設置の日までに準備すべき事項については、その内容に応じて、大阪府知事と大阪市長が必要な協議を行い、定めることとする。
書いてあるんやそうです。ええーっ。5年間の間、知事と市長が好き勝手に条例や予算が決められるんか?ひえーーー。ヒットラーも真っ青やな。このわかりやすい絵をかいてくれてはるサイトは「維新の都構想を実現すると(大阪市廃止・4分割すると)2020年版」です。

 ほらあ、やっぱりそうやんか。吉村くんの人気が高いうちに、武漢コロナ禍のドサクサに紛れて、ようわからんうちに住民投票で通ってしもたら5年間、知事と市長でやりたい放題やんか。え?これ、私が勝手に言うてるんとちゃいますよ、「特別区設置協定書」の一番最後にちゃんと書いてあります。

 まったく別のサイトでも、少なくとも2025年1月1日以降、選挙で区長、区議が選ばれるまでの最長50日間は、「権力の空白期間」が発生する、と問題視していました。いやあ、コワいなあ。やらなあかんことはいっぱいあるはずやのに、大丈夫かいな。

 何にも知らんとイメージだけで「賛成」してしもたら、もう悲惨な未来が待ってるんやで、大阪市民!ちゃんと調べて判断してや!

【文中リンク先URL】
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64146410T20C20A9AC8Z00/
https://www.youtube.com/watch?v=Nu_LYxzSmtk&feature=youtu.be
https://www.osaka-shimin.org/%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%8C%BA%E3%82%92%E8%A8%AD%E7%BD%AE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8/%E7%B6%AD%E6%96%B0%E3%81%AE%E9%83%BD%E6%A7%8B%E6%83%B3%E3%82%92%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8-%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E5%BB%83%E6%AD%A2-%EF%BC%94%E5%88%86%E5%89%B2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8-2020%E5%B9%B4%E7%89%88/
https://www.osaka-shimin.org/%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%8C%BA%E3%82%92%E8%A8%AD%E7%BD%AE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8/%E7%B6%AD%E6%96%B0%E3%81%AE%E9%83%BD%E6%A7%8B%E6%83%B3%E3%82%92%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8-%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E5%BB%83%E6%AD%A2-%EF%BC%94%E5%88%86%E5%89%B2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8-2020%E5%B9%B4%E7%89%88/
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/34351/00343763/kyouteisho01.pdf

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 知れば知るほどヤバさがわかる都構想と思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

都構想、決まってしもたら大惨事。わかってて言わへん大阪のマスゴミ。大阪市民、早う気い付きや。

パンチ小


 実は昨日(9/22)の夜、めっちゃ不快なことがありました。ツイッターで「イシンジャー」に絡まれてしもたんです(笑)。ヒマのある人は、この下の方に貼ってある私のアカウントから覗いてみてくださいね。まあ別にブロックしたりとかの、ややこしいことはしませんから、やり取りは残ってます。

 最初に絡んで来はったんは、私が吉村知事のツイートにリプライを返したことについてでした。そのツイートの中に、
府と市の「不幸せ(府市合わせ」と呼ばれた無駄な二重行政体制から、「大阪都」と「都心4区」へ。成長する大阪を。
と書いてあったので、私がリプを返しました
え?吉村さん、都にはなりませんよ?
大阪市の廃止にはえらいお金もかかりますよ。
その分、必ずどこかで金を削ったら、サービスも低下しますやんか。
 吉村くんは、河野太郎ちゃんみたいにすぐにブロックはしはらへんみたいですね。ところがこの私のリプに対してある人が「勉強不足」と返してきたんで、ついついそれに対して返事を書いてしもたんですわ。
あはは、橋下くんはいつも論破されそうになると、相手に「勉強不足」と言うて逃げますねwww
 そしたらまあ、その後はグチャグチャになって、「おばはん」とか、「ババア」とか、「意味わかるか?」とか、ついには「馬鹿者!」とまで書いてきはったんで「さいなら」しました。あ、もちろん今度は「逃げるんか!」と追いかけてきましたけどね。あーうっとし(笑)。

 わかってたつもりやけど、やっぱり、でしたね、「イシンジャー」(笑)。私がずっと「具体的な話」を何度も持ち出しても、それには答えず「勉強不足」「日本語わかってへん」などと罵倒するだけで、具体的な中味の話をせえへんわけですね。ホンマに時間のムダやったわ。

 あ、さっき見たら昨日の私の記事もケナしてたわ。笑えるな。まあそれにしても、大阪市民は舐められたもんですね。中味の話はできるだけせんと、イメージだけではぐらかす、と。とにかく吉村くんが爽やかな笑顔でテレビに出てるだけで、間違いなく好感度は上がるんですわ。めっちゃヤバいですね。

 ただ、さっきもツイッターをチェックしてたら、イシンジャーに対してもけっこう多くの人が的確な反論を書いてはって、最後は例の如く沈黙もしくは罵倒で逃げるパターンもけっこうあって、みんなわかってはるなあ、という印象です。

 とは言え、ネットでいくらわかってる人が増えても、その人らがどれだけ住民投票に行くんか、が問題ですね。頑張って、普通の一般の人たちにも、「都構想って、何か変」と思てもらえるように、頑張りましょう。

 住民投票に関しては、たとえば橋下くんの「沖縄独立論」とかのヤバい話を展開しても、あんまりピンと来やへんのかも知れませんね。ネットではバレバレの話でも、マスゴミが大きく問題として取り上げへん限り、「へえー橋下さん、いろんなこと考えてはるんや」ぐらいの認識で終わってしまいますしね。

 このインチキ「都構想」については、産経新聞も含めて根本的な問題についてスルーしてることに、ちょっとした恐怖を感じているところです。

 全国2位の政令指定都市の大阪市を「廃止」するんやで。とんでもなく大きな話やんか。ホンマに決まってしもたら、大阪にどれだけの大混乱と大停滞をもたらすんか、マスゴミはちゃんと責任もって報道せなあかんやんか、と思いますね。期待でけへんけど。

 何とかしてそんな大惨事を避けたいと思て、今日も書いてしまいました。負けるわけにはいかへんわ。

【文中リンク先URL】
https://twitter.com/logoslabo
https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1307970601290625026
https://twitter.com/logoslabo/status/1308201703636779012
https://twitter.com/logoslabo/status/1308225841042583552

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 都構想は決まってしもたら大惨事やと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

米最高裁判事の後任指名。法とルールに基づいて進めるトランプを、リベラルは何で批判するんや?

自転車小


 3日ほど前に、アメリカの最高裁判事が亡くなりはったニュースが出ていました(ギンズバーグ米最高裁判事が死去、女性の権利向上と差別解消に貢献)。
米連邦最高裁のルース・ベイダー・ギンズバーグ判事が死去した。87歳だった。死因は転移性膵臓がんの合併症。女性の権利向上と性差別の解消に法曹界でのキャリアをささげた。
 この人、たしか民主党系のリベラル側の人やったな、と思てたら、そうでした。
 ギンズバーグ氏の死去により、トランプ大統領には保守派の判事をさらに1人最高裁に送り込むチャンスが生まれた。
 前に私は「アメリカの最高裁長官任命妨害。ウソと捏造で国を壊す。日本といっしょや。」で、アメリカでは司法界も、保守とリベラル、党で言うたら共和党と民主党が熾烈な戦いをしていることに驚いたことを書きました。

 今回の死去により、間違いなくトランプさんは保守系、共和党系の人を指名するので、最高裁はますます盤石になることでしょう。そしたら昨日(9/21)の産経抄でもこのことに触れていました。
 1956年に米ハーバード大学ロースクールに入学した500人のうち、女性は9人だった。「男性の席を奪ってまで入学した理由を話してくれ」。女子学生歓迎会で学部長が嫌みたっぷりに問いかける。▼女子学生の一人は、「こんな答えがお望みでしょう」といわんばかりに切り返した。「在学中の夫を理解して、良き妻になるためです」。米連邦裁判所のルース・ベイダー・ギンズバーグ判事の若き日々を描いた映画「ビリーブ 未来への大逆転」の冒頭のシーンである。学校には女子トイレさえなかった。
 今回亡くなったギンズバーグさんは、映画にもなった超有名人やったんですね。
 ▼93年、クリントン大統領に指名されて女性で2人目の最高裁判事となる。何度もがんを患いながら、80歳を超えても筋トレに励み、現役を続けてきた。米国では名前の頭文字をとって「RBG」と呼ばれ、ロックスター並みの人気者だったギンズバーグ氏が、87歳で亡くなった。
 彼女は、次の大統領にバイデンが就くまでは、何としてでも生き抜くぞ、と頑張ってはったみたいです。壮絶ですね。残念でしたが。せやけど、彼女がリベラル派として輝いてたのは、ホンマに原初的?な「女性差別」があった1970年代ぐらいまでやったんとちゃうやろか、とも思いますね。

 オバマ前大統領が、トイレは自分の信じる性のボックスを使ってよい、という法律?を出したところでもう、いわゆるリベラルは死んでしもたんとちゃうか、と思います。何でも「差別!」と叫び、「弱者に寄り添う」などと言うていわゆる「被害者ビジネス」を広め、ついには黒人が好き勝手に白人に暴力を振るい、暴動まで容認するような社会は、やっぱり異常やで。

 私らが知らんうちに、アメリカではとんでもないことになってたんやなあ、と改めて思います。「古き良きアメリカ」の復活を訴えたトランプさんが大統領になったのは、ごく普通のアメリカ人がみんな気い付いて、もう我慢でけへんぞと立ち上がったからや、ということですね。

 そしてリベラル側の人たちは、マスゴミも含めていまだにそれを決して認めたくない、と。今、日本でも「中国」人、ベトナム人しか住んでへん公営住宅、UR?がいっぱい増えて来てるみたいです。アメリカみたいになってほしくないなあ、と思いますね。

 あ、話は戻りますが、亡くなったギンズバーグさんとトランプさんは、つい最近も激しい応酬をしていたと報じられています。死ぬまで戦うのはえらいかも知れんけど、なんか哀れにも思えますね。絶対に考えを変えることはあらへんのでしょうね、ずっとエリートで来た人と言うのは。

 つい先ほど入って来たニュースでは、「トランプ大統領、最高裁判事候補をバレット氏に絞り込む-関係者」ということで、きちんと法と手続きに基づいて、指名、承認作業を続けることになるようです。それに対してアメリカのマスゴミであるメインストリームメディア(MSM)が一斉に、「今回の大統領選挙が終わってから、新しい大統領が指名すべきや」と言い始めています。

 相変わらずリベラル側の人たちは、自分自身がルール、みたいですね。ホンマに人間的にも醜い人たちやと思います。ブラックライブズマター(BLM)運動で、実は人種差別のことなんかはどうでも良くて、黒人を煽って暴動を容認して、国中を不安定にして政権を奪い取ろうとしているわけですね。

 バイデン君は相変わらず演説でへんてこりんなことを発言してしもたりして不安がいっぱい、もうすぐテレビ討論も始まるのに、ヤバいやんか、という状況やそうです。私は、トランプさんが地滑り的に勝つやろうと思います。

 ところが、民主党側はどこまでも汚くて、トランプさんがずっと不正投票の温床になっていると言うて反対していた郵便投票を、民主党が知事の州では無理やり推し進めてるようです。そしてたぶん、大急ぎで郵便投票を大量に実施したもんやから、開票作業が間に合わへんやろうと想定されてるそうです。

 そうなると、11月3日の投票日が過ぎても、結果がなかなか出えへんということになり、その間にまたお互いが相手を「不正投票」と言い始めて、ついに選挙自体の無効を宣言して内戦勃発、というストーリーを言う人も出て来てるようです。ホンマに難儀な奴らやなあ。

 ま、繰り返しますが、日本ではとりあえず今度の選挙では、まずは日本と日本人に害をなす、日本人とはとても思えへん人たちを、一斉に落とすことにしましょう。話はそれからや(笑)。

【文中リンク先URL】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-19/QGVP1WDWRGG301
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-417.html
https://special.sankei.com/f/sankeisyo/article/20200921/0001.html
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-09-21/QH0ZJ0DWLU6P01

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← リベラル、民主党は自分がルールなんとちゃうかと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

都構想に条件付きで賛成に回った公明党。え?これで条件が満たされたんか?それ、詐欺やで。

走る小


 新首相を指名する臨時国会が終わり、内閣が始動しました。こうなるとさすがに、最速で10月25日の可能性があった解散総選挙は無くなりそうで、次の可能性は最速で11月22日かと言われていますね。そうなると、「都構想」の住民投票は11月1日でほぼ決まり、と考えてええと思います。まあそれにしても、日がない!ですけどね。

 さてとんでもないインチキ「都構想」、維新の連中は、できるだけ中味の話はせんと、4つの特別区の区割りの話とか、大阪は維新のおかげで良くなってきたとか、イメージの話しかしません。そして吉村くん、松井くんはせっせとテレビに出ては都構想で二重行政をなくそう、ぐらいのことしか言いません。

 そもそも「都構想」の名前自体がウソですね。府を都にするには法律を変えなあかんわけで、タイトル自体が詐欺です。「大阪市廃止構想」と言え、と言う話ですね。そして「二重行政」もウソですね。そんなもん、実は最初からあらへん。

 府と市が同じ業務をやってるからムダ?いやいや、それ、府民にも市民にも必要とされるから、どちらも住民サービスとしてこれまでずっとやってきてたわけやんか。府大と市大に同じ学部があったらムダ、と言うんやったら、日本中の大学を学部だけで統一するんか?アホちゃうか。それでも強引に府大と市大は統合されてしまいました。あれ、大阪市があってもその気になったらできたやんか。

 いちばん大事な話を大阪市民はわかってませんね。自分らが納めた税金が、ガッポリ府に持って行かれるんやで。それを取り戻そうにも大阪市は無くなって、自治権限のない特別区になってしもたら、府から配分を貰うだけの地位しかあらへんねんで。配分される金額は変わりませんとか言うてるけど、え?お金に厳しい大阪人が、そんな口約束を信じるんですか?笑えますね。

 そしたら一昨日(9/19)、YouTube番組の「「新」経世済民新聞 三橋貴明 公式チャンネル」で、三橋貴明さんと藤井聡さんが都構想についての対談をしてはって、わかりやすく解説してはりました。17分ほどでさっくりと話してはるんで、ぜひ見てください。

 5年前の住民投票の時は僅差で否決されたものの、その時は公明党は党として反対やったんが、今回は何と賛成に回ったわけですね。そこでたしか維新が「二度としない」と言うてたはずの住民投票を、今回、またやることになってしもた、というわけです。

 公明党が何で賛成に回ったかと言うと、維新が今度の衆議院選挙で、公明党の選挙区に対抗馬を出すぞと脅したからですね。残念ながら大阪では維新の人気が強く、あ、自民党は情けないことに弱いんですわ。その脅しに屈して公明党は賛成に回った、と。

 公明党、前回は「絶対反対」とか言うてたのに、ですよ。そして賛成に転向するにあたって条件を出した、と。一つは都構想によって住民へのサービスレベルは下げないこと、かける予算は増えないこと、です。そこで維新はさっさと文書の上では、サービスは下がりません、大阪市廃止、解体にかかる予算は増えてません、なんて言うてますが、ウソまる出しです。

 前にも書きましたが、市民プールや老人福祉センターは明らかに減らすことになっています。廃止、解体に予算は増やされへんからと、4つに分けた特別区のうち2つの区の職員は、今の大阪市役所に間借りすることになります。もう最初から破綻してるやんか。おい、公明党、これで約束の2つの条件がクリアされたと言えるんか?

 こんなもん、党員に対しても、大阪市民の有権者に対しても、重大な裏切りやんか。そらあ衆議院議員の議席は守らなあかんからなあ、公明党。せやけど、府市の党員や、大阪市民にこんな明らかなウソをついてて、支持され続けると思てるんか?まあどっちについても自分だけが大事なインチキ与党やねんから、もうええわ、こんな日和見政党。

 三橋さんと藤井さんの対談に戻ります。藤井さんはもう半ば呆れてはります。なんで「都」がええんや?と。この都構想は、大阪市という政令指定都市の持つ自治権を、わざわざ大阪府に差し上げるものやのに、なんで賛成できるんや?と。

 「大阪都」と言うと、どうも東京都みたいに発展できるんや、みたいな幻想があるんやろう、というわけです。実は東京と大阪で決定的に違うのは、東京23区は、東京都民の7割の人口を占めているのに対し、大阪市の今の24区の人口は大阪府の3割、府議会の議席もそれに比例しているということですね。もう、府内での権限が、東京都内でのそれに比べて、今のままでもめっちゃ小さいわけですね。あーあ、自分で首を絞めにいってる、アホな大阪市民。

 大阪以外ではこんな話が出て来ないのは、名前もあるなあ、という話もありました。横浜市民が神奈川都構想、などと言われても、神戸市民が兵庫都構想、などと言われても、いやいや、横浜市、神戸市のままでええやんか、と誰もが思うやろう、というわけです。それが普通ですね。

 「大阪」が同じやからと言うても結局、大阪市民の権限と財源は、絶望的に府の方に奪い取られるんやで、というのに、ですね。

 何から何まで破綻してる「都構想」は、絶対に賛成したらあきません。今年から来年は、武漢コロナ禍もあって、全国レベルでも経済がガタガタになるはずで、そんな中でわざわざ大阪市を解体するなんて、もう自爆、自殺行為そのものやんか。

 ビルの解体一つ見てもわかるように、今あるものを解体するのには、ものごっつい時間とお金がかかります。そんなことしてる間に、南海トラフ地震とか、超大型台風がまた来たりしたら、もう目も当てられへんで。

 ただひたすら破壊あるのみの大阪都構想、絶対に通すわけにはいかへんな。別に感情的に反対してるわけやないですよ。どう考えてもおかしいやん、ちゃんと中味を見てみましょうね、と言うてるだけですよ。そのための材料はなんぼでもあります。

 大阪を、混乱と停滞のどん底に突き落とす都構想、やめときましょうね、大阪市民の皆さん。ちょっとだけでもええから、しっかり事実を見て考えましょうね。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=oedrFrdfGIs&feature=youtu.be

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 公明党は都構想賛成の条件をちゃんと確認した方がええと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

日本にはいらん反日野党とマスゴミ。半年後には安倍ちゃんも復活して大反撃が開始されるんや。

指差し小


 いつも私は、その名前を出すのも汚らわしいので「反日野党」とまとめて書いていますが、念のため、いやいやながら書いておきますと(笑)それは、立憲民主党、国民民主党、社会民主党、共産党のことです。公明党と維新については、与党やったり与党に擦り寄ったりしていますが、党の中味は実は、反日に繫がっていると私は判断しています。あ、大阪の維新はややこしいですけどね。

 まあ私が自分のブログで何を書こうが、この汚らわしい反日野党はすぐには無くなりませんが、安倍ちゃんが昔、本に書きはったように、「日本を取り戻す」ためには、この反日野党の皆さまにご退場いただくことが、めっちゃ大事やとホンマに私は考えています。

 そらそうでしょ、日本を守るための憲法に変えようとしてるのに、国会では議論もせんと、イチャモンばっかり付けて、妨害しかしてへん、と。こんな奴らに一人当たり年間何千万円ものお金を渡してる日本て、ただのアホですね。

 あと、憲法改正は戦争への道とか、憲法9条のおかげで戦争に巻き込まれずに済んできたと、ずっと言うてる新聞、テレビがまだあることも問題ですね。日本を壊すことしか考えてへんこの反日野党とマスゴミが、とりあえず今の日本国内の、日本人の敵、ということをきちんと認識して断定してええと思います。

 この「日本を取り戻す」ための戦いの期待の星やった安倍ちゃんが退任して、がっかりしてる人がめっちゃ多いと思いますが、その中の一人、青山繁晴さんが3日間にわたって、ブログでかなり意味深なアップをしてはりました(歴史はここから始まる)、(もしも歴史を変える一助になっていくなら・・・)(なんと、この状態で龍馬さんと対話しました)。

 それぞれが短い記述なので、リンク先で読んでもらえたらと思いますが、青山さんが、護る会(日本の尊厳と国益を護る会)の山田宏幹事長(参議院議員)とふたりで会談し、この75年、繰り返してきた歴史を大逆転するための決断をしはったんやそうです。

 せやけど、その中身は今はまだ言えない、「半年ぐらいで、きっと言えるときが来る」んやそうです。「そして、歴史はここから始まったというのは、誇張じゃない」と。そして何と3つ目のエントリー(記事)で、一人で?薩摩に行って、早朝の露天風呂で坂本龍馬と対話した、と書いてはります。

 ええーっ、いったい何を企んではるんやろ、と興味津々になりますね。こんな青山さんの行動を、大好きになる人もいれば、何を大仰な、と笑う人もいると思いますが、私は好きですね。ちなみにあっという間に32回目を数えたYouTube番組「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」では、「菅内閣の人事と派閥について」話してくれてはります。

 私はもともと政治にはあんまり興味はなかったんですが、国会の裏で行われていることを、元共同通信の政治部記者でもあった青山さんが参議院議員になって、今度はその中から報告してくれはるのは、めっちゃ有難い話ですね。私は選挙には必ず行ってますが、今の日本、みんながもっと政治に関心を持つようにならなあかんことだけは確かですね。

 で、話はここで終わりです(笑)。いったい、半年先に何が起こるんか、さっぱりわかりません。せやけど、ふふふ、私がちゃんと推理しましょう。それはズバリ、安倍ちゃんの復活です。私の勝手な見立てでは、安倍ちゃんの症状は実は、別に大したことあらへん。むしろ、一時的に第一線を退いて、マイペースで治療したら完治するし、一方でその間にいろんな裏工作(笑)ができるということやんか。

 少し話は戻り、上のYouTube番組でも言うてはりますが、今回の菅政権は、完全な派閥均衡維持内閣であり、しかも安倍ちゃんが絶対に内閣に入れへんかった人が2人?も閣僚に入ってしもたんやそうです。まあそれが誰のことなんかは、別にどうでもええんですけど(笑)。

 せやから菅内閣は、実は1年以内のつなぎ内閣なわけですね。そこで半年後、青山さんと山田さんが日本の歴史を変えるために立ち上がる、と。私の予想は、護る会の派閥化と、安倍ちゃんの出身派閥である細田派との合流ですね。

 細田さんはいてはるけど、安倍ちゃんが実質上のオーナーみたいなもんで、これが約100人弱、そこに、派閥化した「護る会」の約50人を持ってきて、もちろん派閥とダブってる人もいますが、さらにそこに菅さんを慕っている無派閥議員も取り込んだら、これはもう過半数になるんとちゃいますか?

 そこで自民党として、消費減税と憲法改正、軍備増強と正しい皇位継承、そして大規模な経済対策を訴えて解散総選挙に突入、史上最大最強の第3次安倍政権が誕生し、ついに日本が取り戻される、というわけですね。

 あ、その頃には最初に書いた、汚らわしい反日野党の連中は、国籍詐称やら違法献金やらで逮捕されていたり、中には何と、アメリカからの個人制裁にあって、海外逃亡する奴も出て来るので、雲散霧消してしもてる、というわけです。いやあ、何と楽しい夢でしょう(笑)。きっと正夢になりますように。これからも好き勝手に言わしてもらいます(笑)。

※更新が遅れてすみません。投稿日は9/20になっていますが、実際は翌21日の午前のアップになります。

【文中リンク先URL】
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=2151
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=2153
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=2155
https://www.youtube.com/watch?v=VGE10FfEbGw

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 日本には反日野党とマスゴミはいらんと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく