ナニワの激オコおばちゃん

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

アメリカのネオコンの本籍は民主党やったんや。実は弱者を放ったらかしにする「文化左翼」。

アメリカ民主党の崩壊

 渡辺惣樹さんの本は面白いですね。このブログを始めて間もない頃に「誰が第二次世界大戦を起こしたのか」で、渡辺さんのこのタイトルの本のことも書きました。フーバー大統領が書いた『裏切られた自由』の翻訳を出しはった時に、同時に出された本でしたね。アメリカ近現代史はこの人に聞け!ですね。今回もめっちゃ面白かったです。学者でもジャーナリストでもない渡辺さんの本が面白いのは、当たり前ですけど自分でちゃんと調べて必ず元ソースに当たって確認してはる、ということでしょうか。

 え?当たり前?それを日本の学者やジャーナリストがやってへん、肩書だけはエラそうな他人の書いたものから引用したり切り貼りしてるだけの人が多すぎるような気がしますね、日本の学界やらジャーナリズムは。せやから日本の学者やマスゴミは必ず予想を外すんでしょうね。ちなみに当然のことながら渡辺惣樹さんは、トランプさんの大統領当選を予想してはりました。

 他に日本でトランプ当選を予想できてたのは宮崎正弘さんと木村太郎さんぐらいでしたね。さてこの本『アメリカ民主党の崩壊2001-2020』、タイトルからして刺激的ですね。「崩壊」やで。でも最初から読み進めると、あーこりゃあ崩壊やな、と思えるから面白いです。2016年、ようわかってへん人からしたら、トランプさんが奇跡的な勝利を収めた経緯を、改めてドラマみたいに再現してくれてはります。

 私が今回この本で改めて認識を変えさせてもらえたことは、従来の、アメリカ民主党はリベラル、共和党は保守でネオコン、というのは間違い、ということでした。
 ブリッジは、「オバマは羊の皮を被ったネオコン」だったと失望した。しかし、より正確にいえば、「ヒラリー・クリントンこそが羊の皮を被った狼(ネオコン)であり、オバマはこの狼を好き勝手にさせた牧童」だった。
 ネットでは、ヒラリーがいかに悪どいことをして来たんかは、いくらでも見ることができます。「ベンガジ事件」でググってみてください。この本でもしっかり書いてくれてはります。そもそもヒラリーは、オバマ政権の国務長官になる少し前から、わざわざ私的なメールサーバーを使うて、ずっと悪さをして来てたんですね。その悪さの証拠になる3万通以上のメールを隠滅し、サーバーのことについても司法省、FBIに圧力をかけて「極めて不注意」やったというだけのことにして、逃れてきてたわけです。

 それでもトランプさんは当選直後に、ヒラリーの国家機密漏洩疑惑も、クリントン財団を巡る疑惑も追及しないとCBSのインタビューで言うてしもたわけですね。「新政権のスムーズな運営のためには妥協も必要だ。かつては自身の結婚式にも招待した仲である。それが大人の態度だと考えた。しかし、民主党は大人ではなかった。」

 2005年にトランプさんが今の奥さん、メラニアさんとのド派手な結婚式を挙げた時には、もちろんまだ政治家ではなく、有名人実業家やったわけですが、何とクリントン夫妻も呼んでいたんやそうです。そんなトランプさんの温情も、ヒラリー、民主党には通じへんかったようです。

 当選直後から、今ではネットではインチキやったとわかっている「ロシアゲート」で攻め立てられ、それが上手くいかないのを見て民主党は今度は「ウクライナゲート」を仕立てて、何が何でも「弾劾」に持って行こうとしてるのが、今の状況なわけですね。

 これさえも、今週から上院で「弾劾裁判」が始まりますが、共和党優勢の今の上院で、弾劾賛成が三分の二を取ることはあり得ないので、結果はもうわかってるわけですね。そこまで無理ぐり、しゃにむに無茶をし続ける民主党に、アメリカ国民もだんだん呆れて来てる、というのが今の状況のようです。

 話は戻りますが、「ネオコン」の本籍は民主党やったというのをこの本で理解できました。そして「リベラル」の怪しさもわかりました。
 黒人差別政党であった民主党は、戦後、「弱者のための政党」に変身し、それが同党のレゾンデートルとなったと書いた。「弱者のための政党」が生き残るためには弱者がつねに存在しなくてはならない。
 弱者は容易に創造することができる。フェミニスト、性的マイノリティ、少数派移民、過激環境保護者。どこにでも相対的弱者は転がっている。民主党はその種を開花させるために対立を煽り、妥協をめざさない。その傾向は、ヒラリーがトランプとの戦いに敗れて以来、酷くなった。民主党は「カルチャーレフト(文化左翼)」と手を握ると決めた。
 「おわりに」で渡辺さんは、アメリカ民主党は「最終的には、日本の旧民主党のように分解すると予想している」と書いてはります。私は、当選直後に、ヒラリーの疑惑は追及せえへんと言うたトランプさんの方が、はるかに人間的やと思いますね。いやあ、アメリカ民主党も、日本の旧民主党、現反日野党も、早う崩壊してほしいな。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング

応援してねセット改定
ツイッターもよろしく

嘘をつく国民、嘘をつく政治、嘘つきの学問、、、そして反日種族主義。これは読まなあかん。

反日種族主義

 早う読みたかったんですが、やっと読みましたよ。『反日種族主義 日韓危機の根源』李栄薫(イ・ヨンフン)。もう日本でも30万部超え、40万部いってるかもしれませんね。本屋でもまだ平置きで売っていますね。もうあちこちで書評が出ていて有名になりましたが、改めて紹介しておきましょう。

 最初のプロローグからしてのけぞります。
 「プロローグ 嘘の国」として、その章立ては「嘘をつく国民」「嘘をつく政治」「嘘つきの学問」「嘘の裁判」、そして「反日種族主義」と続きます。もう笑えますね。いやいや、笑うたらあかん、著者の李さんは真剣に真摯に、なんで韓国人はこうなるんや?ということを考えてはります。真実を追求する学者としての姿勢は、徹頭徹尾、一貫しています。頭が下がります。プロローグの出だしです。
 韓国の嘘つき文化は国際的に広く知れ渡っています。2014年だけで偽証罪で起訴された人は1400人です。日本に比べ172倍だといいます。人口を考慮すれば、一人当たりの偽証罪は日本の430倍になります。虚偽に基づいた告訴、すなわち誣告の件数は500倍だといいます。一人当たりにすれば日本の1250倍です。
 この後も、李さんのこんな記述が延々と続きます。このこともあって、今でも韓国ではこの本の評判は、一部では悪いようですが、それでも10万部以上売れたそうです。韓国ではとんでもない数字なんやそうです。そしてプロローグの最後で「反日種族主義」について説明してくれはります。韓国人は「物質主義」なんやそうです。つまり「お金と地位こそが全ての幸福の根本だという価値観、お金と地位のためなら手段、方法を選ばない行動原理、これが物質主義」やというわけです。
 さらに長期的かつ巨視的に物質主義の根本を追究していくと、韓国の歴史と共に長い歴史を持つシャーマニズムにぶつかります。シャーマニズムの世界には善と悪を審判する絶対者、神は存在しません。シャーマニズムの現実は丸裸の物質主義と肉体主義です。シャーマニズムの集団は種族や部族です。種族は隣人を悪の種族とみなします。客観的議論が許容されない不変の敵対感情です。
ここでは嘘が善として奨励されます。嘘は種族を結束させるトーテムの役割を果たします。韓国人の精神文化は、大きく言ってこのようなシャーマニズムに緊縛されています。より正確に表現すると、反日種族主義と言えます。
 うわあ、もうここで全部わかってしもたような気になりましたやんか(笑)。あ、李さんに失礼やな。この後、李さんは荒唐無稽な小説『アリラン』から始めて、反日種族主義がどのように形成されていったかを、事実に基づいて、綿密に検証してくれてはります。李さんの他に5人の執筆者が、過去に書きはった論考やら記事を再編集しはったようです。皆さん全員が学者です。

 そして後半はほとんど慰安婦問題にページが割かれています。そもそも朝鮮半島ではずっと昔から売春婦はおったし、時期によってはちゃんと公的に認められた職業でもあったわけですね。日本軍が慰安所を設置するはるか前からあったし、戦後もずっとそれは存在し続けたわけですね。朝鮮戦争の時にももちろんあった、と。そこで日本軍だけが切り取られて延々と「謝罪と賠償を」と言われ続けているわけですね。ちなみに韓国人はアメリカ軍には何も言いませんね。

 それこそが反日種族主義やというわけですね。そもそもこの慰安婦「問題」は、朝日新聞の捏造報道から始まったんですね。朝日は「誤報」とか言うてるようですが。そしてそれを韓国人が利用して、1991年になって金学順という人が「私は慰安婦だった」と名乗り出て、嘘をつきまくって韓国内でも大騒ぎになっていったわけですね。

 実はその頃には、実際に戦地に行った元日本人の韓国人も、だいぶ高齢になっていたり、亡くなっていたということもあって、また、あまりにその嘘がバレバレで、知ってる人は取り合わなかったということもあったようです。そもそもこの「問題」を積極的に進めてきたのは「韓国挺身隊問題対策協議会」、略して「挺隊協」というんですが、運動の最初から、慰安婦と挺身隊を混同していたという、とんでもないお粗末さやったわけですね。

 最近になってようやく「挺隊協」の名前は変えたみたいですが、ほら、遅すぎるっちゅうねん。アホちゃうか。日本でも最初に新聞が騒いだ頃は「従軍慰安婦」などと言うてましたね。「従軍記者」「従軍カメラマン」「従軍医師」「従軍看護婦」「従軍牧師」はあったけど、従軍慰安婦?そんなもん、あらへんかったわい、という話やったんですね。まあそこから先は「ウソも百回言うたら、、、」の国やったというわけですね。

 そして李さんはもう一人、「私は慰安婦やった」とカミングアウトした文玉珠という人のことを取り上げてはります。実は韓国でも慰安婦をやっていた人は、戦後はその経歴を隠してこっそり生きてきた人がほとんどやったそうです。この文さんは周りに言われて「告白」したところ、「お金目当てか」と言われたりして多くの友人を失うたそうです。李さんはむしろ、そちらの方に憤りを感じてはるようです。自らの利益のためには一人の女性の人生なんかどうでもいい、という「暴力的心性」を、厳しく批判してはります。

 私はこの李さんの、人間としてまっとうな精神に賛同できますね。ちゃんとまともな考えを持って、堂々と本まで書いて発表してはる勇気に敬意を表したいと思います。間違いは間違いや、とはっきり言わんと、ずるずる相手に言われるがままに妥協する人は、実は相手のことを心底バカにしてる、とんでもなく失礼な人なんとちゃうか、と思いますね。日本におる媚韓派の人たちのことです。人間的にもあかん人たちですね。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング

応援してねセット改定
ツイッターもよろしく

河野太郎ちゃんよう言うた。来年は無理やけどいずれは総理大臣か?ww 習主席国賓招聘反対!

指差し小
 昨日は蔡英文さんに拍手!の記事でしたが、同時にこちらも書きたかったんです。太郎ちゃんに拍手!です(河野防衛相、中国が努力しなければ習主席の国賓訪問に支障も)。TBSNEWSやけど、映像(動画)も付いてるので、マスゴミの得意な「切り貼り」はしてへんな(笑)。
この春 私たちは中国の習近平国家主席を国賓として迎えることを計画しています
周国家主席の訪問を心から歓迎します
中国はこの状況を改善するためにもっと努力する必要があります
そうでなければ訪問のための環境に困難を見いだすかもしれません
 この発言の前に、CHINAが南シナ海で悪さをしてることにも触れていたようです。そしてこのニュースのナレーションでは
河野防衛大臣は14日、ワシントン市内のシンクタンクで行った講演でこのように述べたほか、中国が南シナ海でも一方的な現状変更を既成事実化しようとする姿勢を変えていないと指摘し、「見過ごすことはできない」と訴えました。さらに、河野氏は、4月に東京で、太平洋諸国の国防相らを招いた国際会議を開くと明らかにしました。
 となっていました。おおー、4月、いろいろと動きそうやな。そして、講演の映像に戻って、
前回ここに来たときは私は外務大臣でした
今回防衛大臣として帰ってきました
来年はおそらく総理大臣として・・・
 ここで傍聴者からどっと笑いが起こっているのがわかります。共同通信のニュースの見出しは「河野氏、来年は首相として訪米? 講演で笑い誘う」となっていて、悔しそうですね(笑)。

 いままで「中国」にここまできっちりモノを言える大臣はおったやろか?それだけでも太郎ちゃんには拍手やな。よっしゃ、その調子で総理大臣になってくれ!と私は思います。間違うてもマスゴミの書きたてる石破くんなんかはあり得へんで、もうオワコン(終わったコンテンツ)やねんから。ただ、太郎ちゃんは実は反原発なんですね。大臣になってからは、その主張は封印してるみたいですが、どうなんやろか。

 そして話は国賓の件に戻ります。最近はネットだけでなく、保守系のいろんな団体が国賓反対の集会を呼びかけているようです。反対しか言わへん反日野党はどうでもええんですが、このままいくと、政府、政権は危ないんとちゃうやろか。そしてもしかしたらこれこそ、実は策士やった安倍ちゃんが望んだ状況やったんやろか?

 青山繁晴さんが率いる自民党の保守系有志議員のグループ「日本の尊厳と国益を護る会」はいち早く反対決議を出しています。また、佐藤正久参議院議員も国会で質問してはりました。藤井厳喜さんや北野幸伯さんも反対してはりますね。北野さんは「官邸メール」を呼びかけてはりますね。あ、私も送りましたよ(笑)。ちゃんと返事も来ましたわ。

「ご意見等を受領し、拝見しました。 首相官邸ホームページ「ご意見募集」コーナー担当」やて。

 まあ自分にできることは今のところこれぐらいやけど、やっぱりおかしいで、習近平の国賓待遇、という意見がどんどん大きくなってほしいなあと思います。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング

応援してねセット改定
ツイッターもよろしく

台湾はすでに独立主権国家、よう言うた蔡英文さん、拍手!さあ、日本はどないすんねんや?

頷く小
 今日は、思わず手を叩きたくなるような良いニュースに接しました<蔡総統、「中国は台湾を尊重すべき」 BBC単独会見>。もうあちこちのネットメディアで引用されていますので、インタビューした元のBBCのリンクを貼らせてもらいました。
蔡総統は再選後初となるBBCのインタビューに応じ、自治権を有する台湾の主権をめぐり、交渉の可能性がないことは疑いの余地がないと強調した。
「我々には、自分たちが独立主権国家だと宣言する必要性はない。(中略)我々はすでに独立主権国家あり、我々はこの国を中華民国、台湾と呼んでいる」
 どひゃあーー。もう既に独立してるんや、と言うてはるわけですね。カッコええなあ、蔡英文さん。そりゃー史上最高、800万以上も得票したら言えるわなあ。そして、「一国二制度」について、はっきり言うてはります。
「状況は変わった。(中略)この曖昧さは、もはや本来意図されていた目的を果たすことができなくなっている」と蔡総統は言う。
 ひええーー、習近平くん、「ぐぬぬーー」て言うてるやろなあ。
そして、本当に変わったのは中国だと、蔡総統は示唆する。
「3年(以上もの)間、中国が脅威を強めているのを、我々は目の当たりにしているのだから。(中略)中国は軍艦を台湾近海で航行させ、軍用機を飛行させている。(中略)それから、香港で起きていることを目の当たりにした台湾の人々は、中国の脅威は本物で、状況はさらに深刻になっていっていることを、よく分かっている」
 きっちり、悪いのはあんたらやで、と言うてはりますね。そして
蔡総統は、「たくさんの圧力がある。ここには我々がさらに踏み込んでいくべき多大な圧力がある」と言う。
「しかし、3年以上もの間、我々は中国に対して、現状維持が我々の方針だと伝え続けてきた。(中略)これは中国に対する非常に友好的な意思表示だと私は考える」
 自分たちにとっては、現状維持でさえ友好的な意思表示やというわけですね。パチパチパチ・・・やな。
「いかなる時も、戦争の可能性は排除できない。(中略)しかし重要なことは、自分自身が備えをして、自分自身を守るための能力を身につけることだ」
 憲法9条で日本は守られてるとか言う、9条信者に聞かせたいな、ホンマに。いや、もう無理か。これ、どないすんねんや?日本。ものごっつい勢いで世界が動いていくんやで。蔡英文さん、選挙できっちり勝った上に、「中国」に対してここまではっきりモノを言うてはりますね。もうこの先は、台湾との国交回復しかないんとちゃうか?日本。

 そして夏にはオリンピックや。参加名はどうなるんかな。「チャイニーズタイペイ」なんか、もうあかんのとちゃうか。「台湾」で決まりやな。もし台湾がそう望んではるんやったらそうしたらええやん。旗はどうするかは難しいけどな。いや、それも蔡英文さんがどんどん決めて行きはるんとちゃうやろか?

 こうなったらいよいよ、習近平くんを国賓で迎えてええんかどうか、大変なことになりそうやなあ。これからは日本国内の媚中派との戦いになるんでしょうか。大丈夫か?日本。ボオーっとしてたら、台湾にもアメリカにも置いて行かれるで。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング

応援してねセット改定
ツイッターもよろしく

台湾の民進党は勝ったけど、信用したらあかんらしい。あちこちにスパイがいっぱいおるんやて。

パンチ小
 CHINAのことを知るにはこの人の話もしっかり聞いとかなあきませんね。宮崎正弘さんのメルマガ「宮崎正弘の国際情勢解題」で、蔡英文さんが勝ったのは良いとしても、これからが大変、と書いてはります。
今後四年、台湾政治が前途多難なことは指摘するまでもない。
当面、一国両制度をきっぱりと拒否し「現状維持」を継続しつつ、アメリカの支援を拡大し、2024年に備えることになるだろう。
極言すれば、蔡英文政権は次の独立を主張する政権への「つなぎ」であり、2024年に頼清徳政権実現へ向けて、党内結束を強固な態勢とする必要に迫られる。
民進党支持者の多くが頼清徳を信任するのは、かれが台湾独立を明確に志向しているからだ。
 CHINAが黙って見てるわけはないやろうから、ホンマに前途多難ですね。宮崎さんとしては、台湾は独立まで行ってほしい、ということのようですね。私も「最後に正義は勝つ」であってほしいんですが、どうもそんな青春ドラマみたいなもんは、この現実世界ではあらへんようですね。宮崎さんのメルマガにいつも転載されている「アンディチャンのAC通信」で、チャンさんは書いてはります。
台湾の政治家を買収するなら真先に国民党、外省人などが考えられるが、実際には民進党の政治家も買収されないとは言えない。
 もう1つ注意すべきは台湾のヤクザ組織である。
台湾には竹聯幇、四海幇と呼ぶ外省人のヤクザ組織と天道盟と呼ぶ台湾人のヤクザ組織がある。これらのヤクザ組織は青幇(チンパン)、紅幇(ホンパン)と繋がっていて、青幇、紅幇は中国と繋がっている。ヤクザ組織が台湾の政治、軍事、経済、外交などに大きな影響を持っていることに注意すべきだ。
 ええーっ、何やねん、結局ヤクザが国を動かしてるんかいや。アホらし。いくら何でもなあ、と思たら、深田萌絵さんも書いてはりました。昨年、アメリカは台湾に対して戦闘機F16 を66機?も売却することが去年決まったようですが、台湾は最新機のF35も買おうとしているようです。深田さんはこれは実はCHINAがその技術を盗もうとしてるんやと、このところずっと警鐘を鳴らしてはります。
昨日は、台湾の現外交部長は、弊社CTOが台湾で開発していたF35向けの技術を中国へ移転する交渉役だったということについて言及した。だから、台湾がF35を欲しがるというのが、最終的には大陸の為だと考えてしまうのだ。
台湾は「国民党=青幇」のイメージが強いが、青幇は色んなところに人材を派遣している。こちらが陳情の為に接触を試みた米国政府機関や政治家の人々もどんどん抱き込まれて行っている。
 つまり、現在の台湾の外交部長(外務大臣)の吳釗燮(ウー・ジャオ・シエ)という人は、以前はF35の技術をCHINAへ移転しようとしていた人なんやそうです。

 そして今、深田さんが青幇企業と呼んでいる台湾企業のTSMCは、ファーウェイと関係が深いため、アメリカの制裁で苦労してるんやけれど、そのTSMCは最近、ロビイストとして、あるアメリカ人を雇った、と。ところがその人物というのは何と、以前に深田さんがアメリカで、「F35技術が台湾半導体シンジケート青幇とファーウェイ経由で解放軍に抜けていった」とカリフォルニア州のダイアン・ファインスタイン上院議員のオフィスで陳情した時に、一緒におったピーター・クリーブランドという人やったそうです。

 ちなみにそこにさらに一緒におったダイアン・ファインスタイン上院議員の補佐官やったラッセル・ロウという人は、2018年にCHINAのスパイとわかって、こっそり退職させられていたんやそうです。

 もうグチャグチャですね。アメリカの国会議員でさえも、CHINAのスパイに蝕まれてるんやんか。そういえば、今回の台湾の選挙ではものごっついお金が動いて、SNSでもいろんなデマ情報や攪乱情報が流されていたそうです。CHINAはもうやりすぎたんとちゃうか。いくら何でもそれはバレバレやで、というレベルにまで劣化してきたんとちゃうやろか。まあそれでもアンディチャンさんは気を付けようと言うてくれてはるわけですね。ホンマに世界は邪悪やわ。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング

応援してねセット改定
ツイッターもよろしく