ナニワの激オコおばちゃん【旧】

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

夫婦別姓とLGBT法案で岸田氏孤立?と書く朝日新聞。あはは、そんなもん日本人にはいらんで。

自転車小

 今日(10/18)のニュースでこれは笑えましたね(夫婦別姓とLGBT法案で岸田氏孤立? 公明からも「自民は合意を」)。朝日新聞デジタルです。

与野党の党首による討論会では、選択的夫婦別姓法案とLGBTなど性的少数者の「理解増進」法案の扱いをめぐり、岸田文雄首相(自民党総裁)が包囲網を敷かれたかのような場面があった。質問者からそれぞれの法案の来年の通常国会への提出に賛成する党首は挙手をするよう求められると、どちらについても与野党9人のうち岸田首相を除く8人が一斉に手を挙げた。

 あはは、「岸田首相が包囲網を敷かれた」やて。笑えるわ。やっぱりこれは画像がないとあかんな。(Mi2 @mi2_yes)。

 あはは、たしかに真ん中の岸田さんだけが挙手してへん、と(笑)。まあ、ようこんだけ弱小野党を全部呼んだもんや。日本は平等でええなあ。とは言え、多くの皆さんが突っ込んではりました(kakikoSHOP @shop_kakiko)。

これは大喜利ですか?
国民0.2% 社民0.4% れい 0.4% N国0.2%
立憲6.4% 公明3.7% 共産3.3% 維新1.7%
自民以外で8票(公明は連立する資格なし。)
________
自民33.4%=1票

 挙手は8:1やけど、支持率を足したら16.3:33.4になるんやんか。あーアホらし(笑)。そしてようわかるのがこの日本記者クラブ、基本的には反日ですからね。質問からしておかしいですね。まるで世の流れは選択的夫婦別姓とLGBTや、というわけですね。

 どちらも日本にはまったく馴染まへん話ですね。「選択的」と言いながら実は子供にとっては「強制的」に、親と違う姓を選ばせられるわけですね。子供でもわかる話や。ネットではもうさんざん出て来ていますが、普通の4人家族でも全員、姓が違うという状況が、ざらに出て来るわけです。誰がそんなけったいな制度を選ぶかいや。

 まさしく、「男女同権の時代、女性天皇が出て来てもええやんか」というノリでごまかして皇統を破壊するのと同じ、選択的で選べるんやから、というごまかしで、世界一整備されている日本の戸籍制度を破壊する第一歩になるわけですね。

 LGBTはレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー、ですね。「欧米では」これに「Q」(クィア)(Queer)「変態」も認めることが主流になって来てるそうですね。日本のサヨクさん、どうせなら最先端を取り入れて、「Q」も入れて聞いたらどうや?あはは、さすがにそこまで行くと、日本人にはバレてしまうとわかってるんでしょう。そんなもん、日本にはいらん、ですね。

 男色、衆道、陰間茶屋は江戸時代からあったし、今の日本の漫画の世界では、少女雑誌でレズの作品は普通になんぼでもありますね。トランスジェンダーは病気の部分もあるらしいから、それやったらちゃんと治療したらよろしいやんか。日本人はもともと性には寛容なんや。いったいどこで誰が「差別」したりいじめたりしてるんや?聞いたことないで、という話ですね。

 アホなサヨクが、世界の潮流はこれや、ということで取り入れようとしてるようですが、もうええかげんにしてほしいですね。とは言え、実は自民党の中にも、LGBTと選択的夫婦別姓に賛成してしもてるおかしな議員がおることも、先日の総裁選で明らかになりました。

 LGBTは性の破壊、男女関係の破壊、選択的夫婦別姓は戸籍の破壊、家族の破壊、そして女系天皇に至っては皇室の破壊に、見事に繋がってるわけですね。実は根は一つ、やったんや。日本人、もうちょっと賢うなったら、こんなアホな質問にも、さらっと返せるようになると思いますね。

 高市早苗さん効果で、岸田くんも今日の質問には流されへんかったというわけです。ちょっと危なかったですけどね。あ、それから、忘れたらあかん、公明党。結局サヨクやったことがようわかりますね。と言うより、何も考えてへんのかも知れませんね。マスゴミの誘導に流されてるだけ、と。

 そんなもん日本人にはいらんと、はっきり、さらっと言えるように、私ら日本国民はしっかり勉強しましょう。

【文中リンク先URL】
https://www.asahi.com/articles/ASPBL5CJ1PBLULEI00D.html
https://twitter.com/mi2_yes/status/1449980750065922049?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1449980750065922049%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.moeruasia.net%2Farchives%2F49687959.html
https://twitter.com/shop_kakiko/status/1450030508964868098


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

眞子内親王殿下、危険極まりないニューヨーク行きは、何としてでもおやめくださいませんか。

走る小

 私らみたいな下々の人間が、皇室のことについてあれこれ言うのは不敬やとずっと思ってはいるんですが、もうこれ以上は黙ってられへんような状況になって来ましたね。二階堂ドットコムさんの有料情報、J-CIAからです(入金しないと読めません。記事ごとにポイントを消費するスタイル。コピペもでけへん仕様になっています)。読者には警察、公安関係の人たちが多いようです。

 ズバリ書いてしまいます。警察庁の極秘情報で、眞子内親王殿下が民間人?になり、ご結婚された後、小室圭氏とお住まいになることになっているニューヨークで、もし万が一、テロ誘拐されたらどないするんや?という話が書かれています。あまりに衝撃的な話ですが、よう考えたら、誰もが心配して当然の話ですね。

 そして既に9月にはこんな記事も出ていました(《ついに“駆け落ち婚”へ》「信じ難い」眞子さま・小室圭さんNY新婚生活に警察内部で動揺広がる 過去には元女性皇族の誘拐未遂事件も)。文春オンラインの記事ですね。例によって「宮内庁関係者」の話として、次のように話されているとか。

 「身辺警備を現地の警察に依頼することや、在ニューヨーク日本国総領事館に警護兼相談相手となる眞子さまの担当ポストを設けることも検討される可能性はあります。ただ、こうしたものにも人件費はかかります。眞子さまがこれを辞退したとしても、日本政府も米国政府も『ああそうですか』という訳にはいかないのです」

 確かにそうですね。「辞退」はでけへんのですよ。そもそもこのご結婚の話は、お二人だけの問題ではないんですよ、と申し上げたいところですが、もうここに至ってはどうしようもなさそうですね。誰もが諦めてしまってるような状況のようです。

 そして最初の二階堂ドットコムさんのJ-CIAの記事です。言葉にもしたくないですが、万が一、ニューヨークで「テロ誘拐」が起こった時の対応について、いろんなシミュレーションが当然なされているが、その結論は何と、「冷たいもんやなあ」ということなんやそうです。絶句、ですね。

 記事の中では、邦人誘拐事件を全て追って来た大手新聞記者が、「眞子内親王殿下は世界中のテロ組織が誘拐しようと狙っている」と断言していることも書かれていました。恐ろしい話ですが、十分に考えられる話ですね。そしてここ数年、誘拐テロに対しては、「テロ組織とは交渉しない」「テロには屈しない」という姿勢が、日本でも標準になって来たように思います。もうこれ以上は書きたくないですね。

 実はこんなことになるのは最初からわかってた話ですね。そうなる前に、どんな手を使ってでも皇族をお守りするのが政府、宮内庁の仕事やんか、と今さら怒っても遅いんでしょうか。宮内庁の対応は全て、悪い方へ、悪い方へと誘導してるようにしか見えません。

 宮内庁は、戦前は宮内「省」やったんですね。どこかで読んだんですが、宮内省の職員については戦前は華族に限られてた部分もあったとか。つまりは皇室のことは皇族、華族で何重にも守るシステムがあったということでしょうか。

 戦後、皇室は財産もGHQにはぎとられて、言葉は失礼ながら、丸裸で放り出されたようなもんやったわけですね。そう考えると、旧宮家の皇族復帰なんて、もっと早うからやっとかなあかんかったわけですね。実は戦後76年、日本の破壊は着々と進んで来てたんやということですね。

 つい最近、ジャーナリストの篠原常一郎さんが、小室佳代さんを告発した話もあります(小室圭さん母・佳代さんを刑事告発のジャーナリスト、返戻も再告発を宣言 視聴者に協力呼び掛けも)。こういう方法がどういう意味を持つんか、私はようわかりませんが、今からでも何とかして、明らかに危険極まりないニューヨーク行きを止めることができたら、それだけでも意味があると思います。

 マスゴミはますます好き勝手な報道をして、秋篠宮家バッシングを誘導してるように思います。あるサイトでは「やっぱり愛子さまを天皇に」などというコメントもありました。私ら日本人は、今まさに攻撃されてるんやと、しっかり認識せなあきませんね。

【文中リンク先URL】
https://www.nikaidou.com/
https://www.j-cia.com/archives/17192
https://bunshun.jp/articles/-/48326
https://news.yahoo.co.jp/articles/36b19c8092bed0328a9936299d89b997c3ea01b4


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

昭和天皇の肖像を燃やすような動画、そんなもん、絶対に許さへん!と日本国民なら立ち上がろう。

指差し小

 私がご縁をいただいて応援させて貰うてる「フジ住宅裁判」の控訴審は、来月11月18日(木)(午後2時開始)に判決が言い渡されることになっています。詳細は、フジ住宅のホームページに記されています(9月10日(金)の『ブルーリボン訴訟』(大阪地方裁判所 令和2年(ワ)第10851号 井上直哉裁判長)第4回期日のご報告と、関連情報の紹介)。

 地裁での第一審判決を出した中垣内(なかがいと)健治裁判長は、法廷内ではブルーリボンバッジを外させるという、信じがたい訴訟指揮をしたのですが、何と高裁でも同じような訴訟指揮が続き、今度は日本国旗のバッジまで外させるという、エゲつないことが起こりました。

控訴審の大阪高裁での『フジ住宅裁判』(裁判長 清水響氏)においては、ブルーリボンバッジだけでなく、最近は、何と、国旗『日の丸』のバッジを外さないと入廷が許されないという、理解不能な訴訟指揮が続いています。
これまでの流れで行けば、この11月18日(木)の判決言い渡しは、仮に被告である弊社会長今井光郎や、弊社社長宮脇宣綱が、出廷したとしても、常時身につけている「ブルーリボンバッジ」を外さなければ、判決を法廷で聞けなくなるわけです。

 いったい、どこの国の裁判所なんや、と気持ち悪くなりますね。これについては前に私は「やっぱりおかしい日本の裁判所。ブルーリボンバッジは禁止、法廷にはどこにも日の丸があらへん。」で書きました。これに関する「ブルーリボン訴訟」は、フジ住宅裁判の判決日の翌日、11月19日(金)(午後2時開始)が、第5回目の裁判の期日となっています。

 日本の裁判所で日の丸を禁止するということが異常やと思わへん裁判官がおることに、ほとんど恐怖を感じますね。実は裁判官の人事評価制度では、弁護士の評判もそれなりに必要らしくて、それで裁判官は、サヨクが多い弁護士に媚びを売ってるんとちゃうか、というのが私の勝手な推測です。まあ当たらずといえども遠からず、でしょう。

 裁判はめんどくさくても、一つ一つ、しっかりやって行かなあかんわけですね。そしたら一昨日(10/14)、面白いニュースが入って来ました(〈独自〉昭和天皇肖像燃やす動画は「ヘイト」 不自由展主催者を提訴)。

 愛知県で開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」内の企画展「表現の不自由展・その後」で、昭和天皇の肖像を燃やすような動画作品が展示され、精神的苦痛を受けたとして、大阪府内在住の主婦3人が14日、トリエンナーレの実行委員会長を務めていた大村秀章・愛知県知事らに慰謝料を求め、大阪地裁に提訴した。代理人弁護士が取材に対し、明らかにした。

 この「あいちトリエンナーレ」はもう大騒ぎになりましたから、多くの人が知っていると思います。ただマスゴミは、「昭和天皇の肖像を燃やす」の部分はほとんど報道していませんから、何で騒がれているんか、ようわからん人もおるんかも知れません。

 原告の一人で大阪市の主婦、山口文江さん(53)は「動画にいたたまれない思いが募り、提訴に踏み切った」とコメント。原告代理人の稲田龍示弁護士は「ヘイト行為は認められず、作品への抗議を『表現の自由の侵害』とするのは的外れ。これ以上侮辱を許さないよう全国で声を上げるべきだ」と強調した。

 実は「精神的苦痛を受けた」と言うて訴訟するのは、サヨクがよくやる手口ですね。フジ住宅裁判も、まさにそれで訴えられているわけです。さあ、面白い裁判になりそうです。そしてこの稲田龍示弁護士は、ブルーリボン訴訟の原告側弁護団のお一人です。ぜひ応援したいですね。

 この「あいちトリエンナーレ2019」は、何から何まで異様な展示でしたが、そんなものが公共の場で堂々と展示されて、しかも一時的とはいえ公金が支出されるような、そんな気持ち悪いことが、今の日本国内で進行してることを、かなり多くの日本人に知らしめることになったと思いますね。

 アタマのおかしいサヨクの多い弁護士に媚びる裁判官がいっぱいおる中での裁判は、けっこう大変かも知れませんが、こちらもしっかり応援して行きたいと思います。

【文中リンク先URL】
https://www.fuji-jutaku.co.jp/blog/?year=2021#article100
https://naniwakawaraban.jp/2021/09/10/%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%82%8a%e3%81%8a%e3%81%8b%e3%81%97%e3%81%84%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e8%a3%81%e5%88%a4%e6%89%80%e3%80%82%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%9c%e3%83%b3%e3%83%90/
https://www.sankei.com/article/20211014-AQZAZE3CLNLWLAM3HJODZT5ZU4/?867767


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

経産省は「日の丸半導体」を潰した前科者。今度は金を渡して台湾TSMCを誘致、日本を売るんか?

頷く小

 世の中が総選挙に向けて一斉に動き出してる中で、経産省の姑息な?動きがずっと続いています。半導体の話です。めっちゃがっかりするニュースですね(TSMC新工場へ環境整備 半導体製造、経産相が改めて歓迎)。あれっ?これは今日(10/15)のニュースですが、記事の後半はこうなってます。

 新工場は熊本県に建設する方向で調整が進められている。萩生田氏は具体的な支援額などは「今後検討する」としつつ、半導体の国内製造基盤整備に向けて「他国に匹敵する措置を講ずるべく、必要な予算の確保と複数年度にわたる支援の枠組みを速やかに構築したい」と語った。

 これ、ソニーとTSMCが組むという話はずっと前から出ていて、しょっちゅうニュースにされていますが、結局まだ決定ではないということでしょうか。昨日(10/15)はTBSではこんな言い方でした(【速報】台湾TSMC 半導体の新工場を日本国内で建設へ)。

 関係者によりますと、来年に建設を始め、2024年に稼働を開始する方針です。工場の建設にはソニーグループが協力しソニーが持つ熊本県の工場の隣接地を整備し、提供するとみられます。総投資額は、およそ8000億円規模とみられていて、その半分にあたる4000億円については「経済安全保障」の名目で政府が補助する方向で調整しています。

 「政府が補助する方向で調整」。ホンマに臭い匂いがしますね。やっぱりこれについては深田萌絵さんが連日、厳しく批判してはります。
TSMC誘致に血税4000億円、2割を●●が山分け!?
日経が政府TSMC誘致4000億円を酷評。シャープを見殺しにして外資に金かよ!
外資4000億円、国民不遇、プロパガンダ政治で窮乏化する日本人の末路

 上の2番目で深田さんが上げている日経の記事は、中国語版で、こちら(日本给台积电建厂发巨额补贴,值吗?)と思われます。これに相当する日本語版は「半導体の国際分業、米中対立で見直し TSMC誘致」のようですが、論調がかなり違うようです。

 日経でさえ、いや、日経だからこそ?一企業への支援額にしては異例の金額で、これからの決定過程も注視すべき、と批判的なようです。ここらへんはややこしいですね。「中国」が必ず絡んでいますから。

 そして日本の半導体政策に嫌気がさして数十年前にアメリカに移った技術者、「サンタバーバラのおっさん」も、自分のYouTube動画で連日、しっかり批判してはります。あ、この「おっさん」、東大も受かってたけど京大に行った人です。最初は日本企業に就職した、と。今はアメリカのサンタバーバラで半導体関連の仕事をしてはります。
数千億円TSMC日本誘致は売国の極み
えっ、4000億の決裁くれって?相見積もり取ったんか?

 もし日本政府が台湾TSMCにホンマに金を出すんやったら、もう日本の半導体産業は終わり、みたいな話ですね。日本には半導体の製造装置はある、素材もある、露光機器のみはオランダから導入。台湾、韓国と違うのは、電気代と人材確保の方法やというわけです。

 台湾や韓国は、国が電気代を補助したり、用地、用水を確保、提供したりして全面的に支えてるわけですね。日本の経産省は、民間企業に対しては競争原理で自分でやれ、という態度ですね。結局それで、過去にはシャープは売られ、東芝も散々な目に遭うてるわけですね。せやのに今回は、TSMCに金を出す?何でやねん?という疑問がどうしても解けませんね。

 どうせTSMCが日本に来ても、結局日本人を雇うことになる、と。そしたらソニーがある熊本では、もしかしたらTSMCがソニーの技術者を、倍以上の給料で引っこ抜いてしまうやろう、というわけです。「日の丸半導体の復活」と言うんやったら、そうなる前に日本政府が支えなさい、という単純な話です。

 ここ半年来、半導体はずっと品不足となっていて、自動車だけやのうて、多くの産業に影響が出ていますが、これにしても、もしかしたら一過性のものかも知れんという疑惑もあるようです。そもそも寡占状態なわけやから、出し惜しみ、製品隠しがされていて、品不足は偽装の可能性もあるかも知れん、と。

 つまりは日本の経産省は、まるっきりTSMCに振り回されてるんかも知れません。さらに深田萌絵さんは、日本のODA(政府開発援助)ではキックバックがあるのは常識で、今回の誘致にもそれがあるのではないか、と指摘してはります。うーん、信じたくはないですが、せめて国益第一で働いてほしいですね。経産省と日本の国会議員。

 そしたら何とこれを書いてる間に深田さんが動画を更新してはりました。
熊本に中国スパイ2000人!?TSMC誘致工作に焦佑鈞と中国スパイFの影!?

 以前に深田さんの会社から技術を盗んで行ったリチャード中島という人が、今は半導体業界の技術移転のゴロツキみたいなことをしていて、その人が今、TSMC誘致を経産省にお願いして回っているのに、なかなかうんと言わないと、周りにはこぼしているんやとか。

 この人は以前には、日本のルネサスに入り込んで、人材を引き抜いてエルピーダに移したりした、と。そのエルピーダの元CEO坂本幸雄氏は中国の半導体企業、紫光集団の副総裁を務めていて、500ドットコム事件とも繋がっていた、そして深田さんを訴えている帰化日本人の息子「F」氏ともつながる、という話です。

 さらにTSMCは、熊本の工場で働く2000人の技術者は日本では集められへんから「中国」から連れて来る、と。そうなると間違いなくその中には人民解放軍の人間も入って来る、というわけですね。アウトやんか、TSMC。

 日本以外の全ての国では、「ダマされたらダマされた方が悪い」んやということを肝に銘じてほしいですね。仲良くすることが一番、みたいなお人好しの日本の官僚には、とても期待でけへんのかも知れません。上の動画でサンタバーバラのおっさんは、実はそういう「人」の雇用の危うさについても、過去に高市早苗さんは書いてはったそうです。

 高市さん、選挙が終わったら、経済安全保障対策本部の本部長として、このTSMC誘致問題については、徹底的に調べてくださいね。あ、上の動画では深田さんは、アメリカのIRS(合衆国内国歳入庁)にも情報提供、証拠提出してることも言うてはりますね。

 アメリカからもガツンと来るんかも知れませんね。ま、もともとかつての日の丸半導体を潰したのはアメリカなんですけどね(笑)。日本、しっかりせなあかん。

【文中リンク先URL】
https://nordot.app/821590372198301696
https://news.yahoo.co.jp/articles/9d9dc11b7572562473332c554406adc1eda6415d
https://www.youtube.com/watch?v=REVKWbyH8JM
https://www.youtube.com/watch?v=Bs2xSuGzoHk
https://www.youtube.com/watch?v=weuVSfxXbpM&t=916s
https://cn.nikkei.com/industry/itelectric-appliance/46299-2021-10-12-04-59-14.html
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC087OD0Y1A001C2000000/?unlock=1
https://www.youtube.com/watch?v=H7Vyhb1wuCY
https://www.youtube.com/watch?v=QN1-lMIiZGA
https://www.youtube.com/watch?v=mBAbVENuTOc


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

うまい!高市さん。「日本は墓まで暴く文化じゃありません」。暴論に対してもさらっと返すんや。

パンチ小

 次の自由民主党、第101代総理大臣には必ず高市早苗さんになってもらうために、私は自民党に入党する手続きを始めました。先日、ようやく申込書類が奈良の高市さんの事務所から届いたので、用紙に記入し、入金して送り返しました。来年も党費4000円を払えば、少なくとも3年後の総裁選には選挙権があるわけですね。

 高市さんの事務所もめっちゃ忙しそうですね。「サナエタオル」も欲しかったんですが、すぐに売り切れてしまいました。どえらい人気ですね。この調子で3年後までに党員票をいっぱい集めたら、一回目で総裁選勝利も可能やんか(笑)。河野太郎くんも、100万人集めたら圧勝と言うてましたね(河野氏、次期自民総裁選に意欲 党員拡大で勝利目指す)。自分では人気があると思てるからでしょう。

 負けてられへんで。高市さんも3年で100万票獲得や!実は自民党の党員数は今は110万人ですが、過去(1991年)には500万を超えてたこともあり、200万、300万で推移してた時期もあったようです。可能性は大いにありますね。

 そして高市さん、自民党の選挙公約の発表で、地上波テレビの露出が増えましたね。昨日(10/13)もBSフジLIVE プライムニュースで、視聴者からの「(靖国参拝を)批判されないためには靖国からA級戦犯を分祀するしかないと思いますが」という質問に対して、「日本は墓まで暴く文化じゃございいません」と答えてはりました(Mi2 @mi2_yes)。

 これは、番組の最後に残り1分も無いことがわかっててわざとしてる質問ですね。反町理くん、あんたはアホか。日本にはもう「戦犯」はおらへんのや、神様はいっぺんお祀りしたら移されへんのやと、私なら言うてしまいますが、そこが高市さんの答えの素晴らしいところですね。

 実は前にフジテレビ「日曜報道 THE PRIME」で、橋下くんにしたのと同じ答え方ですね。「戦犯」の話、「分祀」の話は始めたらけっこう時間がかかる、それを必死で言おうとすると、物事をよう知らん人から見たら、余計に言い訳がましくなる、そんなマスゴミのイジワル質問に、見事な切り返しやと、改めて思いました。

 「日本は墓まで暴く文化じゃない」=「墓まで暴くのは中韓やんか」、日本人らしく、罪を償うた人には手を合わせましょうやという、日本人の情に訴える話を一言で表現してはるわけですね。そして「墓まで暴く」「墓まで暴く」の言葉がしっかり残る、と。そうや、「中国」や韓国みたいには、なりとうないなと後でわかる、と。上手いなあ。高市さん。

 「覚醒」した日本人はどんどん増えて来てると思いますが、毎日のようにマスゴミがそれこそ反町理くんが畳みかけ、橋下徹くんがしつこく食い下がってきて、やっぱり日本人は反省せなあかんのや、みたいに思わせようとするような攻撃に対しては、こうやってさらりと本質を突きつつ、日本人の情に訴えるような表現を、これからも見習うていきたいと思います。

 自分だけがわかってしもて、他人をアホやアホやと攻撃するだけでは、味方は増えへん。気い付けなあかんな。ふだん、政治のことなんかあんまり考えることのない人たちに対しても、共感を得られるような言葉、表現で、しっかり本質を伝えられるように、これからも勉強して行きたいと思います。

【文中リンク先URL】
https://news.yahoo.co.jp/articles/06648d1873da732b2c5e7597a1fcc1e5556fceb8
https://twitter.com/mi2_yes/status/1448274316936712197


人気ブログランキング

 ↑ 励みになります。一日一回、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

ナニワの激オコおばちゃん

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

 ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。