ナニワの激オコおばちゃん

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

地球温暖化ってウソやったんか?ありもせんことをデッチあげてお金儲け。どこも同じやな。

パンチ小


 私が前からどうもおかしいなあと思てたことの一つがこの地球温暖化です。そしたら今日(9月17日)の産経新聞の『正論』で、渡辺惣樹さんが<「地球温暖化」論議に再考を促す>を書いてはりましたね。私はこれまで渡辺さんの本はけっこう読んできました。『TPP知財戦争の始まり』『朝鮮開国と日清戦争』『誰が第二次世界大戦を起こしたのか フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く』など、どれもビックリの内容でしたね。

 学者でもないのに(失礼)、日米の歴史にめっちゃ詳しくて、英語ができはるから、たぶんアメリカでいっぱいナマの資料に当たって、日米関係の歴史についてはヘタなおパヨク学者よりよっぽど正しい、新しい情報を持ってはりそうです。最近、産経新聞の正論のメンバーになりはったところですね。

 で、地球が温暖化している原因は、人類の生産活動で排出される二酸化炭素(CO2)の量が増えてるからや、と言うのは、今や常識になってるように思われます。この話の元になっているのは、アメリカのマイケル・マン教授が書いた論文なんやそうですが、どうもそれは第三者が検証でけへんものやそうです。それに気付いた人は何人もいるようなんですが、何と、それに異を唱えると、いわゆるスラップ訴訟を起こされるんやそうです。

 スラップ訴訟というのは、いやがらせ裁判のことですね。過大な賠償金やら大量の人を動員して、裁判を維持すること自体にも金がかかり、負けたらとんでもない損害を被ることになると思わせて、和解に持ち込むやり方です。いやあ、日本のおパヨクとそっくりですね。

 カナダ在住の、ティム・ボールさんという元大学教授は以前からこのマン教授を激しく非難していたので、逆に「名誉棄損」でマン教授が例によってカナダの裁判所に訴えたんやそうです。ところがボールさんは、このスラップ訴訟を堂々と受けて立ち、今回、何と勝訴しはったんやそうです。

 このマン教授の論文の中の重要な部分について、元データは開示されていないので、誰も検証がでけへんのですが、アメリカではこのデータは「知的財産」という理由で、開示せずにすまされてきているようです。今回の裁判はカナダで起こされたので、ボールさんは勝訴しはった、と。

 この「地球温暖化」キャンペーンの裏側には巨大な環境保護団体が付いていて、裁判の資金などもそこから拠出されてるんやそうです。つまりは「地球温暖化」をネタにして商売をすることによって、それを上回るお金が儲かる、ということなんですね。何やそれ。ホンマに世界は邪悪やなあ。ありもせんことをでっちあげて、それで金儲けする、ということやんか。ぞっとしますね。

 まあ日本人はもう、慰安婦やら徴用工やらで、さんざんその手口を見せつけられて来たから、もう騙されへんで、と思いたいですけどね。ただ、スラップ訴訟はなかなか手ごわいですね。どこの国にもイヤな奴がおるもんですね。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

国がケチってたら、豊かになれるはずがあらへん。消費税は廃止、財政法4条は改正やな。

自転車小


 いろんなきっかけで最近は、私も洗脳が解けました、とか、覚醒しました、とか言う人が増えてきてるように思います。日本人は、わかってしもたら後は早いのになあ、と思うんですが、甘いかな(笑)。いわゆる「自虐史観」はこの70数年、見事に日本国民を騙し続けて来ましたよね。「日本は戦争を仕掛けた悪い国」というのは、あの人気者の橋下徹君だって、実は優等生やっただけあって、ホンマやと思てるようですからね。

 GHQは日本を二度と立ち直れんようにするために、占領当初は日本は世界の最貧国のままに置いておこうとしたんですね。そのためには、まず軍隊を持たせんようにしよう、ということで憲法9条が作られた、と。ところが佐藤健志さんに言わせると、日本弱体化の仕掛けはもう一つあって、それは財政法4条や、というわけです。

 佐藤健志さんの本は何冊か読んでますが、これに関して書きはった『平和主義は貧困への道 または対米従属の爽快な末路』は、出てちょうど1年になりますが、私はまだ読めてません。佐藤さんのネットでの発言などから理解はしましたが、大ざっぱに言うと、戦後、日本を二度と立ち上がられへんようにする、ということで、軍備を禁止したけど、同時に国として、絶対に借金がでけへんようにした、ということですね。

 確かに、戦争をするには莫大なお金がかかります。日本は日露戦争に勝利しましたが、戦費調達のためにえらい苦労したし、戦争が始まってからも文字通り綱渡りで、実は日露戦争がもうちょっと長引いてたら国家財政的にはかなりヤバかったようですね。つまり、お金がないと戦争はでけへん、ということで、二度と戦争がでけへんようにするために、日本は借金したらあかん、国の財政はその年の税収で賄え、というのがこの4条の趣旨なんやそうです。

 これがいわゆる「財政均衡主義」となって、国の歳出は税収で賄うことになり、赤字国債というのはこの法律違反になるというわけです。来年度の予算がまた過去最大の101兆円やとえらい騒がれてましたが、デフレ脱却のために120兆円ぐらい出さんかい、と私はいつも言うてましたが、それって、足らん分を赤字国債で賄うたら、法律違反になるわけですね。

 建設国債は赤字国債とは違うからOK、みたいな話はあり、少しややこしいんですが、いずれにしても財務省も、安倍ちゃんも、きちんと法律を守って予算を組んでるんや、ということになるわけですね。私は財務省が嫌いで、日ごろ財務省のアホがー!とか、不景気で自殺者が増えてる!財務省は人○し!とか罵倒したりしてましたけど、いやいや、日本の官僚は、ちゃんと法律に基づいて、きちんと仕事してるやんか、という話ですね。

 せやから、まずはその間違うてる法律を変えなあかん、ということですね。そういえば千葉県では先日の台風15号で東京電力の鉄塔が倒壊し、10何万戸がいまだに停電中なんやそうです。えらいこっちゃ。台風が記録的な大型やった、というのもあったにせよ、日本のインフラって、そんなにヤワやったんか?と悲しくなりますね。そしたら、たぶん、そうやろなあと思てたんですが、三橋貴明さんが今日(16日)の「新」経世済民新聞で書いてはりました。

 <電力会社は、外国から購入する鉱物性燃料のコストが跳ね上がり、当然の結果として「メンテナンスコスト」削減に走らざるを得ませんでした。
 東電の送配電設備への投資額は、91年は年間9千億円だったのが、18年はわずか3千億円。
 投資だけではありません。原発事故後に新規採用を抑制した東電は、数千人の人員削減を実施しました。>

 まあそのせいで停電になったんや、と単純には言えへんにしても、予算がかつての三分の一になってたら、そらあ、どこかで何かがケチられてて、もっと丈夫な鉄塔やら電柱やらに取り換えるはずのものが、延び延びになってた、というような状況もあったかも知れませんね。

 つまりは今の日本は、どんどん貧困化、弱体化してる、ということやんか。インフラというのは、電力会社という民間会社に押し付けるんやのうて、国が責任持って整備せんかい、という話ですね。それもこれも、この財政法4条の縛りのせいで、要は国はケチでないとやっていけんようになってる、その仕組みが間違うてる、という話ですね。

 もっともっと豊かになれてたはずの日本。日本人みんながもうちょっとだけでも賢うなっていかなあかんな。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

宮内庁そのものが皇室廃絶に動いてる?あー恐ろし、この不敬者。大嘗宮は茅葺きにしてや。

走る小


 普通の年は、戦後は「勤労感謝の日」になってしもた日に新嘗祭が行われるのですが、天皇が替わられた年の最初の新嘗祭は、大嘗祭として、特別に建物も拵えて挙行するということなんですね。私はもうこれは、国家的行事以外の何物でもないと思いますが、例によってGHQに貶められたままの今の日本では、これは国事行為ですらなく、宮中での宗教的な私的な行事、ということになってるんやそうです。アホらし。

 上の記事を上げた後、話はだんだん大きくなってきたみたいで、9月11日には産経新聞の『正論』で、東京大学名誉教授の小堀桂一郎さんが、「大嘗宮の建築仕様は伝統遵守で」という主張を書いてはりました。
 <大礼委員会が公表した板葺への変更理由の一に費用の節減が挙げられてゐる。国費を以て賄ふ皇室の公的行事に費用の面から手抜きを敢へてするとは、常人には考へられない不敬である。>

 いやあ、ホンマにその通りですね。お金がないとは何事か、ホンマに無いんやったら国民にきちんと言うてみなはれ、あっと言う間に国民から寄付が集まりまっせ、てな話です。

 小堀さんは<伝統を無視した板葺大嘗宮の姿に国民が看て取るのは政府・宮内庁が抱く皇室の祭祀儀礼簡略化の魂胆である。そこに政府が皇室を粗末に扱つて恥ぢない不敬が透けて見える。>と手厳しいです。それでも上品な文章ですね(笑)。

 そしたら昨日、いつも私が引用させて貰うてるメーリングリストにまた投稿がありました。なんと、宮内庁長官が、「茅葺きに否定的」という記事が日経新聞に出てたんですね(「大嘗宮の屋根材、かやぶきに否定的 宮内庁長官」)。もう許されへんな、と思てたら、これについての論考が引用されてました。青木孝史さんが書いた論考を、小山内陽太さんが拡散希望で回覧し、それを小川揚司さんという人がメーリングリストに投稿したものです。
 ※メーリングリストは本来閉じられたものですので、コピペをこの下の投稿欄に貼り付けておきます。

 この青木さんという人の論考を読んでもろたらようわかりますが、結局宮内庁と言うのは戦後、変質してしもたわけですね。私はおそらく、3年前のNHKでの「ビデオメッセージ」、つまり玉音放送は、当時の天皇陛下の精一杯のご意思表示やったんやないかと思てます。私ら風に言うなら、「こんだけ言うてんのにわからんのんか!」「さっさと動かんかい!」てなもんでしょう。

 いろんなことを考え合わせると、いや、どう考えても、皇統維持の問題にしても、宮内庁は何もするつもりがなさそうですね。そして漏れるはずのないインチキな情報だけは下世話なマスゴミにせっせと供給してるように思います。あ、もちろん、全員がというわけではないでしょうが。

 まあ宮内庁に限らず、お役人というのは「新しいことは何もしない」ことが最善なんでしょうね。皇室はどうあるべきかなんて一切考えてへんし、二千数百年の伝統なんて自分には関係ないと思てるやろうし、日本人とは何か、なんて考えたこともないんでしょうね。まずは宮内庁から変えていかなあかんねんやろか。ホンマに頭が痛いことですね。

※宮内庁にメール、手紙、FAX、どんどん送りましょう。もう時間がありません。
【宛先】
宮内庁長官  山本信一郎 様宛
〒100-8111 千代田区千代田1-1
FAX 03-3201-6859
宮内庁ホームページ ご意見・ご感想フォーム:

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

女系天皇やら女性天皇なんか論外や。ええかげんなこと言うな。旧宮家復活の一択しかないで。

指差し小


 もうタイトルの通りです(笑)。昨日(13日)の産経新聞の『正論』欄に国士舘大学特任教授・日本大学名誉教授の百地章さんが<皇位の安定継承は「氏の論理」で>を書いてはりました(会員用無料記事)。いよいよこの秋の大嘗祭が終わったら、「安定的な皇位継承のための諸課題」の検討が始まるんやそうです。

 戦後70数年、いろんな事をしっかり考え合わせると、日本を二度と立ち直れんようにして、いつかは滅ぼしてしまうための仕掛けは、じわじわと効いてきてるように思います。戦後すぐの昭和22(1947)年、11宮家51名の人たちがいきなり皇籍離脱させられたんですね。一応、法律の裏付けが必要やということで、皇籍離脱は、皇室典範に基づく皇室会議により、とか、本人の意思により、とかいうことになってるけれど、そんなもん、GHQの意思に決まってるやんか。

 そして大事なことは、GHQつまり国は皇室財産も奪うてしもたことですね。これこそ、違法そのものやんか。私ら国民は、ちゃんと返さなあかんのとちゃうか?とんでもないことをしてきたのに、ずっと放置してきたということやね。二千数百年の歴史を持つこの皇統を絶やさんために、今こそ私ら日本人はしっかりせなあきませんね。

 皇統の原則はめっちゃ簡単で、お父さんを辿れば必ず神武天皇に行きつく、ということですね。ただ、「女性天皇」の話は少し別ですね。悠仁親王殿下がご誕生になる前までは、日本を壊したい連中が活躍して「愛子天皇待望論」なんかをふりまいたわけですね。それは今もおパヨクさんたちが必死で広めようとしてるようです。百地さんは書いてはります。

 <「愛子天皇」論の背景にあるのは、「愛子さまは天皇陛下のお子さまであり、男女を問わず直系継承が望ましい」とか、「国民にとって身近な方が天皇になられるべきだ」といった素朴な国民感情であろう。>
 この考えは国会でも、「(皇位は)民法上の相続と同じように考えるわけにはいかない」と否定されています。そしてこれは皇統の考え方にはなじめへん「家の論理」なんやそうです。

 <一般に武家や商家などでは「家の論理」に基づき、所領や家業などが「父から子へ」と継承された。ここでは、血縁関係を持たない婿養子を迎えて所領や家業が受け継がれることもあった。>
 確かに昔から、血縁関係がなくても家は続けることができたわですね。そしてそれは今でも民間では普通にあることです。これに対して、皇位は「氏(うじ)の論理」で継承されてきたんやそうです。
 <「氏」は祖先を同じくする一族の集団であり、良く知られているのが「源氏」「平氏」「藤原氏」「橘氏」などであろう。>

 そして実際、徳川家は「15代の将軍はすべて初代家康を通じて血がつながっており、第14代家茂と第15代慶喜とでは18親等の開きがある」んやそうです。確かにそうやなあ。徳川家と違うて、二千数百年も続いてきたこの皇統を、ただ今の私らの感覚、「家の論理」やら現代的な「家族」感覚だけでとらえるのは正しくない、と百地さんは書いてはります。そして最後に
 <皇位の安定的継承を確保するために、占領下で皇籍離脱のやむなきに至った「旧宮家一族」に着目せざるを得ないゆえんである。>と。

 上品な人やなあ、百地さん。「注目せざるを得ない」やて(笑)。私が下品に書いてあげますわ。皇統の安定継承のためには、「旧宮家復活」の一択や、と。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

大阪弁護士会のやったこと、それを日本人は「卑劣」と言うんやで。恥を知れ、その「勧告」。

頷く小


 フジ住宅の裁判のことは、何度もここで書かせて貰うてます(最近では「フジ住宅。職場環境に配慮し過ぎなほどの超優良企業ww。ただの「言いがかり」裁判やでこれ。」)。この記事は7月18日の裁判の傍聴券獲得に協力させて貰うた後に書きました。その日は私は傍聴券が当たらへんかったのと、用事があって、傍聴はしてへんかったんですが、後からとんでもないことが起っていたことを知りました。

 初めて知る人のために簡単に書いておきます。
 この裁判は、超優良企業のフジ住宅に勤める在日韓国人の女性パート社員が、社長(現会長)の今井さんを訴えた裁判です。当時も今も?、社員教育の一環として、今井会長は社員に対して定期的に本や資料を無償で配布してはります。その中に、韓国や「中国」を批判する内容を含むものがあり、そのことで原告の女性は精神的苦痛を被った、というわけです。会社は「職場環境配慮義務」に違反したから、損害賠償と弁護士費用の合計3300万円を支払え、という内容です。

 「あんたが会社の私の机に、いらん本や資料を配ったことで、それを私が苦痛に感じたから3300万円払え」て、大阪人の私でも、そらえげつないなと思うような、典型的な「言いがかり裁判」ですね。もう裁判が始まって4年になります。

 サヨクさんが得意とする(と自分で思てる)「ヘイト」とかではなくて、「職場環境配慮義務」違反て、なんかけったいやなと思いませんか。そうです。もう「ヘイト」とすら言えへんような何の罪もないことで訴えてはるわけですね。裁判が進むにつれて、相手側はだんだん打つ手がなくなってきてるように見受けられます。

 そしたら冒頭に書いた、「とんでもないこと」が起こってた、というわけです。裁判の日の2日前に、朝日新聞デジタルに「社員に育鵬社教科書の採択運動要請 フジ住宅に改善勧告」という記事が出ました。これは記事が出た5日前に、大阪弁護士会が人権擁護委員会の審査を経て「原告(訴えてる側)の言うとおりにすべき」と言う内容の「勧告」をフジ住宅さんに送付したことを報道したもの(大阪弁護士会のサイトから)です。

 この中で挙げられている「教科書の採択運動」の話は、原告側は裁判の当初には問題にしようとしていたみたいやったけれど、裁判がすすんでいくにつれて何の違法性もないことが明らになってしもたんで、裁判では争点にはなってへん部分です。それを朝日新聞は今になって取り上げて、わざわざ記事にしてるわけですね。

 おパヨクさんと朝日新聞やNHKは仲良しで、ようつるんでは悪だくみをしはりますね。余命さんの懲戒請求事件でも、弁護士さんとNHKはツーカーでしたからね(「NHKのN記者、大丈夫?その取材は違法とちゃうんか?。」)。

 つまり、じり貧になってる状況を何とか打開しようと、姑息な手段で悪評を捏造してまき散らそうとしているわけですね。そもそも公平なはずの弁護士会が、係争中の裁判について、一方の側に加担するような「勧告」を出すって、おかしいやんか。見事におパヨクさんと一部弁護士とマスゴミは一体化していますね。日本人を貶めるために。

 そして一昨日(9月10日)付けで、フジ住宅さんはこの「勧告」に対して、きちんと反論されています(「大阪弁護士会(人権擁護委員会)「勧告書」への反論」)。こんな言いがかり裁判には絶対に負けるわけにはいかへん、という強い決意のもと、毅然と戦う姿勢を見せてはるフジ住宅さんを、私は応援します。

 私が感動した上の反論文の中の、最後の部分をコピペさせてもらいます。
 <創業者会長の今井は、祖先や父母に対する感謝の念を忘れず、祖国に誇りを持つことが個人の自己実現の大きなエネルギー源になると確信しています。それに対立する特定の歴史観、国家観から当社の社会的信用を落とそうとする運動には毅然と対峙しつつ、多様なお客様から愛され、家族を大切にし社会と国に貢献する会社づくりを今後も続けてまいります。>

 また、始めからこの裁判を支援してはる南木隆治さんが、すでにこの件について7月17日に記事にしてはります(「(非常に重要)明日7月18日の『フジ住宅裁判』と、原告側弁護団絶体絶命のあせり。「大阪弁護士会」からの「勧告」について。」)。私ら日本人がちゃんと知ってなあかんことを書いてくれてはります。

 <近年、「弁護士会」の極端な政治活動は、弁護士全体の意見ではなく、ごく一部の弁護士が勝手に政治活動をして、それを弁護士全体の意見のように声明を出せるおかしなシステムになっている事を、すでに大多数の国民は知ってしまっています。>

 頑張れ、フジ住宅!
 せやけど、何とこの裁判の裁判長の中垣内さんという人は、裁判所内ではブルーリボンバッジを外せ、という「訴訟指揮」をしてはるんです。うわあ、気持ち悪いなあ。まだまだ戦いは続くんかも知れませんね。やれやれ。

【追記】大阪弁護士会のサイトへのリンクが間違っていたので修正しました。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく