ナニワの激オコおばちゃん【旧】

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

税収が過去最高を更新やて。国民が苦しんでも平気な財務省。日本を救う唯一単純な方法は消費減税。

パンチ小

 参議院選挙はそれだけで一気に政権が変わるわけではないので、イマイチ盛り上がれへんのかも知れませんね。それにしても日本国民の投票率が低いのは残念ですね。何と比較してるわけでもないですが、日本人はやっぱり政治はお上があんじょうやってくれてたらそれでええねん、という感覚なんかも知れませんね。

 今の日本の窮状をとりあえず救うにはもう、消費税をやめるしかないことは、わかってる人はもう10年以上も前からわかってるんですが、それこそが財務省にとって一番ヤバい話やからこそ、この前の茂木幹事長の恫喝発言も出て来るわけですね(茂木幹事長「消費税下げたら年金3割カット」発言に不満の声続々「国民に対するどう喝」「議員数3割カットで」)。

 これについては高橋洋一さんも動画(515回 消費税を社会保障目的にしているのは財務省の悪巧み!)で言うてはりました。茂木さん、あんたは財務省の回し者か、と言えばいいのに、と。結局マスゴミもわかってへんし、わかってても財務省がコワいからホンマのことは言わへんから、ワケがわからん話になってしもてるわけですね。

 何べんでも言いますが、今の日本を救う、唯一簡単で、すぐにできて、正しい解決方法は、ホンマのインフレになるまで消費税をやめることです。え、それやったらいくつかの野党が言うてるやん、てな話になりますが、野党は今は、とうとう言うことが無くなったので、消費税のことが最後に残ったから言うてるわけですね。

 せやけど本気で消費税をどうこうしようとは思てへんと思いますね。ホンマにそう思うんやったら、さっさと消費税停止法案でも出せよ、という話ですからね。新聞社にしても、軽減税率を適用し続けて貰うために、本気で消費税廃止、停止、減税の話は、実はせえへんわけですね。

 何だかんだ言うても結局、何十年にもわたって財務省が続けて来たプロパガンダにどっぷりダマされてる日本国民が多すぎますね。ちょっと自分のアタマで考えたらわかる話なんですがね。政治はお上に任せてたらええんやという人は、税金はちゃんと払わなあかん、という律儀な人でもあると思いますね。

 私が入れて貰うてるメーリングリストの、ガチガチの保守の投稿者でも、「減税なんてとんでもない、国が苦しい時こそ、国民もしっかり耐えなあかんのや」みたいな感じです。あーあ、そんなこと言うてるから、東日本大震災の後の、復興特別所得税とか、今話題の、再エネ賦課金とかを、出さんでもええお金を、ガッツリ搾り取られてるんやで。ただのアホやんか。

 家の家計やったら、収入以上に支出があったらアウトなんは当たり前ですが、それを国家財政に当てはめたらあかんのです。国家財政は徴収した税金で行われてる、と思うのがそもそもの間違いですね。国はなんぼでもお金を出せるんや、と言うと、ほとんど発狂しますね。ホンマやで。インフレになるまではお金を出し続けたらええねん、という話なんですがね。

 あかん、話が繰り返しになってしまうわ。消費税と年金の話については三橋貴明さんが書いてはりましたね(「消費税減税」こそが自民党のアキレス腱)。今日(7/1)の記事のタイトルは「苛政」ですね。日本国民が等しく苦杯を舐めてるのに、何と国の税収は過去最高を更新!ですからね。お・か・し・い!やんか。日本人、ホンマに大人し過ぎますね。もっと怒らんかい!と言いたいです。

【文中リンク先URL】
https://news.yahoo.co.jp/articles/df1cdb515fde120125ceb921456b734e8b6fdecb
https://www.youtube.com/watch?v=QE0BpJ0Os7Y
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12750629133.html
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12751127119.html


人気ブログランキング

 ↑ 今の日本の窮状を救うには、消費税をやめたらええだけの話やと思う人は、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

二階元幹事長は「中国」に何を握られてるんや?あ、橋下君もね。日本政治の中枢部は媚中一色。

自転車小

 一昨日(6/28)の産経新聞の「正論」の、楊海英さんの記事(中国論がもたらす日本国内分断 文化人類学者、静岡大学教授・楊海英)は、異色でした。鬼気迫る、と言うてもええかも知れません。言葉は選んではりますが、「日本人、(このままやったら)あんたらは滅ぶんやで」という意味に、私は取りました。楊さんは「日本で中国について語る際の危険性」として3つ挙げてはります。

 第一は、日本社会からの圧力である。メディアと学界において、中国について語る際、必ずといっていいほど媚中(びちゅう)派か嫌中派かと勝手に色眼鏡で以(もっ)て判断される。冷静な知中派は歓迎されないし、そう標榜(ひょうぼう)したら「人気」も堕(お)ちるとみられる。こうした雰囲気自体が一種の危険な思想で、平和な風土を破壊する力ともなりつつある。

 そして2つ目です。

 第二は、在日中国人社会からの圧力である。ありのままの中国の実態について客観的に書いても、彼らから批判される。相当数の中国人、それも若い中国人ほど「中華民族の大家庭内のごたごたを他人にばらすな」との立場を取る。そういう中国人は、民主主義国家にいながら、独裁政権の「大家庭」を礼賛し、擁護しているに過ぎない。「実家たる中国」について常に思考停止の状態にある。

 そして「第三は、本国中国からの圧力である」と。楊海英さんにかかれば、「康有為や梁啓超のような知識人、孫文のようなテロリスト、蔣介石や郭沫若のようなチンピラ」になります(笑)。楊さんの憂いは、

当時の中国は文字通り、「大人(たいじん)の国」だったし、日本の国士たちも狭い左右両翼の対立を越え、シナに関与していた。しかし、今や逆に中国が日本国内の世論形成に影響を与えている。

 そして、「今の中国は、あの手この手で中国について語る人たちを黙らせようとする」と。それに対して日本人は、全く無意識、無防備やというわけです。それどころか

 私が安心できない最大の理由は、日本政治の中枢部に正真正銘の媚中派勢力が蔓延(はびこ)っているからだ。2020年秋から内モンゴル自治区でモンゴル語教育が事実上、廃止に追い込まれた。新疆ウイグル自治区では100万人以上のウイグル人が強制収容され、女性は組織的に不妊手術を施されているにもかかわらず、人道上の観点から指摘しようとしない。ジェノサイドを示す膨大な量に上る公文書と数千点もの写真が公開されてもまだ証拠不十分だと強弁する。
 こうした政治勢力は確信犯の域を越えて、もはや人道に対する犯罪の幇助(ほうじょ)犯になっている、と指摘しておかねばならない。

 もはや犯罪の幇助犯やというわけです。ひえーー。事ここに至ってもまだ、事の本質をわかってへん日本人が多すぎる、というわけですね。楊さんの最後の文章です。

対中認識の不一致は確実に国民の思想的分断をもたらし、国家の存亡に関わる水域に達していると指摘しておきたい。

 国家の存亡に関わる、ですね。今の時点でまだ「日中友好」などと言うことは、自殺行為やな。そうです。せやからこそ、月刊『Hanada』の8月号でも「総力大特集 橋下徹と上海電力の研究」が編まれているわけですね。

 橋下くんは、入札の手続きには違法性はない、と言い、維新の代表?の松井大阪市長は「あれは副市長案件」などという後付けの言葉を作って言い訳してたけれど、そのウソもすぐにバレています。もうそんなレベルの話やないんやで、ということですね。

 楊さんが「日本政治の中枢部に正真正銘の媚中派勢力が蔓延(はびこ)っている」というのがまさにこのことでしょう。そして去年の自民党の総裁選の時に話題になった河野太郎くんの「日本端子」問題も、いずれ再び問題にせなあかん時が来るように思います。違法でなければええ、という話とちゃうんやで、と。

 次期総理大臣になるかも知れんような人が、「中国」とズブズブやということがいかに恐ろしいことか、既に楊海英さんには十二分に想定がつく話なんやと思いますね。かろうじて今、何とか引き返せる地点にはいるんでしょうか。ここで踏ん張れへんかったら後は一直線に、「中華人民共和国・倭人自治区」へまっしぐら、と。

 月刊『Hanada』の8月号では山口敬之さんが、2017年の「二階俊博幹事長恐喝事件」を取り上げてはります。在日中国人社会では名の通った「大物」である王俊彦氏は、上海電力日本株式会社の顧問の名刺も持ってた、と。

 この王氏が二階幹事長の次男の二階直哉氏を、「この資料をバラすぞ」と脅迫したので、王氏はいったん逮捕されたものの、資料は変換され、二階氏側は被害届を取り下げたので、王氏は不起訴処分となった、と。もう怪しすぎてワケわからんな。これこそ、権力の中枢がボロボロに侵食されてる証拠やんか、ということですね。

 山口敬之さんの次号の記事は、この二階さんと橋下くんの関係の深掘りに入って行くような雰囲気です。そうや!この話は花火で終わらせたらあかんのや。徹底的に暴きまくって、日本政治の中枢がいかにヤバいことになってるんかを、みんなが知らなあかん、ということですね。

【文中リンク先URL】
https://www.sankei.com/article/20220628-YYSA3M2WRBIGDFIGRZSELAD43I/?822837


人気ブログランキング

 ↑ 日本政治の中枢部はもう「中国」とズブズブやと思う人は、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

実はただ者やないんとちゃうか、参政党の神谷宗幣さん。北野幸伯氏も絶賛。台風の目になるんか?

走る小

 私は、「ロシアのことならこの人に聞け」と言うてもええ、北野幸伯(きたのよしのり)さんのメルマガ(ロシア政治経済ジャーナル)を購読しています。そしたら何と、昨日(6/28)の記事で、北野さんが7年前に、今の参政党の神谷宗幣さんと会っていたことを書いてはりました。そしてその後も交流が続いていて、北野さんは神谷さんのことを絶賛してはったので驚きました。

 最初のモスクワでの出会いの動画がこちらです(最優先すべきは、自国の国益! ロシアの外交官教育を見る 【CGS 神谷宗幣 第47回】)。ロシアでの外交官の教育は、常に「自国の国益を最大化すること」を基盤としているという話で、日本以外の全世界の常識やけれど、日本ではそうじゃないよね、ということでした。

 そして2回目の出会いが、北野さんがモスクワを引き払って帰国してから日本で撮ったものです(日本がヤバい!米中覇権戦争の重要性に気付くべき!【CGS 神谷宗幣 北野幸伯 第156-1回】)。今から3年ほど前のものですね。北野さんはちょうどこの時、『米中覇権戦争の行方』という本を出してはったわけで、見事に今の状況を予測してはりましたね。

 神谷さんとの交流はずっと続いていて、再び神谷さんのYouTube番組に出演してはります(地政学を学び、日本必勝の道を知れ!【CGS 神谷宗幣 北野幸伯 第185-1回】)。神谷さんのこの番組の名前は「CGS=チャンネル・グランドストラテジー」、つまり「大戦略チャンネル」ですね。北野さんは書いてはります。

日本には政治家さんがたくさんいますが、
「国益」「大戦略」「日本の自立」
を常に考えている方は、どのくらいいるのでしょうか。

 北野さんは、神谷さんのよさを3つ挙げていて、その内の一つが、神谷さんが「国益」「大戦略」「日本の自立」などについて普通に考えているところ、と書いてはります。そして二つ目のよさです。

神谷先生のもう一つの特徴は、「実行力」です。
神谷先生は2010年、議員による超党派政策提言・実現のための団体。
【龍馬プロジェクト】を立ち上げました。
2013年には、チャンネル「CGS」を設立。
2019年、政党DIY設立。
2020年には、参政党を立ち上げました。
ものすごい実行力です。

 そして三つ目。

もう一つ挙げるとすれば、「志の高さ」。
今の時代、大きな夢を描く人が少なくなりました。
なかなか、真剣に「日本をよくしたい」「日本を守りたい」
「よりよい世界を創りたい」
といった志を持つ人が見つかりません。
私は、モスクワに28年住んでいたので、他の政治家さんの
ことはあまり知りません。
しかし、神谷先生に関しては、
「一貫して日本がよくなることを願い、行動している」
と断言できます。

 もう、べた褒めと言うてもええんとちゃいますか(笑)。そして、「もう一人、参政党には、松田学先生という大天才もおられます」と書いて、北野さんが松田さんのYouTube番組に出演したことを紹介してはります(特番『北野幸伯さんに訊く!大国政治の現状は?バイデン、プーチンそして習近平』ゲスト:国際関係アナリスト 北野幸伯氏)。

 これは1年ほど前のものですが、今でも大いに参考になる話をしてはりますね。松田さんはコロナについても早くからそのインチキに気付いていて、発信をしてはりますが、結局YouTubeではBAN(削除)されまくり、の状態ですね。「こんなん、お・か・し・い!」と言うことで今回、ついに(再び?)立ち上がった、ということでしょうか。

 あ、もともと松田さんは東大を出て大蔵(財務)省に入り、2012年末の衆議院選で当選して衆議院議員を2年やってはったんですね。スゴいキャリアですね。そして紹介ついでに(失礼)北野さんは、「というわけで、皆さん、参政党の政策も学んでみてください」と書いて、参政党の「3つの重点政策」のリンクを貼ってはります。

 できて間もない参政党は、創設当初のメンバーが離脱したり、距離を置いたりする人も出ているようで、それをネタに「こんな奴が支持してるぞ」みたいな意見を拡散してる人もいるようです。疑問があったら各自が自分で確認したらええんや。

 他人の話に惑わされて振り回されて来たのが、今の私ら日本国民とちゃうんか?「他人」とは、マスゴミもSNSも、もちろん含まれます。あーそういえば、チャンネル桜の水島さんも、顔を真っ赤にして参政党に怒ってはったなあ。残念。

 上で北野さんが紹介した動画の2本目では神谷さんは、最初に「Do It Yourself」、「自分たちでやる」、「みんなで理想の政党を考える」と言うてはります。他人が作ったレールに乗っかって、ああだこうだと言うてても、あかんわけですね。おかしいと思たら、自分で動いて自分で調べて、自分で理解して、自分で考えて行動しろ、ということでしょうか。

 いつの間にか今の私ら日本人が失うてしもたことなんかも知れませんね。いずれにしても、他人の足を引っ張るような事だけはやったらあかんと思いますね。そしてやっぱり、今回の参政党旋風?は、神谷さんの個人的な人間性の魅力に負う部分も大いにあると思いますね。

 これからもしっかり注目して行きたいと思います。もちろん、自分で調べて自分で考えて、ね(笑)。

【文中リンク先URL】
https://www.mag2.com/m/0000012950
https://www.youtube.com/watch?v=n3puylPO-HY&list=PLbEblF5PPOjRCpXE9Nxx-U6EjsxF8g2ID&index=10
https://www.youtube.com/watch?v=iyHUvSKQ3tM
https://www.youtube.com/watch?v=O3G1l_GS3xE&t=3s
https://www.youtube.com/watch?v=28vJU1fc-dY&t=871s
https://www.sanseito.jp/prioritypolicy/


人気ブログランキング

 ↑ 参政党は台風の目になるんとちゃうかと思う人は、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

いよいよ財務省のポチ岸田くん。安倍ちゃんにもケンカを売るんか?選挙後首を洗うて待っときや。

指差し小

 岸田くんは選挙中にもかかわらず、G7でドイツ南部のエルマウへ、と。最近の話では、防衛省の島田和久次官を退任させた話が波紋を呼んでいる、と(防衛次官人事で波紋 安倍・岸氏反対、政策参与起用で関与に道)。やっぱり岸田くんて、陰湿で不誠実な奴やなあ、と思います。

 年内に防衛3文書をまとめる作業の真っ最中やというのに、防衛費GDP2%の旗振りをしていた島田次官を岸防衛相の意向も無視して、安倍ちゃんにも逆らうてるという話です。高橋洋一さんの話を聞くとめっちゃヤバそうです(岸田政権でとんでもない人事が行われていた!裏にはやはり財務省)。

 もう選挙なんで、7/10まではぐっと堪えて、選挙後、安倍VS岸田戦争になるんやろか。ただ、今日の産経新聞では自民優勢、とのことなので、とりあえず今のところはしのいでおいて、実を取ることに徹するという手もあるんかな、とは思いますが。果たして、、、。

 それにしても「節電ポイント」とかの施策があまりに稚拙で、あわてて2000円付与することにしたとか、アホとしか言いようがありませんね。ネットでは(リアルでも?)国民をバカにしてるんか?と非難ごうごうですね。アホの財務省?経産省?の官僚に言われるがままにしてるからこうなるんや、と。

 2年前の4月の話、当時政調会長やった岸田くんは、コロナで国民が困ってるので困窮世帯に30万円支給、と決めたところが公明党の山口くんが、いやいや、一律10万円や、とブチあげて、せっかく安倍ちゃんが花を持たせようとしたのに、結局公明党に手柄をさらわれてしまいましたね。学習でけへん岸田くん。

 上の高橋洋一さんの話では、もう、この島田次官の件だけでなく、いろんな人事に財務省出身者をどんどん起用してるようです。恐らく選挙後は、「大増税」の嵐が来そうな気がします。絶対に許すわけにはいきませんね。ガツンと言われたらフラフラする岸田くん、選挙が終わったら、ガツンと言うことにしましょう。

 あかん、キッシーにはさらっと触れて、本題に移るつもりやったのに。昨日(6/27)の産経新聞の古森義久さんの記事です(あめりかノート 日本の常任理事国入りに関門)。ん?国連?常任理事国?その前に、もう国連は何の役にも立たへん、機能不全の欠陥団体やと今回のウクライナ戦争で分かったんとちゃうんか?とも思います。それでもキッシーは意気込んでるんですね。

 岸田文雄首相は米国のバイデン大統領が日本の常任理事国入りを支持すると表明した、と誇らしげに発表した。5月23日の日米首脳会談後の共同記者会見で、だった。「改革された安保理において」という前提条件が付いたとはいえ、岸田政権にとっては大歓迎の「バイデン大統領の支持」だった。

 実は日本の「常任理事国入り」の話はもう何十年も前から言われていたけれど、アメリカがきっぱりと否定して来てた、という話です。1994年1月に、米共和党と民主党の上院議員が共同で提出した決議案が全会一致で採択されていた、と。その骨子は

(1)日本は憲法の規定により軍事行動をともなう平和維持や平和執行の活動に参加できないと宣言している。
(2)日本が参加できないという国際安保活動なしには国連安保理の通常の機能は果たせない。
(3)日本が現状のまま常任理事国になった場合、普通の理事国の責任や義務も果たせない。
(4)日本は自国ができない国連安保理の軍事行動を決定し、他国に指示して他国の軍人を危険にさらす。
(5)米国は日本が憲法上のこの制限をなくすまでは日本の国連安保理常任理事国入りを支持すべきではない。

 何や、ぜんぜんあかんやんか。憲法を変えへん限り、絶対に無理、ということやんか、と。

 その後も米側では同じ趣旨をロス上院議員自身が94年後半に村山富市政権の高官に、2004年には2代目ブッシュ政権のアーミテージ国務副長官が小泉純一郎政権を支える与党幹部にそれぞれ伝えた記録がある。

 状況は何も変わってませんね。あーアホらし。ま、逆に今はチャンスと言えばチャンス、もっと言えば今、憲法を変えへんかったらもうムリやな。古森さんのこの記事の最初の出だしをコピペしておきます。

 自分ができないこと、したくないことを他人にやらせる。人間同士の関係ではこんな態度は偽善であり、不公正である。
 日本が国連安全保障理事会の常任理事国入りを目指す動きに対し、実は米国側にこうした批判が存在してきた。本気で常任理事国になりたいのなら避けて通れない関門だといえよう。

 キッシー、やらなあかんことはいっぱいあるんやで。余りにも世界情勢が「一寸先は闇」状態なので何とも言えませんが、しっかり監視して、間違うた方向に行かんように声を上げ続けることにしましょう。

【文中リンク先URL】
https://www.sankei.com/article/20220618-MBL2GM2RHBJGBKU3IS7HLW3RYI/?618982
https://www.youtube.com/watch?v=LTSqKrmmKMs
https://www.sankei.com/article/20220627-FX7CLFODQFO6HFHGYKZJO64R2Q/


人気ブログランキング

 ↑ 今さら国連の常任理事国入りを目指すって、と思う人は、ポチっとお願いします。

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。

【復活しました!】ビル・ゲイツもファウチも悪魔やな。え?アフリカで何をしたんか知ってるで。

頷く小

 一週間お休みをいただき、申し訳ありませんでした。「予防的治療のため」に、入院、手術をしました。経過は良好です。この先まだ、本来の病原を叩くための入院、手術が控えていますが、それは8月頃になりそうです。どうかご心配なく。まだまだ、くたばってたまるか!です。コメント欄でもお励ましをいただき、有難うございます。そもそも病気で入院したのは、人生初の体験でした。まさに自分は多くの人に生かされているんだなと実感しました。感謝しかありません。

 さて、入院中もネットは見れますので、浦島太郎状態ではありません。むしろ悶々とする話がどんどん出て来て、そっちの方が体に悪いくらいや(笑)とつくづく思いました。せっかくの復帰第一号なので、ちょっと大きい話から書くことにします。

 私はけっこう早い段階から、「コロナは茶番」と言うて来ました。ただ、ガチの保守の人たちの間でも、コロナについては考えが真っ二つに割れているように思います。これは深いなあ、と思いますね。最初の武漢からして怪しさ満載。PCR検査のおかしさも、多くの人が最初から言うてたけど、いつの間にか封殺されていますね。

 そして問題のワクチン。最初はみんなでこれを射って乗り切ろう、という話やったのに、今では射った人でも普通にコロナに感染してるとか。ワクチンの位置付けが、感染予防から重症化予防に、いつの間にか変わってたりとか。

 さらに恐ろしいことに、射った人がバタバタと倒れてるのに、因果関係は不明、と。「超過死亡数」という語も今回、初めて知りました。「おかしすぎる」と堂々と声を上げているのが今のところ参政党だけみたいですが。

 そして日本人の強みでもあり弱みでもある「同調圧力」。マスク、どうにかなりませんかね、という話ですね。あかん、えらい長々と書いてしもた。ダイレクト出版の出している「林千勝 / 月刊インサイダーヒストリー / 公式チャンネル」では、販売している情報商品の一部をYouTubeで無料公開しています。

 例えば6/24公開の「日本で報道されないエイズの真実 林千勝」では、この20年、ビル・ゲイツとファウチが何をして来たかを公開情報を元に、説明してくれてはります。私はこれに続く前後の動画も観ましたが、いやあ、ホンマにこいつらがアフリカで何をして来たかを知ると、ゾッとします。

 ワクチンの治験を、基準を大きく緩めてアフリカで実施したけど、死者がいっぱい出て失敗したとか。え?公開情報ですよ。こういうのを知ると、ホンマにこいつら、悪魔か鬼かと思いますね。そして、もう10年以上も前から、コロナパンデミックは想定されていた、ということです。しつこいですが、公開情報ですよ。

 世界中のエスタブリッシュと成金がくっついて、「ビジネス」にしようとずっと企んで来ている、ということですね。そのためには政府さえも巻き込む、と。私が入院中のニュースでゾッとしたのは「林外相、ビル・ゲイツ氏と電話 感染症予防で協力伝達」ですね。何で一国の外務大臣が一民間人に電話するんや?という話です。お・か・し・い!

 そして少し前には「米感染症対策の司令塔、CDC日本事務所を新設の考え…バイデン氏が表明」と報じられました。あーあ、日本はやっぱりアメリカの属国やったんか、とがっかりしますね。またウイルスをバラまかれて、CDCに言われるがままにワクチンを入れて、日本国民を「全員」監視する体制を作らされるんやろか、と。

 これに関しては、バリバリの保守と思われている青山繁晴さんや、高市早苗さんも、どうも頼りにはなりそうにないですね。あーコワ。とにかく私ら日本人、まずは事実をしっかり知りましょう、と言いたいです。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/channel/UCGmvo1N4nbHXTlH–DVXOjw/featured
https://www.youtube.com/watch?v=QrLAnxg7V-o
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA229E20S2A620C2000000/
https://www.yomiuri.co.jp/world/20220524-OYT1T50074/


人気ブログランキング

 ↑ 休んでたらえらい順位が落ちたわ。一日一回、ポチっとお願いします!

ツイッターもよろしく

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 38a91d948e4d6a1f1b4479fbc97c6dd9.jpg

【ナニワの激オコおばちゃん】

※ブログを引っ越しました。
 新しいサイトはこちらです。

 申し訳ありませんが、ブックマークを変更してくださいますようお願いします。
 こちらの【旧】サイトには、過去記事をそのまま残して存続させます。
 過去に頂いたコメントもそのまま残ります。