ナニワの激オコおばちゃん

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

お金は貸し借りによって生まれる。財務省さん、法律も変えたげるから間違いを止めてね。

パンチ小


 今の日本、何かおかしい、と思てネットでいろいろ調べ、本もいっぱい読み始めてきてわかったことの中でびっくりしたことの一つが、今の日本の諸悪の根源の一つが財務省やった、ということです。先に言い訳を書いといたげるけど、個々人の財務省の人たちは、まあ悪人、というわけではないとは思いますよ。しっかりお勉強して試験に通って最高級エリートの地位を得はったわけですからね。

 個々人もそうやし、組織としても、財務省設置法の第三条には「健全な財政の確保を任務とする」と書いてあるから、「プライマリーバランスを黒字化すること」がもし「健全な財政の確保」になるんやったら、それに財務省が従うのは当然のことや、と言うといてあげましょう。

 問題は、この「健全な財政」の定義が間違うてたからこそ今、日本人はとんでもない大損害を被っている、ということなんですね。ネットではもう10年以上も前からこのことは言われ続けていて、いよいよデフレが20年、30年と続き、緊縮財政が続き、一向に景気が良くならず、世界の先進国の中で唯一、日本だけが発展から取り残されてるのが明らかになったから、ようやくホンマのことに気付き始めた人が日本でも増えてきた、ということでしょうか。

 昨日(17日)の「『新』経世済民新聞」に藤井聡さんが<MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に関する政策論」です。>を寄稿してはりました。めっちゃわかりやすいです。前々から「おカネというのは、貸し借りによって発生するもの」というのは何となくわかってきました。この記事の中では藤井さんは何度も
 <『貨幣とは“負債”である』>とか、
 <「オカネとは負債であって、借用書なのだ!」>と書いてはります。

 あ、ツイッターでは高橋洋一さんが噛みついてはりましたね。
 <MMTでもいろいろと口でいう人ばかりで数式モデルを言ってくれと何回もいうけど誰もやってくれない。>
 緊縮財政はあかんし、今度の消費増税も絶対あかん、という結論については高橋さんもまったく同じやのに、維新反対の藤井さんには絶対に賛成したくない、ということですかね(笑)。私はMMTのことはどうでもええんです。財務省がこの20年、30年、ずっと間違え続けてることを、何とかして止めなあかん、と思てるだけです。

 この藤井聡さんや三橋貴明さんは、4月の2日に「令和の政策ピボット」という宣言を出して、賛同者を募り始めました。1週間ちょっとですぐに1万人を超えたようです。私もクリックしてきました。日本の問題に対してきちんとオープンに議論をする、藤井さんの学者としての信念や、日本を思う熱い心が伝わってきますね。「呼びかけ人」にはチャンネル桜の水島総さんもいてはります。

 この「令和の政策ピボット」の一番最初の「財政・金融政策」案には、
 <「財務省改革:財務省設置法(任務)第三条における財務省の任務「健全な財政の確保」を「安定的な経済成長の達成」へと改正します。>と書かれてあります。つまり、間違えてた今の財務省設置法を変えてあげますよ、ということですね。そしたらこれからも財務省の皆さんは、きちんと法律に従って仕事ができるというわけですね(笑)。

 ただ、口の悪いネット界隈では「これでは議席は取れん」などと揶揄する人もいますし、「しょせん商売やろ」という人もいそうです。私は別に商売でもええと思います。人の役に立つことをして、その対価として適正なお金をいただく、そして人の役に立つその事業が継続して回っていくんやったら、それはそれでええことやんか。少なくとも日本という国の中では。

 あ、この「令和の政策ピボット」は、今は商売にはなってへんと思いますよ。むしろ手間やお金がいっぱいかかってると思います。せやけど、何回も言いますけど、明らかに間違いやと思われることが今、堂々と日本の国で進められてしもてることを黙って見過ごすわけにはいかん、と思う人がいっぱい集まって、何とかその間違いを正していきたいという動きには、賛同したいと思いました。

 「蟷螂の斧」かも知れませんが、私も正しいと思うことを、これからもしっかりと発信していきたいと思います。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

台湾を見捨てたらあかん、けど中国共産党はしつこいで。アメリカと手を組もう。

自転車小


 昨日のニュースで、あのシャープを買収した鴻海(ホンハイ)精密工業の会長、郭台銘(テリー・ゴウ)さんが、来年1月の総統選挙に国民党から出馬することを検討しているという報道が流れ、あちこちで取り上げられているようです。私が毎日読んでる宮崎正弘さんのメルマガや、ブログ、ぱよぱよ日記さんでもコメントしてはりました。

 私が数年前に「覚醒」する前でも、何となく台湾は「中国」と違うて親近感を持ってたことは確かですね。漢字は繁体字やし、気候は良く、食べ物はおいしいし、人々は穏やかな感じがしますね。日本の国民的大スター、国民栄誉賞第一号の王貞治さんが台湾出身なのはよく知られていますね。あ、古いか(笑)。

 「覚醒」してから知ったことでびっくりしたのは、台湾には「中国」と違うて、未だに日本統治時代を懐かしがり、日本語がペラペラな人たちがたくさんいてはるということでした。「日本精神(リップンチェンシン)」という言葉も知りました。その代表的な人が李登輝さんですね。日本の京都帝国大学に留学、あ、違う、当時は台湾も日本やったから、進学しはったわけですね。そして台湾では初めて選挙で選ばれた総統になりはった、と。

 李登輝さんが率いていた国民党は、もともとは第二次世界大戦後、毛沢東の共産党に追われて台湾に逃げ込んで来たわけやから、基本的には「外省人」の党やけど、李登輝さん自身は台湾ネイティブですね。そして国民党には台湾人を虐殺した黒い過去がいっぱいありますね。大東亜戦争に日本が負けて台湾を出て行き、国民党が入って来たことを、台湾の人たちは「犬が去って豚が来た」と言うてはったそうですね。言い得て妙やな(笑)。

 えらい話が飛んだわ。それで、その国民党から郭台銘が立候補を検討しているという話です。今の国民党はもう中国共産党べったりです。そして習近平主席は今年正月2日に、台湾に「一国二制度」を迫る演説をしましたね。しかもそれに反対する場合は武力行使もあり得るぞ、という恫喝もしました。それに対して台湾の今の総統である民進党の蔡英文さんは、すかさずツイッターで拒否のメッセージを、英語や日本語で投稿しはったそうです。

 なかなか話は戻らへんわ(笑)。ただ、この台湾の民進党は結束力が弱く、国民党が必死に揺さぶりをかけている中で、今回の郭台銘の話が出てきたというわけです。上の宮崎正弘さんのメルマガではこの人は、台湾人にはやたら評判が悪いという話も紹介されています。

 そしてぱよぱよ日記さんでは、郭台銘立候補のニュースを取り上げて、過去の記事も紹介してはります。その中にはシャープ、鴻海といえば深田萌絵さんやんか、ということで、深田さんの過去記事を紹介してくれてはります。

 この記事の前後も含めた一連の記事を読むと、何のことはない、郭台銘は台湾マフィアの青封(チンパン)と親しいんやとか、シャープの買収を鴻海と日本の産業革新機構とで争っていた時に、鴻海側に付いてたのが何と日本のみずほ銀行やった、とかいう話がわんさかと出てきます。別の記事ではその後ろには財務省も絡んでるとか。もうワケわからんな。

 結局この世はヤクザかマフィアが握ってるんかいな、と愕然とするような話ですね。トランプさんのアメリカは昨年、「台湾旅行法」をつくり、政府高官が自由に台湾に行けるようになったというのに、日本では李登輝さんが来日しはる時でも、未だに安倍ちゃんは会うたらあかん、とか、アホなことを言うてますね。

 まだまだ「中国」様に気を遣わなあかん背景があるということなんかな。アホらしいけど、武力放棄してる日本やからしゃーないか。今年はまだまだいろんなことが起きそうですね。私ら日本人はしっかり自立せんとあきませんね。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

令和は波乱の幕開けになるんか?アメリカの911は陰謀やったと明らかになったら?

走る小


 長いこと更新をサボってたのに、いつも通りコメントをくれはる皆さん、ホンマに嬉しいです。ありがとうございます。いちいちお返事できなくてすみません。いつも勉強させてもろてます。あ、大阪弁で「勉強させてもらいます」と言うたら、また別の意味にもなりますね(笑)。

 いただいたコメントの中でびっくりするような話もいっぱいあります。また、私がツイッターで知ってびっくりしたこともいっぱいあります。今、世界で起こっていることはみんなつながってるようですね。トランプさんが、あの911は陰謀やと考えてることがはっきりしたそうです。あれは米国民主党の後ろにおる奴らの仕組んだ犯罪やと。ワールドトレードセンター(日本語訳では世界貿易センター)の爆発、崩落は、仕組まれたものやというのは、事件当時からずっと言われてきてましたね。

 いよいよそれを明らかにするんや、とかいうウワサです。あ、その前にヒラリーとオバマを逮捕せなあかんな。せやけどホンマかいな。ということは、今まさにアメリカは、国内が真っ二つに分かれて戦争をしてる最中なんやということですね。単純に共和党と民主党というわけではないのですが、どうも米国民主党がずっと悪さをし続けてた、というのは当たってるんかな。

 大東亜戦争当時のアメリカは民主党ですからね。そいつらがウォール街の連中とつながってる、と。金に目がくらんだ人間性のかけらもない人たちが、「中国」でも金儲けに勤しみ、江沢民の始めた臓器移植にも手を貸している、と。国境を越えてやってくる「不法」移民を入れて選挙権を与えて民主党に投票させて政権を取る、と。この方法は、日本で外国人に参政権を与えたら、日本の中に独立国を作れるんやということで、これは橋下君の目標である「道州制」にもきちんとつながるわけですね。

 そのためには日本の司法も乗っ取らなあかんというわけで、そういえばトンデモ判決を出す裁判官やら検察、弁護士もいっぱいいますね。ああ、そういうことか、と愕然としませんか? いやあ、そんなアホな、日本の中に独立国やなんて、と思うかもしれんけど、とうとうインチキのアイヌ法案も通ってしまいそうですね。北海道やら沖縄やら対馬で、もう土地がいっぱい外国人に買われてしもてるやんか。

 自民党や、一応今のところは与党におる公明党は、いったい何をやってるんや!という、もともとは保守系の人たちの怒りの思いが、特に今回の大阪での維新の大躍進につながった、と見る人が多いですね。相も変わらぬ財務省のプロパガンダに対して、なーーんにも抵抗せんと、このままホンマに増税なんかしてしもたら、いよいよ自民党はアウトやな。そしてあのうっとしい韓国に対しても、別に制裁をするわけでもなく、イカン、イカンしか言わへん、ホンマ腹立つなあ、というところでしょうか。

 たしかに性急な制裁をするのではなく、しっかりと「国際社会」を味方につけて、韓国や北朝鮮の非道を世界中に知らしめてから動くんや、と言うのもわかりますけど、そうやって結局、ずうーっと待たされたままで何も動かず、とうとう増税まで通ってしまうんやったら、ちゃぶ台もひっくり返したくなりますよね。

 安倍ちゃんの政権基盤は、実は弱いんやということもわかってるつもりです。実は何かを仕掛けてるんやろうか?そういえば橋下君が、公明党をまず潰すために自民党に声をかけようとしてるとか?ホンマにややこしい人やなあ。あるいはアメリカが動くんやろうか?いずれにしても「令和」は波乱の幕開けになるような気がしてきましたね。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

新一万円札の渋沢栄一。今の日本に、「国に尽くす」と言える人がどれだけおるんや?

指差し小


 私がブログの更新をサボってた間に起きた大きなことの一つに、新札発行の発表がありましたね。まあたアホな反日野党の連中やら一部のマスゴミがあれこれケチをつけてましたが、ようそんなに「ケチ」を思いつけるなあ、というほど聞くに値せんような話ばっかりですね。あ、劣化した人の話なんか書いてたら、こっちも劣化するがな。やめとこ。

 実は恥ずかしいことに、私は昭和59(1984)年に発行された五千円券の新渡戸稲造さんのことを、それまではまったく知りませんでした。しかも当時、新聞報道で読んだはずなんですが、この新渡戸さんという人が「The Soul of Japan(『武士道』)」を英語で書きはったということは、「覚醒」してから知りました。モノを知らんというのは恥ずかしいことですね。

 そして5年後、お札が新しくなる、と。私は個人的には聖徳太子を復活させてほしかったですけどね。今度の一万円札は「日本資本主義の父」渋沢栄一、と。ふうん、今度は経済人なんかな、と思てたらいっぱい報道が出てきてて、これはまたなかなか意味深い選定やなあ、と思いました。そしたら昨日(14日)の産経新聞に「【日曜に書く】経営の神様が認めた渋沢栄一 論説委員・井伊重之」の記事が出ていました。

 <今も残る多くの有名企業を次々に興し、日本に株式会社制度を定着させた。自らは財閥をつくらず、民業の繁栄を通じて日本の社会・経済の近代化に貢献する「公益」の道を選んだ。>
 そして何といっても<論語の倫理思想を尊重して利己益の追求を戒め>、<「経済と道徳の合一」を唱えた>ところがあの<「経営の神様」とされる世界的な経営学者、ピーター・ドラッカー>にも高く評価される所以なわけですね。

 自らは財閥をつくらずて、いかにも日本人やなあ、と思いますね。今話題になっているGAFA(ガーファ、Google、Amazon、Facebook、Apple)は、いわゆるグローバル企業、税金を逃れるために本社を移して莫大な利益を上げているわけですね。私はそもそも「税金を回避する」ことが恥ずかしいことやという意識が無いこと自体が、実は大問題やと思いました。

 だいぶ以前には、日本では高額納税者は公表されてましたね。ある時から個人情報やら何たらで非公開になったみたいやけど、日本人はしっかり儲けてたくさん税金を納めることは、誇るべきことやという意識がちゃんとあったと思います。百田尚樹さんの「海賊と呼ばれた男」のモデルの出光佐三さんも、しっかり儲けて貴族院議員になったわけですね。昔の日本は国にしっかりお金を納める人に国の政治も任せようとしてた、と。ある意味スゴい合理的やんか。

 お金を儲けたらまずは社員に還元、そして地域や国にも税金を納めて貢献し、最後は国会議員になって国のために働く、それが日本では功成り名遂げる、ということやんな。ああ、何と美しい(笑)。それに引き換えこのガーファの連中はどうやねんな?ガーファではないけれどやはり莫大な富を得たビル・ゲイツさんは、軽井沢に要塞みたいな別荘を建てたとか言う話がありましたが、あれはどうなったんかな?近所付き合いなんて、とてもしそうにないな。

 話がそれたわ。で、しっかり儲けて国に税金を納め、国のお役に立つ、さらにはその税金が無駄に使われへんように、ある人は自らも政治に携わって国の発展に尽くし、ある人は、つまり渋沢栄一さんみたいな人は、ずっと民間人として経済界で活躍しはったということなんやろな。

 今の日本にこんな志の高い経済人はおるんやろか?国、政府を利用して金儲けしてる人やったらいっぱい知ってるけどな(笑)。情けない国になったもんやな。今度のお札の変更で、私ら日本人は、ホンマに国に尽くす、ということがどういうことなんか、しっかり理解できたらええな、と思います。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

維新だけがなんでピュアやと思えるんや?在日にも同和にも、えらい優しいやんか。

頷く小


 【お詫び】えらい長いこと更新ができずに申し訳ありませんでした。4月から新しい仕事を始めたのですが、なかなかリズムが作れず、時間が取れなくて書けませんでした。その間、読者の皆さんにはあらぬご心配をおかけしてしまい、お言葉もかけていただき、ものごっつい嬉しかったです。ありがとうございます。決してこのブログをやめるつもりはありませんので(笑)今後とも末永くお付き合いのほど、お願いいたします。

 さて、更新をサボってる間にもいろんなことが毎日のように起こっていましたね。最近ハラが立つのは橋下君です。維新の皆さん、勝ったから言うて調子に乗りすぎとちゃうか?。そもそもケンカを吹っ掛けるような形で首長入れ替えダブル選という奇策を仕掛け、ただひたすら相手の非をあげつらい、敵意丸出しで、終わってからも恫喝的に事を進めようとする姿勢に危険なものを感じます。

 いや、別に自民党を押してるわけやないですよ。こうなることがわかってて何もでけへんかった大阪の自民党もアホやと思います。共産党からの抱きつき応援は断るべきやったんやろうな、と。最近私がわかってきたのは、共産党はもともと部落解放同盟とは対立してたから、それなりに解放同盟の意味のない同和利権をつぶすのには貢献してたらしいということです。一方で実は維新は部落の側からの支援があるから、維新の最大の敵は共産党になる、ということです。

 私が学生の頃、大阪ではまだ「被差別部落問題」がわんさかとありました。就職してからでも大企業が「部落地名総鑑」を買うてたことが糾弾されてたのを覚えています。せやけど高度経済成長に続くバブル景気の頃にはどんどん街もきれいになっていき、対策もいっぱいされたから、もはや部落問題は無くなった、ということになったんや。ところが例によって、いつまでも「差別」をネタにお金をユスりたい人たちがおって、結局また3年ほど前に「部落差別の解消の推進に関する法律」ができてしもたわけですね。ホンマにややこしいな。

 維新は同和がベースになってるわけやから、いわゆる被害者ビジネスのサヨクとは親和性があるわけですね。そこで在日ともつながる、と。せやから「ヘイトスピーチ法」も、大阪市が全国に先駆けて条例にしましたね。橋下君が大阪市長やったときの最初の案なんて、「ヘイト」かどうかを認定するのは、市長である橋下君が任意に選ぶ弁護士やったし、「ヘイト」がなされた場所は大阪市内でなくてもええという、とんでもないもんやったんや(あ、結局それで通ったらしいけど)。もちろんこれはサヨク、在日が毎年出してくる「人権擁護法案」ともつながりますね。「日本人差別弾圧法案」やな。

 そういえば昨日、ぱよぱよ日記さんを読んでたら、橋下君が活発に動いてる記事が紹介されてました(<橋下氏「維新と組んで」自民市議団に促す ツイッターで。>)げっ。読みたかったから、朝日新聞デジタルを無料契約してしもたわ(笑)。要はまず公明党を潰すために、自民党よ、いっしょにやろうや、と橋下君が自民党に声をかけたということやそうです。この人、ケンカは天才的にうまいからな。どうせ自民党は振り回されるだけなんやろうな。

 大阪の、特にもともとは自民党を支持していて、今回は維新に投票した皆さん、維新はもう7年もいっしょに知事、市長の権力についてるんですよ。何で維新だけがピュアで、利権やら利益誘導と無縁やと考えられるんでしょうかね?。敵を作って追い落とすようなやり方は日本人のすることとちゃいますよ。地方自治こそ、毎日の地道な話し合いやらすり合わせが必要なんとちゃいますか?「都」構想さえ実現すれば未来はバラ色や、なんて信じてたら、まるで中学生みたいやで。

 早う大人に戻って、冷静に、誰が日本人を貶めようとしてるんか、見極めてほしいと思います。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく