ナニワの激オコおばちゃん

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

痛い目に遭わんとわからん、アホな日本人。いやいや、死んでしもたら何にもならへんがな。

パンチ小


 まあこればっかりは、何百回、何千回言うても足りひんけど、やっぱり言わなあかんわ。デフレの最中に増税を強行したアホな日本人、と。もう十年以上も前から、消費税はあかん、せめて上げるのはやめとけと、ずうーっと多くの人が言い続けてきたにもかかわらず、この10月にホンマに増税してしまいました、と。ほら、やっぱりあかんかったやんか、という結果が続々と出てきていますね。

 そして最も恐ろしいことは、日本中、誰もこのことについて責任を取る人がおらへんことです。あ、そこで「安倍がー」と言う人たち、そういう問題やないんです。たとえずっと前に安倍ちゃんを降ろしてたって、消費増税は強行されてたと思いますよ。国家の自殺とも言うべき増税を許してるのは、実は私ら日本国民自身や、ということに気いつかへんかったら、これからも、誰をもってきても、何も変わらへんと思います。

 藤井聡さんが昨日の「『新』経世済民新聞」で、「景気指数が浮き彫りにする、安倍内閣の『スーサイド・アタック』」と書いてはります。今回の消費税10%実施は、まるで戦艦大和の最期みたいや、というわけです(「10%消費増税は戦艦大和特攻に等しき恐るべき不条理」)。まさにその通りやと思いますね。そして、何とか安倍ちゃんにすがって今までやって来たけれど、もうあかん、と「熟年離婚」を引き合いにして、今の心境を書いてはります。

 誰が何と言おうと、10%実施はただのアホの所業やった、と私も思います。それでも私ら日本国民は死ぬわけにはいかんのや、この先生き残るためにはどうせなあかんのか、文字通り必死になってあがいていかなあかんのや、という悲壮感は、藤井さんと同じですね。まあ今回、補正予算はけっこう上積みされたようです。まずはこれやな。

 20兆、30兆レベルのお金を、これから最低でも5年、10年、出し続けると約束したらええんや。あるいはやっぱり消費税、5%に下げますわ、とか。あ、全品軽減税率適用、ちゅうのもあるらしいな。しょせん、なんぼ正しい理屈を百回千回教えても、そのとおりにならへんねんやったら、ギャーギャー言うしかないんとちゃうか。「政府が金出せー!金出せー!」と。

 あ、前に私がウスノロと書いてしもた甘利くん、企業の内部留保を出させるために姑息な事を考えてるようやけど、「お前(政府)が先に出さんかい!」という話ですね。先に出してくれたらほとんどの民間資金は、「お、これは確実に儲かるやんか」と考えて、一斉に投資を始めるわけやんか。めっちゃ簡単な話や。どうせ日本の大企業の経営者はデフレ脳に染まり切ってて、ケチることしか知らんからな。アホにはアホでもわかる政策をしたらええだけの話や。

 掃いて捨てるほどようさんおる御用経済学者のことも、徹底的にコキおろしたいけれど、もうそんなことしてても何にも変わらなそうですね。悲しいけれど、第三次世界大戦とか、第二次関東大震災とか、南海トラフ、関西大地震とかが襲ってけえへん限り、私らアホな日本人は気いつかへんのかも知れませんね。あーあ、ただ政府がカネを出すだけの話やのになあ。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

日本人は習近平、金正恩、文在寅3氏に感謝せなあかん?!わかるわ、加瀬英明さんの講演会。

自転車小


 先日、加瀬英明さんの講演会に行って来ました。加瀬さんのことは、私は「覚醒」してから知ったのですが、Wikipediaによると、「父は外交官の加瀬俊一、母・寿満子は元日本興業銀行総裁小野英二郎の娘である。また従姉にはオノ・ヨーコがいる。」、ええー、スゴい人ですね。「福田赳夫内閣・中曽根康弘内閣の首相特別顧問、福田赳夫・大平正芳・鈴木善幸内閣の外相特別顧問などを歴任」とも。

 ずっと民間でありながら、政権の中枢にも関わってはったわけですね。さすがに今は82歳、お元気でしたが途中からは、椅子に座ってお話してはりました。そしてタイトルはまさに講演のまとめです(笑)。政治の表も裏も知り尽くしてはるから、話もあちこちに飛んで(失礼)めっちゃ面白かったです。そしたら昨日、「加瀬英明のコラム」というメルマガが更新されていましたね。

 日本の新聞、テレビは、米国の大手メディアを真似るのが習性となっているので、トランプ大統領が弾劾される可能性が高いように、報じている。
 米国の大手新聞、テレビはリベラルだから、“反トランプ(ネバ!トランプ)”で結束している。リベラルな読者や、視聴者の願望を満たさねばならないからだ。
 だが、トランプ大統領が連邦議会によって弾劾されて、失職する可能性はない。

 ほほう、トランプ弾劾は「ない」と言い切ってはりますね。ネットを見てる人はもう、あったりまえやんか、とわかるんですけどね。ホンマに日本のマスゴミはレベル低いわ。講演会の話に戻りますと、つまりは習近平さんの頭が悪く、あと20年でアメリカを追い越す、なんて言うてしもたもんやから、分裂しかけてたアメリカの意志が統一された、というわけですね。

 今アメリカではトランプさんの共和党よりも、むしろ民主党の方がチャイナに対しては強硬な態度になっているくらいですね。どんどんチャイナに対する締め付けが厳しくなってきていて、もうこれは戦争と認識した方がええわけですが、日本のマスゴミには無理やろなあ。

 講演後、参加者から習近平さんの国賓招待についての質問がありました。加瀬さんもはっきりしてますね。「ここにお集りの皆さんはほどんどが、国賓待遇に反対されていることと思いますが、今この会場から外に出て通りを行く人に聞けば、8割方は、いいんじゃない?と答えると思いますよ」と。

 いやあ、厳しいなあ。現実もわかってはりますね。せやけど、「今は自民党内部でも言い始めていますし、『国賓反対』の声を上げることは、安倍内閣の足を引っ張る事にはならないと思いますよ」ということでした。私もそう思いましたね。結局安倍ちゃんは私ら国民の鏡みたいなもんや、と。最大公約数(最小公倍数?)で動いてはるわけやから、声を大きくしたらええねんや。

 あとの金正恩、文在寅2氏にはなんで?というのはもうわかり切ってますよね。ここまでアホなことをやられていて、まだ南北朝鮮を擁護する日本人は、あ、アホなマスゴミを除いては、もうおらへんのとちゃうか?いよいよ日本のマスゴミのインチキさかげんも、バレバレになってきてるな。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

余命ブログ、怒涛の更新。日本の司法界に巣食う反日の皆さんを、早う追い出さなあかんな。

走る小


 さすがに「余命三年時事日記」の事を知らん人は、少なくともこのブログを読んでくれてはる人たちの中には、もういてはらへんと思いますので、その説明は省かせていただきますね。余命ブログが怒涛の更新をされていますね。相変わらず不親切で(笑)わかりにくいですが、そらそうですね、解説ブログやのうて、実戦ブログですから。

 実際に、日本人を貶めようとしてる(ごく一部の)司法勢力と、真っ向勝負で戦うてはります。今日(12月10日)も、とんでもない話が出ていましたね。裁判所がいきなり裁判の「移送」とかを決めて、予定されていた裁判を前日の夜に取り消した、と。そしたら前日から遠方(たとえば北海道)から傍聴に来てた人は困り果ててしもうてはるわけです。もう嫌がらせとしか思えへんな。

 裁判所にしたらちゃんと合法的に手続きはしてる、ということかも知れませんが、この余命裁判にはそんな話が多すぎます。弁護士と裁判所がグルになって、さっさと判決を出して、悪徳弁護士に有利な判決を合法的に導く、と。ひどい話です。え?悪徳弁護士って?そうですよ、素人相手に恫喝して、和解金をせしめておきながら、その相手を今度は訴えるという、トンデモ弁護士や、これを悪徳と言わずに何と言うんや?

 そしたらこの余命裁判に途中から関わってはる徳永信一弁護士が、動画を更新してはりました(【弁護士大量懲戒請求を語る/5】平成23年最高裁判決と佐々木弁護士の請求)。もう5回目になるんですね、このシリーズ。めっちゃわかりやすいです。徳永さんは「悪徳」とは言うてはりませんが、この「和解金詐欺」弁護士に対する憤りは、私と似たようなもんです。

 ただし、いつも書いてますが、余命さんはこの徳永弁護士の動きはかえって迷惑や、と言うてはりますから、要注意です。戦い方は人それぞれなので、この「弁護士懲戒請求」に加わった人は、自分の判断で誰といっしょに戦うんか、というのはよう考えてくださいね。と言うても、今さら迷うてはる人は、もういてはらへんと思いますけどね。

 むしろ外野がうるさいですね。自分が懲戒請求にも加わってへんくせにえらそうに言うな、とか。ここは日本ですからね。「中国」や北朝鮮や、ウイグルとはちゃいますんや。それでもやっぱり、ある人たちにとっては知られると都合の悪いことをはっきり言うのが憚られるような空気を、それこそたとえば昨日の川崎市の連中は必死になって作ろうとしてるわけですね。お人好しの日本人、やられっ放しやな。

 そもそも私が余命ブログを知ったのは「覚醒」して間もない約7年ほど前のことでした。当時の初代余命さんはおとといの12月8日が命日とのことで、もう6年も経ったんですね。当時は「妄想ブログ」と自称しながらその後、書かれている内容が次々と現実になっていくのを目の当たりにして、驚愕したものです。

 そして、現在の3代目さんに続いてはるわけですが、私がとにかくびっくりしたのは、ものごっつい数の人たちが応援してることですね。今回の960人の会にしても、たとえ趣旨に賛同するとしても、自分で署名してハンコを押して送る、という行為を、千人近くの人たちがホンマにしてはるという事実の重みですね。その裏にはその百倍、千倍の人たちがこっそり応援してるわけです。

 あちら側の人たちは実はそのことに驚愕し、恐怖したんやと思います。せやからこそ、今や朝○人のための放送局であるNHKまで動員して、何とかしてその人たちを、まるでカルトか何かに洗脳され、騙されたような、情報に疎い愚かな人、というイメージに仕立てようとしてきたわけです(日本テレビもやってましたね)。いや、もう日本人、気付いてますから。

 ただ、それにしてもマスゴミもはじめとして、行政、司法に巣食いまくっている敵さんは巨大やから、そう簡単に駆逐できるもんやない、ということで、考えに考えた作戦が、官邸メールに始まる現在の懲戒請求、そして裁判闘争、もうすぐ裁判官様さえも訴えるんやそうです。司法界に潜む悪を暴くという意味で、これほど効果的な戦法は、誰も考え付かへんかったんとちゃいますか?

 今日(12月10日)の余命ブログの最後の部分をコピペさしてもらいます。

第1審での異常判決裁判官は外患罪告発ということで資料の整理中である。判決文その他、判決に影響が出ないように、1審がすべて終了後に告発することになろう。法に基づかない訴訟指揮や判決は弾劾の対象とはならない。単なる犯罪である。

 ん?法に基づかない訴訟指揮?フジ住宅裁判で、ブルーリボンバッジを外さへんかったら裁判を開けへんぞと言うた、どこぞの裁判長様、大丈夫か?

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

公明党は「日本人差別条例」に賛成するんか?保守ぶりっ子はもうやめたらどうや?バレてるで。

指差し小


 最初にお断りしておきます。「日本人差別条例」というのはレッテル貼りです(笑)。これの元になった法律、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」を作るのに功のあった西田昌司参議院議員が、動画の中で必死になって「日本人に対するヘイトスピーチにも適用される」と言うてはりますし、国会での答弁でもそのようなことが言われていたような気はします。

 せやけど、やかましいわい、法律の名前が「本邦外出身者」になっとるやないかい!と言いたいところですが、まあそれは、私みたいな単細胞人間では理解でけへんのかも知れませんね。この法律を作ることで、この問題を可視化できたことに意味がある、という人もいてはります。うーん、それはこれからのことですね。

 そしていよいよ川崎市で、違反者には50万円の罰金を科すという条例が制定されようとしています。今日取り上げたかったのは、一昨日に引き続き、行橋市議の小坪慎也さんのブログの記事(ヘイト条例の現在の動きについて。川崎市・自民市議団を応援しよう。属地主義とは何か)です。私ら一般の人間は、あんまり関心のない地方議会のことを詳しく教えてくれはります。

 この議案(条例案)が上程され、さっさと採決されて制定されるところやったのを、すんでのところで川崎市議の自民党員が、実に健闘してくれている、という話です。川崎市議会は、定数60のところ、最大会派の自民が19、公明が11、みらいが11で、この3つで与党を構成している、と。ただし、みらいは元民主党系、と。

 そして今回の条例案の上程後、自民が賛成してしまえばあっという間にしゃんしゃんで採決、制定されてしまうところを、自民が「継続審査」を要求した、と。そしたら本会議では審査がでけへんことになって、結果的に時間稼ぎができたんやそうです。つまり今回の議会でなくて、3月に審議が持ち越される、というわけです。

 そこで早く決めたいと思てるおパヨク側が、この継続審査を否決した、と。そしたら自民側が今度は「附帯決議」を再提案した、ということやそうです。議会運営のことがようわかってへんと、何が何やらわかりませんが、小坪さんがまとめてくれてはります。

①自民市議は「継続審査を求めた」
②公明(与党)、みらい(与党)が反対。共産(野党も反対)。チーム無所属は、賛成。
③継続審査の提案が反対多数で沈没し、終わるかに思えた。
④自民は、さらに「附帯決議」を再提案。
⑤各会派は、持ち帰って審議。 ← いまココ

 自民側が出した附帯決議案の「2」は、次のようになっています。

本邦外出身者に対する不当な差別的言動以外のものであれば、いかなる差別的言動も許されるとの理解は誤りであるとの基本的認識の下、本邦外出身者のみならず、日本国民たる市民に対しても不当な差別的言動が認められる場合には、本条例の罰則の改正も含め、必要な施策及び措置を講ずること。

 つまりは、日本人に対するヘイトスピーチもちゃんと取り締まらんかい、という話ですね。そしたら何と、公明党までこの附帯決議案に反対しているそうです。そして今日9日にも動きがあるようで、小坪さんは、最終的には条例は通ってしまうやろう、とも書いてはります。ただ、川崎の自民市議が一つにまとまったことは、めっちゃスゴいことなんやそうです。

 もうワケわからんな。というより、公明党はもう保守のフリをやめたらどうや?日本人より、外国人のための政党になってしもてるやんか。憲法改正にしたって、実は元々やる気なんかなかったんとちゃうか?こうやってだんだんと、誰が敵か、がバレていくんや。私ら日本人、しっかり見極めんとあきませんね。

 何と私が毎日チェックさせて貰うてる「パチ倒ブログ」さんでも、「ぱよぱよ日記」さんでも、この問題を取り上げてはりました。先にそっちを読む方がわかりやすかったな(笑)。日本人は川崎市議会に注目!やな。

【追記(同日)】もう一つ、大事なブログを忘れてましたがな(笑)。瀬戸弘幸さんの、昨日の記事です(川崎・民主主義が憤死(2))。「ヘイトスピーチを許さない川崎市民ネット」という団体が、自民党が提案した付帯決議案に対して、これを削除することを求めている話が出ています。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

ウイグルで無茶苦茶やってる「中国」。日本でもマスゴミが報じ始めたで。どうする?習近平国賓招待。

頷く小


 前に「かつて日本は情報戦に負けて滅びかけたんやで。ヘイト法も通し、「中国」にも媚びるんか?」の記事で、産経新聞がウイグルの「訓練施設」の写真を、一面で写真付きで報じたことを書きました。
中国新疆ウイグル自治区の「職業教育訓練センター」のフェンス脇を歩く人々=2018年9月(ロイター)
中国新疆ウイグル自治区の「職業教育訓練センター」のフェンス脇を歩く人々=2018年9月(ロイター) 

 そして、地上波ではなくBSですが、12月5日にBS日テレの「深層NEWS」という番組が、ウイグル人のアフメット・レテプさんという人を呼び、辛坊治郎さんが司会進行をして、このウイグル問題を取り上げたことを、私が入れて貰うてるメーリングリストの情報で知りました。

 私はこの番組を見ていなかったのですが、期限つきながら「TVer(てぃーばー)」というネットテレビで観れることを知り、観てみました。

https://tver.jp/corner/f0043232

 他にゲストとして、宮家邦彦氏(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)、凌星光氏(日中科学技術文化センター顧問)、石平氏(評論家)が招かれていました。また解説は読売新聞の編集委員の飯塚恵子氏でした。

 このアフメット・レテプさんは、NPO法人日本ウイグル協会の理事、在日ウイグル族で、17年前に来日しはったそうです。今は日本国籍を取得している、と。2011年以来、ずっとウイグルにいるお父さん、お母さん、弟とまったく連絡が取れない状態になってしもたんやそうです。日本で活動をしていてやっと、2018年になってお母さんと連絡が取れた、と。

 お父さんと弟は?と問うと、「施設で勉強してる」と答えたんやそうです。そしてさらにその後、当局からお父さんが映っているビデオが送られてきたんやそうです。今回、そのビデオが番組の中で公開されました。その中ではお父さんが、無事生きていて中国の施設でちゃんと勉強している、何不自由なく、体も元気で暮らしているから安心しろ、と言うてはった、と。

 いやいや、こんなビデオ、ISが人質に言わせてるビデオそのまんまやないか、という話ですね。本来ウイグル人は、帽子をかぶり、お父さんの年齢だとみんな、豊かなひげをたくわえているはずなのに、ビデオのお父さんは無帽で、ひげは剃っています。もう胸が張り裂けそうですね。そしてこのビデオ入手後も連絡は全く取れず、とうとう一年以上経った今、アフメットさんは意を決してリスクを覚悟のうえで、このビデオを公開しはったんやそうです。

 自宅に一人で?いるお母さんにも危害が及ぶかも知れません。あるいはアフメットさんの知り合いやらに、嫌がらせなどがあるかも知れません。もうぞっとしますね。

 「中国」政府がウイグルで無茶苦茶してる話はもう結構知られてきましたから、今さら改めて驚く話ではないかも知れません。けれど、目の前でこのアフメットさん本人の生の言葉を聞くと、ものごっついその思いが共有できますね。そして、この番組にのこのこと出て来ていた凌星光氏に対しては、恐らくアフメットさんと同様の、底知れぬ怒りが沸いてきます。

 この凌星光さんというのは、日中科学技術文化センター顧問 中国社会科学院教授 福井県立大学名誉教授、ということで、堂々たる「中国」側の人ですね。番組の中でまんま「中国」側の代弁者となっていました。

 「中国」がなんでウイグル人を片っ端から「訓練施設」に入れるんや?と聞くと、「テロ防止のため」と。そして以前はテロが絶えなかったが、最近の3年間はこの政策の成果が上がって、「テロの発生はゼロにとどまっている」と、何と自慢してはります。当然、アフメットさんは反論してはりましたが何と「中国政府が発表したもので、いい加減なものはありません」やて。もう工作員というか、まんま向こうの人やんか。

 ネットでは番組終了後、この人が「お父さんは一生出てこれないな」とつぶやいた、とまで書かれています。おっそろしい人やなあ。この番組を観た人は誰でも、この凌さんが「中国」側の手先やとわかると思います。もうなりふり構わへん、ということでしょうね。こんな人が今、日本の中で堂々と活動?できるというのが、恐ろしいですね。この番組はいつまで観られるかわかりませんので、是非早めにご覧になってください。

 そして、私はいつもマスゴミ、というてる日本のマスコミですが、それがBSとは言え、読売新聞の編集委員も同席させてこれを報じたということは、前の記事でも書きましたが、北野幸伯さんが言う「米英の【中国悪魔化】情報戦が進んでいる」ということやと思います。そしてそのことをアメリカが認めている、と。あ、もともと戦後の読売新聞、日本テレビはCIAが作った、とも言われていますね。

 アメリカは今、国を挙げて「中国」を敵視し始めています。それは共和党も民主党も同じ、と。いよいよ習近平の国賓招待がますます問題になりそうな雰囲気が作られて来ていますね。どないすんねんや?日本国内の親中派の親玉、二階幹事長。安倍ちゃんも、きっとどこかで判断せなあかん場面が出て来そうやな。もう二度と間違うたらあかんで。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく