ナニワの激オコおばちゃん

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

安倍首相=麻生副総理の秘密会談、空想議事録。どんでん返しはなさそうやな。

※コメント欄を見るには、上のタイトルをクリック!
自転車小
 ←ついでにこっちもクリックww

 安倍首相と麻生副総理の秘密対談空想議事録です。麻生さんが大阪弁を話すわけはないので(笑)代理人がしゃべってます。

麻生副総理(代理人):安倍総理、党首対談、お疲れさまでした。見事に盛り上がらへんかったな。あいつら、もう最近は何を言うてもブーメランになるから、何も言えんようになってしもたな。
安倍首相:そうですね。明日の不信任案はどうしましょうか。
麻:さすがにG20直前に解散するわけにはいかんわな。今回のG20ではGAFAへの課税への筋道を付けときたいしな。実はこれでさらに反日組織への締め付けがやり易うなることは、アホなマスコミはわかってへんからな。
安:そうですね。いよいよ朝鮮総連も行きますか。
麻:関西生コン、予想通りマスコミはほぼ完全沈黙やからな、誰も知らんうちに、がんがん潰していくか。
安:消費税はどうしますか。けっこういろんなところで消費税反対の声が上がってきてますね。そろそろヤバくはないですかねえ?
麻:「消費税廃止」で野党が一本化したらヤバいと思てたけど、やっぱりあいつらはアホやったわ。財務省もちゃんと押さえてくれてるからな。
安:先行きが見えませんから、できれば上げたくはないんですけどねえ。
麻:あんな、前にも言うたけど、消費税と憲法、どっちを先にやらなあかんねや?今、二正面作戦やってしもたらアブハチ取らずになってしまうやんか。
安:うーん、やっぱり憲法が先でしょうかね。
麻:そうや。オレも消費税がヤバいことはわかってるけど、これは約束したんや。10%までは、とな。
安:間違いなく景気は下がりますね。
麻:まあこれは抗がん剤みたいなもんやな。オレたちの裏の標語を思い出そうや。邪魔者は消せ。まずは戦後70年巣食ってきた反日在日の排除や。
安:関西生コンで一気に勢いがつきそうですね。
麻:あれはようやっとるな。検察もこれでなびいてくるやろ。あのな、その気になったら景気回復は一発でできるんや。消費税半分にするとかな。それを今やったら、結局あいつらを中途半端に残してしまうんや。日本人は優しいから、景気回復して金が回り始めたら、補助金やらナマポをあいつらがちょろまかしてても、しゃーないな、と見過ごしてあげるわけや。今不景気やからこそ、みんなが目くじら立てて、これまでの変な補助金やらに目が向いてきたわけや。まずはこれを潰すのが先とちゃうか?
安:そうですね、景気回復はその気になればすぐにできますね。あと、増税による不景気対策で、あの財務省ですら少ないながらも出費を認めましたね。
麻:そうや。それをテコにして、3年後に一気にやるんや。
安:え?3年後ですか?
麻:オレはもう引退する。最近、耳も遠うなったしな。この先、年取ってしもたらカッコ悪いやんか。あんたはこの3期目で、いったん引いて、3年ほど菅ちゃんに渡したらええ。
安:菅さんには本当にお世話になってますからね。
麻:そうや。恩にはちゃんと報わなあかんのや。派閥も持たず、利権も持たず、総裁選にも出ず、じっと裏方に徹する、なかなかでけへんで。
安:そうですね。
麻:せやからアイヌ利権も渡したんや。今のインチキアイヌ協会の中身をうまいことすり替えるだけで完了や。あのややこしい維新の連中とも上手いことやってくれてたのにな。
安:最近の維新はどうもおかしいですね。
麻:丸山が酔っ払うて言うた話なんかどうでも良かったのに、あんなに騒ぎになるとはな。まさか維新がロシアに謝りに行くとは思わなんだ。やっぱりあいつらはアホやったな。
安:せっかくロシア側ともそーっと話を通してまとまりかけてるのに、と菅さんが激怒されたようですね。
麻:そうや。オレたちの商売は情を忘れたらあかん。菅内閣ではあんたは財務大臣になったらええ。3年あったら入れ替えられるやろ。
安:そうですね。
麻:その後、また首相に返り咲いたらええねん。今回はとにかく自衛隊を明記することだけやな。
3年後にはあの学生のコピペレポートみたいな日本国憲法を、今度こそ、美しい日本語で、全部書き換えるんや。そのために、今はぐっと堪えるんやな。
安:さすがに今回は財務省の連中も必死ですからね。
麻:あいつらは基本的には職務に忠実やねん。国債にしたって、財政規律にしたって、結局法律に書いてあるからな。財務大臣になって、そこから変えていったらええやんか。
安:これも戦後レジームですからね。
麻:あとな、大蔵、財務官僚はやっぱり基本的には優秀なんや。大事にしたらなあかん。最後は助けてくれるからな。
安:敵にするわけにはいきませんね。
麻:財政法を改正して、堂々と消費税を半分にするとか、税制を変えてやめたら景気爆発、支持率爆上げや。その頃にはもうあいつらは駆逐されてるから、国民に期待されて、今度こそホンマもんの憲法改正もできるがな。焦ったらあかん。

 今回はかなり無理があるなーと思いますが、所詮、空想議事録ですから(笑)。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

ホンマに戦う気があるんか?安倍首相。消費増税してしもたら、そろそろ支持者も見放すで。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!
走る小
 ←ついでにこっちもクリックww

 いよいよ来週はヘタレでチキンの枝野君が、解散がなさそうなことを見越して内閣不信任案を提出か?と言われていますね。私は別にどっちでもええんですが、日本の役に立たない、いや日本にとって有害な反日野党が、ただひたすら妨害だけをしてる国会は、見ていてうんざりしますね。そのくせ、出来上がって来る法律は、危なっかしいもんばっかりで、すっきりせえへんことが多いですね。

 ただ、昨日のコメント欄でソロさんが「水道事業は全国どこでも、利権の巣窟」のようやと書いてはって、「あっ」と思いました。大阪の水道局や清掃局(今は環境局?)では、就職するのに同和枠というのがあって、無試験で入れる人がおるという話がありました。「グローバル化」の最先端を行くような「水道民営化」も、実はこういう利権?を排除するために、うまいこと使えるんやったら、それはそれで使いようかな?とも思いますが。

 つまり法律も、運用次第やということですね。それにしても、何べんでも言いますが、消費増税だけは、もう財務省につながる人以外の誰がどう考えても、「それ、今することとちゃうやろ?」と怒りに震えますね。何が「骨太方針」や、ますます国民の骨もやせ細っていくだけの話やんか。あーハラ立つ!

 そしたら今日、『表現者criterion(クライテリオン)』のメールマガジンで、小浜逸郎さん(評論家/国士舘大学客員教授)が「安倍首相を総括する」という記事を書いてはりました。その中で、前に私も書いたことがありますが、安倍ちゃんが、藤井聡さん、三橋貴明さん、西田昌司さんと会食した時に、「自分には三つの敵がいる」と話したことを取り上げてはります。

 この「三つの敵」は公表されてはいませんが、察するに、朝日新聞、グローバリズム、財務省であろう、と。そして小浜さんは、「彼(安倍首相)はこの三つの敵、特に後の二つと本気で戦って来たでしょうか。」と鋭く問いかけてはります。この6年間、結局この「敵」に対しては、安倍ちゃんは全部負けてるやないか、と。そして、なんでこんなことになってしもたんや?という疑問に対して推測される答えとして、
 <一つは、彼には本気で戦う気など初めからなかったということ。もう一つは、彼の主観がどうあれ、周囲の勢力に押しつぶされてしまったということ。>と断じてはります。

 そして、これまで実際に彼がやってきたことを振り返って、こう書いてはります。
 <すると、安倍首相の政治家としての本質とは何なのか。筆者は、これをあえて、「周りばかりを気にする臆病政治家」と規定したいと思います。三世政治家としてこれまでになくパフォーマンスに長けたこの人は、その面のすぐれた能力によって、国民をも自分自身をも欺いてしまったのです。つまり、しょせんは、自分なりの信念を貫く強い意志を持たない「お坊ちゃん政治家」なのです。>

 いやあ、辛辣やなあ。
 せやけど、私は最近思います。もし、安倍ちゃんが堂々と、
 「私には三つの敵がいる!」
 「この強大な敵を倒すために、今こそ国民の皆さんの力を貸してほしい!」と言うて、
 「消費増税は中止、自衛隊を憲法に書き込もう」と言うたら、トランプさんみたいに、どっと人気が出て来るんとちゃうかな?と、、、。
 甘いかな、、、。

 もうそろそろ期待するのはやめた方がええんでしょうか。前にも書きましたが、消費税に関してはギリギリまで、「どんでん返し」を期待してしまいます。
 来週のG20で、「米中経済戦争で世界中が危機に瀕していく中で、間違いなく景気の足を引っ張ることになる増税はやめるべきだ」と、各国が日本に注文をつけてくる、みたいな。
 あるいは、突然ヒラリー、オバマが逮捕され、「中国」では江沢民派(上海派)が一気に壊滅し、米中戦争はアメリカの大勝利となって日本がおこぼれにあずかる、とか。
 うーん、そんな単純な話やないなあ。もはや、どんでん返しのストーリーさえ思いつかへんわ。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

橋下君、ちゃんと本に書いてるやんな、とんでもない話を。絶対許さへんで、日本売り。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!
指差し小
  ←こっちもついでにクリックww

 この4月から、仕事の関係で時間的にキツくなって、最近ほとんど本が読めてません。もう読みたい本がたまりまくって、それがストレスになったりして(笑)。それでも私が入れてもろてるメーリングリストからや、毎日更新してはる数多くのブログやらツイッターで、情報はいっぱい入ってきます。有難いことですね。これは読まなあかん、と思てて読んでへんかった橋下徹くんの、『沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する。』の本のことを書いてくれた人がいました。

 <沖縄はいまだに、普天間基地の辺野古移設に様々な抵抗をしかけていますが、防戦一方です。防戦だけでは事態は開けません。やはり攻撃に反転しなければならない。「沖縄の独立」「沖縄の港を中国に貸すこと」を問う住民投票は、沖縄の反転攻勢のきっかけになるでしょう。>

 <ケンカをするなら、最後は覚悟、気迫です。「政府与党や本土の国民が沖縄の主張に一切耳を傾けてくれないのであれば、沖縄の方から日本にさよならを言い渡す。そして日本が一番嫌がること、すなわち沖縄に中国の拠点を作ることに本気で取り組むぞ」という覚悟と気迫を持って、政府与党や本土と交渉しなければ、政府与党や本土を動かすことはできない。>

 <沖縄県民が日本から独立する意思を示し、沖縄自らの力で沖縄問題を解決していく姿勢と気迫を示す必要があります。もちろん本当に独立するどうかではなく、そのような覚悟と気迫を示すことが重要なのです。>

 うわあ、何を言うてはるんや、この人は。そういえば、この本が出てすぐの時に、我那覇真子さんがネットテレビ?で猛烈に批判してはりましたね。そらそうやわ。これ、本ですからね、選挙演説とかで、勢いで言うてしもたとかの話やないですね。かつて「中国」がチベットでやってきたこと、今やってること、ウイグルで今起きてること、どう考えてるんかな?この人は。

 いや違う、この人にとっては、日本人も、沖縄の人も、どうでもええんやろうね。香港やマカオみたいに、大阪や沖縄や北海道を「中国」様に差し上げて、自分はその特区の行政長官みたいになるつもりなんやろうか。そういえば最近、日本の戸籍制度は差別の元や、とケチをつけてて、深田萌絵さんとはバトル中ですね。あ、深田さんのことも書き始めたら止まらへんから、またにしますけど、やっぱりこの橋下徹くんは、危険極まりない人物ですね。

 最近、発言がどんどんエスカレートしてるように思います。ここからは想像で書きます。

江沢民(上海)派:おい橋下、まだ都構想できてへんのんか。えらい時間かかっとるやないか。はよせんかい、香港もマカオもそろそろヤバいんやから。
橋下君:すみません、前の住民投票で勝つはずやったんですわ。
上海派:アホ、あれからもう4年も経っとるやないか。
橋下君:は、はい、都構想はやっとこの前、公明も自民も巻き込みましたさかいに、今年中には住民投票に持ち込みますわ。
上海派:今までどんだけ投資してきたかわかってるんやろな。あ、5月の連休中に松井君と吉村君をマカオに呼んで説教しといたからな。覚悟しとけや。

 いやあ、橋下君、大変ですね。あんたが日本人、沖縄人なんかどうでもええと考えてる、はるか以上に、あいつらは人の命なんか何とも思てませんからね。もう足洗うた方がええんとちゃうか?(笑)。せいぜい気いつけなはれや。
 はい、妄想記事でした。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

関西生コンでまた逮捕者。それでも報道せえへん日本のマスゴミ。まだまだあかんな。

頷く小


 私が本を読み始め、ネットでも勉強を始めてから、いろんなことを知って驚いたことは、もう数え切れんほどありますが、それにしてもつくづく、マスコミはひどいなあ、と呆れますね。あ、もう期待する方が間違うてるんやな。新聞はどんどん落ちぶれて行ってるというてもまだ、巨大なお金が流れ続けてますね。ネットではみんな知ってるのに、マスコミでは言わへんこと、昨日、小坪慎也さんがブログに関西生コンのことを書いてはりましたね。

 滋賀県警が一昨日(18日)、関西生コンの支部の人間を4人逮捕した、と。これでもう累計の逮捕者は55人?になって、あの世界を騒がせたオウム事件よりもはるかに多い人数やとか。やったことは、労働組合運動に名を借りた恐喝、ユスりですね。こいつらにえらい目に遭うて、自殺しはった人も何人もいてはるということです。こいつらが何も今回、一斉に恐喝を始めたんやなくて、それをようやく逮捕するようになった、ということですね。

 そこら辺のことは小坪さんがしっかり書いてくれてはります。不正、暴力を許さへん、やられたら絶対やり返す、小坪さん、かっこええですね。せやけど、文字通り命がけです。私もこのブログで何回も書かせてもろうてる、瀬戸弘幸さんと「共闘」してることも堂々と発表してはります。今の日本でも、警察は知ってても知らんふりをすることはなんぼでもある、ということです。それを動かしたのが、瀬戸さんたちや、というわけです。

 小坪さんが議員をしてはる福岡県の行橋市でも、たとえば今、ファミレスなどの店舗を開業するときには、「水利の同意書(承諾書)」というものが必要なんやそうです。ところがこの同意書にハンコをついてもらうのに、水利組合という団体に、べらぼうなお金を払わんとあかんそうです。これがいわゆる「利権」なんですね。これを今回、小坪さんは無くそうとして活動してはるそうです。

 そりゃー、座ってても金が入ってくるもんを切られたら、怒るわなあ。こういう話が、日本全国、至るところに、今もある、ということです。もし、そういう巻き上げられたお金が、皆が納得できるええことに使われるんやったらええけど、実はその先が問題なんやというわけですね。今日(20日)の議会には、小坪さんは何と「防刃シャツ」を着て行くんやそうです。文字通り、体を張ってはるわけですね。

 <水利の承諾書が撤廃になる、これは行橋市の自営業者なら凄まじく驚くビッグニュースなのですが、関西生コン同様、まったく報じられておりません。>
 筋の通らへんことはしたらあかんな。おそらくこの「水利」も、もともとは日本人がお互いのいざというときのために、みんなで管理して役に立つように作られたもんかも知れませんね。いつの世にも、物事を悪用する輩がおるということですね。

 悪は眠る、ということやけど、せやからこそ、ネットの時代になって良かった、と小坪さんも言うてはりますね。まだまだ私らも、身の回りの不正には、しっかり声を上げて、拡散していかなあかんな。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

習近平=金正恩会談【空想議事録】早う拉致被害者を返さんかい、刈り上げ君。

パンチ小


 習近平主席が北朝鮮に行くことを発表しましたね。やっと行くんか、という感じですね。いよいよ追い詰められてるんかな?次の展開は?勝手に想像して「空想議事録」を作りました。
 前にも何度か、空想議事録は書いてます(笑)。
 並べてみると、話はすぐには進まへんけど、着々とある方向には向かってるんやろなあ、とも思えますね。

金正恩委員長:これはこれは習先輩、わざわざ来てくれはってありがとうございます。まだまだこっちには来てくれはらへんと思てましたんや。何ぞあったんですか?

習近平主席:お前もわかってるくせにそれを聞くんか、性格悪いな。

金:あ、いえいえ、そんな。もうすぐ暗殺されはるんや、という口の悪い奴もおりますんで。まさか、そんなことはありませんよね。

習:しばいたろか、このデブ!いつの間にそんなに横柄になったんや。

金:いえいえ先輩、もう4回も会うてくれはって、ありがとうございます。僕は先輩のことを尊敬してるんですよ。いつも言うてはりますやん、会談は最初にガツンといかなあかんのや、と。その教え通りにしてますんや。

習:まあたしかに言うたわな。あのトランプの野郎、パームビーチで会談した時にはいきなりシリアにミサイルを撃ちこみやがったんや。あかんわ、アメリカには絶対に勝たれへんわ。

金:せやけどトランプさんは、先輩のことはええ奴や、と言うてはりますやんか。僕もこないだ、また手紙も書きましたし、僕のことは好きや、言うてはりますよ。

習:あ、そうや。お前、手紙に何を書いたんや。

金:5月のミサイル発射は僕のせいやないです、あれは組織指導部が勝手に軍に命じてやらせたんです、て。

習:お前も軍には逆らえへんからな。ていうか、ミサイルのボタンは、ウチの江沢民派の張徳江、その手下の旧瀋陽軍区が握ってるからな。

金:僕もあいつらに逆ろうたら命はありませんわ。それをトランプさんに訴えたんですわ。

習:あともうちょっとであいつらを一網打尽にしたるから待っとけ。

金:せやけど先輩、もうちょっとと言うて、何も変わってませんやんか。香港はどないしはるんですか?えらい人が出てますやんか。

習:あれはな、江沢民派がだいぶ追い詰められてるんや。逃亡犯条例なんか、別に急いでへんかってんけどな、何か理由をつけて香港で騒ぎを起こして、悪あがきをしとるんや。

金:そういえば林鄭月娥長官は更迭ですか?

習:ちょうど良かってん。あの女は江沢民派やからな。香港は今はちょっと引いとくけど、そのうち落とすからな。月末にはG20で日本に行かなあかんし、みんなにギャーギャー言われとうないからな。

金:それにしてもなんで急に会いに来てくれはったんですか?

習:実はトランプに言われたんや。お前に会うて日本人拉致被害者をすぐに返させろ、て。

金:知ってはると思いますけど、あれも組織指導部が握ってるんですわ。日本からがっぽり絞り取るつもりみたいです。

習:それはトランプもわかってて言うてるんや。最後は金やろ?オレは必ず江沢民派を潰す。そしたら金の流れが変わるやろ?

金:そうなんですわ。拉致被害者を返す時の、日本からの金の窓口が、ちょっと前まではいくつかあったのに、今は安倍ルートしか動いてないんですわ。

習:そうや。もう安倍の勝ちなんや。金は必ず安倍のルートから入る。トランプは、北朝鮮には素晴らしい未来があるかないかのどちらかや、と言うてたやろ。

金:組織指導部ルートは無くなるんですね。

習:そうや。トランプ、安倍と、オレが保証したる。

金:それでウチのナンバー2の崔竜海(ちぇりょんへ)がアメリカから個人制裁対象になってしもたんですね。何とかなりませんか。

習:あかん。あいつも組織指導部に取り込まれてるやろ。それに日本の左翼とも繋がってるからな。

金:やっぱりそうですか。軍人らも最近不穏な動きをしよるんですわ。

習:そらあ慎重に動かなあかんで。やたらに殺したらあかん。

金:先輩!僕は今まで殺せ、と言うたことはないんですわ。あいつらは簡単に殺すくせに、全部僕のせいにしよるんですわ。ハラ立つけど。

習:いや、逆ろうたら怖いぞというイメージは大事やから、そのままにしとけ。

金:さすがー、先輩!

習:オレも別にプーおじさんでもよかったのに、中国人はアホな忖度ばっかりしよるんや。

金:スキを見せたらあかんのですね。

習:そうや。それに、金のルートがお前一本になったら、あいつらは絶対シッポ振ってくるから、大事にしたるんや。そしたら命も安全や。

金:わかりました!先輩、ありがとうございます!南の文在寅はどうしましょ?

習:あいつはアホやけど、使えるうちは使うとけ。半島はお前が統一してくれた方が都合がええんや。

金:ありがとうございます!

習:ええか、日本人は単純やから、これはお父ちゃんがやったことなんです、とか言うて、横田めぐみさんを返したら、お前は大人気者になるんや。そこでがっぽり貰うたらええ。その時に文を切るんや。

金:悪どいですねえ、先輩。

習:オレかて命かかってるんや。あいつらは平気で殺しよる。ウイグルの臓器売買かて、あいつらのやってることや。めっちゃ儲かるらしいけどな。

金:え?ウイグルもですか?

習:そうや。法輪功やチベット弾圧もな。人間のやることちゃうで。

金:ええー、先輩がやってはるんかと思てましたわ。

習:いや、オレもあいつらを潰してから手に入れたろうと思ててんけどな。ファーウェイもそうやけど、トランプはいったん全部潰すまでやりそうやな。

金:ほんならやっぱりウチの核は完全廃止ですか?

習:当たり前や。持ってても何の得にもならへんから、さっさと捨てろ。日本からの金がそれなりに、お前とこの軍人にも流れるようにしたらええだけの話や。

金:わかりました。安倍さんに会うときはまたアドバイスくださいね。

習:安倍はトランプとツーカーで全部わかっとるから、もうウソはつかれへんで。そのうちヒラリーとオバマが逮捕されたら、動きが早うなるかも知れんわ。

金:え?ヒラリーとオバマがですか?

習:そうや。今、世界は勝ち組に残れるかどうかの瀬戸際やで。間違うたらあかんで。

金:いやあ、いつもありがとうございます。ほなら暗殺されんように、気いつけて帰ってください。

習:お前なあ、、、、。



人気ブログランキング
ツイッターもよろしく