ナニワの激オコおばちゃん

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

今や人類の敵となった中国共産党に媚びまくる、残念な歴史学者。日本人の敵にもなるで。

指差し小


 昨日の即位礼正殿の儀、無事終わって良かったですね。「即位式反対」のデモがあって逮捕者も出たようですが、そんなにイヤやねんやったら、日本におらんでええやんか、どうせ日本人とちゃうんやろ?と思うたんですが、ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」さんの記事中の写真を見たら、どうもジジババばっかりで、これはたぶんおパヨさんの団塊世代なんかも知れませんね。どうでもええけど、ホンマに汚らわしい人たちやわ。あ、コメント欄にも汚い罵倒が貼り付いてたんで、速攻削除しましたわ。

 日本国民がこぞって喜んでるのが、イヤでイヤでたまらん、と言うことでしょうが、もう明らかにアタマおかしい、状態ですね。せやけど、そんな自虐史観、WGIPの洗脳に見事に染まってしもてる人たちが、まだまだ学術界にもおるんで、困ったもんですね。今日の宮崎正弘さんのメルマガで、批判のための書評が出てました。

 宮崎正弘さんの書評はいつもタイミングがめっちゃ早いので、とても参考になります。当たり前ですけど、ちゃんと本人が読んで、きちんと評してくれてはります。簡潔明瞭、ご自分の立場も明確なのでホンマに勉強になります。ところが今日の書評は、貶すために取り上げてはったので、笑えました。対象の本は、河上麻由子著『古代日中関係史 倭の五王から遣唐使以降まで』(中公新書)です。

 宮崎さんの書評のタイトルは【いまも中国に「位負け」するのは外交ばかりか、歴史学界だ 「中国」とは日本の意味であり、北畠親房は「神州」、山鹿素行は「中朝」とした」】です。

 <「倭の五王」とかが古代日本にいて、朝貢してきたと中国の文献(宋書)が言い張る。讃・珍・済・興・武の五王とは何時の時代の、どの天皇なのかは定かではない。はたしてそんな国が、どんな首長が存在したのか、或いは北九州の地域の豪族が海を越えて使いを寄こしたことを『魏志倭人伝』が大袈裟に「邪馬台国の卑弥呼」と書いたように、フェイクか、改竄か。>

 宮崎さんは、邪馬台国にも、卑弥呼にも否定的です。「中国」の史書というのは、そもそも国自体がいつも易姓革命で成り立ってるわけやから、前王朝を否定して現王朝の正当性を必死に書いてるわけですね。日本の史学会はいまだにそんな「中国」の史書を後生大事に扱って、その言い分に沿うような解釈をし続けているようです。

 <本書は困ったことに中国の古代文献に書かれたことが正しいという基本認識、あるいは一種強迫観念の下で叙述されているうえ、大東亜戦争を無造作に太平洋戦争と書いて、GHQの洗脳から抜け出せないアカデミズムの視野狭窄がある。倭の五王も、中国の文献が勝手に日本の天皇を名づけたのか、古代史のパズルはまったく解かれていない。>

 <本書ではさらに遣唐使・遣隋使が、仏典と学問を学ぶために派遣されたのではなく改元ごとの朝貢の挨拶だったとする。遣唐使も遣隋使も隋と唐に渡って目撃したのは精神の曠野、学べるものなしと判断して帰朝した。逆に遣日使が夥しく日本にきたうえ、かれらは日本に帰化するばかりだったことは一行も触れていない。>

 いやあ、宮崎さん、怒ってはるわー(笑)。あ、私もハラが立ちますね。あんた、「中国」からなんぼもろてるねん?と言いたくなりますね。今のこの時代、まさに歴史が変わろうとしているときに、わざわざ「中国」に媚びるような学説とも言えん迷解釈、珍解釈を本にして出す、これが国立の奈良女子大学の准教授、河上 麻由子さんやそうです。残念な人や。

 まだ若い人のようですが、どうせこの人を指導した人も、戦後自虐史観にまみれた、いわゆる敗戦利得者の系列につながる人たちなんでしょうね。日本の歴史学会のどうしようもない暗愚さかげんが窺われます。それにしてもくだらん本ですね。まあ宮崎さんが書いてはるように、「太平洋戦争」と書いてる時点で、あっちゃー、ですけどね。
 まだまだ日本中、掃除せなあかんとこはいっぱいあるわ。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

即位礼正殿の儀を心よりお祝い申し上げます。日本に世界に、人類に虹がかかったらええのに。

頷く小


 本日の即位礼正殿の儀を心よりお祝い申し上げます。
 「即位の礼」というのはこの「即位礼正殿の儀」、「饗宴の儀」、来月10日に延期になった「祝賀御列の儀」を合わせて言うんやそうですね。朝からけっこうな雨でしたが、儀式が始まる直前に薄日が差して、なんと東京都内に虹がかかった写真が、ネットには上げられていますね。

 二千数百年もずっと続いている、こんな素晴らしい皇室を保持している日本に生まれて、ホンマに幸せやなとつくづく思いますね。せやからこそ、これを壊そうとする輩は絶対許さへん、という気持ちがより強くなります。NHKのぞんざいなテレビ中継にはすでにあちこちで文句が出ています。NHKだけやなく、テレビはみんな、相変わらず「雅子さま」なんて言うてますね。「皇后陛下」と言いなさい、と。

 そして、あちら側の人たちは早くも安倍首相の万歳三唱にピーピー言い始めましたね。アタマおかしいな。あ、それ、日本人とちゃうからやろ?そういえば共産党は、これら一連の行事には欠席するそうです。そのことを今日の産経新聞論説副委員長の榊原智さんが批判してはりました(「【一筆多論】共産党は憲法を守れ」)。

 <平成16年の党綱領改定で共産党は、ある方針転換を行った。それまでの綱領は「君主制の廃止」を掲げていたが、改定綱領は「天皇の制度は憲法上の制度」と位置付け、現憲法の「全条項をまもる」と、初めて打ち出した。>

 たしかに共産党は「天皇制の廃止」を昔から言うてたけど、これでソフト路線に変更したんかな?と思うのは甘い、と榊原さんは言うてはります。

 <16年の綱領改定を共産党の軟化、現実化ととらえるのはお人好(ひとよ)しすぎる。この改定は、天皇を日本の君主と認めなくなったという極めて大きな問題をはらんでいるからだ。その上、「国民の総意」に基づく天皇は、将来憲法改正により廃絶できる、としている。>

 いつまで中学生みたいなことを言うてるんや、共産党は。ホンマに日本には絶対にいらん政党やな。榊原さんは、<憲法の英訳は「constitution」だが、これは国柄、国体とも訳される。共産党は、憲法は国柄を踏まえて解釈すべきだという常識を身につけ、現憲法を守ってもらいたい。>と結んではります。

 あはは、憲法を守りなさい、共産党、と。もうギャグやな。民主的に選挙で選ばれたわけでも何でもない委員長の志位くん、いつまでその席におるんや?そしてもはや、搾り取られるだけの存在になっている共産党員のみなさん、早うこのインチキに気い付いて、目を醒ましてくださいね。

 実は先日、共産党系列のローカルの下部組織のある組合が、消費税反対のチラシを作っていて、何とそこに、このブログ、ナニワの激オコおばちゃんのキャラクターのイラスト画像が無断で使用されてました。読者さんの通報を頂いたので、すぐに著作権者を通じて抗議し、今後の不使用を約束させました。そのときに対応した相手は、ふつうの真面目そうな、近所の商店街のおっちゃんという感じの人でした。

 「消費税反対」は私も何べんも言うてますからどこかで引っかかったんでしょうが、無断使用はあきませんね。それにしても、このブログではいつも、共産党のことは思いっきり貶してるのに、それには気い付きはらへんかったんかな、と笑えました。

 あーあ、こんなおめでたい日に、いかにも汚らわしい、アタマのおかしな中学生みたいな共産党の話をしてしもたわ!残念!。今日、思いがけずも東京都内にかかった虹のように、これからの日本の将来にも虹がかかってくれることを、天皇陛下と共にお祈りしましょう。あ、天皇陛下は「世界」とか「人類」とかも言うてはったな。ありがたいこっちゃ。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

旧宮家男子の皇族復帰を可能に。青山さん、山田さん、頑張れー!「女性宮家」はあかんで。

パンチ小


 明日は即位礼正殿の儀、世界最古の王朝の継承の儀式ですね。ただ、4月30日に行われた「退位の礼」は、実はかなり怪しいもんやった、というのはネットではいっぱい出ていますね。そもそも上皇陛下はただの一度も「退位」とはおっしゃってません、「譲位」ですね。現在のインチキ憲法では天皇は意思を持ったらあかんことになってるようやから、何が何でも「譲位」とは言わずに「退位」と言わせてるわけですね。不敬の極みやな。

 それもこれも「国民主権」などという、あやふやなものを必死に守ろうとしてる、これも戦後のインチキ憲法学者のあざとさばっかりが際立ってきていますね。まあ安倍ちゃんがどこまで認識してはるかはわかりませんが、法匪が跋扈する内閣法制局には、首相といえども逆らうわけにはいかんから、みんな平気で「退位」「退位」と言うてるわけですね。私ら今の日本人は、二千数百年続いてきてた皇室の伝統を曲げてしもた、恥ずかしい世代になってしもたわけです。いつかきっと、生きてるうちに修正せなあかんな。

 前にも書きましたが、上皇陛下は実は憲法に定めのないことをしてくれはったわけですね。せやから実は法匪どもは大慌てやったわけです。いや、何も嫌がらせをしはったわけではないですよ、ずっと前から、体が思うように動かへんようになったらどないすんねんや?とお尋ねになっていたにもかかわらず、お役所仕事の宮内庁はずっと放ったらかしてただけの話ですね。でもそれは、私ら日本人自身の問題でもあるわけですね。

 そんな、大事な儀式の直前に、とても重要な提言が報道されました。参議院議員の青山繁晴さんが代表幹事、同じく山田宏さんが幹事長を務める「日本の尊厳と国益を護る会」が、23日に正式に発表する予定の、皇位継承に関する提言ですね(「旧宮家男子の皇族復帰を可能に 自民有志の提言案」)。

 <例外なく父方に天皇がいる男系の継承を堅持し、旧宮家の男子の皇族復帰を可能とする皇室典範の改正か特例法の制定が柱。23日に正式決定後、安倍晋三首相や自民党幹部に直接手渡す方針だ。>
 <提言案では、女性皇族が結婚後も皇室にとどまる「女性宮家」の創設について、婚姻した民間人男性が皇族となり、男系継承の伝統が途切れる女系天皇の呼び水になりかねないことから、否定的な見解を示す。>

 国会議員がきちんと法律の制定に向けて動く、ということが大事ですね。アホの反日野党みたいに、官僚を呼び出して、かつての部落解放同盟の「糾弾会」みたいに集団で吊るし上げて、大声で恫喝してるような国会議員は、早うおらんようになってほしいですね。あ、話それた。

 ただ、私は、皇室典範は本来は皇室がお決めになることやと思てます。臣民が皇室について、あれこれ決めるなんて、恐れ多いもええとこや、と。ただ、秋篠宮皇嗣殿下におかれても、戦後教育の左翼史観にかなりお染まりになっておられるような気がするので、正しい皇国史観もお教えできるような、しっかりとした側近がホンマは必要なんやと思いますね。宮内庁の中にはもう、スパイやら反日の輩がいっぱいうろついているようですしね。

 そして最近の異常なほどの「愛子さま」「雅子さま」上げ、秋篠宮家貶めの、下品極まりない週刊誌報道。ちょっと前までは、まるで反対やったのに、手の平返しですね。薄汚いマスゴミは、少し前にもありもせえへん「愛子天皇待望論」なんて書いてましたね。皇室のどなたに対しても、不敬千万な記事ですね。日本を壊したくてしゃーない連中は、アホな日本国民は、まだまだ騙せると思てることでしょう。絶対に負けたらあかんな、日本人。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ←ついでにこっちもクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

終戦直前、日本は原爆実験に成功してたんやけど、昭和天皇は開発には反対されてたそうです。

自転車小


 GHQが戦後日本人に、いろんなことを隠してきたことは、今ではもう常識になっていますね。私は焚書というのは秦の始皇帝の時代の話で、そんな野蛮なことが20世紀の、しかもれっきとした文明国である日本で行われていたことは、「覚醒」してから知りました。いやあ、日本人、舐められたもんですね。GHQが「焚書」つまり発行禁止にした本は、西尾幹二さんがライフワークとしてその復刻に取り組んではりますね。

 戦後70年以上も経つのにまだ知られてへん本がいっぱいあることは、つまりはその「焚書」によって、現在でも利益を得ている左翼のインチキ学者がまだまだ日本の中にはいっぱいおるということですね。情けない日本人。まだまだ頑張らなあかんな。そして今日、日本人がもっと知っておくべき話がまだまだあることを知りました。

 伊勢雅臣さんの書いてはるメールマガジン「国際派日本人養成講座」の今日の記事「No.1136 終戦直前、日本は原爆実験に成功していた」です。この話は知ってはいましたが、まとまった形で読んだのはこれが初めてです。知る人ぞ知る、な話なんでしょうが、私は二重の意味でこの話はこれまで、日本人は触れたくなかったんやろなと思います。

 一つは、ただひたすら日本をおとしめ、けなしたいおパヨクからしたら、戦前の日本に核兵器なんかを開発する最先端技術なんかあったはずはない、と思い込んでいるということでしょう。それはデマや、で済まされてきたと思います。そして考えられるもう一つの要因は、サヨクでなくても、戦後の一般の日本人は洗脳されてしまっていますから、日本は戦争で近隣諸国に迷惑をかけたという、刷り込まれた「罪の意識」でしょうか。

 内容は読んでもらえればわかりますが、今日に記事の書き出しです。
 <第二次大戦終了直後に、米国の情報機関に衝撃的な情報がもたらされた。1945(昭和20)年8月12日、すなわち日本が降伏するわずか3日前に、朝鮮北部の興南(半島の付け根の日本海側)で原子爆弾の爆発実験に成功していた、というのである。>

 ひええー、ですね。米政府の機密文書の検証からわかったんやそうです。その内容はロバート・ウィルコックス『成功していた日本の原爆実験』という本に書かれ、それを一般読者向けのダイジェスト版として『世界が隠蔽した日本の核実験』という本になっているそうです。ググったら何と勉誠出版から、『世界が隠蔽した日本の核実験成功 核保有こそ安価で確実な抑止力』矢野義昭 著で10月に出版されてました。

 WGIPで洗脳された日本人にとっては、たとえ戦争当時は日本国内やったとしても、朝鮮半島で地上で核実験をやってたと知られたら、えらいこっちゃ、ですね。逆にアメリカ人にとっては、原爆はアメリカが世界で初めて作ったんや、と言いたいところでしょう。

 上の記事を是非読んでください。そんなアホな、と思てても、傍証もいっぱいあります。
 <実は、米国のある科学史専門家は、1940年当時の日本の核物理学者たちの研究は「米側と並んで走っていた」と評価している。それを裏付ける明白な史実がある。敗戦のわずか4年後に理論物理学者の湯川秀樹・京都帝国大学教授が日本人として最初のノーベル賞を受賞した事だ。湯川教授も原爆開発に参加していた。>

 戦前の日本の原爆開発は、例によってと言いますか、陸軍と海軍が別々に行っていた、と。陸軍はアインシュタインに学んだ仁科芳雄氏をリーダーとして、仁科の文字を取って「二計画」と言い、海軍は「F計画」と言う名で別々に開発を極秘に行っていた、ということです。ちなみに仁科氏は、昭和10(1935)年に日本で最初のサイクロトロン(核粒子加速装置)を開発しています、と。そして昭和40(1965)年にノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎さんも、仁科さんの門下生やったそうです。

 <仁科は真珠湾攻撃の報に接して「この国にとり、米国に対して戦争に突入することほど愚かなことはない」と言っていたが、「すでに戦争に入ったのだから、どうしようもない。・・・いかなる場合においても、我々は祖国のために全力を尽くすべきだ」と語っている。>
 良心的な科学者の苦悩がうかがわれますね。

 そして空襲で日本本土が危険になってしまって「二計画」が頓挫した後は、海軍の「F計画」が朝鮮半島北部の興南で続けられたんやそうです。そして、実験の記録がしっかりと残っていて、その核実験の爆発の記述は、その後アメリカが公開したビキニ環礁での原爆実験の様相とそっくりやったそうです。

 ここまでの話だけやったら、そうか、日本がもうちょっと早く開発できてたら、戦争はどうなってたかわからんのになあ、などと、浅薄な私らは残念な気持ちになりますね。ところがここでびっくりするのが、昭和天皇の関わりです。

 <終戦のほぼ一年前、昭和19(1944)年夏、陸軍の「ニ計画」を統括する杉山元・参謀総長が東條英機総理大臣とともに昭和天皇に拝謁した。>
 ここで天皇陛下に、日本もようやく原爆の研究が進んで、もうすぐ完成しますので、それをハワイに投下したら、戦局は一気に挽回できます、という話をしはったんやそうです。

 二人は陛下がお喜びになると思てたら何と、そんなことをしたら、いずれ原爆の開発競争になって、全人類を滅亡させることになる、それでは人類絶滅の悪の宗家に日本がなるではないか、とおっしゃったんやそうです。二人は恐懼し引き下がったけれど、杉山元帥はこっそり開発を続けていたところ、ある日実験のミスで事故が起きてバレてしまい、陛下から叱責された、と。元帥は終戦後、自決されたんやそうです。

 そしてついに冒頭で書いたように、8月12日に実験には成功したけれど、3日後には終戦の詔書が発せられたと。その中には、戦争を終わらせる決断をした理由の中に「終(つい)ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス 延(ひい)テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ」という文言がありましたと。

 <アメリカだけが原爆を持っているとしたら、これ以上戦うことによって、「我が民族の滅亡をきたす」のは分かるが、それがなぜ「人類の文明をも破滅させる」事になるのか。日本も原爆を持っていた事を知って、はじめてその意味が明らかになる。>

 戦後ずっと昭和天皇はこのことは誰にも明かされることはなかったのでしょうが、人類史にとっても、陛下は正しいご判断をされていた、ということですね。ため息が出ますね。絶対に使うことが許されへん核兵器。私ら日本人は、この邪悪がはびこるこの世界で、いったい、どないしたらええんでしょうか。

 ネットでは、レーザー兵器やらレールガンやら、EMP(電磁パルス)攻撃やら、コワい話がいっぱい溢れています。人類が生き残るためにも、日本人、しっかりせなあかん!

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

何の役にも立たへん労働組合。あれ?日本人の敵、反日野党を支持してるから当たり前か。

走る小


 私は「覚醒」するまでは、国会にはほとんど関心がなかったんですが、これは大いに反省せなあきませんね。私らの生活に直接かかわることが決まっていくのが国会ですからね。まあ日本人はお上に任せといたらええねん、という感覚の人が多いでしょうし、どうせ悪いことする奴はいつの時代にもおるんやから、しゃーないと考えてる人も多いと思います。

 ネット時代になって、モノごっつい情報が取りやすくなり、スピードも速くなったので、今は実はええチャンスなんやないかと思いますね。それでもなかなか、世の中は一気に変わるわけでもないんですが、今日、ええヒントを見つけました。私が毎日読んでるブログ「ぱよぱよ日記」を書いてはるyoshさんのツイートで、わかりやすい記事を紹介してはりました。

 「FIREBIRD まとめノート」というサイトの<【愛知県】が「民主王国」と言われるワケ>という記事です。もうタイトルの通りで、読んでもろたらわかりますが、たしかに愛知県は民主党が強いんですね。それはズバリ、大企業の組合やと。まずは愛知県を本拠地とする大企業を列挙しはります。トヨタ自動車/中部電力/東邦ガス/名古屋鉄道/JR東海/名古屋市交通局。

 トヨタ自動車系列の労働組合は、「全トヨタ労働組合連合会」(全トヨタ労連)で組合員数約34万人、これは全日本自動車産業労働組合総連合会、通称「自動車総連」に所属していて、組合員数約78万人。この支持政党は、国民民主党やと。

 以下、中部電力やら東邦ガスやらJR東海やらを見ていき、それらのほとんどが国民民主党、一部は立憲民主党を支持している、と。あ、JRは結構ややこしいので割愛しますが(笑)、「JR総連」と言えば、「革マル派」とズブズブの関係、ということは有名ですね。そして革マル派と言えば枝野さんですね(笑)。

 そしてそれらの一番上にあるのが日本労働組合総連合会、通称「連合」。日本の労働組合におけるナショナルセンター。組合員数は686万人。支持政党は、立憲民主党・国民民主党・社会民主党・自由党、と。

 話を単純にすると、労働者は労働組合、資本家は経済団体ということで、自民党は経団連から多額の献金を貰うてる、と。ところが不思議なことに安倍ちゃんは、連合と経団連に対して、事あるごとに賃金を上げるように言うて来てますね。あれ?賃金を上げるための闘争をするのが労働組合とちゃうんか?いつの間にか日本の労働組合は、労働者には何の役にも立たへん存在になってしもてるわけですね。

 たぶん、経済の仕組みもようわかってへんでしょう。毎年恒例行事のように、同じことを繰り返すだけ、と。大企業には専従の組合員がおるわけですが、たぶん、仕事がでけへん人たちのたまり場になってるんやないかと思います。中小、零細企業なんか、そんな余裕はありませんからね。

 上のサイトに戻りますが、そこで興味深い指摘がありました。上にあげた労働組合はみんな、「働き方改革」に反対しているんですね。実は私は、この法案の内容は大企業にしかでけへんのとちゃうか、と思てます。もしホンマにこれを中小零細企業にまで厳格に施行したら、かなり厳しくなる会社が続出するんとちゃうかな?と。

 せやけど、このブログではこう書いてはります。
 <安倍政権が成立させた「働き方改革」の真の目的は、政治団体化した労働組合の弱体化である。>
 <労働組合の多くは、もはや本来の役割を果たしておらず「政治団体」と化している。しかも、そのほとんどが反日・反政府である。>
 <そんな労働組合を弱体化させるための制度が「働き方改革」と「水道法改正」。>
 <政府のほうで働き方の是正を行えば、労働組合なんてものは存在意義が薄れるだけw>

 うーん、水道法については説明がありませんので、また勉強せなあきませんが、これまでのように安倍ちゃんはまた、うまいこと時代の流れに乗ってるように見せて、反日の組織をじわじわと追い詰めて行こうとしてるんやろか?

 話は最初に戻りますが、今現在進行中の、臨時国会でのアホまる出しの野党の質問、数々のブーメラン質問を見てると、まずはこいつらから潰していかんと、何にも進めへんなあ、と思います。何事も一気には片付かへん、一つずつ潰していくんや。あーしんど。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ←ついでにこっちもクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく