ナニワの激オコおばちゃん

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

バイデンは負けることを察知し、助けを求めて来た?ホンマかいや。マスゴミはよう報道せんやろな。※追記

指差し小


 世の中、おかしなことだらけや!と怒って始めた(笑)このブログですが、お蔭様でそれなりに読者の方も増えて来て、嬉しい限りです。そしてコメント欄にはいつも、本文よりもはるかにレベルの高い話を教えてくれはる人が来てくれはって、これも有難い話です。一人でできることは小さくても、みんなが集まれば、時にびっくりするようなこともできることも教えてもらえました。

 えらい前置きが長うなったわ(笑)。昨日のコメント欄で「クラーケン」のことを教えてもらいました。さらに、ブログ「無敵の太陽」さんのことをまた教えてもらいました。また、と言うのは、前にも聞いて、読んだことがあったからです。めっちゃレベルが高いですね。何者なんや?この人?と、つい過去記事を読みふけってしまいました(笑)。

 アメリカのことにも通暁されているようで、どうも英語にもお強そうです。そして今回の米大統領選挙のことについても正しく深く、教えてくれてはります。もうちょっと早うから読んどいたらよかったな。いずれにしても、トランプさんは4年前、いやそれ以前からこの選挙不正のことはわかっていて、ずうーっと作戦を練りに練って来てはったんとちゃうか、と思いました。

 この4年間、アメリカでも日本でも、マスゴミが伝えるトランプさんの印象は、とんでもなく歪められて来てると思います。共和党支持、民主党支持にかかわらず、アメリカのエスタブリッシュメント層にとっては、絶対に認めたくない人なんやと思います。

 それでもようやくここに来て、ちゃんと認めようという人たちがたくさん出て来るようになったんやろなあ、と思います。話は戻りますがブログ「無敵の太陽」さんも、ニューヨークで不動産業をやってたら、それこそ生き馬の目を抜くような話はなんぼでもあるわけで、謀略やら暗殺やら、裏切りやら、何でもありの世界はとうに知ってはるはずや、という意味のことを書いてはりました。

 そう言えば昨日、ダイレクト出版から出た本『トランプの真実 トランプ・ファミリーとホワイトハウスの素顔』(ダグ・ウィード 監修・解説 藤井厳喜)が家に届きました。544ページもあるエラいデカい、重い(笑)本です。早う読みたいけど、これ、時間かかりそうやな。

 何べんでも言いますが、日本のマスゴミは、アメリカのマスゴミ(MSM:メインストリームメディア)の引き写ししかしてへんから、必ず間違います。ホンマにハラ立ちますけど、私らが賢うなるしかありませんね。頑張って読も。

 話は米大統領選に戻って、篠原常一郎さんのメルマガで、
今朝、米国側からこんなメッセージが…
「ジョー、動き出したがまだ焦りなさんな。来週に大きなヤマが来るぞ。落ち着いて事態を追うようにするといい」
 ということやそうです。そして、トランプ弁護団の一人、リンウッド弁護士の最近のツイートに、バイデンの過去の数々の不正について、訴訟が次々に起こされるであろうことが示唆されているようです。

 また、同じく昨日のコメント欄で彩希さんが、トランプさんが「セクション230(米通信品位法230条)」をツイッター、フェイスブックには解除することを言い始めてることを知らせてくれはりました。ツイッター、フェイスブックよ、震えて待て、やな(笑)。

 さらに、一昨日のコメント欄でsanaさんが「路徳社」のリンクを貼ってくれはりましたが、それが拡散されているようです。BonaFidrというサイトに出ていました(ジョー・バイデンは負けることを察知しミッチ・マコーネル上院議長に助けを求める?|路徳社からの情報をGNewsが報道)。
路徳社が今晩行った生配信によると、ジョー・バイデンは法的制裁に抗うことが難しいことを察知した。ハンター・バイデンのハード・ドライブ事件を含んだ全ての犯罪に対して、トランプ大統領が彼を恩赦することを条件に、ジョー・バイデンは保護を求めてミッチ・マコーネル上院議長(共和党)に降伏した。
 まあどうしても私らは、そうあって欲しいと思うニュースに飛びつきたくなるもんですね。まあそれはそれで、見て行くことにしましょう。マスゴミはゴミですからね。

 それにしても、これだけ大々的に訴訟を連発してるのに、バイデン側が名誉棄損や、とか、事実無根や、とか言い出した、みたいな反訴の動きが全くあらへんやんか。サヨクは訴訟が得意なはずなのに、そのこと自体がおかしいで。やっぱりどんどん追い詰められて来てる、というのがホンマの話なんとちゃうか。

 あと、ツイッター社がパウエル弁護士のアカウントをブロックしたりとか、もう焦りまくってる感じもしますね。これ、もしホンマに不正選挙に加担してたことが証明されたら、上の「セクション230」の話どころやあらへん、国家反逆罪を適用、みたいは話になりかねへんやんか。ひえーー。

【追記(同日)】
■タイトル:取材→報道 に変えました。
■速報です。

【追記(11/29)】
コメント欄で「通りすがりの激オコ読者」様が、「ミッチ・マコーネル上院議長は共和党だがバリバリのパンダ・ハガーで、バイデンはトランプ陣営への恩赦を頼み込んだのでは無く、チャイナからの支援を頼み込んだのではないか」という考えを紹介してくれてはります。

【文中リンク先URL】
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/
https://bonafidr.com/2020/11/26/%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%87%e3%83%b3%e3%81%af%e8%b2%a0%e3%81%91%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%82%92%e5%af%9f%e7%9f%a5%e3%81%97%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%bb/

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← バイデンはホンマに負けを察知したんかと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

日本のマスゴミさんたち、いつまでとぼけてられるんやろなあww。展開は早いで。トランプ氏勝利。

頷く小


 もう毎日、アメリカ大統領選挙の話になってしまいます。せやけどきっと、後の世になったら今回の選挙は、アメリカの、そして世界の民主主義が守られるかどうかの分水嶺やった、という評価になると思いますね。まあ流れはバイデンやねんから、コロナ禍で大変な中、さっさと結果を受け入れて、次のステップに進もう、なんて言うてる人は、やっぱり甘いと思いますね。ね、上念くん(笑)。

 アメリカと日本のマスゴミは「トランプ米大統領、選挙人団がバイデン氏に投票なら政権手放す」のニュースを嬉々として流しています。「よし、トランプがついに負けを認め始めたぞ」みたいなもんです。認識が幼稚すぎて笑えます。少なくともバイデンが、自分より選挙人を多く取ることはない、とトランプさんは見ていると思いますね。

 まあそれより、昨日のハイライトは、ついにシドニー・パウエルさんが訴訟を始めたことですね。あまりに展開が早いので、ついて行くのも大変です(笑)。例によってマスゴミはロクに報道しませんが、パウエルさんは「We the People Convention」という団体を立ち上げて、そのサイトの中に今回の訴状のPDFをアップしはりました。

 ところが何と、ツイッターにもこのリンクを貼ったところ、ツイッターはダウンロードでけへんようにしたそうです。公に出した文書を何で隠すんや?ツイッター!。隠したら拡散するんやで。はい、このページからダウンロードしましょう(笑)。リンクも貼りましょう。
 ■ジョージア州:104ページ:READ the Actual Georgia Filing HERE
 ■ミシガン州:75ページ:READ the Actual Michigan Filing HERE

 世界を揺るがせた11/19の記者会見で、シドニー・パウエルさんは「クラーケンを放つ」と言うてはりましたが、これから次から次へと放たれるようです。ついて行くのが大変!このサイト「Total News World」がとりあえず網羅的ですね。タイトルだけをコピペしても次のようになります。
【速報!】ペンシルバニア州議会公聴会状況/バイデン側が投票機にUSBを接続し50,000票を不正にアップロードしたと元海軍司令が証言!
【速報!】第2報 電子透かしにも言及!「シドニーパウエル弁護士、ついにクラーケンを放つ!」の詳報
【速報!】第3報 中共、イランにも言及。軍事筋からの情報も「シドニーパウエル弁護士、ついにクラーケンを放つ!」の詳報
【速報!】第4報 中国が改竄した証拠!/7万枚の白紙の用紙がバイデンへ/3万枚は有権者以外へ/水道管破裂は隣のビルの水漏れ
【速報!】第5報 ミシガン州でもクラーケン放つ/ミシガン裁判所は独立機関の再集計を勧告!/中国とイランが大統領選挙を操作した軍事情報源を入手!!/修正第14条の衝撃!
 どひゃーー!ですね。これが昨日から今日にかけての話です。こういう戦いになることを、ずっと前から想定していて、完璧に準備して待っていたみたいですね。

 それでもこれを認めたくない人たちは「トランプは、裁判では片っ端から負けている」と言うてますが、それさえも織り込み済みのようです。日本で言うたら控訴、上告に当たるものがアメリカにもあって、州の裁判はどうも日本で言うたら地裁、高裁みたいなもんで、最終的には最高裁に上がる、と。この最高裁を、何と選挙の直前に、共和党側が押さえてるんやそうです。

 昨日(11/26)のコメント欄で、HARUOさんが「中韓を知りすぎた男」さんのブログから転記してくれてはりました。
保守派のブレッド・カバノー判事は第6区担当でミシガン州は彼の担当です。
最近指名された保守派のバレット女性判事は第7区担当でウイスコンシン州は彼女の受け持ちです。
保守派のアリート判事は第3区受け持ちでペンシルベニアを担当します。
保守派のトーマス判事は第11区担当でジョージア州は彼の担当です。
 ふっふっふ。思わず笑みがこぼれてきますがな(笑)。これを全部取ったら楽勝やんか。それでトランプさんは余裕綽綽、というわけやな。実はアメリカの最高裁の判事は全部で9人で、つい最近、保守派が6人、リベラル派が3人となったばかりですね。トランプさんが大統領になってからの、この最高裁判事の任命の話も、今から思えば重要な戦いやったということですね。

 さあ、日本のマスゴミの皆さん、どないするんや?いつまでも知らん顔でけへんで。しかも展開は早いんや。それにしても日本では、二階くんが王毅くんと晩メシを食うたとか?国会では自民党の山田宏さんの質問(山田宏 自民党参議院議員 @yamazogaikuzo)に茂木外務大臣が答弁しましたが、それ、記者会見の時に、即座に王毅くんに反論して言わんかい、とネットでは笑われています。

 世界の流れがぜんぜんわかってへん国家の中枢、ホンマに危なっかしいなあ、と思います。アメリカの場合は、大統領が変わったらスタッフも一斉に変わるわけで、せやからこそ一瞬でもええから、バイデン政権のスタッフになったら次のステップアップに活かせる、というわけですね。そのための熾烈な猟官運動が、もう始まっている、と。

 たぶん茂木くんや昨日批判した宮家くんたちが現場で活躍してた頃は、民主党政権やったり、共和党でもエスタブリッシュメント層と仕事をしてたわけで、やっぱりトランプさんが嫌いになるんですね。あ、茂木くんを操る外務省もね。

 まだまだ日本にも内なる敵がいっぱいおるので、アタマが痛いですが、トランプさんと、それを支持するアメリカの愛国者たち、これは毎日のように我那覇真子さんが現地から知らせてくれてはりますが(我那覇真子チャンネル)、それに負けんように、私ら日本人も頑張らなあかんな。

【文中リンク先URL】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-26/QKFDSVDWLU6M01
https://wethepeopleconvention.org/
https://wethepeopleconvention.org/articles/Powell-Files-in-GA-MI
https://defendingtherepublic.org/wp-content/uploads/2020/11/COMPLAINT-CJ-PEARSON-V.-KEMP-11.25.2020.pdf
https://defendingtherepublic.org/wp-content/uploads/2020/11/Michigan-Complaint.pdf
http://totalnewsjp.com/
http://kkmyo.blog70.fc2.com/
https://twitter.com/yamazogaikuzo/status/1332183192900517888
https://www.youtube.com/channel/UCCYNZu_NQIm2-PzMyHg55OQ

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 日本のマスゴミはいつまでとぼけてられるんやと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

下駄を履かせてもらったバイデン『WiLL』。バレてても当選?ダークサイドはあんたらやで。

パンチ小


 今さら「新聞は社会の公器」なんて言う人はもうおらへんやろうし(笑)、ウソを書いてバレてしもて、訂正はしても謝りもせんと、英語版ではその訂正記事を検索でけへんようにしてるような朝日新聞みたいな新聞はもう、「社会の凶器」やな。あ、話がそれたわ。そんな、もはや社会の公器ですらない新聞やから、どうでもええとは言え、今日(11/26)の産経新聞のコラムには開いた口が塞がりませんでした。

 「宮家邦彦のWorld Watch バイデン新政権と日本の負担増」です。この宮家氏のことはしょっちゅうここで批判してますので今さらですが、この、もしかしたら社会の公器かもしれん(笑)日本の全国紙に、こんな稚拙な文章を書いてもええんやなあ、とビックリです。
トランプ政権の最後の悪足掻(わるあが)きには閉口するが
日本にも盲目的トランプ礼賛者が出現する始末
 あのう、トランプさんはちゃんと法律に基づいて、前代未聞の大規模選挙不正を暴いてはる最中なんですが。悪足掻き、ですか。いやいや、これはトランプさんの正当な権利の行使ですよ。そしてトランプ礼賛者は盲目、というわけですか。ここまで下品でヤバい物言いは、ネットでも非難ごうごうになりますよ。キヤノンさん、こんな人を飼うてて大丈夫ですか?(笑)。
トランプ氏を勝利に導いた「白人民族主義、大衆迎合主義、排外主義、差別主義」、筆者がダークサイドと呼ぶあの醜い政治運動は生き残ったとみる。
 その評価、全部はずれてますね。え?ダークサイドって、あんたらが大好きなディープステートの側のこととちゃうかったんか?もうお笑いやな。もう何の価値もない駄文でした。この後、バイデンが大統領になっても、アメリカはこれからは大変や、と書いてはりますが、そんなことあんたに言われんでも、私でもわかるわいな(笑)。

 さてそんな無意味な記事はほっといて、アメリカのことはこの人に聞け、な渡辺惣樹さんが、『月刊WiLL』1月号に寄稿してはりました。この1月号の特集のタイトルは「トランプ降ろしの狂乱 下駄を履かせてもらったバイデン」。その中の記事です。渡辺惣樹さんの記事タイトルは「一夜にして『魔法のように消えた』トランプ票」です。

 月刊誌は、原稿の入稿時から発売までタイムラグが3週間以上ありますが、今ではめっちゃ有名になった、ウィスコンシン州とミシガン州で、夜中に突然バイデン票だけが異常に増えたグラフも載せてはります。こちらにはネットで拾うた画像を貼っておきます。

EmAZ_R-WkAIh5aj.jpg

 もともと郵便投票は不正投票の温床やということで認めてへん州が多かったのに、民主党は武漢コロナを最大限に利用して、なし崩し的に郵便投票を多く導入し、しかも組織的にこれを不正に利用したわけですね。これは一例で、もう考えられるあらゆる選挙不正をしまくったわけですね。

 そして今、それでもトランプさんの票が圧倒的に多かったもんやから、もうなりふり構わず、場所によっては共和党側の監視員を排除してでも無理やりインチキな開票作業をあちこちでやった、と、、、。そして渡辺惣樹さんは、「トランプは何と戦っているのか」の章でこう書いてはります。
 何としても再選を阻みたい民主党、彼らと利益を共有する官僚、それに追随するメディア、SNS。それに対し、エスタブリッシュメントの堕落に目を覚ました国民ーー今回の大統領選は、こういった大きな流れの中でとらえなければなりません。
 そして、私も前に「自称、次期米大統領にお祝いを言うた、アホでマヌケな日本の総理大臣。あんたのことやで菅さん。」で過激に書きましたが、日本政府がなんでさっさとバイデンを歓迎するんや?という疑問が一つ、次の渡辺さんの記事で解けました。
 日本もとくに外務省は、バイデン政権の誕生を望んでいるフシがあります。
 外務省がトランプ大統領を嫌う理由の一つが、パリ協定からの離脱です。これは外務省が主導して策定した京都議定書(1997年)の否定になる。
 なるほどー。そういえば最初に書いた宮家くんは、外務省出身ですね。そして官邸も、今井尚哉くんがおった時は外交さえも経産省主導やったけど、今井くんが外れてからは、また外務省が大きな顔をし始めた、という話もありますね。昨日の王毅外相への、茂木くんの弱腰ぶりもそういうことやな。

 話を戻して、今回の大統領選はいずれにしても大混乱になってることは間違いないけれど、かえって良かったかも、と渡辺惣樹さんは言うてはります。今後どうしたって選挙不正はやりにくくなるわけやし、間違いなく民主党は極左と中道派に分裂して行くので、「二大政党制の崩壊も現実味を帯びてくるでしょう」と。そして、
 ところが日本には、こうしたダイナミックな構造変化に気づいていない人が散見されます。彼らはバイデン優勢と言い続けたり、バイデン政権に向けた議論を選挙結果が確定する前に始めてしまっている。本人たちは気づいていないでしょうが、エスタブリッシュメントの代弁者になっているだけです。
 あはは、ねえ、宮家くん?と笑うときましょか。
 そう言えば一昨日(11/24)、「マスゴミが一斉に同じことを言い始めたら要注意や。言わせてるに決まってるやんか。バレてるで。」の中で、渡辺惣樹さんが産経新聞の「正論」に寄稿してはった話を書きました(米大統領選に隠れた民主党の裏側)。また、古森義久さんが産経新聞に「あめりかノート 米国揺るがす不吉な兆候」を寄稿してはることも書きました。

 そのどちらも、今のアメリカの話なのに、なんで「選挙不正」の話が出されへんねんや?と思いましたが、何とこの同じ『月刊WiLL』1月号に、その古森義久さんが同じ特集内で「民主党の不正投票癖」という対談を横江公美さんとしてはりました。うーん、やっぱり新聞では書かれへんねんやあ。

 さらに面白いことに、この『月刊WiLL』1月号の同じ特集の中で、馬渕睦夫さんと岡部伸さんの対談がありました。タイトルは「ネット騒然!『不正投票の組織を準備した』とバイデンが!?」です。この岡部さんは産経新聞の論説委員です。そこで馬渕睦夫さんは岡部さんに怒ってはります。
馬渕 産経新聞ワシントン支局長の黒瀬悦成氏は「トランプ氏 勝利宣言は『暴挙』」と断じました(11月5日付)。それを読んだとき、目を疑いましたよ。産経がここまで書くかと。岡部さんの前で言う話ではありませんが(笑)。バイデン氏の方が先に勝利宣言をした事実について、まったく無視しています。
 あはは、これって、私の「不正選挙という内戦。アメリカの民主主義を壊す米民主党。バイデン候補は逮捕せなあかんで。」の中で書いたんと同じことを言うてはりますね。岡部さんはこの後、言い訳をしてはりました。

 あ、細かい話ですが、米大統領選のこれまでの慣例では、まず先に敗退宣言をしてから勝利宣言があるんやそうです。せやから、バイデンは二重の意味で、先に慣例を破ってることになるわけですね。

 他にこの特集では、「外国が加担したテロ(不正選挙)の疑い」として、いつも私が見てるダイレクト出版の「ワールド・フォーキャスト」の藤井厳喜さんと、ケント・ギルバートさんの対談もありました。そもそもこの選挙不正は、もはや外国勢力によるテロなんや、というわけですね。

 まだまだ米大統領選、目が離せません。

【文中リンク先URL】
https://special.sankei.com/a/international/article/20201126/0002.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1231.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1244.html
https://special.sankei.com/f/seiron/article/20201123/0001.html
https://special.sankei.com/a/column/article/20201122/0001.html
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1222.html

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← バイデンは下駄を履かせて貰うても当選できるんかと思う人はクリック!ww

王毅外相に言われっ放しに見えてしもたな。ハラ立つけど、せやからこそ、さっさと憲法改正や。

自転車小


 昨日(11/24)の夜から今朝にかけて、頭に血が上って大変でした(笑)。きっかけはこのツイートでした(Mi2 @mi2_yes)。
【主権を主張】日中外相共同記者会見。王毅外交部長「魚釣島の状況を注視している。事実として日本漁船が魚釣島の水域に入った。これに対してやむを得ず必要な対応を取らなければならない。我々の立場は明確だ。我々は自国の主権を守って行く」
非常に情けない、言われっぱなしかよ。
 動画も付けてあるので決定的です。茂木外務大臣はへらへら笑っているようにも見えます。Mi2さんはフォロワー4万人ですからもう、ネットは大騒ぎでした。私もコーフンして、茂木さんを呼び捨てにして、いっぱいリツイート、リプライしまくりました。

 これは何の話かと言うと、Chinaからの強い申し入れがあって、王毅外務大臣が突然、茂木外相を訪ねて来ることになって、昨日、会談をして、その後の記者会見の場面、ということです。テレビカメラの前で王毅氏は堂々と、「尖閣の主権は自国にある」と言うたわけですね。

 普通、こういう会見後の発表内容というのは、事務方で事前にきちんとすり合わせをしているはずなので(そんなことはこの私でも、何となく知っています)、それにもかかわらず、堂々と言うたということは、日本政府は尖閣の「主権」をChinaに認めたんか?!と「怒り心頭」状態になったわけです。

 日本政府、もしくは少なくとも茂木外務大臣は後世、こういうことをChinaに言わせることで、Chinaに日本の領土を差し出したアホ大臣と呼ばれるで、みたいなことを私はツイッターに書き殴りました。そらそうでしょう。尖閣の主権は日本にあるんやと、なんで即座に言い返さへんのや!と思いました。

 そして朝になって、いろいろ状況がわかって来ました。どうも「主権」の話は、王毅氏が勝手にしゃべった、ということのようです。たしかに目を手元に落とさずに、つまりメモを読まずに、いつも自分が言うてることをまくし立てた、ということやったらしいです。

 まあしかし、それやったらそれで、私は今日(11/25)の菅首相との会談はキャンセルしたれ、と思いました。すり合わせしてへんことを勝手に言いやがって、と。ただツイッターでは、それやったら子供のケンカになる、という人もいました。さあ、どうでしょうか、どうにもハラの虫がおさまりません。

 そしたら青山繁晴さんが、朝の国会前の短い時間を使ってこの件で短い記事をアップしてはりました(王毅外相の失敗、海外同胞への支援の予算化)。一言で言うと、
王毅外相の来日は、何より中国側にとって深刻な失敗です。
ということみたいです。そして、尖閣は「中国のモノという呆れた暴論」を言うたことに対しては、
 このような侵略的暴論を日本国内で公然とやられては、自由民主党内の親中派、菅政権内の親中派も、おおっぴらに中国共産党を応援することが難しくなります。
 中国共産党の中枢に何も逆らえない、ただのイエスマンである王毅さんの、いわば負の本領が遺憾なく発揮されてしまいましたね。
 と書いてはります(短いのでリンク先をぜひ読んでください)。さらに、
 一方で、茂木外相をはじめ日本政府側の対応も、とてもとてもこれで良いとはいきません。
 何より、「王毅外相にちゃんと反撃していないじゃないか」という深い政府不信を主権者の多くに招いています。
  まさに私らが怒ってるのはそこですね。せやけど、
外交も内政も、民主主義国家である日本の政(まつりごと)は、主権者の共感と支持と理解に支えられねばなりません。
 そこを失敗しています。
 こういうことをきっかけに、やっぱり憲法9条はあかんでという認識を、日本国民に広く共有されるように努力したい、と結んではります。なるほど。これを読んで、だいぶ落ち着きました(笑)。こんなことで、茂木外相は辞任せよ!とか菅政権の責任が!などと言うてもしゃーないんですね。

 そして外務省のHP(日中外相会談及びワーキング・ディナー)には
尖閣諸島周辺海域等の東シナ海における最近の情勢を踏まえ、個別の事象にも言及しつつ、我が国の懸念を伝達し、海洋・安全保障分野について、中国側の前向きな行動を強く求めた
と書いてあるし、邦人拘束事案、香港情勢の懸念、さらに新疆ウイグル自治区の話、北朝鮮情勢、朝鮮半島の非核化、拉致問題の理解と支持、南シナ海、にまで言及してる、とのことです。ちゃんと全部言うてるやんか。ま、王毅くんは今日(11/25)は菅さんと会うてるそうやから、菅さんは何か言うんかな?

 話は戻りますが、もしこの王毅くんに対してもっとギャーギャー言うて、国として「怒ったぞー!」と言うたとしても、そこでChinaが尖閣でホンマに武器を使うて来たとしたら、間違いなく「犠牲」が出るわけですね。そこのところを、実際に行政権を持ってる政府は、いつも頭に入れとかなあかん、ということのようです。あーめんどくさ。

 まだまだChinaに舐められてるようでハラ立ちますが、せやからこそ、さっさと憲法改正して自衛隊を普通の軍隊にし、防衛予算も倍増して、絶対に戦争を仕掛けられへんような「強い国」にならなあかん、ということですね。

 その第一歩である、国民投票法の審議すら拒否しようとする反日野党、ホンマに早う消えてくれ!と思いますね。

【文中リンク先URL】
https://twitter.com/mi2_yes/status/1331195068942729221
https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=2348
https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/c_m1/cn/page6_000480.html

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← Chinaに舐められんように、はよ憲法改正やと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

マスゴミが一斉に同じことを言い始めたら要注意や。言わせてるに決まってるやんか。バレてるで。

走る小


 昨日は産経新聞のワシントン支局長を批判しました。私は読売新聞は読んでへんので、よう知りませんが、読売も推して知るべしといったところでしょうか。よう聞く話としては、戦後の読売新聞はCIAに作られたようなもんやから、アメリカの意向が働いてる、ということやそうです。と言うても今、アメリカは内戦状態やからアメリカの中のどちら側なんか、しっかり見極めなあきませんね。

 そして今回の米大統領選挙で、アメリカのマスゴミもとんでもないことがようわかって来ましたが、それを裏付ける話が取り上げられていました。毎日のようにYouTubeを更新してはる「闇のクマさん世界のネットニュースch」で一昨日(11/22)「【全米のテレビ局に大異変!全局が全く同じ反トランプ原稿を読んでいるぞ!】指示をしたのはなんとC〇A!公聴会から逃げ、米国とカナダで事務所を閉鎖するドミニオン!米大統領選挙不正組織の全貌が見えてきたぞ!」をアップしてはりました。

 これは元ネタがあって、BonaFidrという、「オールドメディアが伝えない海外のニュース」と謳うサイトに書かれていた話です。記事のタイトルは「全米の各テレビ局のニュース司会者たちが、会社の枠を超えて全く同じ台本を読んでいることが明らかに」です。

 アメリカのマスゴミ(テレビ)であるABC、CBS、NBC、FOXがいっせいに「バイアスのかかった誤ったニュースを共有することが、ソーシャルメディアであまりに横行するようになっています」と言い始めた、と。

 まあこんなもん、録画して見比べたら一発でわかりますよね。そしてこのサイトBonaFidrは、この台本は「C」で始まるアルファベット3文字の政府機関が作った、と書いています。そらCIAのことやんか、というわけですね。

 そしてここで言うところの「バイアスのかかったソーシャルメディア」とは、ツイッターやフェイスブックのこととちゃいますよ。最近、トランプさんがツイッターやフェイスブックの妨害に業を煮やして米国民に薦めて?登録者が急増しているという「検閲のないSNS」である「パーラー」や「ギャブ」のことなんやそうです。

 そして実際、この報道のすぐ後?にこのサイトBonaFidrのツイッターアカウントが閉鎖されました。BonaFidrサイトでは、いずれフェイスブックのアカウントも閉鎖されるやろうと見て、「パーラー」や「ギャブ」の自社アカウントのフォローを呼びかけていました。

 前にも書きましたが、ネットのSNSでさえ、裏の支配者の影響を受けている、という話ですね。そんな奴らがバイデンの選挙不正の話を「陰謀論」と言い募るのは噴飯ものですね。ね、産経新聞の黒瀬支局長。あ、昨日のネット記事では「陰謀論」にカギかっこは付けてへんかったけど、今日の朝刊には「」を付けてたな。浅ましいな。

 どうも今回の米大統領選挙での、史上最大の選挙不正を助けていたのは、CIAなんとちゃうか、と思い始めています。一昨日も書きましたが、ドミニオン社のサーバーの話は、実は米軍がドイツのCIAの出先?で差し押さえた、みたいな話もあります。

 そして日本のマスゴミも一斉に、同じ論調で必死に「バイデン当選」の既成事実化をはかっていますね。そしてトランプさんを支援する弁護士たちの記者会見さえも報道せんと、逆に他で拡散しようとしたら片っ端から妨害する、と。妨害するのは都合が悪いからやろ?という、至極単純な話ですね。それ、バレてるやん、な話です。

 ドミニオン社はカナダにあった社員約100人が逃亡したり、議会での証言もドタキャンして逃げた、という話も出ては消されています。そんなもん、隠したってバレてるやんか。もう焦りまくっている様子がようわかりますね。せやけど実は、これを面白がってる場合やないかも知れません。

 深田萌絵さんの個人的な情報によると「【噂の真相シリーズ0】米大統領選 解放軍無線通信専門軍人1000人が米国へ!?」、Chinaの人民解放軍の軍人が、アメリカに入る?ということなんやそうです。ガセネタかも知れんけど、もう何が起こってもおかしくないと考えんとあきませんね。

 アメリカは大変やなあ、と思う前に、私ら日本人も今、目の前で起こってることをしっかり見て行きましょう。

 昨日は産経新聞を批判しましたが、その昨日(11/23)には「正論」に、渡辺惣樹さんの「米大統領選に隠れた民主党の裏側」が載っていました。BLMを育てたのは実はオバマ氏で、その設立の動機となった黒人少年射殺事件は、実はマスゴミによって思いっきり真相が歪められているそうです。

 そしてもし、トランプ2期政権が実現したら間違いなくオバマ氏は「オバマゲート」でしょっ引かれるやろう、というわけですね。オバマゲートとは、オバマ氏が大統領をトランプさんに譲る直前に仕掛けた、トランプさん追い落としの謀略ですね。

 そして一昨日(11/22)には古森義久さんの「あめりかノート 米国揺るがす不吉な兆候」が掲載されていました。
 大混乱や大接戦を続けた米国大統領選挙では一つの重大な情報が強烈な波紋を広げながら、すぐに姿を消し、また大きな影を広げる、という奇妙な展開があった。
 この激戦の勝者と目される民主党候補ジョセフ・バイデン前副大統領の次男、ハンター氏にからむ不正疑惑である。同氏が副大統領の父親の影響力を利用して中国やウクライナの問題の企業や人物と手を組み、巨額の報酬を不当に得ていたとされる疑惑が共和党側から提起されたのだ。
 え?今さらこの話か?とも思いますが、たしかにハンター・バイデン疑惑の話は、出ては「消される」展開になっています。何か強烈な力が働いているんでしょうか。渡辺惣樹さんにしても古森義久さんにしても、今のところ、ここまでしか書くことを許されへんのでしょうか。まだマシと言えばマシですが。

 そして日本では昨日あたりから一斉に、桜を見る会の件で、安倍ちゃんの秘書を事情聴取した、というニュースが出ました。こんなもん、東京地検特捜部がネタを撒いたに決まってる、と。その東京地検特捜部というのは、もともとは戦後、GHQが旧日本軍の「隠匿退蔵物資」摘発のために作った組織で、その監督はCIAに引き継がれているんや、と。

 世界を勝手に操る奴らとCIA、コワい話やなあ。ホンマに毎日、目が離せません。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=aeEMUPbuW_A
https://bonafidr.com/
https://bonafidr.com/2020/11/21/%e5%85%a8%e7%b1%b3%e3%81%ae%e5%90%84%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93%e5%b1%80%e3%81%ae%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%8f%b8%e4%bc%9a%e8%80%85%e3%81%9f%e3%81%a1%e3%81%8c%e3%80%81%e4%bc%9a%e7%a4%be/
https://www.youtube.com/watch?v=OfJsU_Chtb0
https://special.sankei.com/f/seiron/article/20201123/0001.html
https://special.sankei.com/a/column/article/20201122/0001.html

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← マスゴミが一斉に同じことを言い出したら要注意と思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく