ナニワの激オコおばちゃん

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

最近、毎日新聞もひどいな。CHINAから指令を受けてるんか?ウソつき反日新聞はいらんで。

指差し小


 今さら日本のマスゴミに期待するものはありませんが、もはや犯罪的なウソ記事を書く新聞は、さっさと廃刊してもらわなあきませんね、毎日新聞。あ、朝日新聞は日本人の敵ですから重ねて言いませんが。マスゴミ、特に新聞に対して毎日のように辛辣な批判をしてはる門田隆将さんが、昨日(6/3)のBSフジの番組に関する毎日新聞の今日のウソ報道を批判してはります(門田隆将 @KadotaRyusho)。
昨夜のBSフジで茂木外相が習近平国賓来日は「11月のG20首脳会議の後になるとの見通しを示した」との毎日報道に唖然。そんな発言は一切なかった。毎日は中国の"意向"通り既成事実化に走り始めた。むしろ台湾の重要性への茂木発言が重かった。国内の中国代弁メディアに要注意。
 この番組は私も観てました。現職の外務大臣が生放送のテレビ番組に出るわけで、それこそ口を滑らしたらエラいことになってしまいますね。かなり慎重に言葉を選んで発言してはる感じがめっちゃっ伝わってきました。私はこの茂木さんのことを必ずしも全面的に支持してるわけではないですが、それでも責任ある発言をしてはったように思います。

 毎日新聞はこれを伝える見出しに「習近平氏来日『11月のG20サミット後に』」と書いたわけです。ウソです。すぐにウソとバレることを平気で書くその神経は何やねん、ホンマに日本人の新聞か?ちゃうんやろなあ、やっぱり。

 私は6/1には「朝日新聞は日本人の敵。毎日新聞は海外の日本破壊組織のヘタクソな手先。やっぱり敵やんか。」を書きましたがこれは、渋谷でクルド人が警察官に「暴行」されたような話に仕立て上げていたウソ記事が、きっちり仕込んだように素早く仕立てられていたという話でした。そしてそのクルド人の後ろにはANTIFAがおるみたいやと言うのは、ネットではもうバレバレですが、日本のマスゴミは一切無視ですね。

 アメリカでの連日の暴動事件の後ろにはANTIFAがおるというのはもう明らかで、アメリカではついに逮捕者が出るようです(DPS: Antifa Linked to Texas Protest Violence)。アンティファがWEBサイト、ツイッターを使って色んな指令を出していた証拠も揃ってるようです。

 そしてそのさらに後ろには、ちゃんとCHINAがおるということは、どんどんバレてきています。あーあ、アメリカが本気になったらコワいで。

 それにしても日本のマスゴミ、渋谷のクルド人の話も、ネットで即座にインチキくさいことがバラされた後は、だんまりですね。80人以上の逮捕者を出している関西生コンの事件をいっさい報道せえへんのとまったく同じですね。一体いつまでそんなことが続けられると思てるんでしょうかね、マスゴミさん。

 ま、とりあえず最近特にひどい毎日新聞は、もはや犯罪組織、日本人の敵、と言うておきましょう。

【文中リンク先URL】
https://twitter.com/KadotaRyusho/status/1268385092772089856
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1042.html
https://www.reformaustin.org/public-safety/dps-investigates-antifa-links-to-texas-protest-violence/

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 毎日新聞も日本人の敵や!と思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

量子コンピュータ、日本はアメリカと組んで、絶対にCHINAに渡したらあかん。世界が終わる。

量子コンピュータの衝撃



 少し前に、「グーグル、量子コンピューターの「超計算」成功発表」というニュースが流れました。
米グーグルは23日、量子コンピューターを使い、複雑な計算問題を最先端のスーパーコンピューターよりも極めて短い時間で解くことに成功したと発表した。
 ただ、この発表後にすかさずIBMが、その計算問題の設定自体がおかしい、という批判も出て、大騒ぎになったようです。そこで深田萌絵さんの、『量子コンピュータの衝撃 』(宝島社)を読みました。いやいや、私にははっきり言うて、ようわかりません(笑)。どうも、この量子コンピュータというのは、とんでもない高度な計算がすぐにできるらしい、ということはわかります。

 コンピュータはここ数十年でえらい進歩したけれど、この量子コンピュータというのは、これまでの進歩の枠組みとは全く違うところでの話のようです。従来のコンピュータの計算の基本は、「0」か「1」かを最小単位にして、それを膨大に積み重ねて計算していくわけですが、量子コンピュータで使おうとしている量子は、物質を構成する最小単位と考えられている原子よりも小さく、「量子もつれ」と言われる、とても不思議な挙動をすることがわかってるんやそうです。

 これに注目して、0か1かの計算方法とは根本的に異なる計算ができるに違いない、ということで今、世界中で開発競争が進められている、ということなんですね。ここまで読んで私は前に「ノーベル賞の1つや2つでは足らんらしいで。日本人、望月新一さんの宇宙際タイヒミューラー理論。」を書いたことを思い出しました。

 従来の考え方では理解でけへんけれど、たしかにそうなる、という話がここでもあるわけですね。量子の状態が、0でもあり、1でもある、あるいはその間のどこかの状態でもあり得る、ということがたしかにあるみたいです。そのままやったらどうにもならん話ですが、たとえば「絶対零度」に近い環境を作ることで、その挙動を確認しようとしているようです。

 めっちゃ複雑な話のようですが、逆にせやからこそ、従来の枠組みではとても計算でけへんかったような、ケタ違いの量の計算ができてしまう、ということのようです。うーん、これ以上はとても説明できません(笑)。

 ただ、ある時点で全部が量子コンピュータに取って代わられる、という話ではなくて、時間をかけて現在の「古典コンピュータ」も併用しながら移行していくようなイメージのようです。そして今は、扱いにくい量子そのものではなく、量子でもある?「光」をうまく使って量子コンピュータに近い働きをさせることもできるんやとか。うーん、わからん(笑)。

 私が他に興味を持った部分は、深田萌絵さんが「中国」を語る時に、一貫して「青幇(ちんぱん)」に注目して書いてはるところです。
青幇は、戦中に国民党軍、共産党軍、日本軍、米軍など各国の軍隊の間でダブル、トリプルスパイとなって情報を流して資金を稼いできた。・・・(中略)・・・その残党の一部が中国・香港に残り、一部が台湾に渡り、半導体企業として大きくなり、ファーウェイの成長をも支えていたのだ。
習近平が中国共産党内部で自分の立場を固めるために、かつて中国人を裏切った青幇と組んで地盤を固めたことが、習近平とファーウェイの蜜月の始まりだ。
 実は今回の武漢ウイルスについては台湾は世界で最も早く対策を講じることで、世界一防疫に成功しているわけですが、何のことはない、台湾政府はファーウェイもしくは青幇から、早々と情報を取り入れていたというわけですね。せやから実は、日本は台湾にも警戒せなあかんというわけです。

 かなり絶望的な気分になるんですが、深田さんはちゃんと希望も書いてくれてはります。「量子コンピュータで最大のポテンシャルを持っているのは、実は日本だと考えている」として、具体的なメーカーの名前も数多く上げてはります。

 そして先日、「NTT、次世代通信基盤でインテルと共同研究」という報道がありました。これはポスト5G、つまり6Gへの動きで、トランプさんも言及していた話が具体化したもののようです。アメリカの通信企業は5Gでは結果的にCHINAに後れを取ったけれど、これで巻き返すことになるだろうという話ですね。そしてそれは、量子コンピュータにもつながっていく、ということのようです。

 深田さんとしては、もし中国共産党がこの先、技術覇権を握ってしまって、全人類の個人データを収集し、言論の自由のない抑圧社会の構築に成功してしもたら、人類の歴史、文明自体が終わってしまう、という危機感を持ってはるようです。それは正しいですね。今こそ中国共産党を、絶対に孤立化させなあかんのや、と真剣に思いますね。

 いつも書くことが同じになってしまいますが、相変わらず日本のマスゴミには、まったく危機感がありませんね。私ら一般の日本人、まだまだいっぱい勉強せなあかんことがありますね。

【文中リンク先URL】
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO51301050T21C19A0MM8000/
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-972.html
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59088920U0A510C2X30000/

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 量子コンピュータはCHINAに負けたらあかん、と思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

余命ブログ怒涛の更新。トランプさんがANTIFAをテロ組織に認定で、困る人が日本にもおる。(追記あり)

パンチ小


 いつも書いてますが、このブログはコメント欄の方がはるかにレベルが高いです(笑)。昨日の記事タイトルは毎日新聞批判やったんですが(朝日新聞は日本人の敵。毎日新聞は海外の日本破壊組織のヘタクソな手先。やっぱり敵やんか。)、中身はANTIFAのことを書いてました。そしたらその件で出て来るわ、出て来るわ、、、、読者の皆さま、ありがとうございます。

 世界はホンマに邪悪やなあとタメ息が出て来ますが、せめて、少なくとも私らが住むこの日本では、悪よ、滅び去れ!と言いたいと思いますね。私が「覚醒」して間もない頃に出会ってぶったまげたブログが、有名な「余命三年時事日記」でした。息を呑むような話が書いてあって、それが次々に実現していくのを目の当たりにして、ドキドキしたものです。

 今は、書いてはる人も三代目になって、裁判闘争に移ってはりますが、ずっと注目させて貰うてます。保守と思われる人の中で、たまに余命さんを批判する人もいるようですが、少なくとも自らが信じるやり方で戦うてはるのを横から無責任にとやかく言うのは変やと思います。人によって戦い方が違うのは当たり前やんか。

 裁判はめっちゃめんどくさいし、ややこしいし、ブログにアップされる告発状やら添付された証拠やらリストやらを、いちいち読み込むのは大変です。ブログ自体も、初めて見る人にはめっちゃ不親切です(笑)。それでもとんでもない閲覧数があって、以前に出しはった本もめっちゃ売れたみたいやし、あ、私も買いましたよ。そして何と、お金も集まったようです。スパイみたいな変な人が中に入ってしもて、大変やったこともあったみたいです。

 最近は更新の間隔が空くようになっていましたが、ふふふ、今日(6/2)、怒涛の更新をしてはりました(0258 トランプANTIFAテロ認定①)。
安倍さんは策士だよ。外圧を使うのがまあうまい。時間の使い方もうまいね。
テロ三法と国連をだしにして、一番簡単なトランプを利用した。
ANTIFAは国際組織なので、認定されれば傘下の者はテロ三法で規定する国際テロリストなので省庁処理事案つまり聴聞でかたがつく。
 すでに外国人勢力(ほとんどが在日朝鮮人)と共産党、反日連合勢力の連帯は、川崎リベンジデモ7月16日で証拠取りされており、また第1次から第6次までの検察への外患罪告発キャンペーンであぶり出しはすんでいる。
 昨日(6/1)、「トランプ米大統領、反ファシスト「アンティファ」をテロ組織に指定すると発言」という報道がありました。それを受けてのアップですね。日本ではANTIFAにつながるこれだけの個人、組織が「告発」されてますよ、というアピールです。「告発」は国民の誰もが持つ権利で、余命さんの告発は受理されてるわけですね【追記参照】。そしたら自動的に、、、というのが余命さんの作戦です。

 ええー、ホンマかいな、と余命さんを読み始めた頃からずっと楽しみに(笑)待っていたんですが、ついにその時が来るんでしょうか。余命さんの「トランプANTIFAテロ認定」記事は⑤まであり、その⑤では、
 8月10日からパレルモ条約発効、テロ情報の交換が国際基準になり、認定されると、現状でもかなりの団体組織と個人が対象となる。テロ等準備罪とあるように、また組織による犯罪という点はツイッターのデータ追跡によりクリアされる。
 既存の反日や在日組織はかなりが対象となるだろう。その実態の証拠つくりに今回の川崎デモ映像と彼らカウンター勢力のツイッター資料は必須であった。これらは外患罪告発資料とともに、関係国際機関に提供される。
と書いてはります。ひええーー。いよいよか?さらに夜の更新(0263  ANTIFAしばき隊)では
 トランプにあからさまにテロリスト指定されたから、ANTIFA関係は泡を食っているだろう。米国大統領に宣言されたものを撤回させるのは難しい。おそらく司法省あたりと法的にどうのこうのというような抵抗をするんだろうが、無理だね。しばき隊、のりこえネット、立憲民主党、旧民主党、共産党、反日左翼、その他、反安倍勢力はすべて紐付けされるから背筋が寒かろう。
と書いてはります。ふむふむ。私は根がせっかちなもんやから、悪い奴らは「一網打尽」にしてほしいといつも思てます(笑)。まあそんなにうまいこと行くんかどうかはわかりませんが、せめて何の役にも立たへん、いや、害悪でしかない反日野党連中は、早うおらんようになってほしいですね。

 そう言えば私が毎日読んでる青山繁晴さんのブログ、数日前に書いてはりましたが何と、アクセスは三百数十万あるそうです。そう言えば前にアクセス集中でサーバーを入れ替えてはりましたね。余命さんの今のアクセス数は知りませんが、ネット民、ホンマに情報があるところには必ず人が集まるということですね。ここがCHINAでなくて良かったですね。

 それにしても日本のマスゴミは、ANTIFA関連についてはいっっっさい報道しませんね。まあ関西生コンにしても全部つながりますからね。これも時間の問題なんやろか。あ、余命さんは産経新聞だけはとりあえず告発してはらへんようです。産経新聞にも怪しい部分はいっぱいあるんですけどね。それはまた。

【文中リンク先URL】
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1042.html
https://yomeireturns.wixsite.com/blog/post/%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%95%EF%BC%98-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97antifa%E3%83%86%E3%83%AD%E8%AA%8D%E5%AE%9A
https://www.bbc.com/japanese/52873099
https://yomeireturns.wixsite.com/blog/post/%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%96%EF%BC%92-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97antifa%E3%83%86%E3%83%AD%E8%AA%8D%E5%AE%9A
http://shiaoyama.com/
https://yomeireturns.wixsite.com/blog/post/%EF%BC%90%EF%BC%92%EF%BC%96%EF%BC%95-antifa%E8%BE%BB%E5%85%83%E6%B8%85%E7%BE%8E

追記(6/3)
コメント欄で「傍観者」さんからご指摘をいただきましたが、余命さんの告発は受理されていませんでした。お詫びして訂正します。なお、余命ブログではまた更新があり(0265 ANTIFA辻元清美①)、以下のように書かれていました。
 今まで、第1次から6次まで数十万通にも及ぶ全国地検に対する外患罪告発状がすべて日本再生大和会に返戻されたと報告してきた。
告発状は200枚のみなさんが署名捺印された名簿の上に、本稿にもあるようなスタイルで、No.219では60ページにも及ぶ理由と証拠が添付された。
実はこの60ページの理由書と証拠リストは返戻されていないのである。つまり、必要要件は全国の地検に受理されて保管されているということである。
まあ、そろそろ3年だ。有事にはすぐに対応できるくらいには整理されているだろう。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← いらん反日野党は早うなくなれ、と思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

朝日新聞は日本人の敵。毎日新聞は海外の日本破壊組織のヘタクソな手先。やっぱり敵やんか。

自転車小


 アメリカのミネアポリスで、警察官が黒人を拘束して死に至らしめた事件をきっかけに、抗議行動が起こり、それが暴動にまで発展し、ついにミネソタ州の州兵まで動員する騒ぎになっています(黒人男性死亡事件、暴動で州兵増派 各地に夜間外出禁止令)。

 もともとは黒人死亡事件への抗議デモだったものを利用して、暴動を煽っていると思われるのが、実は極左勢力のANTIFAだと見なして、トランプさんはこれをテロ組織に指名しようとしているようです(トランプ氏、暴動扇動の極左勢力「アンティーファ」のテロ組織指定呼びかけ)。すごい展開になって来ていますね。

 そしたら奇妙なことに日本では一昨日(5/30)渋谷で、職務質問されたクルド人が、抵抗して警察官に押さえつけられる事件が起こり、すかさず毎日新聞がそれに対する抗議デモが起こされたことを動画付きで報道しました(毎日新聞 @mainichi)(「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴)。おいおい、タイミングが良すぎるやないかい!気持ち悪い話ですね。

 このクルド人はケガをさせられた!とか言うてますが、アメリカで職務質問を拒んで抵抗したら射殺されるがな。しかもケガというけれど、かすり傷ていどで元気そうです。このクルド人は翌日のデモでは立憲民主党の石川大我参議院議員と仲良く写真に写っています(Tokyo_umare日本国旗 @tokyo_umare)。

 そして渋谷の抗議デモにはANTIFAの旗が堂々とはためいていました(Hit girl @kie_pai)。これって、ジョージ・ソロスともつながってるそうです。怪しいなあ。いわゆるディープ・ステートの側は、オバマにしても、いよいよヤバくなって来てる、と。そこで全世界的に騒乱を起こして、トランプ政権なり安倍政権という、彼らにとって邪魔な勢力を窮地に陥れようということなんでしょうか。

 ホンマにANTIFAがアメリカでテロ組織に指定されたら、けっこう大ごとになるような気がしますね。というか、何一つ強硬な手段を持ってへん日本は、アメリカ経由で締め付けてもらうしかないんとちゃいますか?「C.R.A.C.(クラック)」とか、「レイシストをしばき隊(略称しばき隊)」とか、野間易通氏とか、関係しそうな名前がいっぱい出て来ます。

 活動家はそれなりに?信念?を持ってやってはいるんでしょうが、毎日新聞はどないやねん、と思いますね。そう言えば1年半ほど前に毎日新聞は、「中国」から資金を貰うてると書かれたことがありました(Inside China's audacious global propaganda campaign)。英紙のガーディアンズですね。

 そしてこれをもとに、ネット番組のDHCテレビに出演してる大高未貴さんが、毎日新聞に質問状を送りはりました(大高未貴、毎日新聞に公開質問状を送る)。答えにならへん答えやったみたいですが。日本のマスゴミが外国勢力の支配下にあって、その指示によって動いてるやなんて、あかんやんか。

 ヤラセ感満点の警察官への挑発と動画撮影、そして公開記事アップ、すかさずデモ行進、こんなもん、まんま外国のスパイ活動やんか。ホンマにスパイ防止法のない日本はユルユルですね。もう笑い話にもならへん、めっちゃ危険な話やと思います。まだまだ日本人の敵は周りにいっぱいいおるなあ。

【文中リンク先URL】
https://www.afpbb.com/articles/-/3285770
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200601/mcb2006011015012-n1.htm
https://twitter.com/mainichi/status/1266748067010600961
https://mainichi.jp/articles/20200530/k00/00m/040/179000c
https://twitter.com/tokyo_umare/status/1266989439462420483
https://twitter.com/kie_pai/status/1266807372720123904
https://www.theguardian.com/news/2018/dec/07/china-plan-for-global-media-dominance-propaganda-xi-jinping
https://dhctv.jp/toranomaki/2019-02-14-322961/

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 毎日新聞も日本人の敵や!と思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

武漢ウイルス禍は、習近平派と江沢民派の権力闘争の副産物。人類にとって迷惑なだけの中国共産党。

走る小


 関西では百貨店の食品以外のフロアも再開されました。普通に買い物ができるのはええもんやなあと、つくづく思いますね。実は緊急事態宣言なんて、せんでもよかったんとちゃうか?という人もいますし、私も、どちらかと言えばそう思うてます。「実は弱っちいウイルスやんか」と。せやけど日本人がこれをきっかけに、もっと政治にも関心を持つようになったら、それはそれでよかったんとちゃうかな、とも思います。

 そしてさらにこの武漢ウイルスが、世界中に広がったとんでもない人類全体の災難になってしもたから、いよいよCHINAはもう、人類の敵になったということが、誰の目にも明らかになって、それもまた良かったことやと思います。あ、喜んでる場合やないですね、いよいよ危機が目の前に迫って来てるわけですね。それにしても習近平はやっぱりアホやなあと思いますね。

 いろんな有料情報を見ていると、まだ、武漢ウイルスがどうやって世界にばら撒かれたかは解明されてはいませんが、どうもこれはCHINAの国内の権力闘争の産物であることは確実なようです。もちろん、習近平派と江沢民派の闘争です。

 ネットでは時々、悪いのは江沢民派やから習近平のことは批判するな、みたいなことを言う人がちょっと前まではいましたね。最近、鳴りをひそめてはるようです。たしかに香港は江沢民派の牙城やし、ウイグルでの臓器売買でぼろ儲けしてるのも江沢民派やというわけですね。

 もしそうやったら今回、香港に「国家安全法」を押し付けたら、江沢民派が滅んで、香港は公正な市場になって、マネーロンダリングがなくなるんか?さらに、江沢民派が滅んだら、ウイグルの強制収容所はなくなるんか?そんなアホなことはないですね。単に、悪さをする人が変わるだけの話や。

 ということで、習近平は、もう詰んでしもてるわけです。せやからこそ、この後はいろんなシビアなことが起こってくることを想定せなあかんわけですね。「Taiwan Voice」の林健良さんは、この後、アメリカが取り得る手は3つあると言うてはります。

 一つは、ファイアウォールの破壊。CHINA国内では、このファイアウォールで、ツイッターもグーグルもフェイスブックも見れず、全てのインターネットの情報は検閲されて、都合の悪い話は見れなくされているわけですね。このファイアウォールを破壊して、CHINAの国内で海外情報が自由に流れ出したら、とんでもないことになるのは火を見るより明らかですね。

 二つ目は、中国の銀行に制裁をかけて、ドルの取引がでけへんようにすることですね。人民元はドルペッグやから、取引ができんようになったら、外国との輸出入が止まってしまいますね。三つ目は台湾との国交回復、と。これは国のメンツの問題もありますから、CHINAにとっては絶対に許されへんことですね。

 ただ、平和ボケの日本におる私らでさえ、ここまでわかってる話を、当のCHINAの富裕層、つまり習近平派であろうが、江沢民派であろうが、共産党の幹部連中が知らんはずがないと思いますね。そうすると想定されるのは、何とかして「自分だけが助かりたい」と思う共産党幹部たちが一斉に逃げ出すことですね。

 昨日のトランプさんの記者会見でも明らかなように、すでに世界中に逃避している共産党幹部のお金も、いずれ没収されていくことになるわけですが、それを突然、一気にやれへんというのは、もちろん法的な根拠を作る作業もあるんでしょうが、なるべくハードランディング、つまりドンパチの戦争を避けて、緩やかに倒していく、ということなんでしょう。

 ぼおーっとしてる日本の財界のエラいさんたち、わかってへんねんやろなあ。もしくはマネトラ、ハニトラにかかって、どうにも動きようがないんでしょうか。もう「中国」は終わってるんですよ。早う逃げなさい、と言うときましょう。

 今日の青山繁晴さんのブログでは、「習近平主席の国賓来日について護る会以外では初めて政府に「再検討を含め」と実質的に見直しを求めた決議の実物写真」を上げてくれてはります。産経新聞ではちゃんと報道していましたね。基本的にはCHINAに押さえられている日本の大新聞は、CHINAに都合の悪いことは書きませんからね。

 今、自民党安倍政権の中に青山繁晴さんがいてはって、ホンマに良かったなあと思いますね。もちろん、他にも多くの人が動いてはるわけですが、このネットを使うて、今の腐った日本のマスゴミの情報を補ってくれはるのは、一般の日本人にとってはめっちゃ有難いですね。

【文中リンク先URL】
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=1829

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 中国共産党は人類にとって迷惑、と思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく