ナニワの激オコおばちゃん

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

まだ言う?習近平国賓。安倍ちゃんもう終わりやで。二階、公明党、経団連、親中派が日本を売る。

パンチ小
奉祝 天長節

 ダイレクト出版から出されている藤井厳喜さんの有料情報動画「ワールドフォーキャスト」が更新されました。藤井さんが最初にお断りをされていて、本来、有料のこの動画の一部を、一般にも公開することにしてはるようです。国家の緊急事態やから、ということですね。それさえも商売や、と捉えるのも勝手やし、ただで見れたらそれでええ、と割り切る人もいてるとは思いますが、大事なことは、自分のアタマで考える、ということでしょうか。

※今回の話ではないですが、既に公開されている動画を貼り付けておきます。

 武漢肺炎でもコロナウイルスでもええんですが、今回のウイルスは人為的に作られたもの、という話は根強く出てきています。藤井さんも、「そういう話もある」という言い方をしてはります。ネイチャーという、世界一?権威のある科学雑誌でも、その中で発表された論文で、20年後も正しかったとされるのは何と20%ぐらいなんやそうです。逆に言うと、ネイチャーに出たと言うても、その内5分の4は、ハズレやというわけですね。

 騙されたら騙された方が悪いんや、という文化の国で、科学技術系のノーベル賞受賞者が出て来やへんことは、ある意味当然のことかも知れませんね。あ、話それた。つまり、確定ではないけれど、そういう話もあるということを知って、常に最悪のことを想定して対応せなあかんわけですね。前にも書きましたが、大いにありそうなのが、今回のウイルスは、ウイルスを打った実験用の動物を、勝手に近くの市場で処分した、つまり食用?の肉として売り払って、そこから拡散したんとちゃうか、ということですね。

 アメリカが即座に査察チーム?を武漢に入れろと言うたのに、CHINA側は何度も拒否をして、武漢を封鎖してだいぶ経ってから、やっとアメリカのチームを入れたんやそうです。もう証拠は隠滅されていることでしょう。こうなった以上、感染源を突きとめることは不可能になったと考えてもええんかも知れませんね。

 一方で、検査キットがどんどん整備されてくると、これから感染者が爆発的に増えてしまうことになりそうです。東日本大震災のときに、福島で甲状腺の検査を一斉に大量に始めたら、甲状腺がんの疑いのある人がいっぱい出てきたことと同じような話ですね。

 また、私が入れて貰うてるメーリングリストでの投稿では、子供の小学校にいきなり「中国」人の子供が転校してきたので、学校にウイルス検査をしてくれと要望してもずっと無視されている、とか。こわいなあ。そうです。今日本では、「中国」人は、武漢と湖北省以外はなんぼでも入って来れますからね。

 そしてこれが今後、日本にとって致命的な話になっていく可能性は大いにありますね。今さら「中国」からの入国制限をしても効果が無い、もう入って来てしもてるんやから、という人もいます。私は今からでも、とにかく入国制限をかけるべきやと思います。まあ日本人の命より法律が大事な日本の法務省の法匪たちは、拒否してるようですが。

 効果があるかどうかわからんねんやったら、まずは最悪のことを想定せなあかんやんか、と思うんですけどね。そしてもっと怖いのが、世界から日本に非難が集まってくることですね。すでにアメリカはじわじわと、日本の危険度?を上げてきているようです。オリンピックどころやあらへんで。

 藤井厳喜さんは、オリンピックはほとんど絶望視してはりますね。そしてもちろん、習近平来日にも反対です。習くん一人だけやったらええやん、と言う話ではないんですね。国家元首が動くわけやから、何百人単位で人が押し寄せてくるわけですね。もし国賓にするんやったら、皇居に入る人間を全員、検査できるんか?という話やそうです。ホンマや。

 もうムリやんか、国賓なんか。毎日書いてますが、ギリギリまで検討するフリをして、できるだけいっぱい有利な条件を引き出してから最後に土壇場で断る、みたいな狡猾なことをできる日本人が、官僚の中におるようには、とても思えませんよね。

 そしてさらに、藤井厳喜さんはもっと厳しい見方をしてはります。もう明らかになりましたけど、まだウイルス騒ぎの前ですら、日本の景気はガタ落ちして来てるわけですね。この後はもっともっと下がることは目に見えてますね。あのしょぼい「増税対策」なんか、何の役にも立たへんかったことが明らかです。このままでは安倍内閣崩壊、と。

 この部分だけは、一部野党が言うてる「消費税減税」もしくは「消費税ゼロ」は正しいんですね。ただでさえ今、アホ野党がマスゴミと一緒になって、必死に倒閣運動をしてる訳ですから、かなり絶望的ですね。大どんでん返し、なんてやっぱり夢なんかなあ。国を滅ぼす二階幹事長と公明党、親中派議員連中、そして経団連を筆頭とする財界、みんな自分のアタマで考えろ、と言いたいですね。

 目の前の崖に向かって、全力で走り続けているアホな日本人。誰かが止めなあかん。まだまだ声を上げていきましょう。

【追記(同日)】
・コメント欄でご指摘をいただきました。本日は天長節でした。あ、ウチではちゃんと日の丸を上げましたよ。
・武漢にはアメリカではなく、WHOがもうすぐ入るかも、な話でした。
・消費税をゼロにと言うと、たいてい財源は?と言う人がいますが、まずは景気回復、そしたら結果的に税収が増えて、いずれチャラ以上になる、いや、そうせなあかん、という話ですね。国家の財政を家計に見立てたら間違うと思います。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング

応援してねセット改定
浪速瓦版(なにわかわらばん)20200221
■タイトル
   :習近平、安倍ちゃんと一緒に靖国参拝してくれるんやったら、国賓で考えたってもええで。
■記事:安倍総理、新型コロナウイルスと闘うということは、習近平と闘うということだ!
    新型コロナウィルス-日本人の発想に欠落していること
    新型コロナウィルスに関する情報:見えない菌と情報戦争!
    政権が習近平を国賓待遇としたい理由

ツイッターもよろしく

実は今、韓国とはもう戦争中やねんで。それを決めるのは私ら日本人や。覚悟せなあかんで。

自転車小
 昨日、「チャイナとはもう戦争が始まってるんや」と書きました。何事もまず性善説で考えてしまう私ら日本人は、そんなことを普段の生活で言おうものなら、奇異の目で見られかねませんね。「そんな大げさな。別にミサイルを撃って来たりしてるわけちゃうやん」と。せやけど例えば「青山繁晴の道すがらエッセイ」というブログは、もうこのところずっと、つながりにくい状態になっています。

 昨日(21日)の記事では、「感染症の名称をめぐって」ということで、「何が『COVID-19』や、オレは『武漢熱』と言うたるぞ(意訳)」と書いてはりました。もう10年以上も前から、WHOをCHINAが押さえていて、今はもう意のままにしている経緯も紹介してくれてはります。そんなことを書いてたら、そりゃあこのサイトはCHINAの敵になるわな。

 別に証拠があるわけではありませんが、ちゃんとしたブログを継続的につながりにくくするためには、たとえば「DDos攻撃」と言われるような、膨大な人手と手間をかける手法がある、と。まあそんなことができるのは、あの国ぐらいなもんでしょう。いずれにしても、やっぱりこれは戦争中やんか。

 そしたら昨日(21日)の産経新聞の「正論」で、東京国際大学教授の村井友秀さんが、「日本は中国の友か贖罪の山羊か」を書いてはりました。
「贖罪のヤギ」戦略とは、政府に対する国民の不満が高まったとき、国民の不満が政府に向かうことを避けるために国外に問題(贖罪のヤギ)を作り出して、国民の不満が向かう方向を政府から逸(そ)らせることである。
 毛沢東の時代からの中共を振り返り、その都度、主要な敵がどこかによって、対日政策も変わって来たことを教えてくれてはります。
経済発展に伴って貧富の差が大きくなり共産主義との矛盾が拡大する中で、国民の不満を外国に向ける政策が取られるようになり、国民の敵意の対象として日本が槍玉(やりだま)に挙げられた。14年には、9月3日を「中国人民抗日戦争勝利記念日」に、12月13日を「南京大虐殺殉難者国家記念日」に制定した。
 ところが現在は、アメリカとの経済戦争の真っ最中です。
「歴史問題」教育によって多くの中国人が嫌っている日本は、国民の不満を転嫁する標的として相応(ふさわ)しいが、現在の中国は日本を「贖罪のヤギ」にするよりも、共産党政権の維持に深刻な打撃を与える米中貿易戦争に対応する「統一戦線」戦略を優先している。
米国を敵とする「統一戦線」戦略の当面の戦術は、中国の味方を増やすことである。米国の同盟国の中で最大の経済力を持ち、中国の世論工作に弱い日本は「統一戦線」戦略の第一の標的である。
 考えてみたら当たり前の話やな。調子のええ時は攻撃的になるくせに、ちょっと弱ってきたらヘコヘコする、と。ちゃんと見抜かんかい、二階くん! 最近、CHINAが感謝の言葉を述べたとか言うて喜んでる場合とちゃうで。あいつら、いつでも平気で手の平を返して来るんやで!と言うときましょう。

 そういえば今日、2月22日は島根県が決めた「竹島の日」でしたね。式典に政府高官も出席したと報道されてますけど、これも日本政府の対応は情けない限りですね。韓国は、日本がまだ連合国に占領されてる時に、勝手に竹島に上陸して、ずっと領有権を主張してるだけの話です。

 勝手に日本の領土に居座ってるということは、日本は韓国と戦争中、と解釈することもできる、というのは、もうずいぶん前に、国会の答弁でも明らかにされてるそうです。このことは私はずいぶん前に、余命ブログで知りました。

 つまり今日本が、韓国と戦争中やとみなすかどうかは、日本の意思次第やということですね。もうそろそろ、戦後、ずっとごまかし続けてきたことを、ちゃんと正しい状態に戻していかんと、すべてのことがわけわからんようになっていくように思いますね。私ら日本人、いよいよ覚悟せんとあかんのとちゃうか。

 あ、一応私の考えを書いておきますと、自衛隊を軍にする、核武装を検討する、です。つまりは当面はさっさと憲法改正、ですね。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング

応援してねセット改定
浪速瓦版(なにわかわらばん)20200221
■タイトル
   :習近平、安倍ちゃんと一緒に靖国参拝してくれるんやったら、国賓で考えたってもええで。
■記事:安倍総理、新型コロナウイルスと闘うということは、習近平と闘うということだ!
    新型コロナウィルス-日本人の発想に欠落していること
    新型コロナウィルスに関する情報:見えない菌と情報戦争!
    政権が習近平を国賓待遇としたい理由

ツイッターもよろしく

チャイナとはもう戦争が始まってるんやでと言うと、何を煽ってる、と日本におる工作員が言う。

走る小
 私ら日本人は律儀やから、戦争というのはちゃんと宣戦布告してから始めるもんやと思てる人がまだまだ多いと思いますけど、実際には世界中の戦争なんて、ええ加減なもんですよね。戦争をするには必ず意図があるわけで、それをちゃんと事前に見抜いておくことが、ずっと大事なわけですね。もっと言えば、戦わずして勝つというのが理想なんですけどね、孫氏に言わすれば。

 あ、日本の真珠湾攻撃は、宣戦布告をする前に始めた卑怯な奇襲やったと信じてる人が、いまだに日本人の中にもようけいてるみたいですね。ちょっとちゃいますね。日本政府はアメリカの日本大使館に電報を打ったけど、大使館の外務官僚は前夜に送別会とかをやっていて、たぶんお酒も呑んでいたやろうから、朝、遅めに出勤したところが、大量の電報が未明からどっさり届いてたのに気づいて、大慌てで解読して(暗号もありますから)、翻訳して、タイプ打ちしてたら時間がかかってしもて、結局アメリカ側に文書を手渡せたのは何と、真珠湾攻撃開始後1時間も経っていたという、まことにお粗末なお話なんですね。

 あ、話それたわ。ついでに書いておくと、当時のルーズベルト大統領は、日本の帝国海軍が真珠湾に向かっていることは事前に知ってたんですね。アメリカは絶対に戦争(当時すでに始まっていた第二次世界大戦)に参加しません、と言うて選挙に勝ったもんやから、どうしても戦争に参加する口実が欲しかったわけですね。せやからハルノートという、とんでもない挑発文書を日本に突き付けて、日本から攻撃させるように仕掛けた、と。

 ルーズベルトにとっては、真珠湾にいて犠牲になったアメリカ人数千人の命は、別にどうでも良かったわけですね。いや、むしろアメリカを参戦に導くために、死んでもらわなあかんかったわけですね。いやあ、今も昔もアメリカ民主党は変わらへんな。いや、その後ろにおる、戦争で儲けようとする人でなしのやる事は、今も同じということですね。

 いろんなことがだんだんとわかって来た今、私ら日本人は、戦争に負けたことからホンマに学んできたんやろか、と、真剣に反省せなあきませんね。

 「中国」は実は、日本に宣戦布告してるんですよ、と言えばそんなアホな、とたいていの日本人は言うでしょう。けれど、北野幸伯さんあたりは、もう何年も前からずっと警告してはりますね。「中国」は堂々と「尖閣、沖縄は中国のものや」と言うてます、と。いやそれは、新聞が勝手に書いてるだけや、という人が(まあこれは工作員とみなしてもええんですが)いますが、そういえばつい先日、<米政府、新華社など中国メディア5社を「外国の宣伝機関」と認定>というニュースが出ていましたね。
米政府は新華社通信など中国メディア5社を「外国の宣伝機関」に認定した。習近平国家主席率いる中国共産党が報道機関に対する極めて厳しい国家統制を強めているとのトランプ政権の認識を反映する決定だと国務省当局者は説明している。
 トランプさんは、着々とCHINAを追い込んでいるように思います。これに対してCHINA政府はすかさず、<中国、米紙3人の記者証取り消し「人種差別含む見出し」>と対応したところ、<ポンペオ氏は「正しい反応は反論を示すことで、言論を制限することではない」と指摘した。>んやそうです。ほら、やっぱりもう戦争は始まってるやん、これ。

 いつまでたってもお人好しなままの日本人。世界は今、食うか食われるかの時代に入っていこうとしてるんやで。もう毎日、心配で心配でしゃーないですね。習近平さんの国賓招待、もう絶対あかんと思いますが、何か、とんでもないどんでん返しがあるんやろか。引き続き、声を上げていかなあかんと思います。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング

応援してねセット改定
浪速瓦版(なにわかわらばん)20200220
■タイトル:日本企業、CHINAに対してお人好しではあかんで。足元見て、隙があったら蹴たぐったったらええねん。
■記事:仏当局、ゴーン被告疑惑を本格捜査へ ルノー資金の不正使用巡り/習近平国賓訪日への忖度が招いた日本の「水際失敗」/ハーバード大学の頭脳を狙ってチャイナ・マネーが乱舞/新型肺炎感染拡大の中国に日本企業がしてきたことは?―中国メディア


ツイッターもよろしく

現場を貶して混乱させ、自分はさっさと動画を削除。あんた日本人か?恥を知れ、岩田健太郎教授。

指差し小
 ダイプリて何やねんと思たら、ダイヤモンド・プリンセス号のことでした(笑)。船籍は英国、運営は米国やのに、なんで一部の外国人からエラそうに、日本政府の対応を非難されんとあかんねや?日本政府は良かれと思うて善意でやってるんや。アメリカ大使館は正式なコメントで、日本政府に最大限の感謝の言葉をちゃんと出していますね。一応、アメリカは文明国やと認めたるわ。

 そしたら岩田健太郎という、神戸大学教授の医者が、いきなり船の中に入って船の対応をあれこれ貶した動画をYouTubeに流して大騒ぎになり、結局削除したという事件があったことを知りました。そして何でもええからとにかく日本を貶めたいだけの、低劣な日本のマスゴミは、すぐさまものごっついい勢いで、これを放送して拡散しました。

 これを見て多くの人は、また政府がやらかしたんか、と思たことでしょう。ただ、私は確認していませんが、動画が削除されたと言われた後も、英語版と中国語版はまだ残されてた、という話もありますね。わざわざ外国語版も作って流すって、何やねんそれ。ひどいな。
(※ホンマかどうかは知りませんが、日本語と英語版は同時に削除した、と本人が言うてました。中国語はわかりません。)

 この動画をYouTubeに上げた岩田健太郎という人がどんな人かは知りませんが、たしかに「ネトウヨはゴキブリ」みたいな意味のことをツイートしてたりしたので、そちら方面のアタマの中は、推して知るべし、かも知れませんね。そしてFacebookで高山義浩さんという人が的確な説明をされていて、それを河野防衛大臣とかがTwitterでフォローするなどして、かなりホンマのことが広まってきてはいるようです。

 日本ではまだ、ネットでもうまいこと使うたら、間違いを少しは正せる機能はありそうですね。そして大騒ぎを起こしたこの岩田教授は結局、何がしたかったんや?という話ですね。一気にバズりましたから、もう有名人ですね。ダイプリが突然やってきて、政府の人たちはとにかく最善を尽くそうと現場で奮闘してるところにいきなりやって来て、悪意のある映像を勝手に撮って拡散して批判する、あんた、日本人か?いや、それより、人としてどうやねん?

 それに対して上の高山さんといい、政府関係者はみなさん、まことに抑制された調子で、丁寧に説明しようと努力してはりますね。そんなん、ほとんど初めてのことばっかり、しかも毎日状況が変わる中で、全てが完璧にできるなんてあらへん、それでも現場は懸命に対応してるんやんか。自分には次に何が手伝えるのかを各自で考えて、静かに行動に移す、それがホンマの日本人とちゃいますか。

 私がいろんなことに「覚醒」したきっかけは、東日本大震災でした。被災地の人たちが救援物資を受け取ったあと、「ここはこれでもう大丈夫です、他のところに回ってあげてください」と言うたという話、日本人にはわかりますよね。お人好しで性善説、それでええやんか。それに付け込む邪悪な奴らがいっぱいおるということは、上に立つ人がしっかり認識しといたらええねん。

 お人好しの安倍ちゃん、「中国」さんはたいそうお困りのようやから、習近平さんには何としてでも国賓で来てもらうんですか?ええんですか、そんなことで。世界中に間違うたメッセージを送ることになりますよ。天皇陛下への謁見だけはやめてほしいな。人の善意を利用するだけの奴らはいっぱいおるんや。国民がそれに巻き込まれんようにするのが上に立つ人の役割やんか。よう考えてや。

 まあ実はもう結論は出ていて、できるだけギリギリまで引っ張って、なるべく「中国」様のメンツを壊さんように、しれっと中止にしようと画策してるんかなあ、と勝手に思てます。この状況で、国賓はもう有り得んやろ。もし強行したら、いよいよ「中国」とともに、日本も崩壊やな。覚悟しときや、安倍ちゃん。

 ※これを書いてる最中でもまだ、マスゴミのテレビはこの岩田教授にインタビューしてコメントを求めていますね。よかったね、岩田くん、ますます有名になって、テレビにも出られるやんか。唾棄すべき人間というのは、こういう人のことを言うんやろうな。
 ※さらに、アホなテレビ局が岩田くんのコメントを有難がって取り上げてます。外から無責任なことをグチャグチャ言うなや。やっぱりテレビのニュースを作ってるのは、日本人とちゃうな。残念。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング

応援してねセット改定
【浪速瓦版20200219】
■タイトル:日本企業、CHINAに対してお人好しではあかんで。足元見て、隙があったら蹴たぐったったらええねん。
■記事:仏当局、ゴーン被告疑惑を本格捜査へ ルノー資金の不正使用巡り/習近平国賓訪日への忖度が招いた日本の「水際失敗」/ハーバード大学の頭脳を狙ってチャイナ・マネーが乱舞/新型肺炎感染拡大の中国に日本企業がしてきたことは?―中国メディア

ツイッターもよろしく

朝鮮人の狼藉は戦前からあったんや。「朝鮮人差別は、朝鮮人が自ら作っている」と朝鮮人が言う。

頷く小

人気ブログランキング このブログの名前の激オコは、激しく怒ってるという意味ですが、ホンマに毎日怒ってたら、疲れますよね(笑)。それでもやっぱり国会でのアホな野党の振舞いを見てるとハラが立ちます。今日の「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」では、そんなクズみたいな野党のええ加減さをきちんと書いて説明してくれてはります(論点ずらしで国会を停滞させてるだけ)。朝日新聞、毎日新聞のつまらん記事にもちゃんと目を通してはるようで、めっちゃ頭が下がりますね。

 日本国民のためには害悪でしかないこんな国会議員が何でおるんやと言えば、実は何と日本最大の労働組合である連合(日本労働組合総連合会)が組織として支持してるからですね。アホな労働者がいっぱいおるんやな。というより、日本人は政治に無関心な人が多いんでしょうね、やっぱり。

 青山繁晴さんも事あるごとに、もっと選挙に行こう、と呼びかけてはりますね。あ、上の「パチ倒さん」もよう言うてはりますね。たとえベストでなくてもちょっとでも「マシ」な政党に投票しよう、と。いろんなことがわかってしもたら、アホ野党なんかには絶対投票なんかせえへんのに、と思うんやけどなあ。

 そしたら今日、仕事で時々会う、初老のおっちゃんが「どうもコロナウイルスの話は安倍が仕掛けてるんとちゃうか、という話も出てるみたいですねえ」と話しかけてきました。このおっちゃん、めっちゃええ人で、特に政治に興味があるわけやないんですが、仕事柄、あちら側の人と接することが多い人なんです。話題もないんで話を振ってきはったんですが、もう脱力しますねえ。

 いやいや、政権基盤の弱い安倍さんに、そんな力はありませんよ、と返すのが精一杯でしたわ。朝日、毎日系の新聞と、テレビしか見てへんかったらこうなるんやなあ、という話ですね。しかも律儀な人なんで、おパヨクの人から頼まれたら、きっちりその人に入れる(投票する)と。

 その人はネットはほとんど見てなさそうなんで、ネット情報との乖離はますます大きくなっていくわけですね。そしたら今日の「宮崎正弘の国際情勢解題」の、通巻6372号の「読者の声」欄の5で、(PB生、千葉)さんが、すごいサイトを紹介してくれてはりました(戦前日本在住朝鮮人関係新聞記事検索 1868-1945)。ひえーー。知ってはいたけど、改めてその量に驚きですね。あ、リンク先の中身は、朝鮮人の狼藉は戦前からあった、という話です。

 そしたらその次号(通巻6373号)で早速、それを読んだ田中秀雄さんという人が、自分の著書を紹介しつつ、「読者の声」に投稿してはりました。
 私は民団の団長をしていた曹寧柱さんを知っていました。石原莞爾の側近中の側近でした。彼はこういう無法な、家賃を払わない、出て行けと言われれば立ち退き料を請求する朝鮮人たちをいさめる文章を残しています(拙著『優しい日本人、哀れな韓国人』、WAC出版参照)。
 曹寧柱さんは朝鮮人差別は、朝鮮人が自ら作っているんだとハッキリ言ってました。馬鹿な朝鮮人も多いですが、嫌韓の今だからこそ、立派な人はいるということを肝に銘じたいです。
 うーん、実は優しいんですね、田中さん。そして、その同じ号の書評欄では、加瀬英明『迷走する韓国をどうしたら救えるか』(勉誠出版)を取り上げてはりました。宮崎さんは書いてはります。
ヘイワケンポウを後生大事に墨守している日本も甘ったれの特質である「韓国病」を患っていることにならないのか、と著者は問いかける。日本に甘える韓国、米国に媚びる日本、まるで「自律不能症候群」だと結論するのである。
 もうため息が出て来そうですね。話は最初に戻りますが、こんなインチキな野党連中がエラそうにして国会で子供みたいな振舞いを堂々としてる現状は、もう国家の危機やと思わなあきませんね。国籍がようわからん奴、明らかに北朝鮮につながってる組織からお金を貰うてた奴、なんでこんなんばっかりやねん、まずはこいつらをどうにかせんとあかんのとちゃうか?

 そして私ら日本人は、ホンマの意味でちゃんと自立して、自分の国は自分で守る、という意志をしっかり持たんと、いよいよ危ないで、ということなんやと思います。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング

応援してねセット改定
【浪速瓦版20200219】
■タイトル:有名映画監督の一家でさえ治療も受けられずに死んでいく、生き地獄のCHINA。バッタも控えてまっせ。
■記事:「福島食材、そっちの国よりきれい」…日本復興相、「輸入規制」韓国批判/習近平「1月7日に感染対策指示」は虚偽か/今朝にあらためて考えること 青山繁晴/中国、映画監督一家4人が新型肺炎で死亡 ネット警察は当初「デマ」


ツイッターもよろしく