FC2ブログ
2018/12/16

消費税、あかんやろ💢安倍首相はわかってても国会議員が洗脳されてる絶望。

指差し小
 ネット上では、消費税は10%に、あるいはもっと上げんなあかん、と言うてる人は、少ないように思います。基本的にはデフレの最中に税金を上げたらあかんやろ、というまともな意見の方が、ネットでは多いんとちゃうやろか。せやけど今の日本で、国の政策を決める人たちの多くは、実はネットなんか見ずに、ほとんど新聞しか読んでませんよね。そしてその新聞の論調は、財務省に軽減税率を適用してほしいもんやから、基本的には「増税支持」ですからね。もう絶望的やな。

 先日、三橋貴明さんの有料情報、「日本経済2020年危機」を入手しましたので、紹介させてもらいます。三橋さんはちょうど1年前の昨年12月、安倍首相と藤井聡さん、西田昌司さんと4人で会食しはりました。そして、官邸でその4人と一緒に何と三橋さんが当時出版したばかりの『財務省が日本を滅ぼす』の本を手に持って、写真を撮影して公開してはりま。

 おー、やったー、と当時は私も喜んでたんですが、これは安倍ちゃんの明確なメッセージやったそうです。会食を申し入れたのは内閣官房参与の藤井聡さんですが、安倍首相は申し入れを受けるとともに、藤井さんからの「非公開でも可」という申し入れに対し、ご自分の方から「オープンでやりたい」として、会食が実現したんやそうです。

 そこで安倍首相は、自分には3つの敵がいる、と言わはったそうです。1.反日左翼。2.財務省。3.国際金融資本(グローバリズム)。そうなんです。総理大臣といえども、無敵ではないんです。自分は「中国」や北朝鮮みたいな独裁国家ではなく、民主的な選挙で選ばれている、だから一人では何も戦えない、ということなんやそうです。安倍ちゃん自身の言葉で言うと、「自分は銃剣で政権を取ったわけではない」んやそうです。ひえーー。毛沢東が「政権は銃口から生まれる」と言うたのは有名ですね。

 上の有料情報から少し引用すると、
 <財務省は数百人体制で国会議員に「ご説明」に回り、虚偽の財政破綻論をすり込んでいく。>
 <学者たちも財務官僚の手練手管に屈し、経済学的にナンセンスな財政破綻論を新聞紙面やテレビで主張する。>
 <ならばどうすればいいのか。総理は、自民党の国会議員から「増税反対」「財政出動が必要」といった声が上がってくるのを期待していた。>
 さらに、<総理は、財務省主導の緊縮財政路線について、「できれば自分の代で終わらせたい」と、明言した>んやそうです。
 つまり、安倍ちゃんの後継とみなされる人はみんな緊縮財政派やし、自民党の国会議員ですら財政出動の要請はして来ないか、たまにして来ても、めっちゃしょぼい金額なんやそうです。でも、結局、国民から選ばれた国会議員が声を上げへんかったら、何も動かへんのです。

 うーむ、財務省に洗脳された上に、新聞しか読んでへんかったら、もう財務省の思うがままやな。今のところ、日本の政治というのはそういうホンマに情けない状況なんやそうです。このままではこれから先も日本はデフレのままで、いよいよ「中国」に呑み込まれて国が滅ぶのを待つだけになってしまうやんか!3日前と4日前にも書きましたけど、もしこの20年、さっさとデフレを脱却してたら、GDPは余裕で100兆円以上は増えてたはずやのにな。

 ホンマはもっと豊かになれるはずの日本人。いつまで間違いを続けるつもりなんや?
 最近私は思います。新聞しか読まへんお偉いさんに、何としてでも消費税はあかんのや、ということを伝えなあかんな。


人気ブログランキング

2018/12/15

謎のメール:その2。これ、殺害予告とちゃうんか?公表します。

頷く小
 今日、またナゾのメールが来ました。公表します。

「送信者:スカイハイ555
 件 名:生きてる間に,,,
 本 文:ふーん、あと2年半か。」

 もちろん、メールアドレスもログもありますけど。
 これ、殺害予告とみなしてもええんですかね?「スカイハイ555」さん。何が言いたいんか、はっきりしてくださいな。

 たぶん、この人が読んで問題にしたい記事は「日本国民の敵、犯罪集団、朝日新聞。え?言い過ぎ?早よ潰さなあかんな。」やと思います。最初の1行目に「覚醒」と書いてますし、最後の行に、朝日新聞のことを「私が生きてる間に潰してしまいたいわ、こんな新聞社」とありますので。

 せっかくのブログをこんな気色悪い記事で汚すのも悲しいんやけど、ホンマにこの人、悪質で卑劣ですね。昨日のコメント欄では読者の皆さんからいろいろと言葉をいただいて有難かったんですけど、これは看過できませんね。

 お役所みたいやけど、「しかるべき対応をとらせていただきます」と言うときますわ。


人気ブログランキング

2018/12/14

日本人が「覚醒」したら、都合が悪いんやろか?ナゾのメール(笑)。

パンチ小
 ブログの管理人にしか見えへんメールで今日、
「件名:覚醒前
 本文:よく「覚醒前」って書くね。今はポン中なんだ。」
というのをいただきました。直接お返事するのは気持ち悪いので、ここに書きます。「送信者」にはお名前もあったのですが、それは書きません。えっと、ブログを読んでいただき、ありがとうございます。私の悪いクセで、何でもつい自分にええように解釈しようとするので、この「覚醒」の言葉、何か不都合があるんかな?もしかして相手を不愉快にさせたんかな?と最初は考えました。んーー、わからん。

 あと、「ポン中」もすぐにはわからんかったんで、ググったら「ヒロポン中毒」のことやったんですね。ん?すると何や?年齢はかなり上の人なんかな?どちらにしても、好意を持って私と何らかのやり取りをしたい、と思てはるようには見えへんねんけどなあ。私は鈍感なんで。

 でもこの「覚醒」、私のブログに来てくれはる人で、「私も実は最近覚醒しまして、、、」という人がけっこういてはりますよ。戦後自虐史観、WGIP、左翼思想、日本ダメ論、靖国神社、南京虐殺、従軍慰安婦、原発、エネルギー問題、沖縄基地問題、大東亜戦争、財務省、消費税、国連、日弁連、在日特権、憲法9条、拉致被害者、在日特権、、、、。ほとんど何にも知らんかったのがいろいろわかって来て、それまでの自分がまるで眠ってたみたいやったから、今は「覚醒」したんや、と言いたいんですけど、覚醒剤でも想像しはったんかな?

 まあそれとも周りの日本人がどんどん「覚醒」していくのんがマズいと思てるんかな?あ、そうそう、自分はまるで眠ってたみたいやというのは、けっこう思い切って自分をアホ扱いしてますからね。こんなことも知らんかったんか?!という、残念やし悔しいし、もどかしいし、みたいな気持ちですね。せやからこそ今、こうやって周りの人が少しでも気いついてくれはったらええなあと思て、恥を忍んで(笑)こんな稚拙なブログを書いてるんやんか。

 それをきっかけにして、最近はコメント欄で、私が知らんことをいっぱい教えてくれはる人が来てくれはるから、めっちゃ勉強になりますわ。ちょっといやらしいかも知れんけど、タダでいろいろ教えてもらえるんやで(笑)。えらいお得ですがな。ありがたいことに。

 すいません、今日はちょっとギクッとするメールから、こんなことを書いてしまいました。あ、メールの送信者さん、気い悪うせんとってくださいね。私の理解が足らんだけかも知れませんし。


人気ブログランキング

2018/12/13

消費税、あかんやろ💢10万人の自殺者増、世界唯一の衰退途上国、日本。

藤井聡10%消費税

 昨日、本の画像がなかったので貼り付けました。藤井聡『「10%消費税」が日本経済を破壊する』。
 不景気になると自殺者が増えるのは昔からよく知られたことですが、衝撃の事実があります。平成9(1997)年に消費税が3%から5%に上げられた時から、日本は本格的なデフレに突入し、今に至るわけですが、その年から一気に年間の自殺者がざっと1万人増え、それが10年続いた、つまり10年で10万人が死にはったわけです。消費税が3%で始まったときは、まだバブルの余韻が残ってたから、ちょっと持ちこたえてただけの話やったんですね。

 さらにハラの立つ事実があります。国の総税収入に占める割合を追っていくと、当然、消費税を上げた時から消費税の割合が増えていくんですが、逆に所得税と法人税の割合が減っていってます。そして、見事に増えた分と減った分が重なるんですね。つまり、消費税を上げるかわりに、ずっと法人税と所得税は下げ続けられてきたわけですね。簡単にいうと、貧乏な庶民からカネを巻き上げて、大企業とお金持ちにはおカネを返してきたということですね。そらあ、格差が広がるのは当たり前やんか。

 いやあ、そうは言うても国の財政は逼迫してるんやから、まずは借金を返して財政再建せなあかん、とたいていの真面目な日本人は言います。せやけど「国の借金」はまったくのウソですね。財務省のホームページには堂々と、財政を家計に例える話を出してますが、これで一流大学を出て一流企業に勤めてる賢い人でも、コロッとだまされています。

 そんなに家計に例えたいねんやったらそれでもええけど、そしたら、マンションのローンが何千万もあったらヤバいから家を売ってすぐに返す、なんてアホなことをする人はおらへんでしょう。つまりは借金は逆に資産でもあるというだけの話ですね。そもそも「借金」でもないものも借金に数えて不安を煽ろうというわけですね。

 去年の3月に、ノーベル経済学賞受賞者のスティグリッツさんが日本に来て、経済諮問会議で発言し、「政府・日銀が保有する国債を無効化することで、政府の債務は「瞬時に減少」し、「不安はいくらか和らぐ」と主張」したことは、ほとんど報道されませんでした(ブルームバーグの記事)。つまり、日本には財政には何にも問題はない、ということなんですね。

 さらに衝撃の事実は、この20年間のGDPの成長率が、ダントツの最下位、ということですね。「中国」は+1414%、世界平均は+139%、ドイツは+30%、そこで何と日本は-20%なんやて。当然のことながら、世界経済の中で日本のGDPが占める割合もこの20年で、21.8%から5.9%に下がっています。「ジャパンアズナンバーワン」と言われた「経済大国」が、今や普通の国、しかもものすごい勢いで下がり続けているわけですね。藤井聡さんは、日本は世界唯一の「衰退途上国」と書いてはります。

 なんでこんなことになったんや、と思いますね。私ら日本人はそんなに怠け者やったんか?そんなアホな。国が政治を間違うと、こういうとんでもないことになるわけですね。しかも20年も間違い続ける。そしてそれをまだこれからも続ける、というアホな国。いずれ日本を従属させたいと思てる「中国」の人たちは、もう笑いが止まらんやろね。

 この前のシンポジウムでも藤井さんが言うてはりました。方法はめっちゃ簡単なんです。消費税をやめる、法人税、所得税を上げる、大規模な財政出動をする、それだけで一気に日本は復活し、成長するんや、と。そしたらまた税収が増えて、いろんなところにもおカネが行きわたって、国民みんなが豊かになる、ということです。

 あ、書き忘れた。この3年間で、1世帯当たりの年間消費支出は34万円も減少したんやそうです。あーあ、年間34万円あったら、何ができたやろうと思うと、めっちゃハラ立ちますね。
 日本人、もう間違えたらあかん、消費税は絶対あかん!


人気ブログランキング

2018/12/12

消費税、あかんやろ💢クライテリオン、増税やむなしと言われたら、こう言い返せ。

走る小
 藤井聡さんの『「10%消費税」が日本経済を破壊する』読みました!そして、実は先週末に関西で雑誌『表現者クライテリオン』のシンポジウムがあったので、それにも行ってきました!藤井先生、あっついなあ(笑)。本のタイトルやないですが、ホンマに来年、消費税が10%になってしもたら、いよいよ日本はあかんと思います。

 また『表現者クライテリオン』は「消費増税を凍結せよ」という特集を12月の増刊号として出してはります。これもざっと読みました。もう、何としてでも今回、消費増税は止めなあかん、という強い意志をひしひしと感じますね。消費税がなんであかんのか、ということを、これでもかとばかりに皆さんが書いてはります。

 これはイデオロギーとか、政治的立場とか、思想信条とかはまったく関係なしに、きちんとデータを読み取って、普通に考えたら誰でもやっぱり消費税、あかんやんか、と思うはずやのに、ものごっつい大きな力が働いていて、消費税については考えへんようにさせられてることが、ホンマはそれこそものごっついコワいです。

 もちろん、財務省が日本人の思考回路に付け込んで、うまいことプロパガンダをしてる様子とか、マスゴミを手なずけてるやり方とか、御用学者をいっぱい作り出してることもしっかり書かれてます。それらを読むとフツフツと怒りもわいてきますが、それ以上に、なんで日本人、気いつかへんねんや!と叫びたくなってきます。

 この消費税の問題は、ネットでの議論とマスコミでのそれが大きく乖離してる典型的な問題やと思います。ただ、最近つくづく思うのは、日本の進むべき方向を決めるにあたって、それなりの力を持っているエラい人たちというのは、実は新聞しか読んではらへん、ということですね。ちなみに新聞は軽減税率を適用してほしいもんやから、基本的には財務省の言いなりで、「増税やむなし」としか言いません。産経新聞は田村秀男記者は増税反対ですが、たしか社としての方向は「やむなし」のはずですね。

 『表現者クライテリオン』がサイトで「【Q&A】「増税やむなし」と言われたら、こう言い返せ――10の想定問答」を載せていたので、リンクしときます。何とか来年4月までに、この増税反対、減税と財政出動を、という話を盛り上げて、「国民に信を問う」形で衆参同時選挙になったらええのになあ、と思います。もう一回言います。消費税、あかんやろ💢


人気ブログランキング