ナニワの激オコおばちゃん

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

アメリカは既に米軍の支配下にあって、世界中で逮捕者も続々出ているらしい。ホンマかいや。

頷く小


 私が何年か前に「覚醒」してからは、テレビ、新聞といったいわゆるマスコミが、日本を悪くしている一番の原因やということは、もうイヤと言うほどわかってしまいました。そして最近は、まだマシやと思われていた、保守っぽい産経新聞でさえ全然あかんかった、ということもようわかりましたね。残念です。

 もちろん、個々の編集委員や記者には、まともな人もいっぱいいてはりますけれど、会社としては所詮、マスゴミやなあ、と思います。そうです、今回のアメリカ大統領選挙に関する産経新聞の報道は、めっちゃひどいですね。

 あのう、あんたらが契約してるアメリカのCNNは、もうすぐなくなるんやで。これから先、どこから情報を貰うんや?と心配になります。あ、そうや、今、ワシントンDCにいてはる我那覇真子さんと契約したらええやん、と言うときましょう(笑)。

 そのCNN、アメリカの朝日新聞みたいな偏向メディア(笑)の話ですが、今日の最新情報が、またある人のメルマガから来ました。そのソースは「BEFORE IT'S NEWS」というサイトでしたが、その1/14付の記事「Inauguration Cancelled, Trump Remains in Office, ABC, NBC, CBS, Fox, CNN, MSNBC to Lose Licenses」の一部をDeepL翻訳でコピペします。
ジョー・バイデン氏の就任式は中止され、トランプ大統領は就任したままで、ABC、NBC、CBS、フォックスニュース、CNN、MSNBCの中国共産党プロパガンダメディアは、トランプ大統領によると、すぐに電波から消えるという。
"トランプ大統領は1月14日(木)、「民主党と共和党の議員、中国共産党のエージェント(中国共産党)、FBI、司法省、CIA、その他がアメリカ合衆国とその憲法を解体するために行った反逆行為に対処するために、1807年の反乱法(米国法典第10条第13号251-255)を発動した」と宣言しました。すべての国内の敵が逮捕されるまで、私は無期限に大統領のままである。"
 あらあら、日本のマスゴミのほとんどがCNNと契約してるらしいから、これはえらいこっちゃ、な話やで(笑)。
 トランプ大統領の4年間の任期中、彼と同盟と呼ばれるものは、このキャバルと戦ってきました。このキャバルは、イタリア、バチカン、英国王政、英国M16、中国共産党、CIA、FBI、司法省、アンチファ、ブラック・ライブズ・マター、共和党と民主党の一部の議員からなる13の悪魔崇拝勢力です。彼の人生に対するもう一つの試みは、最後の藁でした。
1月9日(土)以来、アメリカは略式戒厳令下にあり、トランプ大統領が最高司令官、フリン将軍が軍の責任者となっています。トランプ大統領は複数の大統領令に署名しました。その中には、軍人の逮捕や裁判を許可する権限も含まれています。
まもなく、全国の連邦裁判所に提出された政治的、世界的エリートに対する封印された起訴状は、22万2286件を超えていました。
私たちは、これらのメディア組織がすべて中国共産党のエージェントを雇っている証拠を持っています。
これらの組織は国家の安全保障に対する脅威であり、事実上、彼らが報道するものは実際のニュースではありません。
特殊部隊はアンチファとブラック・リヴズ・マターに密かに潜入し、秘密裏に逮捕しています。
 いやあ、もうどんどん逮捕してるんやんか。軍が逮捕する場合は公表されへんし、たぶん行き先はグアンタナモなんとちゃいますか?そらあ、MSM(メインストリームメディア:アメリカのマスゴミ)は報道もでけへんわなあ。
バイデンは、トランプ氏が「国内の敵がすべて逮捕されるまで」大統領の座にとどまることを要求した暴動法のため、いずれにせよ就任することができませんでした。
 どうも1/20にはバイデンさんは、ワシントンDCにはおらへんかも知れませんね。そして
今週、トランプ・インテルのロバート・デビッド・スティール氏とファン・オサヴィン氏は、「これは4月1日まで決着がつかないかもしれない」と説明している。フォックスを含め、米国大統領の放送を拒否する者は、FCCライセンスの損失だけでなく、刑事罰的措置、おそらく軍事的買収に直面している"
 この後、世界中で停電が起こっていることにも言及し、「トランプの宇宙軍」が各地で逮捕を進めていると書かれています。さらに。
1月12日火曜日までに、ホワイトハウスは国家人工知能イニシアチブオフィスを立ち上げました。これは、宇宙軍とその量子コンピューターを正式に起動させました。それは、私達と世界をゴールドスタンダードにし、2021年3月の最初の復古共和国選挙のために、透明で瞬間的な量子投票システムを提供し、さらに、トランプ大統領の世界中での演説のために、すべてのテレビ画面を上書きできる、極秘のグローバル放送衛星プログラムのプラットフォームを提供しました。
 ええーっ。量子コンピューター?量子投票システム?グローバル放送衛星プログラムのプラットフォーム?もうワケわからんな(笑)。
今週末から1月20日までの間、食料や物資の不足、通信、メディア、ソーシャルメディアの停止、ATMやクレジットカード決済の障害などが発生する可能性があります。備えておくことをお勧めします。
 あ、これはリン・ウッド弁護士も、だいぶ前に言うてはったな。そして今回の軍事行動は世界的規模の同盟を結んでいて、何とその中には
世界各地の様々な軍隊のSOFユニット(どの国でも逮捕者を出すことを許可された国際部隊、国際刑事警察、それに米国海兵隊、州兵隊、特殊作戦部隊を含む)
 と書いてあります。日本からも逮捕者が出るんか?いや、もう出てるんか?横田基地から飛行機に乗せられたら誰もわからんで(笑)。ひえーー、な話ですね。別のメルマガでは、今回の世界中の逮捕劇の中で、日本で今一番近いのは、IR関係や、と書いてありました。

 ええーっ。それって、菅さんも関係深いやんか。あと維新もやな。橋下くん、吉村くん、松井くん、大丈夫か?(笑)。私は、順番としては、いまだに国会でエラそうな態度を取り続ける反日野党連中をさっさとお掃除してほしいですが、今回の世界の大掃除では、どうも日本はやってることがみみっちすぎて、後回しになるような気もしますね。

 今アメリカが、すでに米軍の支配下にあることがようわかる話を「Miyoko Angel 2」さんがユーチューブで配信してはりました(米軍の支配下です)。最近、配信が止まってると思たら、BANされたので別チャンネルを作ったそうです。トランプさん、ユーチューブもどうにかしてほしいなあ。

 ついつい「外圧」を期待してしまいますね。あかんあかん、自分の国の掃除は自分でやらなあかんな。まずはあと数日、トランプさんの「世界中での演説」を、ドキドキして待つことにしましょう。

【文中リンク先URL】
https://beforeitsnews.com/politics/2021/01/inauguration-cancelled-trump-remains-in-office-abc-nbc-cbs-fox-cnn-msnbc-to-loose-licenses-3223234.html
https://www.youtube.com/watch?v=78Gh0yNJPkw

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← 日本からも良からぬ輩を逮捕してほしいなと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

今のアメリカは1企業。トランプさんは3月に第19代アメリカ共和国大統領に就任。ホンマかいや。

パンチ小


 昨日と一昨日に貼り付けた「リンウッド弁護士が「真実だから観ろ」と言っていた動画に日本語字幕つけました」という動画はまだ消されてませんね。あ、私のこのブログのミラーサイトの方で、この動画の書き起こしを、資料画像付きで掲載してはるサイトを知らせてくれはった方がいたので、追記させていただきました。

 ま、妄想と言われようが、カルトと言われようが、信じるのはあなた次第、ですからね。それより、いよいよ動きが出て来ましたね。1/6の議事堂への乱入事件について「トランプ支持者になりすまして議事堂で暴れたアンティファのリーダー「ジョン・サリバン」を逮捕」というニュースが出ていました。こんなん、バレバレやんか。

 そして「【速報!】トランプ大統領、オバマゲートの機密文書を公開!」と。実はこの機密解除は前から言われていたもので、今回ついに、ホンマに解除となりそうやという話ですね。トランプさんが前回当選後、すぐの頃からずっと「ロシア疑惑」などとされて罪をなすりつけられようとした話です。それは実はオバマの謀略やったんですね。


 ネットではもうみんな知ってる、という話ですが、MSMでも報道せざるを得んようになってきたということでしょうか。材料は全部、トランプさんの手の中にあって、ずうーっとタイミングを計ってきた、ということなんやと思います。

 とは言え、トランプ陣営は臨機応変に対応してるはずで、1/13-15の予定やったクラフト国連大使の台湾訪問が突然中止されたり、ポンペオさんの欧州歴訪も中止になりました。そのポンペオさんのツイッターアカウントはまだ残っていて、このところずっと余裕綽綽で、意味深なツイートをしてはります。

 一昨日(1/13)の「1週間後、国務長官を辞任します」というツイートでは大騒ぎになりました(Secretary Pompeo @SecPompeo)。ほら、やっぱり負けを認めてるやんか、と。昨日取り上げたトランプさんのアラモでの演説といい、この辞任宣言といい、いよいよ終わりなんか、とがっかりした人も多かったようです。

 それにしてはポンペオさんもトランプさんも全然、意気消沈してるような雰囲気はあらへんやんか。昨日の動画の話ともつながりますが、水面下では着々と予定通り、ステップを踏んでいるようです。1月20日以降は、軍がいったん政権を預かって、ワシントンDCのお掃除をしてから、改めてトランプさんに政権を渡す、ということでしょうか。

 そしたらビックリの記事を見つけました。ラジオ関西(兵庫県)の『GODの都市伝説RADIO』という番組を制作しているゴッドワールドエンターテインメントさんの「GOD プロデュース!ドナルド・トランプ VS DS バイデン光と闇の最終決戦GOD説シリーズ遂に完結!米国共和国第19代トランプ大統領3月4日就任 13848大統領令&世界緊急放送システム発動で世界は戒厳令へ!」という記事です。

 ええーっ、「都市伝説」かいな(笑)。つまり、ストーリーを作ってみました、という形になっています。物語、と思うてざっと見てください(笑)。
トランプは既に 2018 年の 9 月に大統領令を作っていた。米国の選挙で外国の干渉が発生した場合に特定の制裁を課すというのがトランプが署名した大統領令 13848 で ある。つまり外国人の「米国選挙に対する国民の信頼を妨害または弱体化させ米国の国家安全保障および外交政策に対する異常かつ並外れた脅威になる場合に緊急経済権限法(IEEPA)に基づく大統領の権限で発動できる大統領令を1月20日までの間に米国国民にトランプが説明するというストーリーで物語は展開する。
そして1月20日の数日後にトランプが出したのが戒厳令という設定です。戒厳令とは大統領令を出したあとの手続で、通常は司法立法行政三権の元に法律が有るのに対し、一切の三権も無視して法律も無視して軍が指揮を取るやり方で、悪魔崇拝者達をぶっ潰すという豪快な GOD のストーリーで ある。
 まあ読み物としてみたら面白いですね(笑)。そして
実はアメリカ合衆国と呼ばれている国は1871年に国ではなくなりました。ロンドン市の下で所有される企業(法人・会社)になりました。従ってアメリカ国旗は国では無く単なる企業を表しています。
今回残念ながらトランプ大統領は議会によって大統領の勝者として認定されなかったので、彼は大統領であり続ける事は出来ませんでした。大統領の側近だった国務長官のマイク・ポンペオさんも辞任しましたが、このGODストーリーはここからが本題です。1月20日までにバイデンやペロシ下院議長、ペンス副大統領は逮捕され、1月20日までに大統領に就任する人は誰も居なくなります。つまり1月20日に大統領がいない場合、アメリカ合衆国として知られている企業は解散になります。
 妙にリアリティがあるなあ。そして
3月4日にトランプは米国共和国の第19代大統領としてして就任します。アメリカ合衆国が法人になる前の最後の大統領はグラントで第18代共和国大統領でした。つまりトランプ大統領は正式に「第19代共和国大統領」南北戦争後ユリシーズ・グラントに次ぐ大統領となるでしょう(NESARA・GESARAが発動される事が想定されるので120日以内の任期となります)従ってアメリカ合衆国第46代大統領では有りません。その場合米国を含む209ヵ国がNESARAとGESARAで債務免除の実施を開始し、全ての金・資産担保通貨を互いに1:1の水準に設定します。
 うーむ。興味のある方はぜひ読んでください。この前編は「GODプロデュース世界で最も愛が有るドナルド・トランプ VS 最後の恩赦までも裏切ったDSバイデン 光と闇の最終決戦 ストーリーが完成!」で、そちらも面白いです。

 実はこの中のNESARA・GESARAのことは、この記事とは全く関係のない、別のメルマガでも触れていて、
 ■NESARA :National Economic Security and Recovery Act(国家経済安全保障改革法)
 ■GESARA :Global Economic Security and Recovery Act(地球経済安全保障改革法)
 のことなんやそうです。その真面目なメルマガの記事とかなりの部分が一致してるんで、ビックリしました。

 ただ、そのメルマガではスケジュールがちょっと違います。
 就任式前の1月19日には、バイデンとカマラ・ハリスは逮捕済み。その日から、120日間(4か月)は暫定大統領にトランプが、副大統領には、マイケル・フリン元将軍が就任。この4か月間に、20万ページに及ぶ機密書類が開示される、と。国民には、1週間×4時間のビデオが放送される(上のGOD説では1本8時間やったな)。そして120日後の5月には、改めて大統領選挙と上下両院選挙が実施されるんやと書いてありました。

 新しい国の名前は、9月から「アメリカ共和国(United Allied States)」と宣言するんやそうです。そして、ネットではエンブレムまで出来てました(笑)。とうとう都市伝説、オカルトの領域になってしもたんか?と言うて貰うてもけっこうです。

 どうせあと数日で、少なくともいくつかの答え合わせは出来るわけですからね。もしかしたら私らは、世界史のものごっつい大転換期におるんかも知れませんよ。

 毎日毎日、朝から晩まで「感染者数がー」「医療崩壊がー」みたいな、どう考えてもおかしいやろ、というインチキ情報に晒されてますから、せめてネットでは、スカッとする話も読んでおきましょう。あ、時々来はるアホな人のために、何べんでも言うときますよ、「信じる信じないは、あなた次第」と。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=kdvDzBoYK1g&feature=youtu.be
https://ameblo.jp/j-out-sider-zzz/entry-12650102063.html
https://ameblo.jp/j-out-sider-zzz/entry-12650270858.html
https://mobile.twitter.com/sharenewsjapan1/status/1349928568730611713
http://totalnewsjp.com/2021/01/15/trump-507/
https://bonafidr.com/2021/01/14/%e3%80%90%e9%80%9f%e5%a0%b1%e3%80%91%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e3%81%af%e3%81%95%e3%82%89%e3%81%aa%e3%82%8b%e6%81%a9%e8%b5%a6%e3%81%a8%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98/
https://twitter.com/SecPompeo/status/1349355524463054852
https://www.atpress.ne.jp/news/243361
https://www.atpress.ne.jp/news/242919
https://mobile.twitter.com/Top_IDOL_Japan/status/1349783383455354880

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

 ← やっぱりトランプさんは新しい大統領になるんやと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

トランプさんのアラモでの演説を聞いて、がっかりした人。まだまだわからんで。期待して待つんや。※追記

自転車小


 昨日の記事で最後に貼り付けた「リンウッド弁護士が「真実だから観ろ」と言っていた動画に日本語字幕つけました」という動画はご覧になっていただけましたでしょうか。信じる、信じないはご自身で判断してください、とわざわざ言うとかなあかんのもアホらしい話ですね。見たくなければ見んかったらよろしいやん、と。

 で、上の動画に戻りますと、もうビックリの話ばっかりですが、話半分でも聞けば、まだ希望があるなという気持ちになれるので、以下に私が引っかかった部分を書き出しておきます。

 動画でしゃべってはるのは、「レボリューションラジオ」、「ティッピングポイント」のホスト、スコット・マッケイ、と自己紹介してはります。もともと政治家(上院議員)を目指していたが諦めて、それでも政治に関心があり、いろいろ調べるうちにびっくりして、今、ディープステートと戦うためにラジオを立ち上げて?放送してはる、ということですね。

 マッケイさんは、今トランプ陣営が行っているのはもはや軍事作戦やと言うてはります。「選挙そのものが、世界を長年支配してきた犯罪者の勢力と構造に対する、長期的なおとり捜査である」ということを知って下さい、ということです。

 トランプ政権は事実上、軍によって作られた政権なんやそうです。その昔、ケネディがロスチャイルド家を中心とする銀行システムを打倒しようとして暗殺されたのは、今ではもう有名な話ですね。その時に、アメリカ軍の高官が200人以上集まって、いつか必ずこの体制を倒そうと考えたんや、と。

 この体制側、つまりディープステートにとってはアメリカという国家そのものも、お金儲けの手段にすぎひんかったようです。軍人たちはやっとトランプさんを見出してバックアップし、ついに2016年に大統領選に勝利したわけですね。

 DS(ディープステート)はトランプさんを就任直後から「ロシア疑惑」をでっち上げて、ずっとネチネチ攻撃し続けていましたね。この過程でマイケル・フリンさんが敵側に嵌められて、何も悪いことはしてへんのに、「偽証」という罪でついに裁かれたわけですが、先日トランプさんが恩赦を与えて今はトランプ陣営にいてはります。何とこれ自体が仕組まれていたんやそうです。

 フリンさんはずっと軍人で、オバマ政権下では国防情報局長官を務めていて、アメリカ政府の悪事を全部知っているんやそうです。「911」がブッシュとクリントンによる共謀であり、モサドとCIAが関わってロバート・モラーとFBIが闇に葬った事実や、ウラニウムワン疑惑の話も、ベンガジ事件の真相も、ヒラリーメールの内容も、もう全てを知っているんやそうです。

 せやからこそ、何としてでもオバマはこの人を罪人としてしまおうとしたわけです。そしてフリンさんはわざと犯してもいない「偽証罪」を認めた、と。その罪を認めたことで司法取引の機会を得て、宣誓供述をし、自分の持つすべての情報を証言した、つまり、生涯のキャリアを通じて知り得た政府の犯罪が、それによってすべてリストアップされ、文書になって残ったんやそうです。

 これは国家機密なので公にもできない、と。これによりフリンさんは逆に優位に立ったんやそうです。立場が逆転したので、今はこの国家犯罪のリストがいつでも使える、ということのようです。最初から仕組まれていたというわけですね。ひえーー。

 また、私はよう知らんかったんですが、この前退任したバー司法長官の、前任のジェフ・セッションズさんが司法長官やった時に、トランプさんと折り合いが悪く、いつも罵倒されてたそうですが、それも演技やったそうです。そのことでDS側がセッションズさんに近づいて、「左派、民主党、ハリウッドの連中がセッションの味方についた」んやそうです。そして、「セッションズにはまだ役割が残っている」と。ハリウッドの連中の悪事もバラされるんやろか?

 2016年に当選したトランプさんの政権で、軍はホンマにDSを倒そうと考えてたけれど、何とその時点ではワシントンDCにいる職員の70%がDS側やったんやそうです。「そのリスクはあまりにも大きく、故に水面下で進行させ続けるしかなかった」というのが実情なんやとか。

 ということは、トランプ政権の4年間で、この70%は大いに減らされてきたはずで、つまりは4年間かけて、フリンさんもセッションズさんも、上手いこと演技させてきてたわけですね。ひえーー。

 この動画でスコット・マッケイさんは、ドミニオンにも触れてはります。今回の大統領選挙では大量の不正の証拠が上がってるけど、それでもそれらは氷山の一角で、ドミニオンさえも氷山の一角なんやと言います。そして何と、
この度の選挙に使用された投票用紙の全てに非放射性の同位元素によるウォーターマークが施されていた
これにより投票用紙が世界のどこにあろうとGPSによる追跡が可能となっている
捨てたり燃やしたりした事実が発覚
このような技術が我々にはあることも投票用紙に関する事実も闇に葬られてきた
状況は確実に正義の側がコントロールしている
怖がることは何もない
全て巧妙に計算され仕組まれていたこと
 ということのようです。この投票用紙の話は、かなり早い段階でネットには出ていましたが、多くの人が「そんなんできるわけあらへん」と否定していましたね。まあ、あと数日でわかることやから、これは待つことにしましょう。

 「Qアノン」ではない、「Q」についても言及してはります。世界中を目覚めさせるためのロードマップがあって、その作戦こそが「Q」なんやとか。もちろん、ニセものもいっぱい出回っているようで「Qアノン」ではない、と。

 そしてスコット・マッケイさんは、この後はもう、ポップコーンを手にショーを観ていればいい、と言うてはります。「結末は既に脚本に書かれているのだから」と。そして、
Qは言いました
敵が自ら滅びの道を歩むのであれば、その邪魔をしてはならない、と
 ひえーー、敵は自ら滅びて行くんやそうです。じっさい、ワシントンDCとグアンタナモを大量の飛行機が往復していることは、ネットでは拡散されています。まさにそれは軍事法廷なんや、と。

 数日前のアラモでのトランプさんの演説を聞いてがっかりした人が多いようです。敗北宣言か?と。いやいや、あと少しの間、夢を見ててもええやんか(笑)。まだわからんで。

 そして、かなり信憑性の高いと思われる話をしてくれてはるサイモン・パークスさんがユーチューブのBANを警戒してBitChute(ビットシュート)に引っ越したそうです(Simon Parkes)。その最新の動画をいつものように「はろーふろーむロングビーチ」さんが翻訳してくれてはります(サイモン・パークスさん 1月13日の動画(和訳) 2021年1月13日)。

 上のスコット・マッケイさんと関わりがあるんかどうかは知りませんが、何と共通する話も出ています。これを聞いても、トランプ陣営は決して諦めてはいないし、タイムスケジュールは予定通り進んでいることがうかがえます。あと1週間、トランプさんの勝利を信じて待ちましょう。

【追記1/15】
ミラーサイトの方にご連絡をいただきましたので、貼らせていただきます。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=kdvDzBoYK1g&feature=youtu.be
https://www.bitchute.com/simon_parkes/
https://www.youtube.com/watch?v=XC2BuStbYaI
https://ameblo.jp/j-out-sider-zzz/entry-12650102063.html
https://ameblo.jp/j-out-sider-zzz/entry-12650270858.html

※コメントを見るには上のタイトルをクリック

 ← トランプさんの当選、まだまだ諦めたらあかんと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

経済を止めて人が死んでも平気なんか?中途半端な菅さん。どうせやるなら国民一人100万円配れ。

走る小


 ついに大阪でも緊急事態宣言が出されることになりました。アホやなあ。ちょっと移りやすいインフルエンザ程度で、なんで経済を止めなあかんねや?と言うたら、恐怖にかられてる多くの日本人は激怒するんですよね。ほらほら、武漢コロナって、世界的規模で作られた詐欺なんやで、と言うたら今度は、お前は陰謀論者か!となじられますね。タメ息が出ます。

 ディープステート側は手を叩いて喜んでることでしょう。アメリカの大統領もバイデンで決まったことやし、やっとこれから美味しそうでダマしやすい、従順な日本にじっくり手を付ける時期が来た、と思て、昨日はビル・ゲイツ君も、日本、しっかりやれよと菅さんの尻を叩きに電話をかけてきた、というわけですね。

 世界中が大混乱になってくれることが、どれほど莫大な利益を生むのか、あちら側の人たちはようわかってるわけですね。アホの一つ覚えで「憲法9条」をあがめ続け、軍事を放棄した日本からは、人を拉致しようが、技術を盗もうが、ギャーギャー大声で喚いてたら逆に、何べんでもお金をタカれる、ホンマに美味しい美味しい国、これは手放せまへんなあ、と思われていることでしょう。しゃぶり尽くされてしまうがな。

 何べんでも言いますが、年間の死者が4千人、ですよ。もし何の対策もしてへんかったら1万人ぐらいになってたかも知れんけど、たとえそれでも例年のインフル死者数と大して変わらへん。つまり、日本人にとっては、たとえこの武漢コロナが生物兵器やったとしても、大して効かへんかったわけやんか。

 「感染者数」はごまかせても、戸籍がちゃんとある日本では、さすがに「死者数」はごまかされへんわけですね。しかも最近どんどんバレて来てますけど、死んだときにPCR検査が陽性やったら、本来の死因に関わらず、「コロナ死」とカウントするようにされてますからね。何としても「死者数」は増やしたいと、あちら側の手先の厚労省は考えてる、と。

 日本人は組織として決められたことには忠実やから、それで出てくる数字は正しいことになってしまいますね。そんなんまで数えたらおかしなことになるやん、と現場では思てたとしても、現場では誰も声を上げることはありませんね。真面目な日本人。そこに付け込む邪悪な外国人。それをわかっててボロ儲けを企む日本人もおる、と。

 とりあえずPCR検査関係の会社と製薬会社は儲かって儲かって、笑いが止まらへんことでしょう。その裏で、飲食業者はバタバタ死んで行くんや。エゲつない話ですね。ここまで来たらもうしゃーないから、せめて国民一人100万円配れ、という話は前にも書きました(やめろ!緊急事態宣言。国民をホンマに殺す気か?やるんやったら一人一律100万円配れ。)。

 アホな政府には私ら国民かて、しっかり対策を考えんとあかん。まあ「中国」人は太古の昔から「上に政策あれば下に対策あり」と言いますから、この部分は見習わなあかんな。それにしても声を上げて現実に政府を動かさなあかんから、青山繁晴さんみたいな人も有難いですね(菅義偉総理に「ビジネストラック・レジデンストラックの完全中止」を求める提言を、護る会が提出しました。)。

 実は私は、中韓から人が来ても、既に日本人は集団免疫を獲得してるから、それを維持するためには逆にある程度の「曝露」も必要と考えているので、特に「完全中止」は必要はないかな、と思います。せやけど逆に、これが問題になることで、厚労省が外国人の感染者数を隠してたり、外国人がタダで治療を受けてるらしいことがバレて来て、そっちの方が意味があるなと思いました。

 どうせ日本の官僚は隠すしダマすし、責任は取らへんねんから、これも逆手にとってせめて入国禁止を実現して「中韓断交」の雰囲気がもっと強うなってくれた方がええと思います。政治家や官僚がコソコソやろうとしてることを、逆に上手いこと利用する、ということでしょうか。

 そしてまたアメリカ大統領選挙の話です。まさに、あいつらがコソコソとやりたいことを、実際に上手いことやらせた上で、絶対に否定でけへん証拠をガッチリつかんで大逆転をする、そんなウソみたいなホンマの話がいよいよ明らかになりそうですね。

 元動画はさっさと削除されていますが、日本ではチャンネル登録数も少ないので、まだ残っています。「リンウッド弁護士が「真実だから観ろ」と言っていた動画に日本語字幕つけました」という動画です。消される前にぜひ見てください。

【文中リンク先URL】
https://gekiokoobachan.jp/blog-entry-1292.html
https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=2460
https://www.youtube.com/watch?v=kdvDzBoYK1g&feature=youtu.be

※コメントを見るには上のタイトルをクリック

 ← どうせ緊急事態を宣言するなら100万円配れと思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく

なんで民間人のビル・ゲイツ氏と電話会談するんや?菅さん。日本と日本人を売り飛ばすつもりか?

指差し小


 アメリカでも日本でも、毎日の動きが速すぎて多すぎて、情報を取るだけでもあっという間に時間が経ってしまいますね。気になるトランプさんの動きについては「一般社団法人 JCU」のチャンネルで「【LIVE】生配信! これからの一週間【アメリカ大統領選2020】」が、最新の、かなり確実な情報に絞って状況をまとめてくれてはりました。

 もうその都度、転記しても明日にはまた変わりそうです。そもそも今日(1/12)トランプさんが演説をする、という話もあったけれど、それはポンペオさんの話でした。せやけどいきなり明日には、演説が始まるかも知れません。

 またすでに、トランプさん陣営では8時間の説明動画が完成していて、それを3日にわたって放送?配信?する、という話もあります。8時間?!早う見たいな。

 一方で、誰もが知っている情報としてここ数日は、「ビッグテックの暴走」が言われ始めていますね。ビッグテックとは、Amazon、アップル、Alphabet、Facebook、マイクロソフトの5社を言うそうです。

 ツイッターがトランプさんのアカウントを停止した後、8000万人のフォロワーともども、なんとさらに「永久削除」したわけですね。そしたらトランプさんとはずっと仲が悪かったメルケルさんでさえ、それ、あかんのとちゃうか、と言い出し、フランスの財務大臣?も批判したそうです。

 さらに、ツイッターからトランプさん他、多くの人が移動して始めたSNSの「パーラー」が、それのサーバーを提供していたAmazonから追い出されたことで、いよいよ世界中の人たちが、「これは変や」と気付き始めたんとちゃうやろか。

 アメリカのMSM(メインストリームメディア)も日本のマスゴミも、トランプさんの方が議会に暴徒を入れたんやから、そういう措置は当然やといまだに言うてますが、それ、反対やで、ということが、ネットではもうバレバレになって来たという話ですね。もちろん、日本でも、新聞とテレビしか見やへん人はわかってへんので笑えます。

 もう、「中国」さんも真っ青な言論封殺が、一気に世界的規模で行われてる現実に戦慄を覚えへん人は、もうどうかしてますね。感覚を疑います。完全なゆでガエル状態ですね。

 そして今日(1/12)、日本でも戦慄するようなニュースが流れていました(菅首相、ビル・ゲイツ氏と電話会談 五輪「必ずやり切る」)。
 菅義偉首相は12日、米マイクロソフト共同創業者で慈善家のビル・ゲイツ氏と電話会談し、新型コロナウイルス対策をめぐり意見交換した。ゲイツ氏は「東京五輪・パラリンピックの開催が世界に対して大きなメッセージになる」と期待を表明。首相は「必ずやり切る」と応じた。両氏は途上国へのワクチン供給が重要との認識でも一致した。
 え?ビル・ゲイツと何で電話会談?この人、民間人、一般人とちゃうんか?もう意味がようわかりません。え?それでオリンピック?何か脅されてるんとちゃうか、みたいに思えますが、どうなんですかね、菅さん。

 こんなものを見せられると、菅さんがホンマに日本国民の命と生活を守ろうとしてるようには思われへんのですけど。ネットではもう、これで菅さんもディープステート側やとわかった、みたいに言われています。

 日本のサヨクはアホ過ぎて、もう政権を取れそうにないことは確実やから、それはどうでもええんですが、政権のど真ん中に日本を売る勢力が入り込んでるのがめっちゃコワいですね。やっぱり日本はまだ独立なんかしてへんかったんや、と愕然とします。

 菅さんが一昨年(2019年)5月に訪米して、ペンスさんやポンペオさんと対談したことは報じられていますが、その時にアメリカの「金融・投資関係者と意見交換を行った」ことはあんまり報じられていませんね。なんで金融なんや?怪しいなあ。外務省のHPには会うた人の名前は出ています。

 そして金融と言えば、今日のトランプさん情報に戻ります。何度か紹介しているサイモン・パークスさんの動画(Simon Parkes)をいつも和訳してくれてはるサイトの「サイモン・パークスさん 1月11日動画の和訳 2021年1月11日」では、今回のトランプさんの新しい政府で、通貨・金融システムが変わる、たぶん金本位制に戻る、みたいな話が出ていました。

 まあ日本ではそんなことよりも、「中韓からの入国を早う止めんかい!」という声がフツフツと沸き上がって来ているようです。青山繁晴さんの「ビジネストラック・レジデンストラックの「一時」ではなく「完全停止」、そして中国や韓国からのインバウンド頼みの経済のあり方を変えるよう求めて発言しました。」みたいな声が、もっともっと大きくなってほしいと思います。

 いやいや菅さん、もう「中国」なんか考えてたらあかんで。ついにアメリカは「もう中国に気い遣うことはせえへん」と言い始め、国連大使が明日(1/13)、台湾を訪問することになりましたね。もう、ものごっつい勢いで世界は変わってるんやで。ちゃんとしっかり付いていかなあかんで、菅さん。あーヤバいヤバい。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=KkKqu9F1ROc
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021011200464&g=pol
https://www.youtube.com/channel/UCgzqRRDGThOlH4EHaqSXXPA
https://www.youtube.com/watch?v=EKAb2u4eO1I
https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=2458

※コメントを見るには上のタイトルをクリック

 ← なんで菅さんがビル・ゲイツと電話を?と思う人はクリック!ww
人気ブログランキング
ツイッターもよろしく