新一万円札の渋沢栄一。今の日本に、「国に尽くす」と言える人がどれだけおるんや?

指差し小


 私がブログの更新をサボってた間に起きた大きなことの一つに、新札発行の発表がありましたね。まあたアホな反日野党の連中やら一部のマスゴミがあれこれケチをつけてましたが、ようそんなに「ケチ」を思いつけるなあ、というほど聞くに値せんような話ばっかりですね。あ、劣化した人の話なんか書いてたら、こっちも劣化するがな。やめとこ。

 実は恥ずかしいことに、私は昭和59(1984)年に発行された五千円券の新渡戸稲造さんのことを、それまではまったく知りませんでした。しかも当時、新聞報道で読んだはずなんですが、この新渡戸さんという人が「The Soul of Japan(『武士道』)」を英語で書きはったということは、「覚醒」してから知りました。モノを知らんというのは恥ずかしいことですね。

 そして5年後、お札が新しくなる、と。私は個人的には聖徳太子を復活させてほしかったですけどね。今度の一万円札は「日本資本主義の父」渋沢栄一、と。ふうん、今度は経済人なんかな、と思てたらいっぱい報道が出てきてて、これはまたなかなか意味深い選定やなあ、と思いました。そしたら昨日(14日)の産経新聞に「【日曜に書く】経営の神様が認めた渋沢栄一 論説委員・井伊重之」の記事が出ていました。

 <今も残る多くの有名企業を次々に興し、日本に株式会社制度を定着させた。自らは財閥をつくらず、民業の繁栄を通じて日本の社会・経済の近代化に貢献する「公益」の道を選んだ。>
 そして何といっても<論語の倫理思想を尊重して利己益の追求を戒め>、<「経済と道徳の合一」を唱えた>ところがあの<「経営の神様」とされる世界的な経営学者、ピーター・ドラッカー>にも高く評価される所以なわけですね。

 自らは財閥をつくらずて、いかにも日本人やなあ、と思いますね。今話題になっているGAFA(ガーファ、Google、Amazon、Facebook、Apple)は、いわゆるグローバル企業、税金を逃れるために本社を移して莫大な利益を上げているわけですね。私はそもそも「税金を回避する」ことが恥ずかしいことやという意識が無いこと自体が、実は大問題やと思いました。

 だいぶ以前には、日本では高額納税者は公表されてましたね。ある時から個人情報やら何たらで非公開になったみたいやけど、日本人はしっかり儲けてたくさん税金を納めることは、誇るべきことやという意識がちゃんとあったと思います。百田尚樹さんの「海賊と呼ばれた男」のモデルの出光佐三さんも、しっかり儲けて貴族院議員になったわけですね。昔の日本は国にしっかりお金を納める人に国の政治も任せようとしてた、と。ある意味スゴい合理的やんか。

 お金を儲けたらまずは社員に還元、そして地域や国にも税金を納めて貢献し、最後は国会議員になって国のために働く、それが日本では功成り名遂げる、ということやんな。ああ、何と美しい(笑)。それに引き換えこのガーファの連中はどうやねんな?ガーファではないけれどやはり莫大な富を得たビル・ゲイツさんは、軽井沢に要塞みたいな別荘を建てたとか言う話がありましたが、あれはどうなったんかな?近所付き合いなんて、とてもしそうにないな。

 話がそれたわ。で、しっかり儲けて国に税金を納め、国のお役に立つ、さらにはその税金が無駄に使われへんように、ある人は自らも政治に携わって国の発展に尽くし、ある人は、つまり渋沢栄一さんみたいな人は、ずっと民間人として経済界で活躍しはったということなんやろな。

 今の日本にこんな志の高い経済人はおるんやろか?国、政府を利用して金儲けしてる人やったらいっぱい知ってるけどな(笑)。情けない国になったもんやな。今度のお札の変更で、私ら日本人は、ホンマに国に尽くす、ということがどういうことなんか、しっかり理解できたらええな、と思います。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 5

There are no comments yet.

日本国民  

公益を優先する高尚さ

そもそも、大和の民とは渋沢栄一氏を筆頭に公益性に重きを
置く民度の高さでは比類なき民という処が誇りです。

日本列島は、火山列島。当然ながら地震、津波、そし地理的
に毎年訪れる台風。耕作地、居住地としての平野の少なさ、高
低差の激しい地形。それらすべてから生ずる自然の驚異と、バ
ラエティに富んだ環境のなか、互いに協力し合い助け合うとい
う考え方が培われたのだと、仰る方々は多く、その通りでしょう。
『必然性の賜。』
それだけなんでしょうか。
大和の民にとって日本列島は、神から賜った自然の要塞かもし
れません。大陸性の気候風土に育った人種には、日本列島は、
安住の地としては、危険で怖ろしい環境という印象を与え、それ
を覆すだけの価値ある資源はない。と云った結論に至り易い
という事と四方が海に囲まれているという処も秀逸かと。
よって、温厚で善性高き民族の温存が可能だった時期が長かった
のかもしれないですね。
私見の範疇を出ませんが。

そういった魂の土壌を持つ、日本人ですから、渋沢栄一氏の様に
アルフォンス・ド・ロスチャイルド家に下宿し銀行家として教示
されていても、日本人としての矜持を忘れなかったという処でし
ょう。ノウハウは学んでも心の在り方は大和の民であり続けた
高尚な方なのでしょう。

津田梅子さんも海外への渡航歴は豊富ですね。
鮮人に関する手紙の内容の話が保守速やら、いろんなサイトで、
花を咲かせていたようです。
まぁ、周知の内容に相違なきという処。人間というのは相当不潔
な環境でも、生きられるんですね。

大和の民の湧き出る清水のような清浄な気質は、時を掛けて
侵食、破壊、洗脳されて、今や“泥水”の如く。
糞尿にも、化学物質にも塗れて、死の海への途を歩まされて来ま
した。※比喩です。
そんな折、 御代替わりもあり、新札の登場による日本精神の高尚
さを、あらためて認識する良き機会になったと考えたいです。
 
泥水の中からでも、大和日本の民は美しい蓮の花を咲かせること
でしょう。
そう願って已みません。


2019/04/15 (Mon) 14:38

彩希  

本当にそうでした。渋沢栄一と言えば渋沢倉庫、ぐらいしか知りませんでした。コピペですが、これを読んで吃驚しました。

渋沢栄一さんてこれらの設立に関わった方

日本赤十字 みずほ銀行 東京海上 東京ガス 王子製紙 東急 太平洋セメント 秩父鉄道 京阪電鉄 帝国ホテル 東証 キリン サッポロ 東洋紡 大日本精糖 明治製糖 東京経済大学 二松学舎大 東京経済大 同志社大 日本女子大 他500以上

初代造幣局長「日本資本主義の父」子爵に叙勲

貴族院に勅選

功績に驚愕、全く知りませんでしたー
〰〰〰〰〰
新渡戸稲造の武士道は海外の方が有名なのでは有りませんか。クエーカー教徒のアメリカ女性と結婚されていたと言っても、あの本を英語で書かれたのです。読み出すと引き込まれて行くのですが、何か~武士道を知るには、それなりの心構えが要るような気がして「良いのか?そのような邪念を抱えたままで本を手に取って。」の本なので、いつ全部読めるやら。日本人として生き、日本人として死ぬということに思いを致す本です。その前に、先ず邪念を振り払わねばならない、わたくし…。

2019/04/15 (Mon) 19:55

伸之助  

新札発行に思う

おば様、ご無沙汰しています。

記事は毎回読ませて頂いています

新一万円札の肖像が渋沢栄一氏になると知り凄く嬉しかったです。個人的にデザインは見直して欲しいと思いますが (^^;

一万円札の福沢諭吉は脱亜論を唱えましたが、昨今の支那や朝鮮離れの傾向が出て来て一応その役割を果たしたような気がします。

ここで渋沢栄一氏が一万円札に登場したと言う事はアメリカ流が何でも良いとばかりにバブル崩壊以降やってきた経営を見直せと言う時代の要請のような気がします。

三方良しの経営、道徳に裏打ちされた経営、出光佐三のような経営者を見直しなさいと言われている気がします。

日本にはおかしな方向に行っても歴史を振り返ると答えが有るのは本当に有難い事だなと思います。

2019/04/16 (Tue) 05:20

ナポレオン・ソロ  

日本の近代を創った人々

 新札の全改新は、3度目かな? 最初の1万円、5千円はそのママ
で、500円札が岩倉具視で登場、千円札も伊藤博文に、成った時に
今迄あった、百円札の板垣退助や千円札の聖徳太子が消えて、なん
となく時代が変わった気になっていましたね。

 その思いは、1万円の聖徳太子が福沢諭吉に、5千円の聖徳太子も
新戸部稲造に変わった時に、一層重いが強まりました。 聖徳太子
は、何でにんきないのかなぁと訝しんだモノです。

 まぁ、昔の人は写真が無いので、正確なお顔が分りませんからね、
私は個人的には、天武帝のファンですし、女性を入れるべしなら、
額田王や紫式部や清少納言も候補に挙げたいですが、絵しか残って
いないんじゃあ、無理かな。

 でも戦前の紙幣には三韓征伐の神功皇后の実父、竹内宿祢が採用
されて居た時代があったと記憶して居ますから、そうなれば、大伴
家持だの、旅人だの万葉歌人も範疇に入れてほしいですね。

 まぁ、今回の人生に関しては、文句は有りませんね、医学、教育、
経済の分野で「日本の近代を創った人々」と言うコンセプトが窺え
ますね。 佳い人選だと思います。

2019/04/16 (Tue) 16:25

おかのいつこ  

No title

本当にそうですね。
反対に生活保護の不正請求やら障害者の優生保護法の損害賠償請求。
金目、、、
労働、教育、納税を果たさなければ国は滅びますね。
国にしてもらってばかりでなくて国に何ができるか。
斎藤一人さんみたいに発想の転換で節税せず納税趣味にしたいです。

2019/04/17 (Wed) 18:16

Leave a reply