ナニワの激オコおばちゃん

わたし、大阪のおばちゃん。私は今、怒ってるねん。世の中、おかしなことだらけや。

実は負けたわけではなかったんや、「薩英戦争」。幕末、明治の日本人の気概に学ぶ。

指差し小


 もとはと言えば私が入れてもろてるメーリングリストからの情報ですが、ブログにもなっていますのでご紹介です。伊勢雅臣さんが書いてはる「国際派日本人養成講座」の「No.1099 薩英戦争 ~ 大英帝国を驚かせた和魂洋才」です。

 私が、何かおかしいと思ていろいろ勉強して本も読むようになって知ったことは、今まで教えられてきた「歴史」の中にはけっこうウソや偏向が多いということでした。そして今やそれは「自虐史観」としてかなり知られるようになってきました。それでもまだまだ知らなあかんことはいっぱいあります。今日の話は「薩英戦争」の話です。

 そもそも「自虐史観」では、幕末のペリー来航に際して、「鎖国」していて無知で遅れていた日本人が、ひたすら大騒ぎしていたように教えられたと思います。この「薩英戦争」も、そもそも今で言うたら国の中の一つの「県」が、何で外国と戦争ができるんや、何にも知らんアホな日本人が、「生麦事件」という、前時代的な大名行列を横切っただけでイギリス人を斬り殺すという残虐な事件を起こしてしもて、イギリスに鹿児島市内を砲撃されてえらい目に遭うて、薩摩藩が謝って終わった、ぐらいの認識でした。

 上の伊勢さんの記事をぜひ読んでください。実はイギリス側は「生麦事件」の賠償を求めて、まずは横浜に軍艦を停泊して幕府を脅迫し、賠償金をせしめたんですね。その後、今度は軍艦を鹿児島湾に向かわせて薩摩藩からも賠償金を取ろうとしたわけです。ところが薩摩藩ははるか以前の第8代藩主、島津重豪(しげひで)の時代から、既に軍備の近代化に注力してた、と。

 そして有名な島津斉彬(なりあきら)の時代には、<大砲、小銃をはじめ弾丸、火薬、各種ガラスなどの製造を行った。また造船にも情熱を傾け、日本最初の国産蒸気船を建造している。>
 また、<斉彬はアヘン戦争を欧米諸国の日本植民地化の前触れと判断し、その危機感から『阿片(あへん)戦争始末記』を著して諸藩に警告を与えた。同時に、最初に侵攻の対象となるのは、地理的に見て薩摩藩と考え、海岸防備に余念がなかった>んやそうです。

 そしてこの生麦事件の後は、どうせイギリス艦隊が来るやろうと考えて、鹿児島湾は要塞みたいになっていたそうです。そこへイギリス艦船がホンマにやってきて、威嚇を始めた、と。そしてある日いきなり薩摩軍の艦船を拿捕したことから戦闘が始まり、もちろん、大砲の性能はイギリス軍がはるかに上回ってはいたのですが、薩摩軍は果敢に応戦し、イギリス艦隊の艦長、副長は戦死するなど、被害はイギリス軍の方が大きかったそうです。

 そこでイギリス艦船は、撤退する前に鹿児島市内に向けて砲撃を加えたんですね。ところが
 <ニューヨーク・タイムズは、社説で「イギリスの残忍な行為」として厳しい非難を浴びせ、宣戦布告もなく、女、子供、病人が住む町を不意に砲撃した事を、非人道的行為だと糾弾した>。
 <イギリスの新聞も、この戦争は大英帝国の名誉を傷つけるものだという記事をのせ、議会でも市街を焼いた行為は戦争の慣行に背くもので甚だ遺憾だ、という動議が提出されたが、多数派に否決された。>

 イギリス軍は甚大な被害を被っていったん本国に帰ったわけですから、必ずしも薩摩軍が負けたわけではなかったんですね。ところがここが当時の藩主、島津久光のスゴいところです。
 <国内は乱れに乱れている。内を整えて、しかる後に外にむかわねばならぬ。御国のためには、いかなるそしりを浴びようとも苦しくない。>
 当時日本国内は「尊王攘夷」の声が大きく、国内が大分裂していたわけですね。日本は天皇のもとにまとまって、一致団結して外国に対抗せなあかんと思た、ということでしょう。そして
 <薩摩藩からイギリスに和議を請う恥辱は避けなければとってはならないとして、幕府に仲介の労をとって貰う形とした。>

 この「和議」では何とイギリスから軍艦を購入することになりました。イギリスの公使代理ジョン・ニールに対し、堂々と見事に対等にやり合った重野厚之丞という人は、藩校造士館に学んだ後、江戸で学び、英語の読み書きもできる俊英やったんやそうです。これ以後、「攘夷」の声は下火になっていったようですね。

 伊勢雅臣さんの結びの一文をコピペします。
 <薩摩が薩英戦争で発揮した、近代文明を積極的に取り入れつつ、武士道精神を発揮する、という和魂洋才の姿勢は明治日本が国家的規模で再現し、イギリスとの信頼関係は日英同盟にまで発展していくのである。>
 私ら今の日本人は、幕末から明治時代にかけての日本人の気概を、もっともっと勉強せなあきませんね。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく⇓

「中国」人は13億とちゃう、4億や。あとの9億は捨て石やねんで。

頷く小


 もう3~4年前から、「中国」はもう破綻する!と言われ続けてきました。でも今のところ、あの国はまだあります。そして先日ネットの番組で、ある人が「私ももう破綻する、と言い続けてきたのにまだ破綻してませんが、それはあの国はとんでもない政策を取れるからです。たとえば株の取り引きをある日突然禁止するとか」と、半ば自嘲的に言うてはりました。

 まあそれはその通りでしょうね。資本主義の国が株の売買を禁止されたら、それ、資本主義とちゃうやん、という話ですね。まああの国は「社会主義市場経済」、「新時代の中国の特色ある社会主義」と自分で言うてはります。つまりは共産党の権限、暴力で、支配者が何でもありのインチキ経済なわけですね。よう考えたらあの国について、まともな評論をするのは意味が無いような気もしますね。

 まあ日本の新聞がこんなことを書いたら、間違いなくその新聞社は意地悪されるから、絶対書きませんけどね。一応言論の自由のあるらしい日本国内では、せめてネットではちゃんと事実を見ましょう。
 今日、私が入れてもろてるメーリングリストで、川島博之さんの『戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊』という本の書評が出てました。もう1年半前に出た本で、孫引きになりますが、とても参考になる話がありました。

 <中国を13億人の国とみてはいけない。先進国形の消費社会に住んでいるのは4億人だけなのだ。中国は、都市戸籍を持つ4億人と、農民戸籍を持つ、搾取される側の9億人からなる国、「戸籍アパルトヘイト国家」である。>

 今でもかたくなに、農民戸籍者が都市戸籍に変わることを禁じているわけですね。もう差別も何も、農民戸籍者なんて、国内の奴隷労働者やんか、という話です。「中国」の沿海部はこの20年ほどでとんでもなく発展しましたが、その陰ではこのいわゆる「農民工」が踏み台、捨て石にされてきたというわけですね。

 低賃金で働く人を固定化することによって、都市に住む中産階級の生活を維持しているわけやから、これから先もこれを変えることがでけへん、というわけで、これからますます格差は広がり、どんどん「農民工」は悲惨になっていき、いつかは破綻するわけですね。たしかにルームシェアとかで若者たちが都会のど真ん中で悲惨な生活をしていることは、たまに報道されたりしますね。

 <中国人は約1,000年間、このようなシステムのもとで生きてきた。そのため、心のどこかに、勉強ができないから、あるいは商売をする才覚がないからそうした人が農業をしているのだと考えるようになった。中国人は貧困を自己責任と考える。農民でいることも自己責任。弱者に対して思いやりのない社会である。>

 ホンマにあの国では歴史は繰り返すで、1950年代末からの毛沢東の大躍進政策やその後の文化大革命では少なくとも数千万人が餓死したと言われていますね。何かかわいそうな気もしますけど、情けは人のためならず?、日本は守りをしっかり固めて、どっと押し寄せる「難民」対策もしっかりして、絶対入れへんようにせなあきませんね。

 前にも書きましたけど、「中国」には今は国防動員法があって、有事には全世界の「中国」人は、国のために戦わなあかんことになってるわけですからね。今、仕事で仕方なく「中国」におる人は、しっかり情報を入手して、ヤバくなる前にさっさと帰って来はった方がええと思いますね。経団連の中西君、「一帯一路はチャンス」なんて言うててええんか?


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく⇓

LGBTに「Q」もあるって知ってた?何で「変態」を認めなあかんねや?おかしなアメリカ。

パンチ小


 今日は大笑いした話です。私が入れてもろてるメーリングリストからの情報です。といってもオープンな話で、「加瀬英明のコラム」というメルマガの、おととい(12日)の投稿「グローバリズムを破壊したトランプ政権の功罪」です。

 LGBTの話は、杉田水脈議員の「生産性」云々の騒ぎでだいぶ有名になりましたね。レズ、ゲイ、バイセクシュアル、性同一性障害。まだ会社におったころ、会社のプロジェクトでLGBTを商売につなげるための部署?が作られた時に、あー気持ちわる、と思たもんです。今から思たら、いわゆる「被差別利権」、「差別が―」とわめいていろんな補助金をせしめるサヨク活動の一つやったんですね。

 ほとんどのホンマのLGBの人たちは別に特別待遇をしてくれ、と言うてるわけでもなく、普通に暮らしてるし、Tは病気やねんから、ちゃんと治療をしたらええわけですね。日本人は昔からLGBについても寛容やったとも言いますね。男色とか衆道とか言い、陰間茶屋やらがあったし、お稚児さんもちょっと怪しいかな。東海道中膝栗毛の弥次さん喜多さんは有名ですね。

 それでも昔からの日本人の感覚としては、まああの人、ちょっと変わってはるからなあ、ぐらいで別にけなしたり、貶めたりなんかはせえへんかったんとちゃいますか?権利やらを主張し始めると怪しくなるわけですね。前置きが長くなりましたが上の加瀬さんのコラムで初めて知ったこと。アメリカではLGBTに「Q」も付けなあかんのやそうです。

 <『ニューヨーク・タイムズ』紙をはじめとするアメリカの大手新聞は、LGBTQとかならず書いているが、日本ではさすがにQを省いている。Qはqueer(クイアー)、変態の意味であって、変態も先天的な個性とされ、今日のアメリカでは「私は変態だ」と、胸を張っていえるようになった。>

 ええーーっ。何や、それ?な話ですね。もう絶対おかしい!と言いたいですね。何とアメリカでは今、オバマ政権の時の大統領令で、自分が信じる性によって、男女どちらのトイレを使っても良いことになってるんやそうです。あー気持ちわる!いや、それ、危ないやろ!な話ですね。加瀬英明さんのコラムは、アメリカでは、行き過ぎたグローバリズムにようやく普通のアメリカ人が嫌気が差してきて、ついにトランプ大統領が誕生した、と書いてはります。

 日本にはまだ何となく自然な歯止めがかかってるんやろか?たしかに日本では「中国」から漢字をはじめ、いろんなものを吸収したけれど、宦官や科挙や纏足は決して入ってきませんでしたね。もっと言えば、犬食、人食(胎児食)も。あーコワ。アメリカではLGBTQと、みんな書いてるのに、アメリカ大好きな日本のマスゴミも、さすがにQはよう書かん、ということでしょうか。

 「普通の感覚」というものを大事にしていきたいと思いますね。ホンマにサヨクはろくでもないなあと、つくづく思います。あ、サヨクと言うより、グローバリスト、ですかね。そしてその裏には、、、と言い出すときりがないので、とりあえずここまでにしときます。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく⇓

韓国は消滅するんか?どうでもええけど、備えだけはちゃんとしとかんと危ないな。

自転車小


 韓国がもうどうしようもないレベルになっていて、それを面白おかしく言いつのるのは別にかまへんけど、実は今、めっちゃ危険な状態にある、ということをしっかり知っとかなあかん、ということを今日は書きます。行橋市議の小坪慎也さんのブログの、一昨日(10日)の投稿のコメント欄で詳しく出ていました。小坪さんのブログに毎日コメントを書いてはる、櫻盛居士さんという人のコメントです。

 今、国際的に、国をまたがってもめ事が起こった場合は、「国際私法(国際民事訴訟法)」という手続きで裁くことになってるそうです。たとえば日本人が外国で物を壊してしもて、その国で裁判を起こされて、損害賠償をすることになったのに、その日本人が帰国してしもた場合に、その外国人が日本の裁判所に、その賠償の執行を求めることができる、という、いわば国際的な約束があるんやそうです。

 もう言いたいことがわかった人がおるかも知れませんが(笑)、その外国が、今の韓国やったらどないなるんや?という話です。今のところ、韓国というのは、この「国際私法」上は、日本に対していわば自動的にこれが適用される状態にあるそうです。あ、もちろん、逆のケース、例えば日本人が被害者の場合はその逆も当然あり、と。つまりは対等な、まっとうな(笑)国どうしやったら、お互いの国の「被害者」が泣き寝入りせんでもええように、ということで、ちゃんと保護されてるわけですね。

 ところが、今回の偽徴用工裁判みたいに、誰がどう説明しても無茶苦茶な判決が出てしもたとしても、一応、今のままやったら日本は韓国の「被害者」の求めに応じなあかん、ということになってるんやそうです。ひえーー、やな。韓国ではこれは儲かるわいとみんながブヒブヒ喜んで、どんどん訴訟を起こそうとしてるそうですね。ホンマに一刻も早う断交せなあかんな。

 とはいえ、国際的に完膚なきまでに韓国側が無茶を言うて来たということを証明しつつ、全世界がこりゃー韓国があかんで、と言われるように、うまいこと見せていかなあかんわけですね。一般のアメリカ人かて、日本は戦争で悪いことをした、と単純に考えてますからね。それをしっかり覆さなあかんわけや。ホンマに手間のかかる隣人やな。

 そしたら少し前の記事ですが、鍛冶俊樹さんがメルマガ「軍事ジャーナル【2月7日号】韓国の運命」で書いてはりました。
 <2回目の米朝首脳会談の日程も決まり、朝鮮半島の非核化のプロセスも明確になりつつある。中露にとっても北朝鮮の核武装は脅威であり、従って両国とも北朝鮮の非核化を望んでいる。>
 <また北朝鮮が非核化すれば在韓米軍は駐留する理由がなくなり、撤退することになる。これもまた中露の望むところであり、従って両国は北朝鮮への制裁をかつてない程に強化し北朝鮮に非核化を迫っている。>
 つまり、もう米軍は朝鮮半島から撤退するやろう、と。そして朝鮮半島は誰からも助けてもらわれへんから、「中国」かロシアに泣きつくしかないんとちゃうか、<まさに19世紀の李朝朝鮮の時代が再現されることになろうか>ということになりそうですね。

 そして昨日はまたもやソウルで、朴槿恵に恩赦を与えて出獄させろ、という「保守派」の大きなデモがあったそうです。日本のマスゴミは決して報道しませんが。もうぐちゃぐちゃやな。
 あ、私は前から言うてるんですが、刈り上げ君はどこかに亡命させて、朝鮮半島は国連の委任統治領にして、米軍主体の国連軍が常駐したらええんとちゃうか、と思てます。そもそも、半島にちゃんとした国があったのは、これまでほとんどなかったんやからね。迷惑ばっかりかける国なんか、無い方がましやんか。

【追記】「国際私法」についての記述が不正確でした。コメント欄に吹雪さんが補足してくれてはりますので、そちらを参考にしてください。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく⇓

奉祝 紀元節 いつになったら日本人は「祭日」を取り戻すんや?皇紀2679年。

走る小


 「奉祝 紀元節」。こんなことを書いたら、ちょっと前までは「右翼や!」とホンマに思てました。モノを知らんことは恥ずかしいことですね。そして、戦後70数年、まだまだ失われたままのものは、ようさんありますね。

 たぶん毎年この日には「紀元節」、「建国記念の日」について書いてはる「ねずさんのひとりごと」をリンクしておきます。このブログは私が「覚醒」してからは、貪るように読ませてもらっています。超有名なブログですね。過去の記事も、動画も、ホンマに盛りだくさんで、どこからでも勉強できます。あー勉強せなあかん(笑)。

 今日の書き出しです。
 <紀元節という用語の復活を望む声もありますが、そもそも論として宮中祭祀の日である「祭日」という用語を含めて復活すべきと思います。日本は、天皇あっての日本だからです。>

 たしかにそうですね。日本はGHQから、「祭日」を奪われてしまいました。天皇が行う祭祀は私的なものとされ、神道は単なる宗教の一つ、とされてしまいました。この「建国記念の日」を取り戻す話一つとってみても、とんでもなく時間がかかってしもたわけですね。当時は社会党が、提出される法案をことごとく妨害していた、と。

 その日本を貶める政党がかつて社会党で、けっこうな勢力を持ってて、その残党やらの流れが今の反日野党というわけですね。いつまでおるんや、あんたら、と言いたいですけど、まだまだそんな議員に投票する日本人?!がおるからどうしようもないですね。早よ気いつかんかいな、日本人!と思いますね。

 そういえば昨日の小坪慎也市議のブログでも取り上げてはりました(「奉祝・建国記念日「日本のお誕生日に、おめでとう!」」)。小坪さんはあえて「の」を取って記すことにする、と。そして、皇紀2679年、おめでとうございます。私が小学校の時はたしか紅白饅頭が配られてたような記憶がありますが、あいまいです。

 御代替わりの今年、どんどん日本国民の意識が変わっていってほしいです。そういえば昨日の自民党大会で安倍ちゃんが、「悪夢のような民主党政権」と言わはったことを、あちこちで色んな人が噛みついてますね。党大会で気勢を上げるために言うてる面もあるわけで、私は思わず「よう言うた!」と半分笑いながら聞いていました。

 とにかく足元をすくわれんように、うまく立ち回ってほしいです。「退位」させて「退位の礼」などという、過去にない「新儀」を行うのは不吉やと倉山満さんが言うてはりましたね。そして三種の神器を政府がいったん預かって、それを新天皇に授ける?!これ、クーデターやんか、とネットで言うてはる人もいます。そういう不敬なことを進めてるやつらがたしかに宮中にもおる、ということですね。

 道鏡やないですが、不逞の輩はいずれ成敗されることでしょう、と言うときましょう。後の時代から見たら、今年はガラガラと音を立てて、いろんなことが変わっていく年になってほしいです。


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく⇓