ナニワの激オコおばちゃん【旧】

Category日弁連/裁判所 1/6

日本再生のシナリオは着実に進んでるんやて。自民党総裁選も筋書き通り。余命三年時事日記。

 自民党総裁選にずっと注目してたこともあって、読まなあかんブログ、サイトがたまってました。その中の超重要な一つ、「余命三年時事日記」を久しぶりにチェックさせてもらいました。前にどこまで読んでたかも思い出しながら、まずはタイトルチェックです。 「589 裁判官の出世とお金」はわかりやすいですね。今の裁判官が何でヘンテコリン判決を出すんかがようわかります。はい、「出世とお金」のためです。あ、全員、とは...

  •  0
  •  -

やっぱり腐ってる日本の司法界。明らかに韓国・北朝鮮とつながってるやんか。気持ち悪いな。

 たぶんきっと、そうなんやろなあと思てたら、やっぱりそうでしたという話が出て来ました。前に「余命ブログ怒涛の更新。一般国民が、裁判官の人事評価に影響を与えることができる?ホンマか?」で、ブログ「余命三年時事日記」さんの記事「523 大御心と裁判官の人事評価制度①」の続編の「②」はまだアップされてませんと書いていましたが、何と一週間後にやっと書いてくれてはりました(534 大御心と裁判官の人事評価制度...

  •  2
  •  -

余命ブログ怒涛の更新。一般国民が、裁判官の人事評価に影響を与えることができる?ホンマか?

 私がご縁をいただいて応援させて貰うてる「フジ住宅裁判」で、「ブルーリボンバッジを外せ」事件があったことは、何度かここで書いてきました。そしたら何と、ブログ「余命三年時事日記」さんでも取り上げてくれてはりました(521 裁判官はブルーリボンを外せと命じた)。 その中に、私が知らんかった話もあったので、それを共有したいと思います。一つは産経新聞の九州地方だけに出ている記事で、これを取り上げてはったこ...

  •  0
  •  -

ついに始まる余命ブログの反撃。一般人への恐喝に違法加担した東京弁護士会ら、どないするんや?

 私が「覚醒」し始めた頃に貪るように読んだのがこのブログ「余命三年時事日記」です。当時のサイトは凍結、削除され、初代の「余命」さんはきっちり?余命3年で亡くなられ、今書いてはるのは3代目、ということです。 初代の頃から実はものごっつい数のアクセスがあって、もちろん妨害もありながら読者を増やし、ついに本を出版するまでになりました、と。まんが本まであります。私は全部持ってます(笑)。このブログのモット...

  •  0
  •  -

最高裁の中にある労働組合「全司法」が、米国のテロ犯罪組織リストに載ってる?余命ブログより。

 日本学術会議の件は、まだまだ続きそうですね。大っぴらに「廃止」論も出て来ました(日本学術会議「廃止」論が浮上 抜本的改革を掲げても「民営化や財団で生き残りかねない」と識者)。ただこの記事をよく読むと、「廃止」は島田さんの声のことのようです。 福井県立大学の島田洋一教授(米国政治、国際政治)は「任命見送りが注目されているが、問題の本質は、学術会議に(年間10億円もの)税金を注ぎ込んでいる点だ。学術...

  •  2
  •  -