ナニワの激オコおばちゃん【旧】

Category大東亜戦争 1/11

実は勝算はあった日米戦争。山本五十六はコマ、黒幕は近衛文麿、永野修身、風見章。

 ダイレクト出版のことはここでも何度か書いています。めっちゃユニークな会社ですね。そこから出ている有料動画「上島嘉郎のライズ・アップ・ジャパン」、【VIP対談シリーズ】林千勝 「知られざる日本陸軍の勝算と大義」を見ました。上島嘉郎さんは元産経新聞で、雑誌『正論』の編集長もされていた人ですね。 最近はネットでも「自虐史観」という言葉がけっこう出て来るようになっていますし、本もいっぱい出て来ていますが、よ...

  •  0
  •  -

海軍兵学校、陸軍中野学校。戦後作られたイメージとは全然ちゃうで。これは取り戻さなあかんな。

 「自虐史観」という言葉を私が知ったのはもちろん「覚醒」してからのことですが、それにしても戦後75年経った今でも「日本は戦争を始めた悪い国」と思い込まされてる人は、まだまだ多いですね。それでもようやく、若い人ほど「何かおかしいで」と思い始め、自分で勉強して、そして理解を深める人が増えて来てるように思います。 そんな若い人が集まっている「ダイレクト出版」は注目ですね。不定期?刊行の雑誌『ルネサンス』も...

  •  0
  •  -

今の日本に「義に生きる」政治家はおるんやろか。台湾を救った根本中将の話。門田隆将さん。

 日本解体計画が着々と実行されてると、最近は毎日のように言うてますが、それに気い付いて、これではあかんと警鐘を鳴らしてはる人も、いっぱいいてはるわけですね。たまたまですが昨日、知人から門田隆将さんの講演動画を教えてもらいました(講師:作家・ジャーナリスト 門田隆将 氏/テーマ:「今だから分る『根本博陸軍中将』が台湾を救った歴史的意味」【第2期「まなびと夜間塾」特別講座】(2021.4.8))。 私がここでヘ...

  •  0
  •  -

PCR検査をむやみに増やしても意味がないと、これだけ言うてもまだわからんか?まだ言うで。

 武漢コロナウイルスが日本にやって来てずっと、何かおかしい、と思てたことを全部見事に書いてくれてはる記事を見つけました。「【三宅隆介】[特別寄稿]PCR検査の拡大と大東亜戦争の敗因」です。私は最初の頃、このウイルスのことを「弱っちいウイルス」と言うてました。ところが、志村けんさんやらの有名人が次々と亡くなり始め、日本中がパニックになっていきました。 そしてほどなく、あれ、マスクがあらへん、何でか知らん...

  •  7
  •  -

8月15日以降にも、卑劣な連中は悪逆の限りを尽くしたんやと、ちゃんと子供にも教えなあかんな。

 今日は送り火を焚いて、我が家のお盆の行事は終わりました。たまたまでしょうけど、お盆が終わる日が終戦記念日の翌日というのも、日本人が敗戦を感傷的に受け止めてしまうことにつながっているような気もしますね。 惠隆之介さんが「チャンネル桜沖縄支局【沖縄の声】75回目の終戦記念日、アジア諸国は日本に感謝/大東亜戦争は不可避だった/一海軍パイロットの恋人への手紙[桜R2/8/14]」で、「今の日本は沖縄化してる」と言う...

  •  2
  •  -