ナニワの激オコおばちゃん

Category天皇 1/11

世論調査では七割が女系継承に賛成。まずこの現実からスタートせなあかん。韓国を笑われへんで。

 本屋さんに置いてある月刊誌は、保守系の方が圧倒的ですね。文藝春秋は芥川賞がらみの時期以外は片隅の方にありますね。一番売れてるのは『月刊Hanada』みたいです。まあ実際に買うて行きはるのは高齢者が多いようですが。あ、私もか(笑)。今日は保守系雑誌、産経新聞社の『正論』2020年2月号からです。 今月の特集は「内から日本を蝕むもの」で、なるほどと思う話がいくつかありました。宇山卓栄という人の「保守政治家が皇...

  •  4
  •  -

「女系」は天皇ですらない。「女性宮家」は意味がない。反日連中のプロパガンダに騙されるな。

 日本にはもうスパイだらけやということは、「覚醒」した人やったら納得できることやと思いますが、たいていの日本人はまさか、と思うんでしょうね。そしてスパイではないけれど、そういう人にええように操られて動く、アホな日本人もいっぱいおるということですね。 小泉政権の時に出現した「皇室典範に関する有識者会議」がまさにそれやと思いますね。ここで初めて「女性天皇」やら「女系天皇」という、おぞましい言葉が出てき...

  •  0
  •  -

悪いけど甘利明君、また罵倒させてもらうわ。甘すぎる「女系」容認発言。しっかり勉強してや。

 思い出してもハラ立つので、また書きます。タイトルの通りです。別に個人攻撃、人格批判をするつもりは全くありません。この甘利明さんは、今は自由民主党税制調査会長・衆議院議員、と。これまでにいくつも大臣を務めてはったから、もう功成り名遂げた第一級の政府高官ですね。一時、睡眠障害とかで休んではった時もありましたね。 今はもうお元気で、ツイッターでも楽しそうに発信してはります。もう典型的な、日本人的な、え...

  •  3
  •  -

まだ言うてんのか、週刊ポスト「女性宮家」「愛子天皇」。日本人はそんなアホとちゃうで。

 ネット時代に入る前は、新聞、テレビの情報だけでは突っ込みが足りない部分を、週刊誌が埋めていたと思いますね。まあ今でも芸能情報などは、それこそ「文春砲」と呼ばれる『週刊文春』が一頭地を抜いていた時期があったように思います。ちなみに文春、新潮は木曜発売、対抗するポスト(週刊ポスト)、現代(週刊現代)は月曜発売ですね。 新聞と共に雑誌もネット時代に入って凋落が著しく、恐らく読者層はどんどん老人になって...

  •  7
  •  -

今日は大嘗祭。これが何で一宗教の私的な行事やねんな。日本の神話とつながる国家的行事やで。

 今夜から明日にかけて、大嘗祭が行われますね。産経新聞ではわりと詳しく紹介してましたが、反日かつ日本国民の敵、朝日新聞はどうなんかな?(笑)。祭祀の内容は基本的には秘儀なので、公開でけへん部分があるというのは当然やと思いますね。それが千何百年も続いて来たことは、日本だけやのうて、世界史上の奇跡やな。 結局、板葺きを茅葺きにはでけへんかったようですね。産経ニュースでは <主要三殿の屋根は平成まで茅葺...

  •  6
  •  -