ナニワの激オコおばちゃん【旧】

Categoryフジ住宅 1/6

ブルーリボンも日の丸バッジも外せと言う裁判官。ここは一体どこの国や?大阪高裁、フジ住宅裁判。

 本日(4/20)、フジ住宅裁判の控訴審第二回が行われました。そして何と、我那覇真子さんがYouTube番組で生配信をしてくれはりました。そ、そして私も、出演させてもらいました。ひえーー、バレてしもたわー。読者の皆さんすみません、私は「おばちゃん」とちゃうかったんです。ダマしたんとちゃいますよ、「おばちゃん」は、このブログの「キャラクター」なんです。■4/20 生配信 裁判所前よりフジ住宅裁判第2回控訴審口頭弁論■4/...

  •  0
  •  -

ブルーリボンに込めた日本国民の祈りを踏みにじる裁判官が、何で日本におるんや。許さへんで。

 少し前に、「北朝鮮に共感を覚える頭の狂った裁判官が、ホンマに日本におる。ブルーリボン訴訟、フジ住宅裁判。」を書きました。大阪地裁堺支部で、「ブルーリボンバッジを外さへんかったら、裁判を開けへんぞ」と恫喝した裁判長が、ホンマにおったという話ですね。 それはおかしいやろ、という訴訟が起こされて、その裁判の第二回の期日が4月の14日でした。私も傍聴券獲得のために並び、法廷に入ることができました。この「ブ...

  •  0
  •  -

日本国民を敵に回し、ブルーリボンバッジを外せと言う裁判官は許さへんで。応援!フジ住宅裁判。

 「踏み絵」というのは、江戸幕府が当時禁止していたキリスト教の信者を発見するために使うた絵、そしてその手法のことも言うわけですね。たとえはあんまり良うないかも知れませんが、今「ブルーリボンバッジ」は、その「踏み絵」に似た役割を果たしてるように思います。日本の国会議員でこれを着けてるか着けてないかは、拉致問題に対する態度、立場を、ある程度示してくれるんとちゃうか、と。 もちろん当たり前の話ですが、こ...

  •  2
  •  -

日本人の口を封じることが目的の「フジ住宅裁判」。会社に産経新聞を置いてても訴えられるんか?

 私がご縁をいただいて応援させて貰うてる「フジ住宅裁判」の、第一回控訴審が先月1月28日(木)に、大阪高等裁判所で行われたことを前に書きました(黙ってたら私ら日本人は、何ぼでも貶められて行くんや。声を上げてくれた「フジ住宅裁判」応援!)。その裁判の前日には「ブルーリボン訴訟」が、同じ場所の大阪地方裁判所であり、私はその両方とも傍聴しましたので、報告させてもらいます。 ※毎回書いていますが、初めて読む人...

  •  8
  •  -

黙ってたら私ら日本人は、何ぼでも貶められて行くんや。声を上げてくれた「フジ住宅裁判」応援!

 私は大阪市で生まれ育ちましたが、ちょっとガラの悪いところで(笑)近所にはけっこう朝鮮人や韓国人がいてはりました。子供の頃は国籍のことはよう知りませんでしたが、同級生の中には帰化した人もいてはります。総じて「差別」があるから手に職を付けなあかんねやと、将来の職業についても子供の頃からしっかり考えてる人が多かったように思います。 じっさいそんな中には、医者、弁護士、薬剤師、美容師など、たしかに「手に...

  •  12
  •  -