ナニワの激オコおばちゃん【旧】

Category日本人 1/38

実はただ者やないんとちゃうか、参政党の神谷宗幣さん。北野幸伯氏も絶賛。台風の目になるんか?

 私は、「ロシアのことならこの人に聞け」と言うてもええ、北野幸伯(きたのよしのり)さんのメルマガ(ロシア政治経済ジャーナル)を購読しています。そしたら何と、昨日(6/28)の記事で、北野さんが7年前に、今の参政党の神谷宗幣さんと会っていたことを書いてはりました。そしてその後も交流が続いていて、北野さんは神谷さんのことを絶賛してはったので驚きました。 最初のモスクワでの出会いの動画がこちらです(最優先す...

  •  0
  •  -

勢いが止まらへん参政党。次の総理大臣は高市早苗さんにしたいけど、この流れも取り込みたいな。

 またまた昨日は更新をサボってしまい、申し訳ありませんでした。時間配分がー(笑)。 さて、日本の命運を決めるはずの国会は、めっちゃ平穏無事?なようです(政府提出法案、通常国会で26年ぶり全て成立の見通し)。何だかなあ、と思いますね。それでも自民党の中ではしっかりと政府にモノ申す議員もいます。昨日は小野田紀美議員です(小野田氏「5類にすべき。総理は6月に見直したいと言った。子供に学校生活を取り戻す決...

  •  0
  •  -

参政党、何かスゴそう。日本人の正直さが感じられる。「上海電力」でインチキ保守は崩壊するかも。

 前にチラッと書いたと思いますが、参政党って、何かスゴいみたいです。ものごっついお金も集まってるし、演説会はどこも人が多く集まってるし、めっちゃ熱気ムンムンとか。全部見れるわけではありませんが、私は主に「武田邦彦 テレビじゃ言えないホントの話!」で見ています。 そしたら読者の方からたまたま教えて貰うたのですが、チャンネル桜の水島さんが、自分の番組に出演するはずやった参政党の神谷宗幣さんがドタキャンし...

  •  0
  •  -

日本人やったら鬼退治をせなあかん。私利私欲で鬼になってしもた元・人間が、世界中におるんや。

 私はもともと本は好きやったんですが、「覚醒」してからは、読みたい本がどっと増えて、まだ読めてへん本がいっぱいあります。ジョージ・オーウェルの小説『1984年』もそのうちの一冊ですね。今の「中国」の、超監視社会を見事に予言した小説、と言えるんでしょうね。 その中に登場する「真理省」、国民の思想統制をするいわばプロパガンダ機関と同じやんか、と言われる「偽情報統治委員会(DGB)」という組織を、バイデ...

  •  0
  •  -

演説で『鬼滅の刃』を話せる参政党。オモロいやん。ホンマの日本人の保守政党が初議席を取る?

 自分が「覚醒」した頃のことを思い出すと、まずは高校の時の歴史の先生に、めっちゃハラが立ちますね。「戦争体験を親から聞こう」みたいなことをやりながら、授業では、日本軍は「中国」で残虐なことをしてたんや、と教えてました。 「三光作戦」とか。「焼光(焼きつくす)」「殺光(殺しつくす)」「略光(奪いつくす)」ですね。「光」は○○し尽くすという意味なんや、とか。へえー、日本語では「光」にそんな意味はあらへん...

  •  0
  •  -