立ち直ったCHINAが攻めて来る。まず国債100兆。休業補償100%。一律10万何度でも。

頷く小


 今日(4/29)はかつての「天皇誕生日」、昭和天皇のお誕生日ですね。崩御された後は「みどりの日」になっていたものを「昭和の日」に改めたんですね。日本は天皇がしらす国、と改めて意識したいと思います。

 国会は今日も動いてるんやそうです。青山繁晴さんのブログで報告がありました。そしてもう一つの「減税勢力」である議員連盟「日本の未来を考える勉強会」の会長の安藤裕議員が昨日、YouTubeで現状を報告してくれてはりました(【令和2年4月28日 緊急生放送:見逃し配信中】令和2年度第二次補正予算に向けて)。

 超忙しい中で、国会で起こっていることを、ほとんどリアルタイムでネットを使って報告してくれはる、この安藤さんや青山さんには感謝ですね。その気になれば、ネットでいっぱいツールも使える、ということですね。27日(月)には、青山さんが「日本の尊厳と国益を護る会」として、自民党の政調会長としての岸田さんに「要望」を手渡して説明してはったんですね。

 「一律10万」は海外在留邦人(約 140 万人)にも支給せよ。テナントの家賃補助は、家主(オーナー)をも助けよ。「地方創生臨時交付金」は1兆円では足らん、企業数もちゃんと勘案してもっと出せ。雇用調整助成金は手続きを簡単にして、さっさと出せ。という内容やったそうです。かなり実現しそうですね。岸田さんもちゃんと聞いて、質問もしてたとか。

 そして安藤さんの提言です。提言内容は毎日のように更新していて、今は3つに絞った、と。1.補正予算は100兆円、国債で出せ、プライマリーバランス黒字化は延期(ホンマは無視やけど、そういうと財務省がイヤがるから?)2.休業補償せよ。粗利100%で。3.消費税はゼロに。

 実は安藤さんは麻生派なんですね。財務省を庇うのは麻生くん個人のことやから、安藤さんにはあんまり関係ないんかも知れませんね。そして上のYouTubeを見て貰うたらようわかりますが、安藤さんは現実主義的ですね。消費税ゼロの話は、今はまだ後、なんやそうです。

 国会では、一度でも法案を出して否決されたら、その会期中には同じ趣旨の法案は出されへん、と(一事不再議)。法案は、出すんやったらしっかり根回しして、きっちり通る見込みを持って出さなあかんわけですね。せやから今は後回し、まず財源としての国債をどっさり出せ、という話から始めるわけですね。そして休業補償、と。

 「粗利100%補償」というと、人によってはそこまでせなあかんのか?と言う人が出て来る、と言います。安藤さんは、極端な話、仮にこの施策で大儲けする人が出て来ても、それはそれでええやんか、と言います。儲かったらまた次のためにそのお金を使うんやから、と。むしろ純利益のみを補償する、なんてことにしたら、それこそ、時間はかかるわ煩雑やわで、まず給付がものごっつい遅れるのは確実ですね。

 それから安藤さんはやっと決まった「一律10万」は、自粛が続く限り何べんでも繰り返したらええんや、と言うてはります。正しいなあ。いつも書いてますが、たとえ国がこれだけ出したとしても、「誰も何も困らへん」のやということに、だんだんと国民が気い付いてほしいですね。

 それでもやはり予想通り、今はええけど、いずれこの「借金」が後ででのしかかってきて、増税やら緊縮をせなあかんのや、という伏線を張って来る奴が必ず出て来ますね。安藤さんも、私がこの前批判した4/22の甘利さんのツイートのことを言うてはりました。
甘利 明 @Akira_Amari
消費税を何で下げないの?よく頂く質問です。健康保険や年金や介護保険まで完備している日本のような国って実は世界で数カ国しかないんです。将来に渡って制度が続く為には専用の財源が必要です。だから社会保障にしか使えない消費税を導入したんです。
 財務省に言われた通りのことを言うてて、これには私もリプライを付けましたが、もう非難ごうごうでした。ネットではほとんどみんなわかっているんですが、安藤さんは、地上波の世界ではまだまだこの甘利さんと同じように考える人たちが圧倒的に多いんです、と言います。そういえば「いずれ女系も容認」とこのアホは言うてたしな。

 それともう一つの懸念は今、橋下くんあたりが騒いでますが、議員や公務員の給料を減らせ、という主張です。議員歳費削減はもう決まってしまいましたね。「財源」が足らへんねんから、率先して痛みを分かち合うんや、みたいな美談にして、みんなで一緒に苦しもう、という話ですね。

 いやいや、巻き添えにするなや、そもそもお金はなんぼでもあるんやで、給料減らしたらまた経済が縮小するだけの話やんか。せやけどこれは、節約好きな日本人の感性に訴えるところがあるので、めっちゃやっかいですね。

 日本国民の間に分断を仕掛ける、と。常に敵を作ってルサンチマン(恨み)を煽ってホンマの敵を見えへんようにして、自分の都合のええ方に誘導するという、維新が得意な手法ですね。気い付けなあかんな。そして財務省は、いずれこの武漢ウイルスが落ち着いてきたら、すかさず緊縮やら増税の話を持ち出して来るのは目に見えていますね。

 安藤さんは今こそ、これまでの間違うてた「常識」を覆しとかなあかん、と言うてはります。その通りですね。もしこの後、また増税と緊縮に戻ったら、間違いなく日本は、GDPが今の550兆円から、400兆、300兆に縮小し、国力をボロボロにしてしまう一方、「コロナに勝った」と言うてるCHINAはますますGDPを増やし、日本はいずれCHINAの属国になってしまう、というわけですね。

 武漢ウイルスの「おかげ」で日本人がみんな、今までの間違いに気づいてほしいです。正しい政策によって国力を蓄え、軍備を整え、全人類に敵対する中国共産党の横暴に、しっかり対抗して行きたいものです。

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!

【文中リンク先URL】
https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=1745
https://www.youtube.com/watch?v=cFoEUx4wrlk
https://twitter.com/Akira_Amari/status/1252784018107461633


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 2

There are no comments yet.

これを伝えたい  

日本人の致死率の低さは、CTというコンピュータ断層撮影法が主因である。

本日のトピックでなくてすみません。

●「日本のCT普及率が死者を減少化」(EJ第5238号)2020年4月30日、というタイトルで、ブログElectric Journalが
武漢ウイルスによる日本の致死率の低さについて、週刊現代の記事と五本木クリニック院長ブログの意見の2つをとりあげています。
結果、CTというコンピュータ断層撮影法による検査に主因を見つけています。
以下はElectric Journal からの抜粋です。
               :::::::::::::::
初めに、「週刊現代」では、9つの仮説を上げて説明していますが、ズバリ、これが致死率の低い原因であるという結論を見送っています。つまり決定原因はわからないということです。「週刊現代」の9つの仮説を以下に示しておきます。
─────────────────────────────
 【仮説①】クラスター対策が成功したから
 【仮説②】これからどんどん死ぬから
 【仮説③】隠れコロナ死が多いから
 【仮説④】ウイルスが変異したから
 【仮説⑤】BCGの予防接種を受けているから
 【仮説⑥】実は多くの日本人がすでに抗体を持っているから
 【仮説⑦】日本人の衛生意識が高いから
 【仮説⑧】日本人の生活習慣
 【仮説⑨】日本語の特性
             ──『週刊現代』/5月2~9日号
─────────────────────────────
 この9つの仮説のなかの新説といえるものは、仮説⑨の「日本語の特性」ではないかと思います。「人に会うな」というのは、会話で飛ぶ飛沫によって感染することを防ぐ対策ですが、日本語の発声は欧米諸国の人が使う言語より、唾が飛びにくい特性があるというのです。
確かに日本人が英語を話す時、母国語の影響かどうかわかりませんが、ぼそぼそとしてよく聞こえないことがあります。それはともかく、           
二番目に、しかし、日本の致死率の低さに最も説得力のある理由は、PCR検査よりもCTというコンピュータ断層撮影法で検査をしたからだと、五本木クリニック/院長ブログが語っています。

 ─────────────────────────────
  ◎五本木クリニック/院長ブログ
  「日本はPCR検査を積極的に行わないので、新型肺炎の致死率が高い」は大間違い。    https://bit.ly/2zGIM6r
─────────────────────────────
 今や日本では、PCR検査を絞ったことが感染拡大の失敗であるという声が強くなりつつありますが、この「院長ブログ」ではそれを否定する論調になっています。
 この院長ブログの後半で指摘されていることは、日本の医療機器が世界と比較して突出しているという指摘です。その一つに「CT」があります。CTという医療機器はあまりにも有名になりましたが、その意味を示しておきます。
─────────────────────────────
         CT= Computed Tomography
            コンピュータ断層撮影法
─────────────────────────────
 添付ファイルに、「100万人当りのCT数」のグラフを付けていますが、日本のCTの保有数は、他国に比して、ダントツでトップです。
1位の日本に対して、2位オーストラリア、3位アメリカ、4位アイスランド、5位韓国と続きますが、日本の保有数はまさにダントツです。
私が勤務していた大手生保会社の医務室でもCTは装備されており、いつでもCTを撮ることができました。企業レベルでも日本では保有するようになってきています。

 新型コロナウイルスに罹患して恐いのは肺炎です。
日本の場合PCR検査は簡単には受けられませんが、CTであれば、ほとんどの病院で撮影できます。
今やCTを撮影することは、日本ではごく当たり前のことになっているからです。これについて、院長ブログでは、次のように述べています。
─────────────────────────────
 日本では1万人につき1台のCTが普及しています。先進国と考えて差し支えのないG7では4万人につきCTは1台。
世界中を震撼させている新型肺炎の診断にはCTが非常に有用であることは、中国の研究者も認めています。 https://bit.ly/2zGIM6r ─────────────────────────────
なぜ、この事実を誰も指摘しないのでしょうか。
日本では、PCR検査が受けられない患者が、早い段階でCT検査を行い、肺炎が進行し、深刻化しないように治療されていたことが死者数を減らしていたのではないでしょうか。
CT検査があまりにも当たり前になっているので、誰も気が付かないのではないかと思います。         ──[消費税は廃止できるか/079]

≪画像および関連情報≫
 ●CT普及率、日本の高さ突出/日本経済新聞/2014
  ───────────────────────────
   人間の体の内部を診る「コンピューター断層撮影装置(CT)」や磁気共鳴画像装置(MRI)は1台数千万円から数億円と高価だ。
経済協力開発機構(OECD)が毎年発表している「OECDヘルススタティスティクス2014」によると、日本はCTやMRIの普及率が突出して高い。
11年時点の人口100万人当たりの設置台数は、日本は、CTが101台、MRIが47台ありいずれも、OECD加盟国のうち調査できた30カ国の平均の4倍近い。2番目に多い米国の13年時点を大きく上回る。
人間ドックでCTやMRIを使う検査が定着し、病気の精密検査で保険が適用されることが導入を後押ししている。メーカー間の販売競争が激しいことも大きい。     
https://s.nikkei.com/2VMvE8k


2020/04/30 (Thu) 09:26

通りすがり  

安倍自民との決別

今まで安倍自民を支持してきた保守派です。

ですが安倍総理のやることと言えば格差拡大や海外へのばら撒きなどアホすぎることばかり。

憲法改正など国防に関する重要なことをやると思っていたからこそ今まで経済路線には目をつぶっていました。

ですが保守に対してやると言ったことは一切やらず、やらなくていいことばかりやり、やらねばならないことをやらないアホ総理。

こんな奴を応援してたのかと恥じるばかりです。

自民ははっきり言って腐ってると思います。

民主もダメですが自民もダメ。

維新もダメ、社民もダメ、共産もダメ、オリーブもダメ。

残るは日本第一党や幸福実現党などしかありません。

保守派のユーチューバー周辺で新しい政党を立ち上げる動きが出てきていますがすぐには無理…。

大幅な財政出動&消費税減税&自粛要請する間の毎月10万円給付、これをしないなら自民にはもう投票しません。

さらにコロナ増税などアホウじゃなかった麻生と財務省の意見を通すようなら保守派ですがアベガー派になります…左翼政党には投票しませんが…。

本当に安倍&麻生コンビは糞だと思います。

日本人を殺しに来てますよ。

「外に出るな、でも補償はしない。」

人間として終わってますねあの二人は。

財務省の圧力というなら政治生命をかけて抵抗しろと言いたい。

2020/04/30 (Thu) 23:24

Leave a reply