日本のマスゴミはただの中共広報機関。ドロボー国家のお役にしか立ってへんで。「中共肺炎」と言え。

指差し小


 武漢ウイルスのせいで今、世界中が大混乱ですね。私ら日本人はもっともっと賢うなって、乗り切って行きましょう。毎日のように色んなニュースが入ってきます。こんな大混乱の時代に、ネットがあってよかったですね。危機にあっては日本のテレビ、新聞は何の役にも立たへんことは、もう悪口とかでなく、ホンマのことやと日本人はどんどんわかってきましたね。

 私が時々見てるYouTube番組に<鳴霞の「月刊中国」>というのがあります。CHINAの内情をいろんな情報源から赤裸々に伝えてくれはります。昨日(4/29)のタイトル(内容)は「中国に金正恩の長男が留学中ーーその運命は/習近平が核ミサイル基地を視察/米議会で中国断罪の法律?/東北三省で感染拡大中」と、めっちゃ盛りだくさんです(笑)。

 金正恩くんには子供がおるんですね。長男は今10才ぐらいで、2017年からCHINAの広州に留学してるんやそうです。既に刈り上げ君は、脳死?もしくは植物人間?状態という話もあちこちで出て来ていますから、何もなかった、ということはもう絶対に無いと思われますね。万一の時には、CHINAがこの息子くんを押し立てて、傀儡政権を作る、などということは、普通に考えても大いに有り得ますね。

 全世界のインテリジェンスがあらゆる事態を想定して、着々と手を打っていることでしょう。諜報組織のない日本、大丈夫なんやろか?心配ですね。そしたら上の番組の中で鳴霞さんが、習近平さんが先日(4/20?)突然、陜西省を訪れたことを取り上げてはりました。表向きは自然保護区での生態保護状況の視察やら、近くの村の貧困脱却の取り組み状況の確認、と報道されてるようですが、これって実は、隠した核ミサイル基地の視察やったという話ですね。ひえーー、コワいなあ。

 また、今のところCHINAはもうウイルスは封じ込めて、新しい感染者はゼロ、と言うてます。これもウソですね。鳴霞さんが紹介してはった新唐人テレビでも今、いわゆる東北三省と言われる遼寧省、吉林省、黒龍江省では、武漢ウイルスで大変なことになっていることがちゃんと報じられています<ハルピン市内で感染拡大に市民が不安感「第二の武漢になるかも」>。

 まあ日本のマスゴミは、世界の武漢ウイルス感染状況の表にしても、CHINAの発表数字を何の断りもせんと、そのまま載せてますからね。そのこと自体が、どんでもないウソの拡大に貢献してるんやという意識がまったく無いわけで、その時点でもうジャーナリズムでも何でもないですね。ただの中共の広報機関やな。上の新唐人テレビの報道を、最初だけでも見ておきましょうか。
東北部のハルピン市で中共肺炎が再度拡大しています。ハルピン市第二医院で医療スタッフの大量感染があったことが明らかになりました。政府による発表はありませんが、ハルピン市第二医院はすでに外来診療を停止しています。ハルピン市政府は、市と外部をつなぐすべての出入りを管理下に置き、外部からの人の流入を禁止し、すべての大規模な催しを停止させると通達しました。現在、ハルピン市全体が「準都市封鎖状態」に入っています。
 あはは、「中共肺炎」。日本のマスゴミは絶対に「武漢」も「中国」も付けませんね。ひたすら「新型コロナウイルス」。完全にCHINAに侵食されてることが明らかですね。あ、別に大げさに言うてるわけやないですよ。日本国内では見事に「武漢ウイルス」、「中国(共)ウイルス」は封じ込められていますからね。

 ところでハルピンは黒竜江省の大都市ですね。まあCHINAは広いから大変ですね。ウイルスの脅威はまだまだこれからということでしょうか。すぐ南側には北朝鮮があるわけで、北朝鮮にとっても大変な脅威になっていることでしょう。

 そしたら昨日(4/29)のYouTube番組「ひとりがたり馬渕睦夫」で、馬渕さんが「世界は三つ巴の戦争状態へ!コロナ戦争で露わになった新しい世界秩序」と言うてはりました。三つ巴というのは、1.中国の覇権、2.DS(ディープステート)グローバル世界、3.トランプ的主権国家、というわけですね。もちろん私ら日本人は今、間違いなく3.について行かなあかんわけです。

 ボオーっとしてたら日本は間違いなく、近い将来に「中華人民共和国日本自治省」になってしまいますからね。日本人、ちゃんと覚悟を決めて、しっかり戦いましょう。

【文中リンク先URL】
https://www.youtube.com/watch?v=qSI84r2h7Tw&t=0s
https://www.ntdtv.jp/2020/04/43250/
https://www.youtube.com/watch?v=PXsV7OewcDQ&t=1808s

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 3

There are no comments yet.

ナポレオン・ソロ  

共産シナの終焉

>東北三省での武漢肺炎拡大
もぅ2週間前から、ハルピンがロック・ダゥンしたしたと言う情報が入っていますけどねww
シナ東北部は、旧満州国で清王朝を建てた女真族の本拠地ですが、戦後、共産シナの民族粛清に拠って、大方の住民が、シナ籍に書き替えられて、女真族のも文字も言葉も取り上げられたとの話を聞いて居たので、会社の同僚のシナ人に「こんな話を聞いてドゥ思うか?」と訊いた処、「満州と言う国は、もともと存在し無かったのです、私は学校では、満州について教わって居ません」と、大連出身の彼が云い出したので吃驚しましたね。

共産シナの言う歴史は、完全にプロパガンダなので、一番騙されているの派、町が居無く国民でしょう。

然し、この旧満州地域では、この30年で人口が大幅に増えて、現在では、1億5千万人を超えて居るそうですが、この地域はロシアと国境を接している事もあって、人民軍の増強を図ったので、今や人民軍最強最大の機甲師団を持つにいたっていますが、民族を殲滅され、文化を消滅させられた恨みは、決して消えて居無いでしょう。然も、この地域に強い影響力を持つのは、北京派の仇敵である上海派の江沢民ですから、紛争の火種がここにあると言ってもいいでしょう。

其処へ、武漢ウィルスが忍び込んだのは、シナが80の都市のロック・ダウンを感染が収束して居無い状態で解除した事が原因なのは明白ですカラ、これもバイオ・テロの1種だと云えましょう。

すると、今後、共産シナは、身内に強大な敵を態々作った事になるわけで、一体何をやって居るのか分りません、それに、満州のパンデミックは、国境の向こう側のロシアにも大きな影響を及ぼして居て、感染者の数が、1ヶ月で14倍になるという有り様で、コロナ後の経済連携を模索していた、プーチンを激怒させましたね、だって、不法越境が常態化して居て,既にロシア内に10万人の町の様なものが出来て居る、という情報もあるのですカラ。

世界にドンドン味方が居無くなる共産シナですが、もぅ、ヤケクソなのかね? 日本のマスコミや経団連は、共産シナの身限り時を間違えれば、世界中から、えらい目に遭わされますよ。







2020/05/01 (Fri) 06:39

A敦子  

独墺仏西露における武漢肺炎

独墺仏西露における武漢肺炎
-----
ドイツ、オーストリア、フランス、スペインおよびロシアにおける武漢肺炎(das Wuhan-Virus)
-----

里美です。

【Ein Fernsehnachrichtenprogramm in Deutschland】

Das Fernsehnachrichtenprogramm <ARD tagesschau> aその5

tagesschau 20:00 Uhr, 28.04.2020
[Das Wuhan-Virus in Deutschland, OEsterreich, Frankreich, Spanien und Russland.]
https://www.youtube.com/watch?v=WyUJ-XHJNK8

<<<<< Das Wuhan-Virus >>>>>

【注】
1. 毎日毎日お仕事お疲れ様です。お昼の一時、休憩時間の一時、週末の一時、祝日の一時、祭日の一時などにどうぞ。
2. ドイツ語の聞き取りの特訓にもお使い下さい。
3. In Bezug auf das ARD (= auf der Arbeitsgemeinschaft der Rundfunkanstalten Deutschlands), siehe diese Webseite!: https://www.daserste.de/

2020/05/01 (Fri) 14:16

鉄人27号  

武漢肺炎に加えて、ハンタウイルスも蔓延し出した支那

入国再開は論外、特別な事情で入国させているのも例外なく入国拒否に法律を改正して全面入国禁止にして欲しいです。

2020/05/01 (Fri) 15:47

Leave a reply