国民が困窮して自殺者が増えても何の痛痒も感じへん醜悪な御用学者、愚鈍記者の実名公開!その1

自転車小


 昨日の、「餅をのどに詰まらせて死ぬ人の数の方がめっちゃ多い」話は、ちょっとウケたみたいで嬉しいです。あ、死んだ人にはごめんやで。今、私ら日本人は何をホンマに恐れなあかんのんか、こんなドタバタの時にこそ、しっかり目と耳を澄まして、隙あらばダマして奪い取ることばっかり考えてる、中国人や中国人や中国人に、ええようにやられてしまわんように、気い付けなあきませんね。

 2日ほど前になりますが、ブログ「新」経世済民新聞で、小浜逸郎さんが記事を上げてはりました<コロナ騒ぎで頭の病が悪化したインテリ愚民たち(その1)>。未曾有の国難にあって、何がホンマに日本人を救うことになるんか、ということとは全く関係なしに、自分の地位や待遇の向上だけしか考えてへん、いかにも醜悪な人間を、今回は4人、上げてくれてはります。
筆者から見て、じつに下らない・間違った・腹立たしい主張や行政措置があふれかえりました。
これには大きく分けて、二つの流れがあります。
一つは、消費税減税や財政出動にブレーキをかけようとするもの、もう一つは、国会議員や公務員の所得を削減させようとするものです。
 なるほど、今回は「消費税減税や財政出動にブレーキをかけようとするもの」なわけですね。トップバッターは、東京財団政策研究所の森信茂樹さんという人です。そもそもタイトルが「コロナショックに「消費減税」をしてはいけない4つの理由」やて。もうケンカ売ってるんか?この人、という感じですね。森信茂樹さんの記事の内容は、読む価値はありませんので、小浜さんの批評の最後の部分をコピペしときましょう。
そもそも税収で国の歳出を賄っているという考えが間違いなのですよ。
いいかげんに政府が垂れ流してきたウソの上塗りはやめませんか。
 財務省に尻尾を振っていればいろいろと優遇してもらえる、ということですね。
 次の醜悪な人間は政策研究大学院大学の林文夫さんという人です。記事のタイトルは「政府コロナ緊急経済対策の批判と私の提案」です。これも小浜さんの引用と、その批評をコピペさしてもらいます。
《政府による保険金支払いの財源は、消費税率の少なくとも数年間にわたる引き上げだ。赤字国債を財源にするのは、将来の現役世代が負担することになり、効率性の原則に反する。》
ほら、やっぱり財源を気にしてる。
しかもそれを消費税率の引き上げによって果たすというのです。
消費税を今後も引き上げる計画が財務省や一部の学者・エコノミストにあることは、コロナ以前から知られていましたが、コロナショックによって、貧困層の莫大な増加が見込まれる現在、追い打ちをかけるようにその考えを持ち出すとは、血も涙もないとしか言いようがありませんね。
 あはは、「血も涙もない」人なんですね。ナットクやな。この林文夫さんという人の、もう突っ込みどころ満載の記事にしっかり突っ込みを入れはった後に、最後に一言。
この際、お古い「経済学者」には退陣していただきましょう。
 ですね。
 そして次は朝日新聞編集委員の原真人さん。あー、この人は知ってます。アタマ悪いなあ、とは思てましたが、小浜さんも手厳しいですね。原さんが書いてはる記事は「ポスト・コロナ経済は「脱アベノミクス」で!」。この記事もまたまったく読む値打ちがありませんね。これも小浜さんの批評をコピペしておきます。
一読、この人のご説が、いまや古典と化した財務省べったりの緊縮論であることは瞭然としています。
そもそも使っている用語がそれを表していますね。
「政府の借金」「財政が日本より健全」「国際の暴落」「日銀の信任」「円の暴落」「ハイパーインフレ」と続きます。
 ね、読む気なくすでしょ?(笑)。もちろん学者ではありませんが、論説委員と言うからにはちゃんと勉強して欲しいものです。まあ朝日新聞やから、その程度でええんかな。

 そして次です。慶応大学教授・東京財団政策研究所上席研究員・土居丈朗さんです。あ、この人は私も前に書いたことがありましたね。見事な「御用学者」です。先週のBSフジの番組にも出てたなあ。取り上げた記事は「10万円一律給付の補正予算で、ワニの口は崩壊した」。まあこれも読む意味のない記事ですので、小浜さんの批評をコピペしておきましょう。
彼のアホぶりは夙に有名ですが、以下のグラフを掲げて、「ワニの口」が塞がらなくなったことだけを嘆く、まさに「開いた口が塞がらない」論考です。
 いやあ、辛辣ですね。そうそう、この人たちは、ホンマはちゃんと賢い人なんですね。せやから緊縮や増税があかんことは、実はわかってるんやと思いますよ。

 それでも自分の地位やら肩書やら、それに伴う報酬やら、将来への野望やらが重要な人たちなので、自分の記事、論考が回り回って政府の政策をゆがめて、コツコツ働いてる私ら一般の日本人が困窮して、ついには自殺者がなんぼ増えても、何の痛痒も感じへん人たち、ということですね。

 武漢ウイルス禍がいつか一段落したら、必ず財務省は全力で緊縮、増税路線に再び舵を切る時がやってくると思います。せやけど今は、ネットのおかげで、ホンマに正しいことをどんどん広げていくこともできるようになってきました。こういう醜い人たちをしっかりと見破って、少しでも正しい政策が行われるように仕向けて行きたいもんですね。

【文中リンク先URL】
https://38news.jp/economy/15778
https://president.jp/articles/-/34145
https://drive.google.com/file/d/1rIVefx56JpIcmVqhWNzACl3269mb8WHK/view
https://webronza.asahi.com/business/articles/2020042100003.html?page=1
https://news.yahoo.co.jp/byline/takerodoi/20200421-00174484/

※コメントを見るには上のタイトルをクリック!


人気ブログランキング
ツイッターもよろしく
ナニワの激オコおばちゃん
Posted byナニワの激オコおばちゃん

Comments 7

There are no comments yet.

k  

名前のところ

名前のところ、最大フォントサイズで赤文字でお願い出来ませんか?

2020/05/03 (Sun) 05:16

Nori  

ランキングにして欲しい

いつも痛快なブログをありがとうございます。
今回のブログが「その※」まで行ってしまうのか不安なくらい緊縮財政派がウヨウヨいると思いますが、最終回に是非ランキングにして欲しいです。完全に主観で構いませんので。
それか、パチ倒さんの様に渾名特集でもいいですが(^_^)
例えば、野菜ソムリエ・土居丈朗など。
理由は良くご存知かと。

2020/05/03 (Sun) 05:57

日本を愛する日本人より一言。  

土居丈朗は稲田朋美さんを教育した財務官僚!

 私のメモの御用学者一覧に土居氏をメモろうとしていたら稲田朋美さんが政調会長だったか大臣の時に消費税増税の必要性を教育していた財務官僚と記してありました。
この時まで稲田氏の後援会に加入していましたが「経済に不案内な議員は国民を幸せにできない」として後援会を脱退しました。
 桜井よしこさんもそうですが財務省に篭絡された上級国民のお一人でしょう。
財務省が解体されるまで頑張りましょう。

追伸:参政党のご支援皆さんよろしくお願いします。
https://www.sanseito.jp/

2020/05/03 (Sun) 09:51

弓取り  

こんにちは。自虐拳法の日、いかがお過ごしでしょうか。
財務省と言えば、
景気が良ければ、熱しやすい下等市民がばかな消費行動に奔るから、コテコテの緊縮で熱を冷ましてやろうと税金アップ。
不況であれば、国の予算をキープして万が一に備えねばならんから、健全財政を建前に税金アップ。
平時であれば、無関心な一般庶民は誰も文句を言わないだろうから、税金アップ。
って、いっつも税金アップやないかい!
こんな理解でおります。あいつらふざけてるよなあ。

よそには、安倍首相が財務官僚を管理できているはず、できないはずがないという前提で、アベガー論法を繰り出す人たちがいます。残念ながら、できひんできひんて。戦後、そんな首相がいたろうか。角栄を持ち出す作家もいるわけですが、どうなのかな。

コロナで在宅時間が増える昨今、まじめに考えるキッカケを提供してくださり感謝感謝です。
アベのマスクが待ち遠しい。10万円申請するぞ。

2020/05/03 (Sun) 12:42

ナポレオン・ソロ  

財務管理ゅの本音を探る

まぁ、私は、緊縮財政賛成派でも、消費税率増税派でも有りません、唯、現在米支戦争を戦って居る最中に、態々赤盾の逆鱗に触れる恐れがある、或いは、旗幟を疑われる様な事をする必要があるのか? と言う戦略的な疑問カラ、麻生さんを支持したわけです。

どんだけ媚人かは、知りませんが、ハニトラって、判り切って居る女性記者に手を出そうとした財務事務次官が居た事を忘れたわけでは無いので念の為。

今日、紹介いただいた4人の「有識者」は、全員、財務官僚OBじゃないのかなぁ、と、思います、何故なら、国債の過剰依存が危険だと言っても、日本が過去にその様な事態に陥ったのは、前の大戦に負けた時位で、日露戦争の時の大借金も、インフレなしで切り抜けましたよね。財政が健全でも、戦争に負けたら、何にもならないのですから、大蔵大臣の高橋是清さんも肚を括って、イギリスに、ロスチャイルドをたずねたのでしょう。

そう言う歴史的検証を正確にやれば、現状の債券発行額は、在外資産額と比してちっとも過剰では有りません、むしろ、健全過ぎて世界のハゲタカ共に狙われていると言った方が、脅威と言う意味では正確かもしれなせんね。

それに、小浜さんの批評を読んで居ると、4人とも財務省がが築き上げた既得権益を護ろうとして居るダケにしか見えませんね。

「自分の豊かな老後を保つため」ですか?

固より、公務員と言うのは、奉職「=公の為に職を奉じる」と言う、戦前の官僚のスピリッツを感じさせる集団で、流石は昭和帝が終戦の御詔勅の中で、褒め称えていたダケの事は有りましたね。それが目先の自分の老後の安定を図るですか? 堕落したものですね。

現在の世界経済の状況なら、ポスト・コロナの世界経済は、その立ち直りの状態が、ろっく・ダゥン解除の時期と、生産再開のタイミングで国によって大きな格差が出て来るでしょう、その時に「タイミングを待てる資金力」が必要です。そして、国内の消費力でそ、それ迄の生産力を維持する、亦は、国が企業を援助する事が必要で、もし、それが出来ない財務省なら、要りませんね。

文科省や法務省、外務省と同じく解体再編です、現在の国会議員の無能ぶりに対する報酬を考えれば、官僚の給与はもっと上げてやるべきでしょう。

すくなくとも、年収べ―スで、その半分位にはしなくては可笑しい。 そう言う声を上げられないから、反乱を起こして居るのだ、と解釈するべきでしょうね。

但し、現状よく言われて居る様な、上級国民になった心算なら、信賞必罰を厳格化するダケの事ですね。

2020/05/03 (Sun) 16:30

鉄人27号  

この際、麻生財務大臣も勇退なさって消費税減税を打ち出せる人が財務大臣になって欲しいですね。

国民の生活を無視して、消費税増税は三党合意で決まったからとか国際的な公約が有るからとか言って正当化するのは屁理屈でしか無いですね。

井上準之助の後の高橋是清のように成れば良いのですが。同じ高橋つながりで高橋洋一さんを民間からの大臣に迎えるとか。

戦前と今の大きな違いはネットが有り、個人が情報発信出来る事ですね。

2020/05/03 (Sun) 21:45

自殺に関するニュース  

国民が困窮して自殺者が

自殺に関するニュース
zigennokanata.com/zisatunews/zisatunews.php

2020/05/11 (Mon) 22:48

Leave a reply